共同研究・競争的資金等の研究課題

2008年 - 2009年

細胞外シグナルが誘導する神経細胞の極性形成機構の解析

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(スタートアップ)
  • 鳥山 道則

課題番号
20800031
配分額
(総額)
3,302,000円
(直接経費)
2,540,000円
(間接経費)
762,000円

神経極性形成分子Shootin1が細胞外シグナル分子であるNetrin-1の刺激に応答し、リン酸化酵素PAK1により直接リン酸化修飾を受けること、さらにリン酸化Shootin1は神経極性形成に対して促進的に働くこと見出した。よって、細胞外シグナル分子であるNetrin-1はShootin1のリン酸化を促進しShootin1の活性を制御することで、神経細胞の極性形成を制御することが示唆された。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-20800031/20800031seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 20800031