月浦 崇

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 20:40
 
アバター
研究者氏名
月浦 崇
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻
職名
教授
科研費研究者番号
30344112

プロフィール

ヒトは,誕生から死までの間に多くのことを経験・学習し,それを利用しながら日々の生活を送っています.このような一連の過程が記憶であり,記憶は過去から現在,そして未来へと連なる私たち自身の意識をつなぐ最も重要な脳機能のひとつです.私の研究室では,このヒト記憶の脳内メカニズムに対して,文系と理系,基礎研究と臨床研究の学際的なバックグラウンドをもとに,脳機能イメージング(fMRIなど)や脳損傷患者への神経心理学的方法,実験心理学的方法等の多様な手法を組み合わせて研究を進めています.特に近年は,個人的に体験した出来事の記憶である「自伝的記憶」,「情動・感情」や「社会的認知(自己と他者,動機づけ,共感,報酬,期待など)」と記憶との関連,「時間情報の処理」における記憶の役割,記憶に対する「加齢の効果」,未来への記憶である「展望的記憶」,「顔の印象」と記憶との関連など,記憶とそれに関連する多彩な問題について,幅広く研究を進めています.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
京都大学 人間・環境学研究科 教授
 
2011年
 - 
2017年
京都大学 人間・環境学研究科 准教授
 
2008年
 - 
2011年
東北大学 加齢医学研究所 准教授
 
2006年
 - 
2008年
デューク大学 認知神経科学センター 客員研究員
 
2001年
 - 
2008年
独立行政法人産業技術総合研究所 脳神経情報研究部門 研究員
 
2000年
 - 
2001年
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

受賞

 
2011年4月
文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2009年8月
日本心理学会 国際賞(奨励賞)
 
2000年6月
Organization for Human Brain Mapping Travel Award
 

論文

 
エピソード記憶における時間と前脳基底部
月浦 崇
Clinical Neuroscience   36 1451-1453   2018年   [招待有り]
岩田沙恵子,月浦 崇
Brain and Nerve   70 1203-1208   2018年   [招待有り]
Akimoto Y, Yamazaki R, Sugiura M, Nouchi R, Terao C, Tsukiura T, Kawashima R
European journal of neuroscience   48 1680-1690   2018年   [査読有り]
杉本 光,月浦 崇
Brain and Nerve   70 753-761   2018年   [招待有り]
Dolcos F, Katsumi Y, Weymar M, Moore M, Tsukiura T, Dolcos S
Frontiers in Psychology   8 1867   2017年   [査読有り]

Misc

 
Memory for whom I told something to: Roles of the ventromedial prefrontal cortex in destination memory
Nagasawa Y., Sugimoto H., Tsukiura T.
48th annual meeting of the Society for Neuroscience, San Diego, USA      2018年11月   [査読有り]
髪型の類似性が顔の印象形成に与える影響とその個人差
岩田沙恵子,吉田 幸,月浦 崇
第82回日本心理学会大会,仙台      2018年9月   [査読有り]
他者からの期待が記憶に与える影響とその個人差
長澤勇貴,平田 歩,塩田翔一,月浦 崇
第82回日本心理学会大会,仙台      2018年9月   [査読有り]
自伝的記憶における多階層的自己とその個人差
勝見 梓,塩田翔一,月浦 崇
第82回日本心理学会大会,仙台      2018年9月   [査読有り]
Prognosis of cognitive disturbance and difficulty in everyday lives by severity in patients with diffuse axonal injury (DAI)
Park P., Muraoka H., Ubukata S., Ueda K., Murai T., Tsukiura T.
International Neuropsychological Society 2018 Mid-Year Meeting, Prague, Czech Republic      2018年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
研究としての神経心理学,緑川晶・山口加代子・三村將(編) 臨床神経心理学
月浦 崇 (担当:分担執筆)
医歯薬出版株式会社.東京   2018年4月   
Memory in a social context: Brain, mind, and society
Tsukiura T, Umeda S (担当:共編者)
Springer   2018年1月   
Modulatory mechanisms of three-layered hierarchical structure in memories associated with rewards and punishments, Memory in a social context: Brain, mind, and society (Tsukiura T and Umeda S, Eds)
Shigemune Y, Tsukiura T (担当:分担執筆)
Springer   2018年1月   
記憶における脳損傷や加齢の影響,榊原洋一・米田英嗣(編) 発達科学ハンドブック8巻「脳の発達科学」
月浦 崇 (担当:分担執筆)
新曜社.東京   2015年   
顔と名前の記憶 原島博・山口真美・金沢創他(編) 顔の百科事典
月浦 崇 (担当:分担執筆)
丸善出版.東京   2015年   

講演・口頭発表等

 
主観的幸福感の基盤となる安静時脳機能ネットワークと共感性 [招待有り]
月浦 崇
第82回日本心理学会大会シンポジウム「生涯学の挑戦:超高齢社会の中で生きるために」,仙台   2018年9月25日   
Neural mechanisms of human social memory [招待有り]
Tsukiura T.
International Symposium: Towards Understanding “INDIVIDUALITY”, Kyoto, Japan   2018年7月24日   
「脳」の窓からみる「こころ」 [招待有り]
月浦 崇
世界脳週間京都講演会(京都市立堀川高等学校)   2018年6月16日   
社会的文脈におけるヒト記憶の脳内機構 [招待有り]
月浦 崇
第81回日本心理学会大会シンポジウム「社会はMRIスキャナーに持ち込めるか?」,久留米   2017年9月22日   
脳からみたこころの科学-総合人間学部の紹介と私たちの研究- [招待有り]
月浦 崇
京大×河合塾「特別講演会」   2017年6月17日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 月浦 崇
文部科学省: 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 月浦 崇
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 月浦 崇
文部科学省: 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 月浦 崇
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 月浦 崇

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
東北大学 大学院医学系研究科 障害科学専攻高次機能障害学
 
1992年4月
 - 
1996年3月
東北大学 教育学部 教育心理学科