MISC

査読有り
2017年1月

当施設における末梢挿入型中心静脈カテーテル留置症例の安全性の検討 がん患者と非がん患者の後ろ向き比較

Palliative Care Research
  • 丸田 望
  • ,
  • 丸田 豊明
  • ,
  • 高橋 稔之
  • ,
  • 和田 徹也

12
1
開始ページ
169
終了ページ
174
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.2512/jspm.12.169
出版者・発行元
(NPO)日本緩和医療学会

【目的】末梢挿入型中心静脈カテーテル(peripherally inserted central venous catheter:PICC)留置症例をがん患者と非がん患者で比較し,安全性の検討を行った.【方法】PICCを留置した患者で留置目的・留置期間・合併症の有無などを後ろ向きに比較した.【結果】がん患者は88例,非がん患者は69例であった(以下,がん患者vs.非がん患者).留置目的は高カロリー輸液投与が45 vs. 51例,末梢静脈路確保困難が40 vs. 12例であった(p=0.0022).留置期間は15(6-39) vs. 21(12-40)日であった(p<0.0001).PICC留置に伴う合併症を認めたのは8 vs. 9例で有意差はなかったが,カテーテル関連血流感染は非がん患者で多かった(0.9 vs. 2.0件/1000カテーテル日,p=0.041).【考察】PICCによる合併症発生率はどちらも低く,PICCの安全性が示された.(著者抄録)

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2512/jspm.12.169
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201702240096331222
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20170908220009&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130005509772&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20170908220009&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2512%2Fjspm.12.169&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
URL
http://jglobal.jst.go.jp/public/201702240096331222
ID情報
  • DOI : 10.2512/jspm.12.169
  • ISSN : 1880-5302
  • eISSN : 1880-5302
  • 医中誌Web ID : 2017399571
  • J-Global ID : 201702240096331222

エクスポート
BibTeX RIS