藤井 迪生

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/29 17:46
 
アバター
研究者氏名
藤井 迪生
 
フジイ ミチオ
URL
https://fune-gaku.com
所属
日本ナブトール株式会社
職名
テクニカルアドバイザー
学位
博士(工学)(神戸大学)
ORCID ID
0000-0002-7486-1220

研究分野

 
 

経歴

 
2019年
 - 
現在
日本ナブトール株式会社
 
2017年
 - 
2019年
海技大学校 航海科 准教授
 
2014年
 - 
2017年
海技大学校 航海科 講師
 
2005年
 - 
2013年
(株)商船三井 航海士 一級海技士(航海)
 

学歴

 
2015年
 - 
2019年
神戸大学 大学院 海事科学研究科 博士課程後期課程
 
2013年
 - 
2015年
神戸大学 大学院 海事科学研究科 博士課程前期課程
 
2003年
 - 
2005年
神戸大学 海事科学部 
 
2001年
 - 
2003年
神戸商船大学 商船学部 
 

論文

 
内航タンカーにおけるヒヤリ・ハット報告のウェブシステム化とデータマイニングの活用
淺木 健司, 山本 一誠, 藤井 迪生, 久保野 雅敬, 岸 和宏
海技教育機構論文集   (5)    2019年4月   [査読有り]
Michio Fujii, Hirotada Hashimoto, Yuuki Taniguchi, Eiichi Kobayashi
Journal of Marine Science and Technology      2019年2月   [査読有り]
加藤由季, 渕真輝, 久保野雅敬, 藤井迪生, 小西宗, 藤本昌志, 廣野康平
人間工学   53(6) 205-213   2017年12月   [査読有り]
加藤 由季, 渕 真輝, 藤井 迪生, 久保野 雅敬
日本航海学会論文集   136 50-56   2017年7月   [査読有り]
Fujii M., Hashimoto H., Taniguchi Y.
the International Journal on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation   11(2) 85-91   2017年6月   [査読有り]
A case study on operational limitations by means of navigation simulation
Hirotada Hashimoto, Yuuki Taniguchi, Michio Fujii
Proceedings of the 16th International Ship Stability Workshop      2017年6月   [査読有り]
教育・訓練プログラム改善のための船員技能抽出に関する一考察 内航タンカーにおける着桟操船時の着眼点の調査
藤井 迪生, 淺木 健司, 加藤 由季, 山本 一誠, 久保野 雅敬, 岸 和宏
海技教育機構研究報告   (60) 1-9   2017年3月   [査読有り]
BRM訓練に用いるシミュレーションシナリオの評価に関する一考察 ― 訓練受講者による評価結果の利用法について ―
久保野 雅敬, 淺木 健司, 藤井 迪生, 山本 一誠
海技教育機構研究報告   (60) 11-18   2017年3月   [査読有り]
KYTのための効果的な教育に関する基礎的研究
山本 一誠, 淺木 健司, 藤井 迪生, 久保野 雅敬, 原 憲一
海技教育機構研究報告   (60) 19-23   2017年3月   [査読有り]
Evaluation Method of Training Scenario for Ship Maneuvering Simulator Exercise in BRM Training
Michio FUJII, Kenji ASAKI, Masataka KUBONO, Toshiki HAMADA
International Conference on Ship Maneuverability and Maritime Simulation 2015      2015年9月   [査読有り]
BRM訓練に用いるシミュレータ訓練シナリオのレベル定量化手法の検討 − BRMスキルの欠落影響度(Failure Effect Level)の提案 −
藤井 迪生, 淺木 健司, 久保野 雅敬, 濵田 聡樹
海技大学校研究報告   (58) 9-19   2015年3月   [査読有り]
BRM訓練受講者の視点によるシミュレーションシナリオの評価に関する一考察
久保野 雅敬, 淺木 健司, 濵田 聡樹, 高平 但, 藤井 迪生
海技大学校研究報告   (58) 1-7   2015年3月   [査読有り]
Michio Fujii, Mitsuru Hayashi, Misako Urakami, Nobukazu Wakabayashi
ASME 2014 33rd international Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering      2014年6月   [査読有り]
Michio Fujii, Misako Urakami, Kazuo Yamashita, Nobukazu Wakabayashi
OCEANS 2014 IEEE/MTS Conference & Exhibition TAIPEI      2014年4月
若林 伸和, 藤井 迪生
日本航海学会論文集   (112) 101-108   2005年3月   [査読有り]
At present, the task of making navigation schedules, and the inputting of schedule data into modern navigational systems, such as ECDIS, is a time consuming business. So, we propose in this paper a method to make a supporting system for the genera...
内航タンカーにおけるヒヤリハット報告のウェブシステム化とデータマイニング
淺木 健司, 山本 一誠, 藤井 迪生, 久保野 雅敬, 岸 和宏
海技教育機構論文集   (5)    [査読有り]

Misc

 
データから見る運航技能 −着桟操船時における、職位別の着眼点の違い(距離編)−
藤井 迪生
月報Captain: 日本船長協会   (445)    2018年7月   [依頼有り]
データから見る冬季北太平洋の運航ルート
藤井 迪生
月報Captain: 日本船長協会   (443) 2-4   2018年3月   [依頼有り]
ビッグデータ分析から見る、船乗りの運航技術 -コンテナ船はどの程度の荒天海域を避けているのか?-
藤井 迪生
海技通信   (735) 6-7   2018年1月
林 美鶴, 徳留 功樹, 小家 琢摩, 藤井 迪生, 若林 伸和, 香西 克俊
Navigation : 日本航海学会誌   (187) 55-62   2013年12月

講演・口頭発表等

 
実運航データから見た運航シミュレーションの妥当性の検討
○藤井 迪生, 橋本 博公, 谷口 裕樹
平成29年度日本船舶海洋工学会秋季講演会   2017年11月28日   
Analysis of Satellite AIS Data to Derive Weather Judging Criteria for Voyage Route Selection
○Michio Fujii, Hirotada Hashimoto, Yuuki Taniguchi
12th International Conference on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation   2017年6月22日   
衛星AISデータを利用した冬季北太平洋運航船の波高許容基準の解析
○藤井 迪生, 橋本 博公, 谷口 裕樹
平成29年度春季日本船舶海洋工学会講演会   2017年5月24日   
第二世代非損傷時復原性基準の運航制限に関する検討
○橋本博公, 谷口裕樹, 藤井迪生
平成28年 日本船舶海洋工学会 秋季講演会   2016年11月22日   
目視と計器による情報が避航判断に及ぼす影響について
○加藤 由季, 渕 真輝, 藤井 迪生, 久保野 雅敬
日本航海学会第135回講演会   2016年10月29日   
海上交通における情報源の違いによる衝突回避判断に関する検討
○加藤 由季, 渕 真輝, 久保野 雅敬, 藤井 迪生, 小西 宗, 藤本 昌志, 廣野 康平
日本人間工学会第57回大会   2016年6月26日   
GPSコンパスを利用した着桟速度・距離計測システムの開発検討
○藤井 迪生, 若林 伸和
日本航海学会第131回講演会   2014年10月31日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
「設計」と「運航」を満足する合理的な運航ガイダンスの提案
造船学術研究推進機構: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 藤井迪生
内航タンカーにおける安全性向上の為の教育・訓練に関する基礎研究
(株)旭タンカー: 共同研究
研究期間: 2016年 - 2018年