Megumi Shimada

J-GLOBAL         Last updated: Aug 30, 2019 at 14:45
 
Avatar
Name
Megumi Shimada
E-mail
megumitmu.ac.jp
Affiliation
Tokyo Metropolitan University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jul 2011
 - 
Today
Associate Professor, Tokyo Metropolitan University
 

Published Papers

 
Poor schedule management leads to discontinuity of medical attendance among patients infected with human immunodeficiency virus
Fumiko Kagiura , Megumi Shimada and Masayuki Kakehashia
Scientific Research Publishing   11(3)    2019   [Refereed]
杉野 祐子, 島田 恵, 池田 和子, 大金 美和
日本慢性看護学会誌 = Journal of Japanese Society for Chronic Illness and Conditions Nursing   11(1) 2-8   May 2017
島田 恵, 石井 佳子
日本エイズ学会誌 = The journal of AIDS research   18(3) 208-212   Aug 2016   [Invited]
エイズ治療拠点病院の看護師が行うHIV/AIDS患者への療養指導頻度の変化
鍵浦 文子, 渡部 恵子, 大金 美和, 小川 良子, 羽柴 知恵子, 東 政美, 伊藤 紅, 小山 美紀, 池田 和子, 島田 恵, 宮下 美香
日本エイズ学会誌   18(1) 86-91   Feb 2016   [Refereed]
Tomoko Omiya, Yoshihiko Yamazaki, Megumi Shimada, Kazuko Ikeda, Seiko Ishiuchi-Ishitani, Yoko Sumikawa Tsuno & Katsumi Ohira
AIDS Care   26(11) 1370-1378   Nov 2014   [Refereed]
エイズ拠点病院HIV/AIDS外来における看護師配置と療養指導実施状況
徐 廷美, 西垣 昌和, 池田 和子, 杉野 祐子, 数間 恵子, 島田 恵
日本看護管理学会誌   14(2) 22-29   Dec 2010   [Refereed]
我が国でのHIV感染者数の増加は顕著であり、増加抑止は喫緊の課題である。その一環として、服薬継続と二次感染防止行動の支援が重要であり、外来での療養指導における看護の役割が期待されている。平成18年度より外来HIV/AIDS医療に対し、看護師の専従配置などを満たす施設に診療報酬が認められた。本研究の目的は、エイズ拠点病院外来における看護師配置状況と、配置状況による療養指導の実施状況の相違について調べ、課題を明らかにすることである。369施設に郵送で自記式調査を行い、176施設から回答を得た(...
KASEDA Nobuko, SHIMADA Megumi, MAEDA Hitomi
日本看護研究学会雑誌   33(4) 97-106   Sep 2010   [Refereed]
Megumi Shimada
Journal of the Association of Nurses in AIDS Care   18(6) 85-96   Nov 2007   [Refereed]
Nishigaki M, Sugino Y, Seo J, Shimada M, Ikeda K, Kazuma K
Asian nursing research   5(1) 11-18   Mar 2011   [Refereed]
Watanabe M, Nishimura K, Inoue T, Kimura S, Oka S, QoL Research Group Of The AIDS Clinical Centre And Eight Regional AIDS Treatment Hospitals In Japan
International journal of STD & AIDS   15(2) 107-115   Feb 2004   [Refereed]

Misc

 
慢性感染症患者への看護師としてのかかわり HIV/AIDSコーディネーターナースの実践から学ぶ
土井 まつ子, 須川 真規子, 長崎 由紀子, 池田 和子, 島田 恵
INFECTION CONTROL   21(2) 206-209   Feb 2012
島田 恵, 岡 慎一
Journal of the National Institute of Public Health   56(3) 192-196   Sep 2007
感染症からみたModern Nursing 検査から始まる感染症患者の看護 HIV抗体検査と告知から
島田 恵
臨床と微生物   39(1) 080-083   Jan 2012
感染症の看護とケアのポイント HIV感染者/AIDS患者における感染症予防とケアのポイント
島田 恵
化学療法の領域   28(1) 130-138   Dec 2011
HIV感染症は抗HIV療法によってコントロール可能な慢性疾患となった。しかし、コントロールのためには患者のセルフマネジメントが必要であり、アドヒアランス支援のケアが求められる。HIV/AIDS患者は新たな感染症の罹患と日和見感染症の発症を予防する必要がある。モニタリングの基本的なポイントは、CD4数と感染症の既往の確認とともに、患者の暮らしぶりに関心を向けることである。また、ケアの留意点は、患者・パートナー・家族が感染の事実をどのように理解しているか、ケア提供者から免疫不全の患者に感染させ...

Books etc

 
HIV/AIDS - Contemporary Challenges
Nancy Dumais, Tomoko Omiya, Yoshihiko Yamazaki, Megumi Shimada, Kazuko Ikeda, Seiko Ishiuchi-Ishitani and Katsumi Ohira (Part:Joint Work, Chapter 5: Difficulties and Coping Strategies Experienced by Employed People with HIV in Japan: A Qualitative Study Comparing High and Low Sense of Coherence Groups)
2016   

Conference Activities & Talks

 
Factors for Japanese HIV positive patients to continue medical care
3) Fumiko Kagiura, Megumi Shimada, Teruhisa Fujii, Seiji Saito, Yoshiko Ogawa, Taturo Sakata, Kazuko Ikeda, Masayuki Kakehashi
19th IUSTI Asia-Pacific Conference   1 Dec 2016   
Barriers and facilitators to Japanese HIV positive patient retention in care
Fumiko Kagiura, Megumi Shimada, Teruhisa Fujii, Seiji Saito, Yoshiko Ogawa, Taturo Sakata, Kazuko Ikeda, Masayuki Kakehashi
19th IUSTI Asia-Pacific Conf   Dec 2016   
一般病棟看護師が考えるHIV/AIDS外来看護
島田 恵, 鳥居 真由美, 下司 有加, 杉野 祐子
日本保健科学学会誌   Sep 2015   
訪問看護ステーションと連携し在宅で看取りを行ったHIV/AIDS患者の連携支援を振り返って
池田 和子, 島田 恵
日本在宅看護学会誌   Oct 2014   
Barrier Assessment in Establishing Comprehensive Client-Level Coordination for Treatment and Medical Welfare of People Living with Hemophilia and HIV/AIDS in Japan
Miwa Ogane, Toshiya Kuchii, Fumihide Kanaya, Shiomi Shibayama, Akiko Kakinuma, Katsumi Ohira, Junko Tanaka, Megumi Shimada, Kazuko Ikeda and Shinichi Oka
WFH 2014 World Congress   May 2014