楠瀬 まゆみ

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/08 08:41
 
アバター
研究者氏名
楠瀬 まゆみ
所属
東京大学
部署
医科学研究所
職名
特任研究員
学位
修士(生命倫理学)(ペンシルバニア大学), 修士(文学)(高知大学)
その他の所属
横浜労災病院

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
横浜創英大学 看護学部 非常勤講師
 
2013年7月
 - 
現在
東京大学医科学研究所 公共政策研究分野 特任研究員
 
2012年12月
 - 
現在
高知大学 医学部 非常勤講師
 
2012年5月
 - 
現在
横浜労災病院 倫理アドバイザー
 
2012年1月
 - 
2013年6月
東京大学医科学研究所 公共政策研究分野 学術支援専門職員
 

学歴

 
2013年1月
 - 
2013年6月
Clarkson University - Icahn School of Medicine at Mount Sinai, Albany, NY Bioethics Program Specialization in Research Ethics(Specialization in Clinical Ethics(Certificate in Research Ethics)
 
2010年1月
 - 
2010年6月
Clarkson University - Icahn School of Medicine at Mount Sinai, Albany, NY Bioethics Program Specialization in Clinical Ethics(Certificate in Clinical Ethics)
 
2008年9月
 - 
2010年5月
University of Pennsylvania Perelman School of Medicine Department of Medical Ethics and Health Policy(Master in Bioethics)
 
1999年4月
 - 
2002年3月
高知大学大学院 人文社会科学研究科 人間学研究分野 思想行動論領域(文学修士)
 
1991年4月
 - 
1995年3月
高知大学 教育学部 総合科学課程 生涯教育コース 国際文化分野(教養学士)
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
栃木県立がんセンター  病院臨床倫理委員会
 
2012年5月
 - 
現在
横浜労災病院  病院倫理審査委員会
 
2016年9月
 - 
2016年11月
日本臨床倫理学会  臨床倫理認定士(倫理アドバイザー)養成研修 評価タスクフォース
 

論文

 
体験型教育の実践報告 -再生医療臨床研究を題材とした参加型インフォームド・コンセント研修の試み
楠瀬 まゆみ
薬理と治療   44(8) 1116-1119   2016年8月   [招待有り]
Informed consent in clinical trials using stem cells: Suggestions and points of attention from informed consent training workshops in Japan
楠瀬 まゆみ、長村文孝、武藤香織
South African Journal of Bioethics and Law   8(2) 49-54   2015年8月
医療安全管理者・医療メディエーター・倫理メディエーターの役割兼務の問題点とその対策
三田聖子、楠瀬まゆみ、三上容司
医療コンフリクト・マネジメント   3 49-51   2014年   [査読有り]
臨床倫理コンサルテーション活動に関する取組みと今後の展望―日本語版倫理ケース(CASE)コンサルテーション・プレートの導入と活用の試み―
馬場葉子、楠瀬まゆみ、三上容司
臨床倫理   2 89-94   2014年   [査読有り]
医療における信頼関係の構築について(修士論文)
楠瀬 まゆみ
   2002年1月

書籍等出版物

 
医学・生命科学の研究倫理ハンドブック 神里 彩子, 武藤 香織 (編)
楠瀬 まゆみ (担当:分担執筆, 範囲:コラム4 病院倫理委員会、コラム8 動物を利用した臓器の作成はどこまで許される?)
東京大学出版会   2015年10月   
終末期医療、いのちの終わりを受け容れる : 愛する人への最期のケア
ハンク・ダン著、足立智孝監訳、楠瀬まゆみ訳
河出書房新社   2013年10月   

講演・口頭発表等

 
An outreach activity to high school students on ethical and social issues associated with stem cell research and regenerative medicine in Japan
楠瀬 まゆみ、武藤香織
International Society for Stem Cell Research (Annual Conference, Boston, USA)   2017年6月   
当院における臨床倫理コンサルテーション活動の評価
馬場葉子、大椛裕美、宇田淳子、藤田寛、中山貴博、飛彈麻里子、周藤高、津久井要、楠瀬まゆみ、三上容司
第5回 日本臨床倫理学会 年次大会(東京)   2017年3月19日   
経鼻胃管の選択について [招待有り]
三上 容司、津久井 要、周藤 高、飛彈麻里子、中山 貴博、藤田寛、宇田 淳子、大椛 裕美、馬場 葉子、楠瀬まゆみ
第5回 日本臨床倫理学会 年次大会(東京)   2017年3月18日   
iPS細胞を用いた再生医療研究の倫理的課題 [招待有り]
楠瀬 まゆみ、勝井恵子
土佐塾中学・高等学校 第12回キャリアセミナー 2017(高知)   2017年3月11日   
再生医療臨床研究における研究者向けインフォームド・コンセント教育用DVD開発の試み
楠瀬 まゆみ、長村文孝、中澤栄輔、田代志門、武藤香織
第16回 日本再生医療学会 総会(仙台)   2017年3月9日   
人生の最終段階の医療と倫理コンサルテーション 〜多職種カンファレンスによる倫理問題への取組みのススメ〜 [招待有り]
楠瀬 まゆみ
高知大学付属病院(高知)   2017年3月5日   
人生の最終段階における医療とケアと倫理コンサルテーション [招待有り]
楠瀬 まゆみ
筑波総合福祉専門学校 特別公演(筑波)   2017年2月25日   
市中病院における「倫理審査委員会認定制度」を活用した倫理委員会の改善と課題
楠瀬まゆみ、木村勲、児島夕紀、本田光範、有馬斉、三上容司
第2回 研究倫理を語る会(東京)   2017年2月11日   
研究倫理を学ぶ意識づけにつながる参加型教育プログラムの検討 ~事例から学ぶ参加型研修~
有田悦子、田代志門、荒川基記、池田律子、氏原 淳、川島弓枝、楠瀬まゆみ、高嶋佳代、中島唯善、中田亜希子、楊河宏章、安部隆佑
第37回日本臨床薬理学会学術総会(米子)   2016年12月3日   
Ethical, legal, and social issues on using fetal tissue for biomedical research - Reflection on the fetal tissue research debate in Japan
Mayumi KUSUNOSE, Keiko KATSUI, Kaori MUTO
International Society for Stem Cell Research (International Symposia, Florence, Italy)   2016年10月20日   
Children’s Education on the Regenerative Medicine: How should we nurture the ability of children to give well-considered assent/dissent in participating in clinical trials? 
Mayumi KUSUNOSE, Keiko KATSUI, Kaori MUTO
International Society for Stem Cell Research (Annual Conference, San Francisco, US)   2016年6月22日   
Public attitude toward the creation and utilization of “Animals Containing Human Material” for organ resources: A new perspective on human–animal chimeras
Mayumi KUSUNOSE, Yusuke INOUE, Ayako KAMISATO, Kaori MUTO
43rd IMSUT Founding Commemorative Symposium(Tokyo)   2016年6月3日   
遷延性意識障害患者の急変時の対応について [招待有り]
三上容司、津久井要、周藤高、中山貴博、宇田淳子、大椛裕美、馬場葉子、楠瀬まゆみ
第4回日本臨床倫理学会年次大会(東京)   2016年3月6日   
急性期病院における倫理的課題への取り組み -現場を支える倫理コンサルテーションチーム- [招待有り]
三上容司、馬場葉子、津久井要、宇田淳子、楠瀬まゆみ
第4回日本臨床倫理学会年次大会(東京)   2016年3月5日   
ターミナル・ケアと臨床倫理〜介護現場における終末期のケアのあり方とは〜 [招待有り]
楠瀬 まゆみ
無料介護講座(筑波総合福祉専門学校、茨城)   2016年1月28日   
Public attitude toward the creation and utilization of “Animals Containing Human Material” for organ resources −Another perspective toward animals containing my material/ my-child’s material−
Mayumi KUSUNOSE, Yusuke INOUE, Ayako KAMISATO, Kaori MUTO
UNESCO Chair in Bioethics 11TH WORLD CONFERENCE ON Bioethics, Medical Ethics, & Health Law (Naples, Italy)   2015年10月22日   
医師や倫理委員会委員への教育について:体験型教育の実践報告
楠瀬 まゆみ
第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議(兵庫)   2015年9月12日   
Ethical, Legal and Social Issues on Induced Pluripotent Stem Cell Baking in Pediatrics in Japan [招待有り]
Mayumi KUSUNOSE, Kaori MUTO
International Conference on Tissue Preservation and Bio-banking (Barcelona, Spain)   2015年7月20日   
Improving the Process for Informed Consent and Informed Assent: Explaining Stem Cell Banking to Patients through Illustrated, Reader-friendly Written Materials
Mayumi KUSUNOSE, Kaori MUTO
International Society for Stem Cell Research (Annual Conference, Stockholm, Sweden)   2015年6月25日   
Ethical Issues between Patients and Healthcare Professionals in Clinical Trials: Examples of Ethical Cases and Dilemmas at a Research Hospital in Japan
Mayumi KUSUNOSE, Kaori MUTO
11th Annual International Conference on Clinical Ethics Consultation (New York City, USA)   2015年5月20日   
人を対象とする医学系研究に関する倫理指針について
楠瀬 まゆみ
研究倫理研修(横浜労災病院、神奈川)   2015年4月27日   
Study on Building Patient-Researcher Partnerships for Clinical Trials Using iPSCs
Kaori MUTO, Mayumi KUSUNOSE, Yasuyoshi ARIMATSU, Kentaro DOI, Jin HIGASHIJIMA, Masayo TAKAHASHI.
12thAnnual Meeting of International Society for Stem Cell Research (Annual Conference, Vancouver, Canada).   2014年6月   
Ethics Consultation in Cell Therapy Research- Considerations in Stem Cell Research -
Kayo TAKASHIMA, Mayumi KUSUNOSE, Kaori MUTO
10th International Conference for Clinical Ethics Consultation   2014年4月24日   
臨床現場に潜んでいる倫理的問題の明確化について
馬場葉子、楠瀬まゆみ、宇田淳子、津久井要、三上容司
日本臨床倫理学会第2回年次大会   2014年3月2日   
医学部における生命倫理・臨床倫理教育の取り組み
高田淳、野田智洋、山下竜右、楠瀬まゆみ
日本臨床倫理学会第2回年次大会   2014年3月2日   
ユニオン大学院-アイカーン・マウントサイナイ医科大学の研究倫理プログラムについて
楠瀬 まゆみ
シンポジウム 再生医療と研究倫理教育(東京)   2014年2月15日   
医療安全管理者、医療メディエーター、倫理メディエーターの役割の兼務における課題について
三田聖子、楠瀬まゆみ、三上容司
日本医療コンフリクト・マネジメント学会第3回学術大会(長野)   2014年2月1日   
倫理メディエーション
楠瀬 まゆみ
倫理メディエーション講座(早稲田総研、東京)   2014年1月12日   
オンラインとオンサイトを併用した研究倫理教育の検討
楠瀬まゆみ、武藤香織
第25回日本生命倫理学会年次大会(東京)   2013年11月30日   
Government-Funded Project-Based Research Ethics Consultation Service in Japan
Kayo TAKASHIMA, Mayumi KUSUNOSE, Ayako KAMISATO, Kaori MUTO
American Society for Bioethics & Humanities (Annual Conference, Atlanta, USA)   2013年10月25日   
The Current Regulatory Status of Stem Cell Therapy and Clinical Research in Japan
Mayumi KUSUNOSE, Kayo TAKASHIMA, Kaori MUTO
International Society for Stem Cell Research (Regional Forum, Florence, Italy)   2013年9月   
iPS細胞・再生医療に関する倫理的課題について
楠瀬 まゆみ
第12回 THE ONE‐DAY SEMINAR 2013 (土佐塾高等学校、高知)   2013年6月22日   
急性期病院における臨床倫理支援の試み -臨床倫理コンサルテーションの重要性-
三上容司, 津久井要, 周籐高, 飛彈麻里子, 馬場葉子, 八木美弦, 宇田淳子, 楠瀬まゆみ
第15回日本医療マネジメント学会学術総会(岩手)   2013年6月14日   
Informed Consent in Clinical Trials using Stem Cells: Suggestions and points of attention from informed consent training workshops in Japan
Mayumi KUSUNOSE, Kaori MUTO, Sean PHILPOTT
International Society for Stem Cell Research (Annual Conference, Boston, USA)   2013年6月   
ヒト-動物キメラの作製と利用に関する一般市民の意識調査
楠瀬 まゆみ、井上悠輔、神里彩子、武藤香織
日本生命倫理学会第24回年次大会(京都)   2012年10月27日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
DVD教材付属テキスト「再生医療のインフォームド・コンセント」(事例1:基本的な要素と注意点、事例2:被験者保護と適格性の判断)
楠瀬 まゆみ、長村文孝、武藤香織   教材   2017年3月
DVD教材「再生医療のインフォームド・コンセント」 (事例1:基本的な要素と注意点、事例2:被験者保護と適格性の判断)
楠瀬 まゆみ、長村文孝、武藤香織   教材   2016年5月
インフォームド・アセント補助資料 高学年用漫画「iPS細胞を使った研究への協力のお願い」(再生医療実現拠点ネットワークプログラム 特異的iPS細胞を活用した難病研究)
楠瀬 まゆみ、武藤香織   その他   2016年3月
再生医療研究協力感謝状(再生医療実現拠点ネットワークプログラム)
楠瀬 まゆみ、武藤香織   その他   2015年11月
インフォームド・アセント補助資料 幼児用絵本「びょうきを*なおす*ほうほうや*あたらしい*おくすりを*さがす*おてつだいの*おねがい」(再生医療実現拠点ネットワークプログラム 特異的iPS細胞を活用した難病研究)
楠瀬 まゆみ、武藤香織   その他   2015年5月

競争的資金等の研究課題

 
再生医療研究における倫理的問題の解決に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED): 再生医療の実現化ハイウェイ(生命倫理等の課題の解決に関する研究(課題D))
研究期間: 2011年 - 2020年    代表者: 武藤香織
研究規制環境の変化に対応した新たな研究倫理支援体制構築に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED): 「臨床研究・治験推進研究事業」: 臨床研究の質を確保するための基盤整備に資する研究
研究期間: 2017年1月 - 2018年3月    代表者: 田代志門
(研究協力者として参加)

その他

 
フルブライト奨学生(日米教育委員会、2008〜2010)
ロータリー国際親善奨学生(ロータリークラブ、2008〜2010)