三枝 理博

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/14 02:53
 
アバター
研究者氏名
三枝 理博
 
ミエダ ミチヒロ
URL
http://neurophysiol.w3.kanazawa-u.ac.jp/
所属
金沢大学
部署
医薬保健研究域 医学系
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
1997年12月
慶應義塾大学医学部 生理学教室 助手
 
1998年1月
 - 
2001年3月
理化学研究所脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム 研究員
 
2001年4月
 - 
2004年4月
テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター 分子遺伝学 HFSP長期フェロー
 
2004年5月
 - 
2007年12月
東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子神経科学 助手/助教
 
2008年1月
 - 
2017年1月
金沢大学医薬保健研究域医学系 分子神経科学・統合生理学 准教授
 

学歴

 
1997年3月
   
 
東京大学 理学系研究科 生物化学
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京大学 理学部 生物化学科
 

論文

 
Synchronous circadian voltage rhythms with asynchronous calcium rhythms in the suprachiasmatic nucleus.
Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, Honma KI.
Proc Natl Acad Sci U S A.   in press    2017年3月
Mieda M, Hasegawa E, Kessaris N, Sakurai T.
Front Neurosci.   11 55   2017年2月
Nakazato R, Hotta S, Yamada D, Kou M, Nakamura S, Takahata Y, Tei H, Numano R, Hida A, Shimba S, Mieda M, Hinoi E, Yoneda Y, Takarada T.
Glia   65(1) 198-208   2017年1月
Takarada T, Xu C, Ochi H, Nakazato R, Yamada D, Nakamura S, Kodama A, Shimba S, Mieda M, Fukasawa K, Ozaki K, Iezaki T, Fujikawa K, Yoneda Y, Numano R, Hida A, Tei H, Takeda S, Hinoi E.
J Bone Miner Res.      2016年12月
Okamoto K, Yamasaki M, Takao K, Soya S, Iwasaki M, Sasaki K, Magoori K, Sakakibara I, Miyakawa T, Mieda M, Watanabe M, Sakai J, Yanagisawa M, Sakurai T.
Plos One   11(11) e0164716   2016年11月

書籍等出版物

 
Narcolepsy, 2nd Edition: A Clinical Guide, M. Goswami, M.J. Thorpy, Pandi-Perumal, eds. (Heidelberg, Germany: Springer)
Mieda M, and Sakurai T:
Heidelberg, Germany: Springer   2016年   

講演・口頭発表等

 
Roles of monoamine neurons in sleep-wake regulation by orexin.
三枝理博
The 29th Conference of the International Society for Chronobiology   2016年10月   the International Society for Chronobiology
AVP neurons play a critical role in the circadian pacemaking of the SCN.
三枝理博
Sapporo Symposium on Biological Rhythm   2016年11月   Aschoff-Honma foundation
オレキシンによる睡眠・覚醒調節におけるモノアミンニューロンの役割.
三枝理博
第23回日本時間生物学会学術大会   2016年11月   
AVP neurons play a critical role in the circadian pacemaking of SCN
三枝理博
第94回日本生理学大会   2017年3月   

競争的資金等の研究課題

 
ニューロンタイプ特異的遺伝子操作による中枢概日ペースメーカーの動作原理の解明
研究期間: 2016年   
時計ニューロン集団による概日リズム発振の神経生理学的基盤解明と操作
研究期間: 2016年   
真の概日中枢時計ニューロンの同定
研究期間: 2015年 - 2016年
食餌同調性概日ペースメーカーによる食欲・行動・末梢臓器機能の調節
研究期間: 2013年 - 2014年
概日ペースメーカー神経ネットワークの動作原理
研究期間: 2012年 - 2015年