藤枝美穂

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/14 10:01
 
アバター
研究者氏名
藤枝美穂
 
フジエダ ミホ
所属
大阪医科大学
部署
医学部 総合教育講座 語学教室
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
大阪医科大学 総合教育講座 語学教室 教授
 

論文

 
放射線科学分野の英語特徴語彙:大学専門基礎教科書の場合
藤枝美穂
統計数理研究所共同研究リポート295 科学技術コーパスの特徴表現分析と教育への応用   1-18   2013年3月
Radiologyを読む―段階的ESP語彙リスト作成のための予備調査
藤枝美穂
統計数理研究所共同研究リポート276   29-41   2012年3月
Investigating effects of topic control on lexical variation in Japanese university students’ in-class timed-writing
Le Blanc, C. & Fujieda, M.
Kwansei Gakuin University Humanities Review   (17) 241-253   2012年   [査読有り]
A frequency analysis of present perfect development
Andrew Obermeier, Miho Fujieda, and Akiko Kondo
Temple University Working Papers in Applied Linguistics   23 95-102   2010年   [査読有り]
Basic English for College Students: A multimedia remedial English program
Miho Fujieda, Masako Odaira, and Lewis Malamed
Glocalization through CALL: Bridging people together   43-48   2006年5月   [査読有り]
藤枝 美穂, 小平 昌子
東海大学紀要. 外国語教育センター   25 11-31   2005年3月   [査読有り]
The officialization of English and ELT in Japan: 2000
Hiroko Matsuura, Miho Fujieda, Sean Mahoney
World Englishes   471-483   2004年   [査読有り]
A proposal to integrate computers in language instruction
Miho Fujieda and Hiroko Suzuki
FLEAT IV Proceedings   526-532   2001年11月   [査読有り]
Fujieda Miho
東海大学紀要. 外国語教育センター   21 97-107   2000年11月   [査読有り]
マルチメディア教室を利用した英語授業
藤枝美穂
国士舘大学外国語外国文化研究会 『外国語外国文化研究』   10 11-19   2000年3月   [査読有り]
Fujieda Miho, Matsuura Hiroko
Language Laboratory   0(36) 1-15   1999年6月   [査読有り]
マルチメディア語学教材の開発とその学習効果
藤枝美穂
国士舘大学外国語外国文化研究会 『外国語外国文化研究』   9 39-65   1999年3月   [査読有り]
Intelligibility and Comprehensibility of American and Irish Englishes in Japan
Hiroko Matsuura, Reiko Chiba, Miho Fujieda
World Englishes   49-62   1999年   [査読有り]
Suzuki Hiroko, Fujieda Miho
神奈川大学言語研究   21 29-62   1998年   [査読有り]
藤枝 美穂
Language Laboratory   0(34) 123-135   1997年6月   [査読有り]
Evaluating L1 and L2 spoken narratives of Japanese College Students
Reiko Chiba, Hiroko Matsuura, and Miho Fujieda
Revista de Lenguas para Fines Especificos Servicio   233-243   1996年4月   [査読有り][招待有り]
藤枝 美穂
神奈川大学言語研究   19 1-17   1996年   [査読有り]
学習者中心のESP授業を考える
藤枝美穂
法政英語英文学研究会 PHOEBUS   1 41-45   1994年12月   [査読有り]

Misc

 
科学技術コーパスに基づいた英語論文ライティング支援システムの構築とその評価
小山由紀江・宮崎佳典・藤枝美穂・田中省作
日本教育工学会第28回全国大会予稿集   523-524   2012年
鈴木 広子, 藤枝 美穂
教育開発   5(0) 17-58   2009年

書籍等出版物

 
フラン・ジメルマン, 小林忠夫 (担当:共編者)
南雲堂   2004年1月   ISBN:452317458X
ルイス マラメッド, 藤枝 美穂 (担当:共著)
三修社   2001年8月   ISBN:4384005431
南雲堂   1999年11月   ISBN:4523173397
Martin Bates, Tony Dudley‐Evans (担当:共編者)
南雲堂   1996年3月   ISBN:4523172765

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 藤枝 美穂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 藤枝 美穂
プロジェクト学習の概念を応用し、ICTを活用したブレンド型の授業を設計した。放射線技術学専攻の大学1年生を対象とした基礎医学英語の授業である。授業実践を通して、コミュニケーション能力と学びの意味を考察した。プロトコル分析の結果、学生にとって意味のある活動を経験することで、医学英語が単なる知識ではなく活動の道具になる、という活動理論の道具の概念を実証した。具体的には、初級レベルの学習者が医学英語を使って病気について表現できるようになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 鈴木 広子
本研究は,大学生を対象とした英語(外国語)リーディングCALL教材のモデル版を制作するとともに,外国語学習という観点から、学習効果の高いCALLレッスンの設計について研究した。以下の3点がCALL教材の特色であり、紙を使った宿題のプリントやワークシートとの大きな相違点であることが明らかになった。1)メディア(テキスト,画像,音声)を複合的に利用して、言語理解を促進する補助情報をさまざまな形態で提示することができる2)情報を階層構造の中に組み入れられるので,学習者へのヒント,フィードバック,...