金子 めぐみ

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/06 19:34
 
アバター
研究者氏名
金子 めぐみ
eメール
megkanekonii.ac.jp
所属
国立情報学研究所
部署
アーキテクチャ科学研究系
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2017年5月
 - 
現在
パリサクレー・パリ第11大学 Laboratoire de Recherche en Informatique (LRI) HDR (フランス教授資格)
 
2016年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授
 
2016年5月
 - 
2016年6月
パリ第11大学 Laboratoire de Recherche en Informatique (LRI) 招聘教授
 
2010年9月
 - 
2016年3月
京都大学 情報学研究科 助教
 
2012年5月
 - 
2012年7月
パリ第11大学 Laboratoire de Recherche en Informatique (LRI) Digiteo招聘教授
 

受賞

 
2016年4月
稲盛財団 研究助成
 
2012年3月
電気通信普及財団 第27回電気通信普及財団賞テレコムシステム技術賞 入賞
 
2011年10月
WPMC 2011 Best Paper Award
 
2011年3月
船井情報科学振興財団 第10回船井研究奨励賞
 
2009年12月
IEEE Communication Society IEEE Globecom Best Paper Award
 
2009年9月
日本エリクソン 第11回 エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード 2009
 
2002年9月
Georges Besse Foundation, France Outstanding student scholarship
 

論文

 
Spreading Factor Allocation Strategy for LoRa Networks under Imperfect Orthogonality
IEEE International Conference on Communications (IEEE ICC 2019)      2019年5月   [査読有り]
User Pre-Scheduling and Beamforming with Imperfect CSI for 5G Cloud/Fog-Radio Access Networks
M. Kaneko, L. Boukhatem, N. Pontois and T.H.L Dinh
IEICE Transactions on Communications      2019年1月   [査読有り][招待有り]
Power and Beam Optimization for Uplink Millimeter-Wave Hotspot Communication Systems
Rafail Ismayilov, Bernd Holfeld, Renato L. G. Cavalcante and Megumi Kaneko
IEEE Wireless Communications and Networking Conference (IEEE WCNC 2019)      2019年4月   [査読有り]
Uplink Power Control and Ergodic Rate Characterization in FD Cellular Networks: A Stochastic Geometry Approach
Itsikiantsoa Randrianantenaina, Hesham Elsawy, Hayssam Dahrouj, Megumi Kaneko and Mohamed-Slim Alouini
IEEE Transactions on Wireless Communications      2019年1月   [査読有り]
Energy-Efficient User Association and Beamforming for 5G Fog Radio Access Networks
Thi Ha Ly Dinh, Megumi Kaneko and Lila Boukhatem
16th IEEE Annual Consumer Communications & Networking Conference (IEEE CCNC)      2019年1月   [査読有り]
Joint Scheduling and Power Adaptation in NOMA-based Fog-Radio Access Networks
Itsikiantsoa Randrianantenaina, Megumi Kaneko, Hayssam Dahrouj, Hesham Elsawy and Mohamed-Slim Alouini
IEEE Globecom 2018      2018年12月   [査読有り]
An Advanced Mobility-Aware Algorithm for Joint Beamforming and Clustering in Heterogeneous Cloud Radio Access Network
T.D. Ha, L. Boukhatem, M. Kaneko and S. Martin
the 21st ACM International Conference on Modeling, Analysis and Simulation of Wireless and Mobile Systems (MSWiM’18),      2018年10月   [査読有り]
Collision Resolution Protocol for Delay and Energy Efficient LoRa Networks
Nancy El Rachkidy, Alexandre Guitton, Megumi Kaneko
arXiv:1809.09470 [cs.NI]      2018年9月
Adaptive Beam-Frequency Allocation Algorithm with Position Uncertainty for Millimeter-Wave MIMO Systems
R. Ismayilov, M. Kaneko, T. Hiraguri and K. Nishimori
IEEE VTC-Spring   1-5   2018年6月   [査読有り]
Decoding Superposed LoRa Signals
Nancy El Rachkidy, Alexandre Guitton, Megumi Kaneko
the 43rd IEEE Conference on Local Computer Networks (IEEE LCN 2018)      2018年10月   [査読有り]
Topology Control for Energy-Efficient Localization in Mobile Underwater Sensor Networks using Stackelberg Game
Yali Yuan, Chencheng Liang, Megumi Kaneko, Xu Chen, Dieter Hogrefe
accepted for publication in IEEE Transactions on Vehicular Technology      2018年11月   [査読有り]
LoRa Throughput Analysis with Imperfect Spreading Factor Orthogonality
Antoine Waret, Megumi Kaneko, Alexandre Guitton, Nancy El Rachkidy
IEEE Wireless Communications Letters      2018年   [査読有り]
User Pre-Scheduling and Beamforming with Outdated CSI in 5G Fog Radio Access Networks
IEEE Globecom 2018      2018年12月   [査読有り]
An Optimized Link Layer Design for Communication-based Train Control Systems using WLAN
Q. Dong, K. Hayashi and M. Kaneko
IEEE Access   6 6865-6877   2018年   [査読有り]
Graph-based Joint Signal/Power Restoration for Energy Harvesting Wireless Sensor Networks
IEEE Globecom   1-6   2017年12月   [査読有り]
Performance-Cost Trade-off of Joint Beamforming and User Clustering in Cloud Radio Access Networks
IEEE PIMRC   1-5   2017年10月   [査読有り]
Megumi Kaneko and Kazunori Hayashi
Proceedings of 86th IEEE Vehicular Technology Conference (IEEE VTC-Fall 2017)      2017年9月   [査読有り]
Adaptive Modulation and Coding Design for Communication-Based Train Control Systems Using IEEE 802.11 MAC with RTS/CTS
Qisheng Dong, Kazunori Hayashi and Megumi Kaneko
Proceedings of the 18th IEEE International Workshop on Signal Processing Advances in Wireless Communications (SPAWC'17)      2017年7月   [査読有り]
Megumi Kaneko
IEEE Wireless Communication Letters   6(4) 490-493   2017年8月   [査読有り]
H. Mukumoto, K. Hayashi and M. Kaneko
Proceedings of 2016 APSIPA Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2016)      2016年12月   [査読有り]

Misc

 
3次元ドローンメッシュネットワーク制御の課題と検討
平栗健史・西森健太郎・中尾彰宏・金子めぐみ・木村共孝・松田崇弘
CQ2017-55   27-30   2017年8月
グラフ信号処理を用いたエネルギーハーベスティング無線センサーネットワークのための信号復元法
金子めぐみ・チョン ジーン・スー ウェンタイ・リン チアウェン
CQ2017-63   117(185) 69-74   2017年8月
An Adaptive Modulation and Coding scheme for Communication-Based Train control systems using WLAN
QiSheng Dong, Kazunori Hayashi, Megumi Kaneko
2016-10-CQ      2016年10月
不完全なパケット衝突検出機能を持つ無線LANシステムにおけるCSMAプロトコルのスループット解析
金子めぐみ・廣瀬智央
CQ2016-70   117-121   2016年8月
クラウド無線アクセスネットワークのためのフロントホール制約を考慮したビームフォーミング法の一検討
香月諒大・金子めぐみ・林 和則
2016-08-CQ   57-62   2016年8月
セルレンジ拡張を用いたHetNetのための通信路情報共有に基づく半自律分散型セル間干渉制御法
亀之園卓也・金子めぐみ・林 和則・Lila Boukhatem
2016-01-RCC   17-22   2016年1月
A Study on Overloaded MIMO Signal Detection Using Slab Decoding and Lattice Reduction
Ryo Hayakawa・Kazunori Hayashi・Megumi Kaneko
RCS2015-325, IT2015-93, SIP2015-107   247-252   2016年1月
セルレンジ拡張を用いたスモールセルネットワークのための通信路情報共有に基づく半自律分散型リソース割り当て法
亀之園卓也・金子めぐみ・林 和則・Lila Boukhatem
2015-10-CQ      2015年10月
OFDMAのための巡回遅延パイロット信号を用いた圧縮センシングに基づく通信路推定法
酒井雅則・林 和則・金子めぐみ・岡田 実
2015-10-CQ      2015年10月
無線通信品質向上のための今後の研究課題:5G移動体通信システムのための無線資源割り当てについて
金子 めぐみ
2015信学ソサイエティ大会, BI-4-3   1-2   2015年9月

講演・口頭発表等

 
[特別招待講演] Radio Resource Allocation and Interference Management for Cloud-Assisted Radio Access Networks [招待有り]
金子 めぐみ
電子情報通信学会 CQ研究会   2018年4月20日   
グラフ信号処理を用いたエネルギーハーベスティング 無線センサーネットワークのための信号復元法
金子 めぐみ
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究「IoT 時代におけるスマートスペクトラムとその応用」研究会 東北大学   2017年12月26日   
Throughput Analysis of CSMA with Imperfect Collision Detection in Full Duplex-enabled WLAN
金子 めぐみ
IEEE Globecom Wireless Communications Letters session   2017年12月   
Spectrum and Energy Efficient Wireless Communications for Future 5G/IoT Systems [招待有り]
金子 めぐみ
Invited seminar at LIMOS, University Clermont-Auvergne, Clermont-Ferrand, France   2017年11月16日   
Optimizing Radio Resource Utilization and Exploiting Interference in Future Wireless Access Networks
金子 めぐみ
HDR (Habilitation à Diriger des Recherches) Defense at LRI, Paris-Saclay/Paris-Sud University   2017年5月29日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
5Gクラウド無線アクセスネットワークのための非直交無線資源割当てに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C), 研究課題番号17K06453
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 金子 めぐみ
Massive MIMOを用いた3次元ドローンメッシュネットワーク制御の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B), 研究課題番号17H01738
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 平栗 健史・中尾 彰宏・西森 健太郎 ・金子 めぐみ・木村 共孝 ・松田 崇弘
Renewable energy-aware NOMA-based radio resource allocation for cloud-assisted future wireless access networks
フランスCNRS 国立科学研究センター : CNRS PICS (Projet International de Coopération Scientifique) Grant
研究期間: 2017年1月 - 2019年12月    代表者: Lila Boukhatem・金子 めぐみ
Nonlinear Conic Optimization for Energy/Spectrum-Efficient Radio Resource Allocation and Signal Processing in 5G Cloud Radio Access Networks
国立情報学研究所: 国立情報学研究所公募型共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: エレン 秀美 福田・金子 めぐみ
Optimized radio access protocols for energy harvesting Wireless Sensor Networks using Graph Signal Processing
国立情報学研究所: 国立情報学研究所公募型共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 金子 めぐみ

特許

 
特開2013-106161 : 無線信号の受信方法および受信装置
工藤理一 ; 村上友規 ; 石原浩一 ; 溝口匡人 ; 林和則 ; 竹中紳二 ; 金子めぐみ ; 酒井英昭
特許5669046 : 無線信号の受信方法および受信装置
工藤理一 ; 村上友規 ; 石原浩一 ; 溝口匡人 ; 林和則 ; 竹中紳二 ; 金子めぐみ ; 酒井英昭
特許US 2007/0237167 A1 : Method for Transmitting/Receiving Data in Communication System
M. Kaneko ; P. Popovski ; J.M. Ro ;E.T. Lim ; Y.K. Cho ; D.S. Park
特許KR2007-0017821 : Apparatus and Method for Path Selection in Broadband Wireless Communication System
M. Kaneko ; P. Popovski ; Y. Chang ; E.T. Lim ; P. Joo ; C. Oh ; S. Shan ; Y.H. Park
特許US2008/0205323 A1 : Apparatus and Method for Resource Allocation Considering Buffering in Relay Wireless Communication System
M. Kaneko ; P. Popovski ; Y. Chang ; E.T. Lim ;P. Joo ; C. Oh ; S. Shan ; Y.H. Park