論文

査読有り
2017年12月

横断研究で示された口唇閉鎖力の強さと関連因子との関連性(The relationship between lip-closing strength and the related factors in a cross-sectional study)

Pediatric Dental Journal
  • Saitoh Issei
  • ,
  • Inada Emi
  • ,
  • Kaihara Yasutaka
  • ,
  • Nogami Yukiko
  • ,
  • Murakami Daisuke
  • ,
  • Ishitani Norihito
  • ,
  • Sawami Tadashi
  • ,
  • Iwase Yoko
  • ,
  • Nakajima Tsutomu
  • ,
  • Kubota Naoko
  • ,
  • Sakurai Kaoru
  • ,
  • Tsujii Toshiya
  • ,
  • Shirazawa Yoshito
  • ,
  • Hanasaki Mika
  • ,
  • Kurosawa Mie
  • ,
  • Goto Miyuki
  • ,
  • Nosou Maki
  • ,
  • Kozai Katsuyuki
  • ,
  • Yamasaki Youichi
  • ,
  • Hayasaki Haruaki

27
3
開始ページ
115
終了ページ
120
記述言語
英語
掲載種別
出版者・発行元
(公社)日本小児歯科学会

口唇閉鎖力の強さ(LCS)の年齢に関連して変化するパターンや、その他の関連因子を調査する横断研究を施行した。日本人の小児554名(女児275名、年齢3〜12歳)を調査対象とした。口唇閉鎖力測定器の「りっぷるくん」を用いてLCSを測定し、被験児の親に対して質問紙調査を行った。検討の結果、LCSは3〜6歳にかけて年齢と共に増大したが7〜12歳では平坦相に達し、そのパターンはScammonの発育曲線における一般型に類似していた。3〜6歳児の集団では、調査項目のうち「年齢」とLCSとの間の相関係数は他の項目に比べて高かった。7〜12歳児では「性別」や「食事中に飲み物を飲むこと」がLCSと中等度に相関していた。小児のLCSに関しては、発達期(3〜6歳)と安定期(7〜12歳)の2つの時期が区別されることが示された。

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20171212230001&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.1016%2Fj.pdj.2017.06.002&type=Crossref&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00002_2.gif
ID情報
  • ISSN : 0917-2394
  • eISSN : 1880-3997
  • 医中誌Web ID : 2019085425

エクスポート
BibTeX RIS