道岡武信

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/01 13:42
 
アバター
研究者氏名
道岡武信
 
ミチオカ タケノブ
所属
近畿大学
部署
理工学部 機械工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2013年3月
九州大学 工学部 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2011年3月
東京工業大学大学院 環境理工学創造専攻 連携准教授
 
2006年10月
 - 
2007年9月
カリフォルニア大学バークレイ校 客員研究員
 
2001年4月
 - 
2015年3月
一般財団法人電力中央研究所
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
京都大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 博士後期課程
 
1996年4月
 - 
1998年3月
九州大学大学院 工学研究科 化学機械工学専攻 修士課程
 
1993年4月
 - 
1996年3月
九州大学 工学部 化学機械工学科
 

受賞

 
2012年
粉体工学会 技術賞 数値シミュレーションによるハニカム形脱硝触媒の劣化特性評価
受賞者: 丹野賢二、道岡武信、牧野尚夫、黒瀬良一、小森悟
 
2010年
日本原子力学会 保健物理・環境科学部会 論文賞 安全解析のための数値モデルによる排ガス大気拡散予測および被ばく線量評価-風洞実験と数値モデルによる放出源の有効高さ・被ばく線量-
受賞者: 佐田幸一、込山有人、道岡武信、市川陽一
 
2005年
日本機械学会 日本機械学会 化学反応を伴う乱流場に対するLarge-Eddy Simulationの開発
 
2010年
大気環境学会 論文賞(原著論文) 機械通風式冷却塔からの白煙予測手法(その1)―プルーム上昇・拡散モデルの開発―
受賞者: 道岡武信、佐藤歩、佐田幸一、下田昭朗、市川陽一
 

論文

 
Michioka Takenobu, Takimoto Hiroshi, Ono Hiroki, Sato Ayumu
BOUNDARY-LAYER METEOROLOGY   164(3) 401-418   2017年9月   [査読有り]
小野浩己, 瀧本浩史, 佐藤歩, 道岡武信, 道岡武信, 佐田幸一
大気環境学会誌   52(1) 19‐29   2017年1月
鈴木直弥, 早稲田卓爾, 道岡武信, 辰巳公亮, 竹本剛志
海洋理工学会誌(Web)   23(1) 11‐19(J‐STAGE)   2017年
小野浩己, 瀧本浩史, 道岡武信, 佐藤歩, 佐田幸一
大気環境学会誌   51(3) 161-173   2016年5月
Takenobu Michioka, Hiroshi Takimoto, Hiroki Ono, Ayumu Sato
Boundary-Layer Meteorology   1-15   2016年2月
© 2016 Springer Science+Business Media DordrechtLarge-eddy simulation is conducted to investigate the effect of fetch on the pollutant-removal mechanism from a two-dimensional street canyon with a building-height to street-width (aspect) ratio of ...
Kazutaka Takata, Takenobu Michioka, Ryoichi Kurose
Atmosphere   7    2016年1月
© 2016 by the authors.Heated moist air from a cooling tower forms a visible plume and needs to be predicted, not only for the performance design of the cooling tower, but also for environmental impact assessments. In this study, a computational fl...
Takenobu Michioka, Koichi Sada, Kazuki Okabayashi
Atmosphere   7    2016年1月
© 2016 by the authors.Wind-tunnel experiments were conducted to evaluate the effect of additional structure (building, sea wall and banking) on the effective stack height, which is usually used in safety analyses of nuclear power facilities in Jap...
小野浩己, 瀧本浩史, 道岡武信, 佐藤歩
日本建築学会環境系論文集   (718) 1143-1151   2015年12月
瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩, 道岡武信, 佐田幸一
大気環境学会誌   50(5) 226-232   2015年9月
小野 浩己, 瀧本 浩史, 道岡 武信
日本建築学会環境系論文集   79(701) 607-613   2014年7月
Takenobu Michioka, Hiroshi Takimoto, Ayumu Sato
Boundary-Layer Meteorology   150 259-275   2014年1月
Large-eddy simulations were conducted to investigate the mechanism of pollutant removal from a three-dimensional street canyon. Five block configurations with aspect ratios (building height to length) of 1, 2, 4, 8 and ∞ were used to create an urb...
丹野 賢二, 野田 直希, 山本 融, 黒瀬 良一, 道岡 武信, 牧野 尚夫
粉体工学会誌   50(10) 733-740   2013年10月
Kenji Tanno, Ryoichi Kurose, Takenobu Michioka, Hisao Makino, Satoru Komori
Advanced Powder Technology   24 879-885   2013年9月
Selective catalytic reaction is a very efficient method to reduce NO x emissions from thermal power plants and is widely used in Japan. To develop a higher performance de-NOx system and optimize its maintenance schedule, it is important to underst...
T. Michioka, A. Sato, K. Sada
Atmospheric Environment   75 153-162   2013年8月
A microscale large-eddy simulation (LES) model coupled to a mesoscale LES model is implemented to estimate a ground concentration considering the meteorological influence in an actual urban district. The microscale LES model is based on a finite v...
Hiroshi Takimoto, Atsushi Inagaki, Manabu Kanda, Ayumu Sato, Takenobu Michioka
Boundary-Layer Meteorology   147 217-236   2013年5月
We examine the similarity of turbulent organized structures over smooth and very rough wall flows. Turbulent flow fields in horizontal cross-sections were measured using particle image velocimetry, and the characteristics of turbulent organized st...
丹野 賢二, 黒瀬 良一, 道岡 武信, 牧野 尚夫, 小森 悟
粉体工学会誌   50(3) 204-211   2013年3月
丹野 賢二, 野田 直希, 山本 融, 黒瀬 良一, 道岡 武信, 牧野 尚夫
粉体工学会誌   50(10) 733-740   2013年
In coal-fired power plants, selective catalytic de-NOx systems are widely used and offer a very efficient method to reduce NOx emissions from such plants. However, de-NOx catalyst degrades in long-term operation and catalysts must be periodically ...
丹野 賢二, 黒瀬 良一, 道岡 武信, 牧野 尚夫, 小森 悟
粉体工学会誌   50(3) 204-211   2013年
In coal-fired thermal power plants, selective catalytic de-NOx system is widely used and very efficient method to reduce NOx emission from the plant. However, ash particles laden in flue gas adhere on a de-NOx catalyst surface, and ash coverage ca...
Takenobu Michioka, Ayumu Sato
Boundary-Layer Meteorology   145 469-484   2012年12月
Large-eddy simulations are conducted to investigate the effects of the incoming turbulent structure of the flow on pollutant removal from an ideal canyon. The target canyon is a two-dimensional street canyon with an aspect ratio of 1. 0 (building ...
佐田 幸一, 佐藤 歩, 道岡 武信, 市川 陽一
大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment   47(6) 261-269   2012年11月
丹野 賢二, 黒瀬 良一, 道岡 武信, 牧野 尚夫, 小森 悟
粉体工学会誌   49(10) 738-744   2012年10月
In a coal-fired thermal power plant, ash particles laden in flue gas adhere on de-NOx catalyst surface, and ash coverage causes the degradation of de-NOx catalyst. Therefore, in this study, effect of the flow in a honeycomb rectangular channel, wh...
道岡 武信, 佐藤 歩
大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment   47(3) 119-126   2012年5月
Ryoichi Kurose, Naohisa Takagaki, Takenobu Michioka, Naoki Kohno, Satoru Komori
AIChE Journal   58 377-384   2012年2月
The subgrid scale (SGS) variance for a high-Schmidt-number passive scalar of Sc >> 1 is measured using a high-resolution planar laser-induced fluorescence technique in a grid-generated turbulent liquid flow, and the values of the model coefficient...
道岡 武信, 佐藤 歩
土木学会論文集B1(水工学)   68(4) I_1795-I_1800   2012年
Large-eddy simulation was implemented for airflow and thermal diffusion in an urban canyon. To evaluate the performance of the LES, the mean velocities, standard deviations of turbulent fluctuations and mean temperature estimated by the LES are co...
A. Sato, T. Michioka, H. Takimoto
International Journal of Environment and Pollution   47 184-192   2011年12月
Field experiments of air flow and pollution dispersion within a street canyon in the Comprehensive Outdoor Scale Model (COSMO) facility were conducted to investigate the effect of the mean and turbulent flow above the canyon on pollutant dispersio...
Takenobu Michioka, Ayumu Sato, Koichi Sada
Boundary-Layer Meteorology   141 35-51   2011年10月
Large-scale turbulent motions enhancing horizontal gas spread in an atmospheric boundary layer are simulated in a wind-tunnel experiment. The large-scale turbulent motions can be generated using an active grid installed at the front of the test se...
Ryoichi Kurose, Takenobu Michioka, Naoki Kohno, Satoru Komori, Yuya Baba
AIChE Journal   57 911-917   2011年4月
Large-eddy simulations using the flamelet models are applied to turbulent reacting liquid flows and validated by comparing with the experiments. The computations are performed for two reaction conditions, namely a rapid reaction and a moderately f...
Takenobu Michioka, Ayumu Sato, Hiroshi Takimoto, Manabu Kanda
Boundary-Layer Meteorology   138 195-213   2011年1月
Large-eddy simulation (LES) is conducted to investigate the mechanism of pollutant removal from a two-dimensional street canyon with a building-height to street-width (aspect) ratio of 1. A pollutant is released as a ground-level line source at th...
道岡 武信, 佐藤 歩, 服部 康男
日本機械学會論文集. B編   76(765) 823-829   2010年5月
A wind tunnel experiment was conducted to simulate large-scale turbulent motions in an atmospheric boundary layer (ABL). The large-scale turbulent motions originating from outer-layer disturbance were generated using an active grid installed at th...
道岡 武信, 佐藤 歩, 佐田 幸一
日本機械学會論文集. B編   75(752) 604-611   2009年4月
A Large-eddy simulation (LES) was developed to predict a visible plume region from a mechanical-draft cooling tower. This numerical model solves the equations for conservation of mass, momentum, energy, vapor and liquid water. It is assumed that t...
道岡 武信, 佐藤 歩, 佐田 幸一
日本機械学會論文集. B編   75(749) 93-100   2009年1月
We developed a method for a wind tunnel experiment to predict a visible plume region from a mechanical-draft cooling tower. The diffusions of water vapor and temperature emitted from the cooling tower in the wind tunnel experiment are tracked usin...
下田 昭郎, 道岡 武信, 佐田 幸一, 佐藤 歩, 神崎 隆男, 和田 浩治, 市川 陽一
大気環境学会誌   44(5) 255-261   2009年
近年,我が国に設置されることの多い白煙化対策機能の付いた機械通風式の発電所冷却塔の白煙予測,飛散液滴予測,および温度・湿度影響が予測可能なモデル開発にあたり,既存モデルおよび開発モデルの適用性検証に必要な情報収集を目的として,実際の冷却塔を対象とした実態調査を実施した。調査の結果,白煙による地上温度・湿度への影響は確認できなかった。白煙の高さおよび長さに関しては,夜間の測定も可能なサーモグラフィを用いることにより,観測期間中で100ケース以上の白煙についてデータ収集ができた。冷却塔からの飛...
道岡 武信, 佐藤 歩, 下田 昭郎, 佐田 幸一, 市川 陽一, 大蔵 革
大気環境学会誌   44(5) 227-235   2009年
我が国の機械通風式冷却塔からの白煙,湿度,温度および液滴飛散量を予測するための解析解モデルを開発した。本モデルは冷却塔ファン位置,大気安定度,大気の気温減率を考慮でき,さらに湿式・乾式併用冷却塔にも適用可能である。既存モデル(FOGモデル,SACTIモデル)および本モデルの精度を検討するために,我が国の機械通風式冷却塔での実態観測から得られた白煙長さ・高さ,地表面温度・湿度,液滴飛散量を比較検討した。その結果,FOGモデルおよびSACTIモデルでは冷却塔からの白煙を精度良く予測できないこと...
道岡 武信, 佐藤 歩, 佐田 幸一, 下田 昭郎, 市川 陽一
大気環境学会誌   44(3) 147-154   2009年
機械通風式冷却塔の建屋形状や複数ファンの配列がプルーム上昇および拡散幅に及ぼす影響を風洞実験により検討した。単一のファンを想定した拡散実験により,冷却塔の建屋長さ・高さがプルーム上昇,水平方向および鉛直方向拡散幅に及ぼす影響は非常に小さいことが明らかになった。また,複数ファンを有する冷却塔の拡散実験より,プルーム上昇高さは,冷却塔ファン数および風向に強く依存することがわかった。風向が冷却塔の長手方向に平行の場合,ファン数が増加するほどプルーム上昇高さは大きくなるが,風向が垂直の場合,ファン...
Koichi Sada, Takenobu Michioka, Yoichi Ichikawa
Asian Journal of Atmospheric Environment   2 1-13   2008年6月
A numerical simulation method has been developed to predict atmospheric flow and stack gas diffusion using a calculation domain of several km around a stack under complex terrain conditions containing buildings. The turbulence closure technique us...
佐藤 歩, 瀧本 浩史, 道岡 武信
風工学シンポジウム論文集   20(0) 21-21   2008年
都市の建物周辺の流れ場は大気の温度成層状態に影響を受けるため、都市内での汚染物質の拡散を予測するためには温度成層の影響を考慮することが重要である。本研究では、不安定成層が建物後流に与える影響を検討するため、温度成層風洞内に3種類の不安定成層流を模擬し、立方体建物後流における流れ場をLDV及びPIVにより計測し、以下の知見を得た。不安定時の建物背後では、中立時と同様に平均風速が負の値を示す逆流域が形成され、逆流風速の大きさや風下方向への広がりは中立時と類似の分布を示す。特に、建物背面近傍では...
Takenobu Michioka, Ayumu Sato, Takao Kanzaki, Kouichi Sada
Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics   95 741-754   2007年8月
We developed a new method for a wind tunnel experiment to predict a visible plume region from a wet cooling tower. The diffusion of water vapor and heat emitted from a cooling tower in a wind tunnel is estimated using a tracer gas. The instantaneo...
道岡 武信, 黒瀬 良一
日本機械学会論文集 B編   73(725) 30-37   2007年
Three-dimensional large-eddy simulation (LES) is applied to a particle-laden swirling jet, and the effect of swirl on particle diffusion is investigated. The trajectories of all particles are individually pursued with a Lagrangian method. The part...
黒瀬 良一, 道岡 武信, 牧野 尚夫, 小森 悟
粉体工学会誌   44(2) 107-112   2007年
Effect of flow behavior in a honeycomb rectangular channel of a de-NOX catalyst on the adhesion of particles onto the wall is studied using a direct numerical simulation (DNS). The results show that the adhesion of particles is markedly affected b...
Takenobu Michioka, Ryoichi Kurose, Ryoichi Kurose, Kouichi Sada, Hisao Makino
International Journal of Multiphase Flow   31 843-866   2005年7月
A direct numerical simulation (DNS) is applied to a particle-laden turbulent mixing layer with a chemical reaction, and the effects of particles on turbulence and chemical species' diffusion and reaction in both zero and finite gravity cases are i...
Takenobu Michioka, Takenobu Michioka, Satoru Komori
AIChE Journal   50 2705-2720   2004年11月
A subgrid-scale (SGS) model for the filtered reaction source term is presented to develop the large-eddy simulation (LES) of a nonpremixed, turbulent liquid flow with a moderately fast reaction. The SGS model is based on the SGS probability densit...
•道岡武信,長田孝二,井田敦巳,小森悟
日本機械学会論文集(B編)   66(651) 2815-2822   2000年   [査読有り]
道岡武信,小森悟
日本機械学会論文集(B編)   65(32) 839-846   1999年   [査読有り]
•Kurose, R., H. Makino, T. Michioka and S. Komori
COMBUSTION AND FLAME   127 2157-2163   2001年   [査読有り]

Misc

 
瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩, 岸田岳士, 道岡武信, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   58th 557   2017年8月
道岡武信, 林将史
大気環境学会年会講演要旨集   58th 512   2017年8月
小野浩己, 瀧本浩史, 佐藤歩, 道岡武信, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   57th 184   2016年8月
後藤文之, 道岡武信, 庄子和博
農業施設学会大会講演要旨   2016 113‐114   2016年8月
道岡武信, 瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩
大気環境学会年会講演要旨集   57th 183   2016年8月
瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩, 道岡武信, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   57th 185   2016年8月
村上貴裕, 石川智巳, 服部康男, 中尾圭佑, 道岡武信, 渡辺雅人, 篠崎孝一, 河口泰士
電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.7-114   2016年3月
道岡武信, 瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.C06‐1   2016年
松本勇太, 香月壮亮, 道岡武信, 佐藤歩
大気環境学会年会講演要旨集   56th 250   2015年9月
瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩, 道岡武信, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   56th 186   2015年9月
小野浩己, 瀧本浩史, 佐藤歩, 道岡武信, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   56th 185   2015年9月
瀧本浩史, 道岡武信, 佐藤歩, 佐田幸一
電力中央研究所原子力リスク研究センター研究報告   (O14004) 25P   2015年5月
道岡武信
可視化情報学会誌   35(137) 64-69,45(3)   2015年4月
道岡武信, 瀧本浩史, 小野浩己, 佐藤歩
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.A08-5   2015年
小野浩己, 瀧本浩史, 佐藤歩, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   55th 230   2014年8月
瀧本浩史, 佐藤歩, 小野浩己, 道岡武信
大気環境学会年会講演要旨集   55th 229   2014年8月
道岡武信, 瀧本浩史, 佐藤歩
大気環境学会年会講演要旨集   55th 410   2014年8月
小野浩己, 瀧本浩史, 道岡武信, 佐藤歩
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.41321   2014年7月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 道岡 武信
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 道岡 武信
都市内での大気質の改善策や、防災などに関連した都市内のガス拡散においては、接地境界層内のシアーなどの機械的に生成される乱流渦がガス拡散を支配すると言われてきた。しかしながら、実際の都市キャニオンでは接地層外の大規模な乱流やキャニオン外の乱流も都市内のガス拡散に大きな影響を与える可能性がある。そこで、キャニオン内で生成される乱流だけではなく、接地境界層外の大規模な乱流構造やキャニオン外の乱れが都市内のガス拡散に及ぼす影響を検討する。平成25年度は、立方体建物が規則的に配列された理想的な都市キ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 道岡 武信
大気安定度が中立、安定、不安定の条件下において、都市キャニオンからのガス放出メカニズムをラージ・エディ・シミュレーションにより検討した。その結果、都市キャニオン上空で発達する組織的な低速流体塊の大きさとガス放出には非常に強い相関があることがわかった。また、大気安定度にかかわらず、その低速流体塊が持ち上げられるイジェクションと呼ばれる乱流運動により、キャニオン内のガスは上空に放出されることを明らかにした。