論文

査読有り
2019年9月

慢性疼痛の診療に関わる医療者育成の展望 三重大学・鈴鹿医療科学大学合同慢性疼痛医療者育成プログラム 2018年度の取り組みについて

Journal of Musculoskeletal Pain Research
  • 中村 喜美子
  • ,
  • 辻川 真弓
  • ,
  • 上條 史絵
  • ,
  • 丸山 淳子
  • ,
  • 大井 一弥
  • ,
  • 鎮西 康雄
  • ,
  • 横地 歩
  • ,
  • 丸山 一男
  • ,
  • 島岡 要

11
3
開始ページ
278
終了ページ
284
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本運動器疼痛学会

2016年,医学部を擁する三重大学と医療福祉の総合大学である鈴鹿医療科学大学が協力し,慢性疼痛医療者育成プログラムを立ち上げた。本プログラムは,1年次の講義と2年次のワークショップからなる。講義は,インターネット回線を用いた遠隔授業で,慢性疼痛の病態生理,診断と治療,さまざまなアプローチについて学ぶ。また,ワークショップでは,多職種チーム医療を体験し,コミュニケーションやディスカッションのスキルを学ぶものである。ここでは,本プログラムの2018年度の取り組みについて報告する。(著者抄録)

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20191120280009&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Feg5undok%2F2019%2F001103%2F010%2F0278-0284%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

エクスポート
BibTeX RIS