上柿智生

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/30 22:40
 
アバター
研究者氏名
上柿智生
所属
京都大学大学院文学研究科博士課程

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪市立大学 都市文化研究センター(UCRC) 研究員
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院 文学研究科 西洋史学(博士課程・研究指導認定退学)
 
2013年9月
 - 
2015年9月
バーミンガム大学 ビザンティン・オスマン・現代ギリシャ学センター ビザンティン学(修士課程)
 
2007年4月
 - 
2010年3月
京都大学大学院 文学研究科 西洋史学(修士課程)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都大学 文学部 西洋史学 (学部)
 
2001年4月
 - 
2005年3月
京都大学 総合人間学部 物質環境論(有機化学)
 

論文

 
Byzantine Religious Dialogues with Muslims in the Fourteenth and Fifteenth Centuries
上柿智生
バーミンガム大学   1-81   2016年7月   [査読有り]
コンスタンティノープル陥落後の総主教-ゲナディオス2世のヘレニズム-
上柿智生
史林   95(2) 348-385   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
井上浩一・根津由喜夫編『ビザンツ 交流と共生の千年帝国』昭和堂
上柿智生
Diogenes (issued by Gate to the Eastern Mediterranean, University of Birmingham)   3 28-30   2015年
ジュディス・ヘリン著(井上浩一監訳、足立広明・中谷功治・根津由喜夫・高田良太訳)『ビザンツ 驚くべき中世帝国』白水社
上柿智生
史林   94(5)    2011年9月
Ruth Macrides (ed.) , History as Literature in Byzantium, Farnham-Burlington, Ashgate
上柿智生
西洋中世研究   3    2011年

講演・口頭発表等

 
Plethon in the Morea: a background of his social reform plan in two Addresses to Byzantine rulers
上柿智生
Workshop with Dr. Catherine Holmes: Decording the documents on the Byzantine empire (Rikkyo University)   2016年7月23日   
14-15世紀の「ムスリムとの対話篇」-宗教論議における世俗的学知の機能に着目して
上柿智生
第14回日本ビザンツ学会(早稲田大学)   2016年3月26日   
Byzantine Religious Dialogues with Muslims in the 14th and 15th Centuries: An Emphasis on Philosophy?
上柿智生
Leeds International Medieval Congress 2015   2015年7月8日   
15世紀のギリシア系知識人とオスマン宮廷―ゲオルギオス・アミルヅィスを例に―
上柿智生
第63回日本西洋史学会大会(京都大学)   2013年5月12日   
コンスタンティノープル陥落の原因論と旧ビザンツ帝国民のアイデンティティ-15世紀後半のビザンツ・ギリシア系知識人の記述を手がかりにして-
上柿智生
第10回歴史家協会大会(関西学院大学)   2011年6月18日