後藤 基行

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/04 23:49
 
アバター
研究者氏名
後藤 基行
 
ゴトウ モトユキ
eメール
mgotokeio.jp
URL
https://sites.google.com/site/seishiniryo/
所属
独立行政法人日本学術振興会
職名
特別研究員(PD:慶應義塾大学)
学位
博士(社会学)(一橋大学)
科研費研究者番号
70722396

プロフィール

早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業(2004年)、一橋大学大学院社会学研究科修士課程(2008年)・博士課程(2015年)修了。

日本の精神医療供給が、なぜ大規模病床数と長期在院に特徴づけられる入院中心の形態となったかについて、歴史学、医療社会学、家族社会学的な観点から、一次資料を重視した研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)、慶應義塾大学経済学部訪問研究員
 
2018年10月
 - 
現在
独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター 客員研究員
 
2016年4月
 - 
2018年11月
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健計画研究部 外来研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健計画研究部 流動研究員
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
公益財団法人 日本精神衛生会  記念誌改訂増補版編集委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本精神医学史学会  評議員
 

論文

 
後藤基行、中村江里、前田克実
社会事業史研究   (50) 143-159   2016年9月   [査読有り]
竹島正、後藤基行、中村江里、古屋龍太
日本社会精神医学会雑誌   25(2) 149-156   2016年   [招待有り]
後藤 基行、安藤 道人
季刊家計経済研究   (108) 60-73   2015年10月   [査読有り]
後藤 基行、赤澤正人、竹島正、立森久照、野口正行、宇田英典
日本公衆衛生雑誌   62(6) 300-309   2015年6月   [査読有り]
精神科医療に係る歴史的資料・物品の有無とその内容に関する基礎調査
後藤基行、竹島正、有馬邦正、立森久照
『(独)国立精神・神経医療研究センター報告書』(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神保健計画研究部)   2015年度 1-8   2015年3月
安藤道人、後藤基行
医療経済研究   26(1) 27-41   2014年10月   [査読有り]
都道府県医療計画における保健所の役割の記載について
後藤基行、竹島正、山田全啓
平成25年度地域保健総合推進事業全国保健所長会協力事業『精神科医療と地域ケアの連携推進事業報告書』(日本公衆衛生協会)   46-55   2013年
後藤 基行、竹島 正、永田 郁子他
精神医学史研究   17(2) 81-88   2013年   [招待有り]
後藤 基行
社會經濟史學   78(3) 379-402   2012年11月   [査読有り]
本稿の目的は,近代日本の精神医療政策史における公的関与の実態と仕組みを分析し,それを通じてわが国の精神医療供給が,何故に民間病院へ過度に依存することになったのか,その歴史過程を明らかにすることである。これにより,近代日本の精神医療史を,病院の発展系という観点から捉え直し,戦前戦後を貫く精神医療供給の構造的な連続性を提示していく。こうした体系の把握により,なぜわが国の精神医療は民間病院に依存し,なぜ長期入院や大規模収容が行われてきたのか,その原因の一端が,病床供給の構造という歴史的見地から,...
後藤 基行
精神医学史研究   16(2) 126-133   2012年   [査読有り]
後藤 基行
年報社会学論集   (24) 97-108   2011年   [査読有り]
後藤 基行
次世代アジア論集   (2) 63-86   2009年3月   [査読有り]

Misc

 
後藤 基行
岡田靖雄他編『編集復刻版 精神障害者問題資料集成第12巻』六花出版      2016年6月   [依頼有り]
国立精神・神経医療研究センターにおける歴史資料研究の進捗状況
後藤 基行
生物学史研究   (91) 74-75   2014年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
日本の精神科入院の歴史構造ーー社会防衛・治療・社会福祉
後藤 基行
東京大学出版会   2018年1月   ISBN:978-4-13-056401-4
http://www.utp.or.jp/book/b383243.html
こころの苦しみへの理解―トータルメンタルヘルスガイドブック(Understanding Troubled Minds)
シドニー ブロック (著), 竹島 正 (監訳) (担当:共訳, 範囲:第1章 精神疾患と治療の歴史)
中央法規出版   2018年5月   

講演・口頭発表等

 
(シンポジウム)精神医療史とアーカイブズ―診療録等の保管と研究利用の現状(コーディネーター・座長)
後藤 基行
第22回 日本精神医学史学会(福岡)   2018年11月10日   
The History of the Development of Psychiatric Beds in Japan [招待有り]
Motoyuki Goto
Winter School on the History of Psychiatry at the University of Sydney   2018年8月   
入院医療費支払区分別精神科特殊治療の比較
後藤 基行
第21回 日本精神医学史学会(栃木)   2017年11月11日   
医療扶助と精神障害者の長期入院 ―1956年『在院精神障害者実態調査』原票を用いた統計分析―
後藤 基行、安藤 道人
第36回 日本社会精神医学会 (東京)   2017年3月4日   
精神病床における医療費支払区分別在院期間の歴史的分析
後藤 基行
第20回 日本精神医学史学会(大阪)   2016年11月12日   
(シンポジウム「戦争と精神医学」)傷痍軍人武蔵療養所と戦後精神医療―国立精神・神経医療研究センター所蔵資料の分析と考察―
後藤 基行
第19回 日本精神医学史学会   2015年11月8日   
医療情報の研究利用プロシージャに関する一事例 [招待有り]
後藤 基行
2015年度第1回研究集会 日本アーカイブズ学会 「専門職の倫理とは何か? ~アーカイブズの現場における資料の公開を巡る諸問題を探る~」   2015年10月18日   
医療扶助を適用した強制的な精神病床入院の研究―1959年の一次行政文書の運用事例を中心に―
後藤 基行
第130回 社会政策学会(2015年度春季)   2015年6月27日   
傷痍軍人武蔵療養所における入所者ならびに戦時精神医療体制の実証研究―国立精神・神経医療研究センターによる医療アーカイブズ整備とその成果―
後藤 基行、中村江里、久保田明子、山田理絵、前田克実、大西綾子、竹島 正
第43回 社会事業史学会    2015年5月9日   
行政収容、公的扶助、社会保険:戦前・戦後の精神病床入院における 3 類型の成立と展開
安藤道人、後藤基行
国立社会保障・人口問題研究所 歴史研究会   2015年4月   
精神病床を有する全国の病院における歴史的資料・物品の保存状況について
後藤 基行, 竹島正
第18回 日本精神医学史学会   2014年11月9日   
Three Types of Psychiatric Hospitalization in Japan: A Historical Analysis of Institutional Formation and Financial Transition
Motoyuki Goto, Michihito Ando
WPA (World Psychiatric Association) Section on Epidemiology and Public Health   2014年10月16日   
精神病床入院体系における 3 類型成立の歴史分析
後藤基行、安藤道人
第33回 日本社会精神医学会   2014年3月   
国立精神・神経医療研究センターの歴史資料館開設準備について
後藤基行、竹島正
第17回 日本精神医学史学会   2013年11月   
救護法による精神病者収容救護の運用事例とその史的考察
後藤基行
第126回 社会政策学会(2013年度春期)   2013年5月   
Reconsider the historical meaning of the Mental Patients’ Custody Act and its actual practice of public confinement.
Motoyuki Goto
The Sixth Conference for the Asian Society for the History of Medicine   2012年12月   
戦前期日本における精神病床供給体制と精神病者監護法
後藤基行
第16回 日本精神医学史学会   2012年10月   
精神病者監護法の運用実態とその意義の再検討
後藤基行
第15回 日本精神医学史学会   2011年10月   

Works

 
夢野久作『ドグラ・マグラ』自筆原稿とパネル展示(於第22回日本精神医学史学会)
後藤 基行(企画)   芸術活動   2018年11月

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(研究成果公開促進費)
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 後藤 基行
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤A)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 鈴木 晃仁
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(挑戦的研究・開拓)
研究期間: 2017年6月 - 2021年3月    代表者: 久保田 明子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 後藤 基行
日本学術振興会: 特別研究員(PD)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 後藤 基行
NCNP所蔵・国立精神療養所関連資料のアーカイブズ 整備―戦時精神医療体制の基礎研究を中心に-
三菱財団: 平成26年度三菱財団助成金
研究期間: 2014年10月 - 2016年9月    代表者: 竹島 正
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手B)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 後藤基行
公的支出形態の3類型から見た戦後日本の措置入院および同意入院の研究
公益財団法人 家計経済研究所: 家計経済研究所研究振興助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 後藤基行
日本の精神医療における病床供給・在院期間の歴史分析-長期入院・大規模収容の研究-
一般財団法人 医療経済研究機構: 医療経済研究機構研究助成
研究期間: 2012年10月 - 2013年9月    代表者: 後藤基行