松井三枝

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/27 06:58
 

研究分野

 

経歴

 
2016年11月
 - 
現在
金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 教授
 
2016年9月
 - 
現在
金沢大学大学院 人間社会環境研究科 教授
 
2016年9月
 - 
現在
金沢大学 国際基幹教育院 教授
 
2007年
 - 
2016年8月
富山大学 大学院・医学薬学研究部(医学) 准教授
 
2014年
   
 
富山大学 准教授
 
2005年
 - 
2007年
富山大学 大学院・医学薬学研究部(医学) 助教授
 
1997年
 - 
2005年
富山医科薬科大学医学部 助教授
 
1988年
 - 
1997年
富山医科薬科大学医学部 助手
 

受賞

 
2011年5月
人間環境学研究 優秀論文賞
 
2008年
日本心理学会 国際賞奨励賞
 

論文

 
Imai R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Ogawa S, Ishida M, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Akechi T, Kamo T, Kim Y
Journal of psychiatric research   102 192-200   2018年4月   [査読有り]
Narita-Ohtaki R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Kamo T, Kim Y
Journal of affective disorders      2018年2月   [査読有り]
Nakajima R, Kinoshita M, Okita H, Yahata T, Matsui M, Nakada M
Frontiers in behavioral neuroscience   12 33   2018年   [査読有り]
Tohda C, Yang X, Matsui M, Inada Y, Kadomoto E, Nakada S, Watari H, Shibahara N
Nutrients   9(10)    2017年10月   [査読有り]
Sakai T, Komaki Y, Hata J, Okahara J, Okahara N, Inoue T, Mikami A, Matsui M, Oishi K, Sasaki E, Okano H
Neuroscience research   122 25-34   2017年4月   [査読有り]
Tsuzuki D, Homae F, Taga G, Watanabe H, Matsui M, Dan I
Frontiers in neuroscience   11 394   2017年   [査読有り]
Sakai T, Mikami A, Suzuki J, Miyabe-Nishiwaki T, Matsui M, Tomonaga M, Hamada Y, Matsuzawa T, Okano H, Oishi K
PloS one   12(6) e0179624   2017年   [査読有り]
Callosal size in first-episode schizophrenia patients with illness duration of less than one year: A cross-sectional MRI study
Takahashi M, Matsui M, Nakashima M, Takahashi T, Suzuki M
Asian Journal of Psychiatry   25 197-202   2016年11月   [査読有り]
Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Miyajima M, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A and Denda K
The Open Psychology Journal   9 121-128   2016年10月   [査読有り]
Miyajima M, Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Yambe K, Matsui M, Denda K
International journal of psychiatry in medicine   51(3) 223-235   2016年4月   [査読有り]
Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter from healthy infancy to adulthood
Matsui M, Tanaka C, Niu L, Noguchi K, Bilker WB, Wierzbicki M, Gur RC
International Journal of Clinical and Experimental Neurology   4(1) 1-8   2016年2月   [査読有り]
The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training for Japanese patients with schizophrenia: a pilot study
Otsuka S, Matsui M, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M
Advances in Psychiatry   2015 Article ID 314804   2015年7月   [査読有り]
Neuropsychological characteristics and their association with higher-level functional capacity in Parkinson's disease.
Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka
Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra   5 271-284   2015年6月   [査読有り]
Near infrared spectroscopic study of brain activity during cognitive conflicts on facial expressions.
Nakagawa M, Matsui M, Katagiri M, Hoshino T
Research in Psychology and Behavioral Sciences   3(2) 32-38   2015年5月   [査読有り]
Tanaka-Arakawa MM, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Uda S, Miura K, Sakai T, Noguchi K
PloS one   10(3)    2015年   [査読有り]
Satoshi Uda, Mie Matsui, Chiaki Tanaka, Akiko Uematsu, Kayoko Miura, Izumi Kawana, Kyo Noguchi
Developmental Neuroscience   37(2) 182-194   2015年3月   [査読有り]
Low Frequency of Leisure-Time Activities Correlates with Cognitive Decline and Apathy in Patients with Parkinson’s Disease
Kayoko Miura, Shutaro Takashima, Mie Matsui, Kortaro Tanaka
Advances in Parkinson's Disease   3 15-21   2014年8月   [査読有り]
[Child neurology and development: basic lecture].
Sakuta R, Kanazawa S, Konishi Y, Matsui M
No to hattatsu. Brain and development   46 140-143   2014年3月   [査読有り]
Matsui M, Homae F, Tsuzuki D, Watanabe H, Katagiri M, Uda S, Nakashima M, Dan I, Taga G
Neuroscience research   80 55-68   2014年1月   [査読有り]
Katagiri M, Miya K, Matsui M
Research in Autism Spectrum Disorders   8(4) 424-431   2014年   [査読有り]
Takeuchi M, Furuta H, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ochiai Y, Hosokawa M, Matsui M, Kurachi M
Frontiers in behavioral neuroscience   2014(Apr)    2014年   [査読有り]
Sakai T, Matsui M, Mikami A, Malkova L, Hamada Y, Tomonaga M, Suzuki J, Tanaka M, Miyabe-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   280(1753) 1-20122398   2013年   [査読有り]
Tanaka C, Matsui M, Uematsu A, Noguchi K, Miyawaki T
Developmental neuroscience   34(6) 477-487   2012年12月   [査読有り]
Uematsu A, Matsui M, Tanaka C, Takahashi T, Noguchi K, Suzuki M, Nishijo H
PLoS ONE   7(10)    2012年10月   [査読有り]
Ibuki K, Watanabe K, Yoshimura N, Kakimoto T, Matsui M, Yoshida T, Origasa H, Ichida F
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   143(5) 1077-1085   2012年5月   [査読有り]
Sakai T, Mikami A, Tomonaga M, Matsui M, Suzuki J, Hamada Y, Tanaka M, Miyabe-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T
Current biology : CB   21(16) 1397-1402   2011年8月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Itoh H, Uehara T, Itoh T, Arai H, Takamiya C, Suzuki M, Kurachi M
Psychiatry research   186(1) 23-27   2011年3月   [査読有り]
Matsuda Y, Matsui M, Tonoya Y, Ebihara N, Kurachi M
Perceptual and motor skills   112(2) 369-381   2011年4月   [査読有り]
Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T
Psychiatry research   188(2) 289-290   2011年7月   [査読有り]
Matsuzaki T, Matsui M, Ichida F, Nakazawa J, Hattori A, Yoshikosi K, Miyazaki M, Fujii M, Hagino I, Kagisaki K, Yagihara T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   52(3) 420-427   2010年6月   [査読有り]
Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M
Applied neuropsychology   16(3) 158-164   2009年7月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Higuchi Y, Itoh T, Matsui M, Arai H, Suzuki M, Kurachi M, Sumiyoshi C, Kawasaki Y
Psychiatry research   172(3) 180-183   2009年6月   [査読有り]
Watanabe K, Matsui M, Matsuzawa J, Tanaka C, Noguchi K, Yoshimura N, Hongo K, Ishiguro M, Wanatabe S, Hirono K, Uese K, Ichida F, Origasa H, Nakazawa J, Oshima Y, Miyawaki T, Matsuzaki T, Yagihara T, Bilker W, Gur RC
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   137(1) 146-153   2009年1月   [査読有り]
Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   32(8) 1854-1862   2008年12月   [査読有り]
Matsuzaki T, Matsui M, Nakazawa J, Ichida F, Yagihara T
No to hattatsu. Brain and development   40(4) 308-312   2008年7月   [査読有り]
Higuchi Y, Sumiyoshi T, Kawasaki Y, Matsui M, Arai H, Kurachi M
Schizophrenia research   101(1-3) 320-330   2008年4月   [査読有り]
Matsui M, Sumiyoshi T, Arai H, Higuchi Y, Kurachi M
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   32(1) 280-287   2008年1月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Matsui M, Itoh H, Higuchi Y, Arai H, Takamiya C, Kurachi M
Psychiatry research   157(1-3) 87-93   2008年1月   [査読有り]
Matsui M, Sumiyoshi T, Abe R, Kato K, Yuuki H, Kurachi M
Psychiatry and clinical neurosciences   61(4) 437-440   2007年8月   [査読有り]
Matsui M, Yuuki H, Kato K, Takeuchi A, Nishiyama S, Bilker WB, Kurachi M
Journal of the International Neuropsychological Society : JINS   13(4) 672-682   2007年7月   [査読有り]
Takeuchi M, Hayashi N, Takaiwa A, Hamada H, Kuwayama N, Hirashima Y, Matsui M, Endo S
Neurologia medico-chirurgica   47(7) 322-324   2007年7月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Arai H, Takamiya C, Meltzer HY, Kurachi M
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   31(4) 965-967   2007年5月   [査読有り]
Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Tanaka K, Kurachi M
Schizophrenia research   90(1-3) 366-367   2007年2月   [査読有り]
Matsui M, Tanaka K, Yonezawa M, Kurachi M
Psychiatry and clinical neurosciences   61(1) 31-38   2007年2月   [査読有り]
Zhou SY, Suzuki M, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Schizophrenia research   89(1-3) 35-48   2007年1月   [査読有り]
Kawasaki Y, Suzuki M, Kherif F, Takahashi T, Zhou SY, Nakamura K, Matsui M, Sumiyoshi T, Seto H, Kurachi M
NeuroImage   34(1) 235-242   2007年1月   [査読有り]
Matsui M, Yuuki H, Kato K, Kurachi M
Journal of the International Neuropsychological Society : JINS   12(5) 750-754   2006年9月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Higuchi Y, Kawasaki Y, Matsui M, Kato K, Yuuki H, Arai H, Kurachi M
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   30(7) 1299-1303   2006年9月   [査読有り]
[Cognitive function in patients with severe carotid stenosis--evaluation of RBANS, WAIS-R and NART before treatment of carotid revascularization--].
Takaiwa A, Kuwayama N, Hayashi N, Kubo M, Matsui M, Endo S
No to shinkei = Brain and nerve   58 681-686   2006年8月   [査読有り]
Matsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M
Psychiatry research   143(2-3) 179-187   2006年8月   [査読有り]
Takahashi T, Suzuki M, Zhou SY, Tanino R, Hagino H, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Schizophrenia research   83(2-3) 131-143   2006年4月   [査読有り]
Kurimoto M, Asahi T, Shibata T, Takahashi C, Nagai S, Hayashi N, Matsui M, Endo S
Neurologia medico-chirurgica   46(1) 46-50   2006年1月   [査読有り]
Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Brain : a journal of neurology   128 2109-2122   2005年9月   [査読有り]
Zhou SY, Suzuki M, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Psychiatry research   139(2) 127-139   2005年7月   [査読有り]
Tsunoda M, Kawasaki Y, Matsui M, Tonoya Y, Hagino H, Suzuki M, Seto H, Kurachi M
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   255(2) 104-110   2005年4月   [査読有り]
Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Nohara S, Yamashita I, Matsui M, Kurachi M, Niwa S
Schizophrenia research   74(1) 91-100   2005年4月   [査読有り]
Suzuki M, Hagino H, Nohara S, Zhou SY, Kawasaki Y, Takahashi T, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   15(2) 187-193   2005年2月   [査読有り]
Kawasaki Y, Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Takahashi T, Matsui M, Yamashita I, Chitnis XA, McGuire PK, Seto H, Kurachi M
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   254(6) 406-414   2004年12月   [査読有り]
Niu L, Matsui M, Zhou SY, Hagino H, Takahashi T, Yoneyama E, Kawasaki Y, Suzuki M, Seto H, Ono T, Kurachi M
Psychiatry research   132(1) 41-51   2004年11月   [査読有り]
Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Matsui M, Nohara S, Yamashita I, Kurachi M, Niwa S
Schizophrenia research   69(1) 15-22   2004年7月   [査読有り]
Neuropsychological profile in patients with schizotypal personality disorder or schizophrenia.
Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yoneyama E, Kurachi M
Psychological reports   94 387-397   2004年4月   [査読有り]
Suzuki M, Zhou SY, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Nohara S, Yamashita I, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Psychiatry research   130(3) 213-225   2004年4月   [査読有り]
Multiple structural brain measures obtained by three-dimensional magnetic resonance imaging to distinguish between schizophrenia patients and normal subjects.
Nakamura K, Kawasaki Y, Suzuki M, Hagino H, Kurokawa K, Takahashi T, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Schizophrenia bulletin   30 393-404   2004年   [査読有り]
Yotsutsuji T, Saitoh O, Suzuki M, Hagino H, Mori K, Takahashi T, Kurokawa K, Matsui M, Seto H, Kurachi M
Psychiatry research   122(1) 1-12   2003年1月   [査読有り]
Tonoya Y, Matsui M, Kurachi M, Kurokawa K, Sumiyoshi T
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   252(6) 255-261   2002年12月   [査読有り]
Matsui M, Yoneyama E, Sumiyoshi T, Noguchi K, Nohara S, Suzuki M, Kawasaki Y, Seto H, Kurachi M
Psychiatry research   116(1-2) 53-61   2002年11月   [査読有り]
Hagino H, Suzuki M, Mori K, Nohara S, Yamashita I, Takahashi T, Kurokawa K, Matsui M, Watanabe N, Seto H, Kurachi M
Psychiatry and clinical neurosciences   56(5) 499-507   2002年10月   [査読有り]
Matsui M, Sumiyoshi T, Niu L, Kurokawa K, Kurachi M
Psychiatry and clinical neurosciences   56(4) 443-452   2002年8月   [査読有り]
[The Japanese version of RBANS (Repeatable Battery for the Assessment of Neuropsychological Status)].
Yamashima T, Yoshida M, Kumahashi K, Matsui M, Koshino Y, Higashima M, Nagasawa T, Ueki A, Ohtsuka M, Aoki S, Imuro S, Mori N, Takei N, Hoshino R, Minabe Y, Nanba Y, Nanba M, Kira J, Ohyagi Y, Haraoka J, Akimoto J, Miura N, Kimura S, Matsushita M
No to shinkei = Brain and nerve   54 463-471   2002年6月   [査読有り]
Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Kurokawa K, Yotsutsuji T, Kawasaki Y, Takahashi T, Matsui M, Watanabe N, Seto H, Kurachi M
Schizophrenia research   55(1-2) 41-54   2002年5月   [査読有り]
Takahashi T, Kawasaki Y, Kurokawa K, Hagino H, Nohara S, Yamashita I, Nakamura K, Murata M, Matsui M, Suzuki M, Seto H, Kurachi M
Schizophrenia research   55(1-2) 69-81   2002年5月   [査読有り]
ASO MITSUO, SUZUKI MICHIO, KAWASAKI YASUHIRO, MATSUI MIE, HAGINO HIROFUMI, KUROKAWA KENZO, SETO HIKARU, KURACHI MASAYOSHI
Psychiatry and clinical neurosciences   55(1) 49-56   2001年2月

Misc

 
松井三枝, 稲田祐奈, 蝦名昂大
月刊精神科   32(3) 204‐210-210   2018年3月
松井三枝
行動科学   56(2) 103‐116   2018年3月
松井三枝
認知神経科学   19(3/4) 149‐157   2017年12月
稲田祐奈, 松井三枝, 川崎裕香子, 吉田丈俊
心理学の諸領域   6(1) 41‐48   2017年12月
神経心理学的検査 精神疾患を対象にした神経心理学的検査の有用性
松井 三枝
認知神経科学   19(3-4) 149-157   2017年12月
意味性認知症の1症例による神経心理学的アセスメントを紹介し、その意義を考察した。症例は意味性認知症に特徴的な言語の表出理解の障害(呼称・理解の障害)を特異的に示し、アルツハイマー型認知症とはかなり異なる様相を呈していることを、神経心理学的アセスメントから明らかにした。意味性認知症であるにかかわらず10年間仕事を全うできた理由は、認知予備能の高さ、残存する言語理解の特徴、人格の安定性、本人を取り巻く人々への十分な説明、家族の熱心さが関係していると思われる。精神疾患において、神経心理学的アセス...
幼児期から成人期にかけてのブローカ野における灰白質体積の発達
高橋 芳雄, 松井 三枝, 中村 和彦
日本脳科学会プログラム・抄録集   44回 41-41   2017年10月
心理学領域からの医学・医療、リハビリテーションへの貢献
堀川 悦夫, 黒川 由紀子, 松井 三枝, 榊原 雅人
日本心理学会大会発表論文集   81回 SS(31)-SS(31)   2017年8月
統合失調症患者の認知機能に対する洞察
蝦名 昂大, 松井 三枝, 稲田 祐奈, 中田 翔太郎, 門本 笑花, 樋口 悠子, 鈴木 道雄
日本心理学会大会発表論文集   81回 330-330   2017年8月
松井三枝
認知神経科学   19(2) 86   2017年6月
神経心理学的検査 精神疾患を対象にした神経心理学的検査の有用性
松井 三枝
認知神経科学   19(2) 86-86   2017年6月
心理学から見た症候学 精神疾患を対象とした神経心理学的アプローチ
松井 三枝
神経心理学   33(2) 94-103   2017年6月
統合失調症への神経心理学的アプローチは,標準化された検査バッテリー法がひとつの分野として定着してきている.また,統合失調症に特徴的と思われる認知機能障害を実験神経心理学的観点から質的に分析したり,神経心理学と脳画像所見との関連を検討したり,脳機能画像の吟味によって,認知機能障害が報告されてきた.神経心理学的検査・認知実験によるアプローチについては,量的な遂行への着目のみならず,質的な分析をすることが重要な意義をもたらす.さらに,認知機能障害は社会復帰や生活機能に大きな影響を及ぼすことが推測...
松井三枝
神経心理学   33(2) 94‐103   2017年6月
先天性心疾患児の幼児期発達指数は、学童期の知能指数と学習要支援者を予測しうる
平岩 明子, 田中 朋美, 宮 一志, 松井 三枝, 市田 蕗子, 足立 雄一
脳と発達   49(Suppl.) S304-S304   2017年5月
極低出生体重児における修正18ヵ月と36ヵ月での縦断的発達指数の検討
稲田 祐奈, 川崎 裕香子, 吉田 丈俊, 松井 三枝
脳と発達   49(Suppl.) S326-S326   2017年5月
出生後のステロイド投与が修正18ヵ月時の神経学的予後に与える影響
川崎 裕香子, 小野 洋輔, 田村 賢太郎, 松井 三枝, 吉田 丈俊
脳と発達   49(Suppl.) S359-S359   2017年5月
蝦名昂大, 松井三枝, 松井三枝, 稲田祐奈, 中田翔太郎, 門本笑花, 大塚貞男, 樋口悠子, 鈴木道雄
統合失調症研究   7(1) 95   2017年3月
前頭葉・実行機能プログラム(Frontal/Executive Program;FEP)日本語版の紹介
大宮 秀淑, 傳田 健三, 山家 研司, 松本 出, 宮島 真貴, 松井 三枝
精神医学   59(3) 275-281   2017年3月
稲田 祐奈, 松井 三枝, 川崎 裕香子, 吉田 丈俊
心理学の諸領域 = Bulletin of Hokuriku Psychological Society of Japan   6(1) 41-48   2017年
松井 三枝
神経心理学   33(2) 92-93   2017年
心理学から見た症候学 精神疾患を対象としたアプローチ
松井 三枝
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   40回 55-55   2016年8月
自閉スペクトラム症に対するFrontal/Executive Programが有効であった例と、変化が認められなかった症例の比較
宮島 真貴, 山下 聖子, 山家 研司, 松井 三枝, 傳田 健三
北海道児童青年精神保健学会会誌   (29) 27-28   2015年12月
松井 三枝
生体医工学   54(28) S282-S282   2016年
<p>Lifespan is a dynamic process with remarkable changes in brain structure and function. Magnetic resonance imaging (MRI) of the brain provides exceptional image quality for visualization and neuroanatomical classification of brain structure. The...
宮島 真貴, 大宮 秀淑, 山家 研司, 松井 三枝, 傳田 健三
作業療法   35(1) 31   2016年2月
認知機能改善療法の1つである前頭葉/実行機能プログラム(FEP)を,自閉スペクトラム症(以下,ASD)をもつ複数の人を対象に日本で初めて行った研究である.ASDでは社会認知のみならず神経認知機能障害も存在し,近年では統合失調症の障害領域との類似も報告されている.今回は4例を対象に認知機能,社会生活能力,自己効力感に着目し,FEPがそれらに及ぼす効果について検討した.その結果,ほとんどの症例に認知機能,自己効力感,社会生活能力および社会的転帰の改善が認められた.FEPが認知機能の改善に有効な...
松井三枝、大塚貞男
精神医学   58(3) 245-253   2016年3月   [査読有り]
アルツハイマー病および軽度認知障害における脳形態、脳機能、神経心理機能の関連 VSRAD、eZISと簡易神経心理検査を用いて
安岡 香苗, 松井 三枝, 松岡 理, 鈴木 道雄
Toyama Medical Journal   26(1) 18-24   2016年3月
認知症の診断で用いられている画像統計解析手法と神経心理検査の関連及び有用性を調べるため、アルツハイマー病(AD)と軽度認知障害(MCI)患者を初老群と高齢群に分けVSRAD、eZISの各指標と、各々簡易神経心理検査の得点との関連を検討した。VSRADでは、ADとMCIに有意差はなかったが、eZISと神経心理検査では、ADとMCIで有意差が認められた。AD及びMCIの55歳以上65歳未満群ではeZISと神経心理機能とに負の相関がみられた。65歳以上群ではVSRADと神経心理機能に負の相関がみ...
乳児期から成人早期における脳白質構造の発達変化 拡散テンソル画像による検討
松井 三枝, 宇多 聡, 田仲 千秋, 三浦 佳代子
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   39回 205-205   2015年8月
富山大学附属病院における統合失調症の家族心理教育 介入3年後の転帰調査
古市 厚志, 松岡 理, 中坪 太久郎, 今村 理佐, 薮田 歩, 山本 奈々穂, 竹内 あゆみ, 西山 志満子, 柴田 真由子, 宮本 嘉明, 松井 三枝, 倉知 正佳, 鈴木 道雄
日本社会精神医学会雑誌   24(3) 319-320   2015年8月
前頭葉における折り畳み構造の健常発達 local Gyrification Indexを用いて
中島 允丈, 高橋 芳雄, 松井 三枝
認知神経科学   17(2) 99-99   2015年6月
前頭葉/実行機能プログラムが有効であった成人期自閉スペクトラム症の1例
宮島真貴、大宮秀淑、山下聖子、松井三枝、山家研司、傳田健三
最新精神医学   20(2) 169-175   2015年6月   [査読有り]
拡散テンソル画像による脳白質構造の発達変化 乳児から青年までの検討
松井 三枝, 宇多 聡, 田仲 千秋, 三浦 佳代子, 野口 京
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 208-208   2015年9月
宮島真貴, 宮島真貴, 大宮秀淑, 大宮秀淑, 山下聖子, 松井三枝, 山家研司, 傳田健三
最新精神医学   20(2) 169-175   2015年3月
酒井 朋子, 三上 章允, 小牧 裕司, 畑 純一, 松井 三枝, 岡原 純子, 岡原 則夫, 井上 貴司, 佐々木 えりか, 濱田 穣, 鈴木 樹理, 宮部 貴子, 松沢 哲郎, 岡野 栄之
霊長類研究 Supplement   31(0) 63-64   2015年
ヒト特異的な脳構造の進化・発達機構を解明することは、ヒト固有の認知機能や運動機能の理解だけでなく、広汎性発達障害、アルツハイマー病などの精神・神経疾患の病態を解明するうえでも欠かせない。今回本研究では脳梁に着目した。脳梁は左右の大脳半球を結ぶ交連線維の太い束であり、体性感覚野、視覚野、聴覚野や運動野などの感覚を司る脳領域での大脳半球間の情報を統合する役割を果たす。これまでのヒトを対象とした研究では、脳梁の正中矢状面サイズは、脳発達、左右脳における機能および神経連結、疾患病態の評価における生...
安岡 香苗, 松井 三枝, 松岡 理, 鈴木 道雄
Toyama medical journal   26(1) 18-24   2015年
認知症の診断で用いられている画像統計解析手法と神経心理検査の関連及び有用性を調べるため,アルツハイマー病(AD)と軽度認知障害(MCI)患者を初老群と高齢群に分けVSRAD,eZISの各指標と,各々簡易神経心理検査の得点との関連を検討した。VSRADでは,ADとMCIに有意差はなかったが,eZISと神経心理検査では,ADとMCIで有意差が認められた。AD及びMCIの55 歳以上65 歳未満群ではeZISと神経心理機能とに負の相関がみられた。65 歳以上群ではVSRADと神経心理機能に負の相...
大宮秀淑, 大宮秀淑, 山家研司, 松本出, 松井三枝, 傳田健三
精神科治療学   29(6) 811-816   2014年6月
前頭葉/実行機能プログラム(FEP)を用いた認知機能改善療法(CRT)に関する実践的研究
大宮秀淑、山下聖子、宮田友樹、畠山雪恵、山家研司、松本出、松井三枝、豊巻敦人、傳田健三
臨床精神医学   43(10) 1525-1532   2014年   [査読有り]
作田亮一, 金沢創, 小西行郎, 松井三枝
脳と発達   46(2) 140-143   2014年3月
松井 三枝
基礎心理学研究   33(1) 48-48   2014年
片桐正敏, 松井三枝
子どもの心とからだ   22(4) 278-286   2014年2月
松井 三枝
研究紀要   (41) 115-157   2013年12月
医療の分野における心理職のニーズは昨今ますます大きくなってきているといえるが、そのためのコアとなる教育が実際には各大学でどこまでなされているかが必ずしも明らかとはいえない。本研究では、臨床心理専門家養成のための医療実習の実態を明らかにすることを目的として、全国の大学病院にアンケート調査を行なったので、その結果を報告し、大学院における専門家教育のためのカリキュラムの充実に向けての資料を提供したいと考える。
松井 三枝, 星野 貴俊, 片桐 正敏
タカタ財団助成研究論文集   2013(0) 中扉3p,1-45   2013年
松井 三枝
研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育   (40) 111-114   2012年12月
心理学の応用のひとつとして、医療領域に関わる専門家の育成のための教育システムは重要と考えられる。医療の分野における心理職のニーズは昨今ますます大きくなってきているといえるが、そのためのコアとなる教育が実際には各大学でどこまでなされているかが必ずしも明らかとはいえない。広義の臨床心理学のなかに医療領域に従事する心理学専門家の育成が入ってくると思われる。2008年に日本学術会議の健康・医療と心理学分科会は、医療領域に従事する国家資格法制の確立の提言を行ない、これ以降の討論の中で、現状の問題とし...
白石公, 丹羽公一郎, 賀藤均, 八尾厚史, 市田蕗子, 松井三枝, 市川肇, 大内秀雄, 中西宣文, 池田智明, 赤木禎治
日本小児循環器学会雑誌   28(Supplement) S350   2012年6月
先天性心疾患患者の心理的特徴
柿本 多千代, 松井 三枝, 市田 蕗子, 平井 忠和, 芳村 直樹
日本成人先天性心疾患学会雑誌   1(1) 90-90   2012年1月
片桐 正敏, 河西 哲子, 松井 三枝, 室橋 春光
日本認知心理学会発表論文集   2012(0)    2012年
【目的】本研究はアスペルガー障害のある人を対象に,同じ注意レベルへの持続的注意後の注意切り替えをレベル反復手続き用いて検討した。<br>【方法】成人のアスペルガー障害群11名と年齢と性を統制した統制群11名が参加した。参加者は,局所か広域レベルのいずれか一方に連続して出てくる2か3の標的を弁別することが求められた。標的レベルは一定回数反復すると別のレベルに切り替わった。<br>【結果】レベル反復試行では,反復回数の有意な主効果が認められた。切り替え試行では,群と切り替え方向との間の有意な交...
星野 貴俊, 松井 三枝
心理学の諸領域 = Bulletin of Hokuriku Psychological Society of Japan   1(1) 27-34   2012年
松井 三枝, 星野 貴俊, 片桐 正敏
タカタ財団助成研究論文集   2012(0) 1-75   2012年
松井三枝
成人に達した先天性心疾患の診療体制の確立に向けた総合的研究 平成21−23年度 総合研究報告書   117-133   2012年
松井三枝, 長崎真梨恵, 笠井悠一
富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要   (39) 17-30   2011年12月
村中 泰子, 西山 志満子, 松本 圭, 中島 眞由美, 谷川 智子, 黒崎 実千代, 中松 美由紀, 佐藤 梨穂, 武田 広子, 瀧波 賢治, 鈴木 道雄, 松井 三枝
日本行動療法学会大会発表論文集   (37) 202-203   2011年11月
奈良原 光隆 , 松井 三枝 , 宮崎 淳, 小林恒之、西条寿夫
人間環境学研究   9(1) 1-7   2011年6月   [査読有り]
奈良原 光隆, 松井 三枝, 宮崎 淳, 小林 恒之, 西条 寿夫
人間環境学研究   9(1) 1-7   2011年
The purpose of this study was to examine the relationships between moral conscious and self conscious emotion such as shame and guilt, and to investigate the neural mechanism of moral conscious using near-infrared spectroscopy (NIRS). Healthy adul...
柿本 多千代, 松井 三枝, 中澤 潤
富山大学医学会誌   22(1) 28-32   2011年
松井 三枝
研究紀要   (38) 71-86   2010年12月
松井 三枝, 長崎 真梨恵, 笠井 悠一
研究紀要   (38) 87-133   2010年12月
日本語版神経心理検査RBANSの信頼性と妥当性
松井三枝、笠井悠一、長崎真梨恵
富山大学医学会誌   21(1) 31-36   2010年12月
小松 敦子, 松井 三枝, 荒井 宏文
精神医学   52(10) 1021-1025   2010年10月
松崎 多千代, MATSUI Mie, ICHIDA Fukiko, NAKAZAWA Jun, HATTORI Asako, YOSHIKOSI Kumiko, MIYAZAKI Michie, FUJII Miu, HAGINO Ikuo, KAGISAKI Koji, YAGIHARA Toshikatsu
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   52(3) 420-427   2010年6月
宮崎 淳, 松井 三枝, 奈良原 光隆
人間環境学研究   8(1) 55-65   2010年6月
松井 三枝
研究紀要   (37) 31-53   2009年12月
高宮 千枝子, 松井 三枝, 小林 恒之
人間環境学研究   7(2) 129-135   2009年12月
中坪 太久郎, 松井 三枝, 荒井 宏文
精神医学   51(11) 1111-1114   2009年11月
荒井 宏文, 松井 三枝, 米沢 峰男
精神医学   51(1) 65-69   2009年1月
高宮 千枝子, 松井 三枝, 小林 恒之, 川崎 康弘, 鈴木 道雄, 西条 寿夫, 中澤 潤, 野口 京, 瀬戸 光, 倉知 正佳
人間環境学研究   7(2) 129-135   2009年
Theory of Mind (ToM) which the ability to attribute mental states to others are important processes in social cognition. Brain imaging studies in healthy subjects have described a brain system involving medial prefrontal cortex, superior temporal ...
松井 三枝, 三村 將, 田渕 肇, 加藤 奏, 鈴木 道雄, 葛野 洋一
高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research   28(4) 373-382   2008年12月
鈴木 道雄, 川崎 康弘, 高橋 努, 住吉 太幹, 西山 志満子, 松井 三枝, 倉知 正佳, 数川 悟
脳と精神の医学 = Brain science and mental disorders   19(4) 203-210   2008年12月
豊田 満生, 松井 三枝, Gur Ruben C.
精神医学   50(11) 1069-1077   2008年11月
松崎 多千代, 松井 三枝, 中澤 潤, 市田 蕗子, 八木原 俊克
脳と発達   40(4) 308-312   2008年7月
酒井 朋子, 三上 章允, 西村 剛, 豊田 浩士, 三輪 隆子, 松井 三枝
日本生理学会大会発表要旨集   2008(0) 143-143   2008年
To understand the evolution of human behavior and brain, it is fundamental to determine how brain development of humans differs from that of chimpanzees (Pan troglodytes). The area of particular interest for human evolution is the prefrontal area,...
松崎 多千代, 松井 三枝, 中澤 潤, 市田 蕗子, 八木原 俊克
脳と発達   40(4) 308-312   2008年
The Bayley Scales of Infant Development 2nd edition (BSID-II) is used worldwide as a test for assessing development in infants with congenital heart disease (CHD); however, a Japanese version of these tests is not available. To introduce BSID- II ...
松井 三枝, 中坪 太久郎
研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育   35 61-84   2007年12月
松井 三枝, 鳥居 幹樹
研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育   35 47-59   2007年12月
思考障害を検出するための日本語版諺理解テストを作成し、健常者を対象として検討を行った。田中ビネー知能検査V(田中教育研究所,2003)の下位検査の諺を使用し、自由記述式および選択肢形式で諺理解度の調査を行った。結果、幅広い難易度の諺を設定することができたことや、自由記述式と選択肢形式両方の回答特徴をみることによりその人の思考様式を推測できることがわかり、いくつかの有意義な点が認められた。本検査が思考障害の検出に妥当か否かを検討するために、今後、統合失調症などの思考の問題を有すると思われる患...
TAKEUCHI Mikinobu, HAYASHI Nakamasa, TAKAIWA Akiko, HAMADA Hideo, KUWAYAMA Naoya, HIRASHIMA Yutaka, MATSUI Mie, ENDO Shunro
Neurologia medico-chirurgica   47(7) 322-324   2007年7月
Cognitive functions are frequently impaired in patients with normal pressure hydrocephalus (NPH). Two patients with NPH initially had dysfunctional constructional skill but exhibited improvements after shunt surgery. Dysfunction of constructional ...
谷野 幸子, 成瀬 優知, 四間丁 千枝, 桑守 美千代, 松井 三枝, 松井 祥子, 井上 博
学園の臨床研究 = Clinical Study of Campus Life, 富山大学保健管理センター [編集]   6 11-17   2007年3月
松井 三枝, 住吉 太幹, 加藤 奏
精神医学   49(1) 31-34   2007年1月
加藤 奏, 松井 三枝, 倉知 正佳
精神医学   48(12) 1301-1307   2006年12月
松井 三枝
臨床心理学   6(5) 687-692   2006年9月
KURIMOTO Masanori, ASAHI Takashi, SHIBATA Takashi, TAKAHASHI Chiaki, NAGAI Shoichi, HAYASHI Nakamasa, MATSUI Mie, ENDO Shunro
Neurologia medico-chirurgica   46(1) 46-50   2006年1月
A 67-year-old patient presented with progressive agraphia, alexia, and impaired ability to calculate persisting for 4 weeks. He showed preserved ability to do single-digit addition and subtraction. Magnetic resonance imaging demonstrated a tumor i...
松井 三枝, 田中 邦子, 加藤 奏
富山大学医学会誌   17(1) 9-12   2006年
松井 三枝, 荒井 宏文
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   33 47-59   2005年12月
本研究では,現代のスクリプト構造の基礎資料を収集するため,3つの調査(自由産出調査,頻度評定調査,重要度評定調査)を行い,坂根他(1981)の調査結果との比較を行った。自由産出調査の結果,1981年のスクリプト構造と現代のスクリプト構造には大きな差が見出されないことが明らかとなった。また,スクリプト項目の頻度評定ないしは重要度評定との関連から,自由産出における産出率の高いスクリプト項目ほどそれぞれの場面において頻繁に生じ,重要と認識されることが示された。
松井 三枝
基礎心理学研究   24(1) 40-46   2005年9月
Clinical neuropsychology is an applied science concerned with brain-behavior relationship. It has regarded individual approach as well as scientific approach as important since the object is in the filed of clinical medicine. Therefore, it can be ...
秋元 治朗, 原岡 襄, 山嶋 哲盛, 松井 三枝
神経外傷   27(2) 209-215   2004年12月
倉知 正佳, 鈴木 道雄, 川崎 康弘, 住吉 太幹, 松井 三枝
脳と精神の医学 = Brain science and mental disorders   15(4) 427-434   2004年12月
松井 三枝
基礎心理学研究   23(1) 83-89   2004年9月
The first purpose of this report was a selective review of resent findings concerning neuropsychological profile in patients with schizophrenia. Second, the studies concerning semantic memory and eye movement were introduced. We administered verba...
米沢 峰男, 松井 三枝, 倉知 正佳
精神医学   46(9) 993-996   2004年9月
松井 三枝
高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌   24(2) 155-163   2004年6月
松井 三枝
人間環境学研究   2(1) 1-8   2004年6月
秋元 治朗, 松本 功, 福田 忠治, 原岡 襄, 山嶋 哲盛, 松井 三枝
神経外傷   25(2) 96-102   2002年11月
松井 三枝
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   28 19-23   2002年10月
HAGINO HIROFUMI, SUZUKI MICHIO, MORI KOICHI, NOHARA SHIGERU, YAMASHITA IKIKO, TAKAHASHI TSUTOMU, KUROKAWA KENZO, MATSUI MIE, WATANABE NAOTO, SETO HIKARU, KURACHI MASAYOSHI
Psychiatry and clinical neurosciences   56(5) 499-507   2002年10月
MATSUI MIE, SUMIYOSHI TOMIKI, NIU LISHA, KUROKAWA KENZO, KURACHI MASAYOSHI
Psychiatry and clinical neurosciences   56(4) 443-452   2002年8月
松井三枝
Schizophrenia Frontier   3 149-154   2002年
松井 三枝
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   26 53-68   2001年10月
加藤 奏, 松井 三枝
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   26 69-80   2001年10月
野原 茂, 鈴木 道雄, 倉知 正佳, 山下 委希子, 松井 三枝, 瀬戸 光, 齋藤 治
精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   103(8) 622-629   2001年8月
斎藤 清二, 大澤 幸治, 北 啓一郎, 渡辺 明治, 松井 三枝, 牛 麗沙
心身医学   41(5)    2001年6月
松井 三枝
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   25 39-56   2001年3月
松井 三枝
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   24 37-44   2000年10月
松井 三枝
研究紀要 : 富山医科薬科大学一般教育   24 45-56   2000年10月
斎藤 清二, 松井 三枝, 牛 麗沙, 渡辺 明治
医学教育   31(4) 213-219   2000年8月

書籍等出版物

 
誠信書房   2018年1月   ISBN:4414311209
堀 忠雄, 尾崎 久記, 坂田 省吾, 山田 冨美雄, 高砂 美樹, 大平 英樹, 一谷 幸男, 岡田 隆, 山田 一夫, 谷口 清, 佐藤 暢哉, 岡田 佳奈, 櫻井 芳雄, 高瀬 堅吉, 畑 敏道, 川崎 勝義, 松井 三枝, 小野田 慶一, 宮内 哲, 阿部 高志, 浅田 博, 入戸野 宏, 河地 庸介, 河野 理, 田中 慶太, 尾上 浩隆, 長野 祐一郎, 松村 健太, 寺井 堅祐, 髙瀬 弘樹, 本多 麻子, 福田 恭介, 田中 裕, 田中 邦彦, 志堂寺 和則, 大森 慈子, 平野 晋吾, 高橋 隆宜, 井澤 修平, 永岑 光恵, 岡村 尚昌, 木村 健太 (担当:共著)
北大路書房   2017年6月   ISBN:4762829722
How humans evolved supersize brains : The growth of the brain
Matsui M, Yamashita A, Oishi K (eds) (担当:編者)
一粒書房   2016年12月   ISBN:978-4-86431-567-8
Ann Delahunty, Rodney Morice (担当:共訳)
新興医学出版社   2015年3月   ISBN:488002757X
ティル・ワイクス, クレア・リーダー (担当:共訳)
金剛出版   2011年7月   ISBN:4772411984

講演・口頭発表等

 
心理学から見た症候学 精神疾患を対象としたアプローチ
松井 三枝
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   2016年8月   
自閉スペクトラム症に対するFrontal/Executive Programが有効であった例と、変化が認められなかった症例の比較
宮島 真貴, 山下 聖子, 山家 研司, 松井 三枝, 傳田 健三
北海道児童青年精神保健学会会誌   2015年12月   
拡散テンソル画像による脳白質構造の発達変化 乳児から青年までの検討
松井 三枝, 宇多 聡, 田仲 千秋, 三浦 佳代子, 野口 京
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   2015年9月   
乳児期から成人早期における脳白質構造の発達変化 拡散テンソル画像による検討
松井 三枝, 宇多 聡, 田仲 千秋, 三浦 佳代子
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   2015年8月   
古市厚志, 松岡理, 中坪太久郎, 今村理佐, 薮田歩, 山本奈々穂, 竹内あゆみ, 西山志満子, 柴田真由子, 宮本嘉明, 松井三枝, 倉知正佳, 鈴木道雄
日本社会精神医学会プログラム・抄録集   2015年8月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 松井 三枝
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 松井 三枝
第1に、社会的ルールの知識構造とモラル意識の水準との関連を明らかにするための調査をおこなった。結果、友人、家族、社会における守るべきルールに関する内容についての相違が示された。また、社会的ルールについて、道徳、慣習、個人的問題などどのようにとらえるかにより、様々な状況でのモラル意識の水準に差異があることが示唆された。第2に、モラル意識に関する認知課題施行時に脳機能画像による脳賦活状態を検討することにより、モラル意識に関与する神経機構を明らかにしようとした。そのため、自分自身が社会的逸脱行為...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 積山 薫
1)乳幼児期の視聴覚音声知覚の発達を明らかにするため、アイトラッカーを用い、ノイズ付加によって音声が聞き取りにくくなると話者の口への注視が増加するかどうかを検討した。その結果、そのような傾向は言語表出が爆発的に起こる2歳児以降に顕著に現れることがわかった。2)視聴覚音声知覚における成人日本語母語者(JPN)と英語母語者(ENG)の脳内処理の違いを明らかにするために、脳活動や視線を調べた。脳波実験では、ENGにおいて後頭部の脳電位が口の動きの視覚情報に大きな影響を受けるのに対して、JPNでは...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 上原 隆, 松岡 理
アルツハイマー型認知症と軽度認知障害の患者を対象に、赤血球膜脂肪酸組成を測定し、認知機能と介護負担度を含む周辺症状との関連を検討した。また、補助診断用検査として行った認知機能検査と頭部画像検査(MRIと脳血流検査)の各指標について、それぞれの関連を検討した。さらに、同対象者の一年後の縦断的検査所見からの検討を行った。その結果、認知機能や周辺症状の程度あるいは介護負担度に、必須多価不飽和脂肪酸の割合との相関が認められた。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 松井 三枝
精神病理的性格特徴と脳磁気共鳴画像(Magnetic Resonance Imaging : MRI)による脳形態学的特徴との関連を検討することが目的であった。青年期に当たる新入大学生267名に、ミネソタ多面人格目録(Minnesota Multiphasic personality Inventory : MMPI)を実施した。各個人ごとのMMPIプロフィールの解析結果、精神病理的性格傾向の高かった19名と全ての尺度で正常値を示した23名がランダムに選ばれた。本研究の目的と内容を説明し、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 松井 三枝
本研究では、統合失調症を中心とした前頭前野機能障害の病態解明および前頭前野機能の役割とその神経基盤を明らかにすることを目標として、第1に、脳磁気共鳴画像(MRI)と神経心理検査双方を同一被験者に行い、前頭前野の下位領野の体積と遂行成績との関連を検討する。第2に、脳機能画像によって、前頭葉課題による前頭前野の脳活性部位を明らかにする。第3に局在病変のある前頭葉損傷患者、統合失調症および健常者に神経心理学的検査バッテリーを施行し、比較検討する。本年度は、20~22年度に実施した記憶の組織化の検...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 松井 三枝
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 松井 三枝
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 松井 三枝
第1に、統合失調症患者の認知障害の特徴と潜在的学習可能性の検討を行なった。とくに、社会的知識構造の特徴と記憶学習に着目した。第2に、認知リハビリテーションの効果の実証的検討のために、認知機能課題施行時の脳機能状態を調べた。健常者で検討し、方法的妥当性を確立した。第3に、基礎研究を土台として、認知リハビリテーションの方法を独自に開発し、協力の得られた統合失調症患者に実施し、その効果の検討を行なった。対象はICD-10で統合失調症と診断された患者で、急性期にはなく、比較的、症状が安定している患...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 上原 隆
アルツハイマー病(AD)患者の周辺症状の生物学的基盤を明らかにするために、軽度AD患者を対象に周辺症状と赤血球膜上の必須多価脂肪酸(EPUFA)濃度の関連について検討した。EPUFAs濃度はMini Mental State Examinationスコアと正の相関を示した。一方、Neuropsychiatric InventoryスコアとEPUFAsに属する各脂肪酸濃度は負の相関を示した。特に、うつ、多幸、無関心とEPUFAs濃度が負の相関を示した。また、介護負担度とEPUFAs濃度は負の...

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  会員
 
2016年
 - 
現在
北陸心理学会  「心理学の諸領域」編集長
 
2015年
 - 
現在
日本認知心理学会  認知心理学叢書編集委員
 
2014年1月
 - 
現在
日本心理学会  教育研究委員会委員
 
2013年4月
 - 
現在
認知神経科学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本統合失調症学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本認知心理学会  独創賞選考委員
 
2012年
 - 
2015年
北陸心理学会  「心理学の諸領域」副編集長
 
2011年11月
 - 
2015年10月
日本心理学会  機関誌等編集委員
 
2010年11月
 - 
現在
北陸心理学会  理事
 
2008年
 - 
現在
日本学術会議中部地区会議  運営協議会委員
 
2006年
 - 
2017年9月
日本学術会議  連携会員
 
2003年11月
 - 
現在
日本精神科診断学会  評議員
 
2000年9月
 - 
現在
日本神経心理学会  評議員
 
2000年
 - 
現在
北陸精神神経学会  北陸神経精神医学雑誌編集委員