長谷部光泰

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/08 16:08
 
アバター
研究者氏名
長谷部光泰
 
ハセベ ミツヤス
eメール
mhasebenibb.ac.jp
URL
http://www.nibb.ac.jp/evodevo
所属
基礎生物学研究所
部署
生物進化研究部門
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学日本学術会議

プロフィール

植物が好きです。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
京都大学理学部 客員教授
 
2000年7月
   
 
総合研究大学院大学生命科学研究科 教授
 
2004年4月
   
 
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 教授
 
2000年7月
 - 
2004年3月
岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 教授
 
1996年11月
 - 
2000年6月
国立岡崎研究機構 基礎生物学研究所 助教授
 
1993年9月
 - 
1995年7月
日本学術振興会海外特別研究員併任
 
1991年5月
 - 
1996年10月
東京大学 理学部 附属植物園 助手
 

受賞

 
2008年
日本植物学会 第5回日本植物学会学術賞 多様性生物学における細胞生物学、発生生物学、ゲノム生物学の融合と新展開
 
2005年
日本学士院 日本学士院学術奨励賞
 
2001年
日本進化学会 研究奨励賞
 
2005年
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
1997年
(社)日本植物学会 奨励賞
 

論文

 
Banks JA, Nishiyama T, Hasebe M, Bowman JL, Gribskov M, dePamphilis C, Albert VA, Aono N, Aoyama T, Ambrose BA, Ashton NW, Axtell MJ, Barker E, Barker MS, Bennetzen JL, Bonawitz ND, Chapple C, Cheng C, Correa LG, Dacre M, DeBarry J, Dreyer I, Elias M, Engstrom EM, Estelle M, Feng L, Finet C, Floyd SK, Frommer WB, Fujita T, Gramzow L, Gutensohn M, Harholt J, Hattori M, Heyl A, Hirai T, Hiwatashi Y, Ishikawa M, Iwata M, Karol KG, Koehler B, Kolukisaoglu U, Kubo M, Kurata T, Lalonde S, Li K, Li Y, Litt A, Lyons E, Manning G, Maruyama T, Michael TP, Mikami K, Miyazaki S, Morinaga S, Murata T, Mueller-Roeber B, Nelson DR, Obara M, Oguri Y, Olmstead RG, Onodera N, Petersen BL, Pils B, Prigge M, Rensing SA, Riaño-Pachón DM, Roberts AW, Sato Y, Scheller HV, Schulz B, Schulz C, Shakirov EV, Shibagaki N, Shinohara N, Shippen DE, Sørensen I, Sotooka R, Sugimoto N, Sugita M, Sumikawa N, Tanurdzic M, Theissen G, Ulvskov P, Wakazuki S, Weng JK, Willats WW, Wipf D, Wolf PG, Yang L, Zimmer AD, Zhu Q, Mitros T, Hellsten U, Loqué D, Otillar R, Salamov A, Schmutz J, Shapiro H, Lindquist E, Lucas S, Rokhsar D, Grigoriev IV
Science (New York, N.Y.)   332(6032) 960-963   2011年5月   [査読有り]
Yokoyama R, Uwagaki Y, Sasaki H, Harada T, Hiwatashi Y, Hasebe M, Nishitani K
The Plant journal : for cell and molecular biology   64(4) 645-656   2010年11月   [査読有り]
Mikami K, Saavedra L, Hiwatashi Y, Uji T, Hasebe M, Sommarin M
Plant physiology   153(3) 1004-1015   2010年7月   [査読有り]
Hayashi K, Horie K, Hiwatashi Y, Kawaide H, Yamaguchi S, Hanada A, Nakashima T, Nakajima M, Mander LN, Yamane H, Hasebe M, Nozaki H
Plant physiology   153(3) 1085-1097   2010年7月   [査読有り]
Okano Y, Aono N, Hiwatashi Y, Murata T, Nishiyama T, Ishikawa T, Kubo M, Hasebe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(38) 16321-16326   2009年9月   [査読有り]

Misc

 
百々 由希子, 三枝 豊平, 千葉 秀幸, 西山 智明, 広渡 俊哉, 石井 実, 八木 孝司, 長谷部 光泰, 毛利 秀雄
蝶と蛾   59(1) 29-41   2008年1月
日本産セセリチョウ全37種について,ミトコンドリアND5遺伝子領域787塩基対とCOI遺伝子領域1,110塩基対を用いて,再節約法(MP)と最尤法(ML)により分子系統樹を構築した.本邦に2種以上を産する7属,すなわちビロウドセセリ属,チャマダラセセリ属,タカネキマダラセセリ属,コキマダラセセリ属,スジグロチャバネセセリ属,チャバネセセリ属およびイチモンジセセリ属については,すべてブートストラップ値が100かそれに近く,単系統性が支持された.本邦に3種以上を産する4属の属内の種間関係は次の...
長谷部 光泰
遺伝   59(4) 32-37   2005年7月
長谷部 光泰
分類 : bunrui : 日本植物分類学会誌   4(1) 81-85   2004年2月
倉谷 滋, 長谷部 光泰, 三浦 徹
遺伝   57(6) 23-31   2003年11月
長谷部 光泰
遺伝   57(5) 18-21   2003年9月