基本情報

所属
京都大学 大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 教授
学位
博士(障害科学)(東北大学)

研究者番号
30344112
J-GLOBAL ID
200901024207441923

外部リンク

ヒトは,誕生から死までの間に多くのことを経験・学習し,それを利用しながら日々の生活を送っています.このような一連の過程が記憶であり,記憶は過去から現在,そして未来へと連なる私たち自身の意識をつなぐ最も重要な脳機能のひとつです.私の研究室では,このヒト記憶の脳内メカニズムに対して,文系と理系,基礎研究と臨床研究の学際的なバックグラウンドをもとに,脳機能イメージング(fMRIなど)や脳損傷患者への神経心理学的方法,実験心理学的方法等の多様な手法を組み合わせて研究を進めています.特に近年は,個人的に体験した出来事の記憶である「自伝的記憶」,「情動・感情」や「社会的認知(自己と他者,動機づけ,共感,報酬,期待など)」と記憶との関連,「時間情報の処理」における記憶の役割,記憶に対する「加齢の効果」,未来への記憶である「展望的記憶」,「顔の印象」と記憶との関連など,記憶とそれに関連する多彩な問題について,幅広く研究を進めています.

研究キーワード

  9

論文

  80

MISC

  196

書籍等出版物

  13

講演・口頭発表等

  54

共同研究・競争的資金等の研究課題

  10