Mie Mochizuki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 12:41
 
Avatar
Name
Mie Mochizuki
Affiliation
University of Yamanashi
Research funding number
40422688
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-5748-7388

Profile

I am paediatrician with specialty of diabetes and endocrinology. I would like to contribute to the patients for improving their plasma glucose control and quality of life.

Research Areas

 
 
  • Clinical internal medicine / Pediatrics / Diabetes

Academic & Professional Experience

 
Jun 2019
 - 
Today
Clinical associate professor, University of Yamanashi
 
Aug 2016
 - 
Today
Consultant, Department of Pediatrics, Fujikawa Hospital
 
Apr 2015
 - 
Jul 2016
Assistant Professor, Department of Pediatrics, University of Yamanashi
 
Dec 2014
 - 
Aug 2015
Observer, Department of Pediatrics, John Radcliffe Hospital, University of Oxford
 
Apr 2009
 - 
Aug 2014
Consultant, Department of Pediatrics, Kofu Municipal Hospital
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
School of Medicine, Yamanashi Medical
 
Apr 1988
 - 
Mar 1994
Medical Faculty, Yamagata University
 

Awards & Honors

 
Jun 2007
Atherosclerotic Changes in Japanese Patients with Type 1 Diabetes Mellitus during Adolescence., Travel Grant, International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes. The 33rd Annual Conference in Berlin
 
Jun 2004
Pro-renin and vascular complications in Japanese type 1 diabetic patients, Travel Grant, International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes. The 30th Annual Conference in Singapore
 

Published Papers

 
福祉の現場から レセプトデータベースによる重症インフルエンザに関する疫学研究
横道 洋司, 望月 美恵, 山縣 然太朗
地域ケアリング   21(6) 66-70   Jun 2019
レセプトデータからインフルエンザ罹患患者中の入院の割合を計算した。外来患者は小児と30-40代に多い。入院するのは0歳児が圧倒的に多い。女性に比べ男性で急性呼吸困難、肺炎、熱性けいれんを伴う入院が多い。急性呼吸困難、肺炎を伴う入院は0-1歳、65-74歳で多く、熱性けいれんは0-1歳で圧倒的に多い。経年的に入院の割合が減少しているのは、ノイラミニダーゼ阻害薬の投与普及が貢献しているのかもしれない。(著者抄録)
Hiroshi Yokomichi, Mie Mochizuki, Zentaro Yamagata
BIO Clinica   34(2) 54-59   Jan 2019   [Refereed][Invited]
Musha I, Mochizuki M, Kikuchi T, Akatsuka J, Ohtake A, Kobayashi K, Kikuchi N, Kawamura T, Yokota I, Urakami T, Sugihara S, Amemiya S, Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes.
Diabetic medicine : a journal of the British Diabetic Association   35(7) 855-861   Jul 2018   [Refereed]
Nakamura C, Inaba Y, Tsukahara K, Mochizuki M, Sawanobori E, Nakazawa Y, Aoyama K
Brain & development   40(2) 159-162   Feb 2018   [Refereed]
Mochizuki M, Kikuchi T, Urakami T, Kikuchi N, Kawamura T, Yokomichi H, Hoshino T, Matsuura N, Sasaki N, Sugihara S, Amemiya S, Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood Adolescent Diabetes (JSGIT).
Pediatric diabetes   18(6) 435-442   Sep 2017   [Refereed]
Yokomichi H, Ohde S, Takahashi O, Mochizuki M, Takahashi A, Yoda Y, Tsuji M, Akiyama Y, Yamagata Z
BMJ open   7(5) e014684   Jun 2017   [Refereed]
【小児・思春期糖尿病治療の現状と展望】 小児・思春期の血糖管理目標
望月 美恵
月刊糖尿病   8(5) 39-45   May 2016   [Invited]
Yokomichi H, Kashiwagi K, Kitamura K, Yoda Y, Tsuji M, Mochizuki M, Sato M, Shinohara R, Mizorogi S, Suzuki K, Yamagata Z
BMJ open   6(3) e010360   Mar 2016   [Refereed]
Mano Y, Yokomichi H, Suzuki K, Takahashi A, Yoda Y, Tsuji M, Sato M, Shinohara R, Mizorogi S, Mochizuki M, Yamagata Z
BMC public health   15 718   Jul 2015   [Refereed]
Akatsuka J, Mochizuki M, Musha I, Ohtake A, Kobayashi K, Kikuchi T, Kikuchi N, Kawamura T, Urakami T, Sugihara S, Hoshino T, Amemiya S, Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes.
Endocrine journal   62(2) 161-172   2015   [Refereed]
ペグインターフェロン(PEG-IFN)/リバビリン(RBV)併用療法を施行した小児C型慢性肝炎の2症例
佐々木 拓, 花村 真由, 岡田 まゆみ, 望月 美恵, 沢登 恵美, 青山 香喜, 山崎 崇志, 中村 千鶴子, 中山 佳子
山梨医学   41 69-73   Oct 2013   [Refereed]
ペグインターフェロン(PEG-IFN)/リバビリン(RBV)併用療法を施行した小児C型慢性肝炎の2例を経験した。症例1は5歳女児で、母体HCV-Ab陽性児として出生したが検査を受けておらず、2歳時に初めてHCV-Ab陽性を指摘された。5歳9ヵ月時、治療目的に紹介受診した。活動性C型慢性肝炎と診断し、PEG-IFN/RBV併用療法を行った。HCV-RNAは4週目の検査で検出限界以下となり、24週間の治療を完遂し、その後もHCV-RNAは検出限界以下を維持した。症例2は12歳女児で、母体HCV...
当院における2010/2011年シーズンのインフルエンザ入院症例のまとめ
中村 千鶴子, 塚原 恵子, 望月 美恵, 山崎 崇志, 沢登 恵美, 青山 香喜
山梨医学   40 87-91   Oct 2012   [Refereed]
2010年10月〜2011年4月(2011年シーズン)の間に入院したインフルエンザA型20例およびB型14例の計34例の臨床的特徴について診療録より後方視的に検討した。その結果、1)2009年・2010年シーズンにはインフルエンザA H1N1(AH 1 pdm09)が流行、入院患者の約80%が小児で、発症早期から低酸素血症を伴う重症肺炎が多かったことが特徴であった。2)2011年シーズンではA型の50%が肺炎を、B型の50%が異常行動・痙攣などの神経症状を呈していた。特にA型肺炎症例では発...
【小児慢性疾患の生活指導-最新の知見から-】 日常生活における管理・指導 糖尿病 1型糖尿病
望月 美恵
小児科臨床   65(4) 755-760   Apr 2012   [Invited]
ノンカロリー清涼飲料水多飲による水中毒の1例
塚原 恵子, 中村 千鶴子, 岡田 まゆみ, 佐藤 広樹, 石田 武彦, 望月 美恵, 沢登 恵美, 青山 香喜
山梨医学   39 123-125   Oct 2011   [Refereed]
2歳男児。無熱性けいれんを主訴に著者らの施設へ救急搬送となった。入院時、検査所見では低血糖、尿中ケトン体陽性、低Na血症ほか、尿中浸透圧、尿中Na上昇、ADH高値が認められ、SIADHの病態を呈していた。また、頭部CTやMRIでは異常所見はなく、酢酸リンゲル液の輸液を開始した。だが、入院2時間半後に再度けいれんが出現し、ジアゼパム投与にて頓挫したが、再けいれん予防目的にミダゾラムの持続投与が行われた。一方、血液検査ではNaは更に低下を認めたため、輸液制限、3%NaCl、浸透圧利尿剤の投与が...
成長ホルモン治療を行った特発性低身長症男性例の二次性徴
大山 建司, 佐野 友昭, 太田 正法, 小林 浩司, 小林 基章, 佐藤 和正, 望月 美恵, 三井 弓子, 矢ヶ崎 英晃, 斉藤 朋洋, 長嶺 健次郎, 中込 美子
日本小児科学会雑誌   115(10) 1524-1530   Oct 2011   [Refereed]
成長ホルモン治療を行った特発性低身長症男性例30例の第二次性徴の発現から完成までを定期的に観察した結果を報告した。精巣容量3mlへの到達年齢は平均11歳6ヵ月であり、精巣容量3mlで陰茎発育2度に達した症例は2例、8ml以下で全例陰茎発育2度となった。陰茎発育2度への到達年齢は、従来の日本人男性報告より約1年遅れていたが、陰毛発育5度への到達年齢は同じであった。タンナー成熟度の各段階におけるT値、精巣容量には大きなバラツキがあり、性成熟度の伸展の評価には、精巣容量とともにタンナー成熟度によ...
Nishimura A, Kobayashi K, Yagasaki H, Saito T, Nagamine K, Mitsui Y, Mochizuki M, Satoh K, Kobayashi K, Sano T, Ohta M, Cho H, Ohyama K
Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology   20(4) 73-80   Oct 2011   [Refereed]
超速効型インスリンによる持続皮下インスリン注入療法(CSII)施行患者の長期経過
長嶺 健次郎, 望月 美恵, 小林 基章, 小林 浩司, 西村 明子, 大山 建司
日本先進糖尿病治療研究会雑誌   6 19-22   Sep 2010   [Refereed]
小児期発症の1型糖尿病患者で強化インスリン療法施行中の12名(男児2名、女児10名、平均8.8歳、平均導入時14.5歳)を対象に、長期間の持続皮下インスリン投与療法(CSII)使用による有用性、問題点、QOLを含む評価を行った。CSII導入理由は3名は元来血糖コントロールは比較的良好であったが更にコントロール改善を希望し開始した。それ以外に生活環境への対応2名、痛みの軽減3名、低血糖回数の減少2名、血糖コントロール不良1名、不規則な生活への対応1名であった。外来での男児の1型糖尿病患者はC...
Yagasaki H, Kobayashi K, Saitou T, Nagamine K, Mitsui Y, Mochizuki M, Kobayashi K, Cho H, Ohyama K, Amemiya S, Nakazawa S
Experimental and clinical endocrinology & diabetes : official journal, German Society of Endocrinology [and] German Diabetes Association   118(3) 195-199   Mar 2010   [Refereed]
尿細管間質性腎炎による急性腎不全で発症したSjoegren症候群の1例
松下 香子, 東田 耕輔, 澤登 恵美, 海野 杏奈, 矢ヶ崎 英晃, 三井 弓子, 前田 優一, 望月 美恵, 小鹿 学, 杉田 完爾
日本小児科学会雑誌   113(12) 1856-1860   Dec 2009   [Refereed]
14歳女児。患者は感冒症状に加え、体幹の皮疹、関節痛を認めた後、多飲多尿、体重減少、頸部の腫脹と疼痛が出現した。近医にて腎盂腎炎が疑われ、レボフロキサシンが処方されるも自己中断し、再診時に急性腎不全を指摘され、著者らの施設へ紹介となった。入院時、高度腎機能障害、尿中β2macroglobulin高値を伴うFanconi症候群、唾液腺・涙腺の分泌低下が認められた。また、腎生検では遠位尿細管の尿細管上皮細胞内に炎症細胞の浸潤とフィブリンの沈着、萎縮した変性尿細管が確認された。以上より、本症例は...
Kobayashi R, Nakagomi Y, Shimura Y, Mochizuki M, Kobayashi K, Sugita K, Ohyama K
Biochemical and biophysical research communications   389(3) 478-483   Nov 2009   [Refereed]
1型糖尿病患者の日本食摂取時におけるCarbohydrate Counting法(500法)の適応の検討
西村 明子, 望月 美恵, 岡本 裕子, 斎藤 朋洋, 矢ヶ崎 英晃, 三井 弓子, 小林 浩司, 雨宮 伸, 大山 建司
小児保健研究   68(1) 53-57   Jan 2009   [Refereed]
超速効型インスリン使用中の1型糖尿病患者で、炭水化物比率の高い日本食摂取時に、500法によるcarbohydrate counting法(以下CC法)が食後血糖コントロールに有用か検討した。早期空腹時にCC法で決定したインスリンを投与し、年齢、体格、活動度に合わせた標準日本食検査食を摂取し、食前、後15,30,60,120,180分に血糖値を測定した。食前から120分後の血糖値の差(以下ΔPG120)は平均43.1mg/dl(-43〜119)だった。10名中7名は、ΔPG120が50mg/...
【小児内分泌学の進歩2008】 インスリンアナログ製剤の使用による小児期発症1型糖尿病の治療成績の変化 小児インスリン治療研究会第2コホートデータより
菊池 透, 浦上 達彦, 川村 智行, 宮本 茂樹, 杉原 茂孝, 望月 美恵, 雨宮 伸, 松浦 信夫, 佐々木 望
ホルモンと臨床   56(12) 1163-1169   Dec 2008   [Refereed]
小児インスリン治療研究会第2コホート調査の登録症例で、第1〜16期までbasal-bolus療法を行った小児期発症1型糖尿病206例を対象とし、血糖コントロールの改善について検討した。第1期では全例が速効性インスリン製剤(R)と中間型インスリン製剤(N)を使用していた。第16期では超速効性インスリンアナログ製剤(Q)と持効型溶解インスリンアナログ製剤(G)を使用のQG変更群、Q使用・G不使用のQのみ変更群、G使用・Q不使用のGのみ変更群、Q・Cとも使用なしの変更なし群の4群に分類された。4...
The calibrator system with JDS and IFCC numbers for A1C standardization revealed seasonal changes in A1C and the A1C derived average glucose in Japanese children with T1DM
Amemiya Shin, Mochizuki Mie, Kikuchi Touru, Kawamura Tomoyuki, Urakami Tatsuhiko, Sugihara Shigetaka, Matsuura Nobuo, Hoshino Tadao, Sasaki Nozomu
DIABETES   57 A554-A555   Jun 2008   [Refereed]
Kawamura T, Urakami T, Sugihara S, Kim HS, Mochizuki M, Amamiya S
Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology   17(2) 39-47   2008   [Refereed]
小児1型糖尿病における超速効型インスリンによるCSII療法とCSII療法適応の拡大
望月 美恵, 雨宮 伸, 矢ヶ崎 英晃, 長嶺 健次郎, 三井 弓子, 小林 基章, 小林 浩司, 大山 建司, 中澤 眞平
先進インスリン療法研究会誌   2 5-9   Nov 2005   [Refereed]
小児期発症1型糖尿病患者を対象とし,3〜4日持続使用可能でかつ取り外し可能なテフロン製留置針でContinuous Subcutaneous Insulin Infusion(CSII)を施行した.導入の動機は,頻回または重症夜間低血糖,Dawn現象,不規則な食事時間,食行動異常を含む食事量の不安定,不登校での昼夜逆転,思春期発来に伴う血糖コントロール悪化,より高い自由度の希望などであった.手技の習熟は早く,操作上の問題の発生は少なかった.基礎インスリン量の確保は食事量の変動・生活リズムの...
Tanaka S, Endo T, Aida K, Shimura H, Yokomori N, Kaneshige M, Furuya F, Amemiya S, Mochizuki M, Nakanishi K, Kobayashi T
Diabetes care   27(8) 1936-1941   Aug 2004   [Refereed]
Ikegami H, Awata T, Kawasaki E, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Amemiya S, Kawabata Y, Kurihara S, Tanaka S, Kanazawa Y, Mochizuki M, Ogihara T
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   91(3) 1087-1092   Mar 2006   [Refereed]
Mochizuki M, Amemiya S, Kobayashi K, Kobayashi K, Shimura Y, Ishihara T, Nakagomi Y, Onigata K, Tamai S, Kasuga A, Nanazawa S
Diabetes care   26(3) 843-847   Mar 2003   [Refereed]
高NH3血症に対し持続的血液濾過透析(CHDF)を施行したカルバミルリン酸合成酵素I(CPSI)欠損症の新生児例
望月 美恵, 駒井 孝行, 前田 宜包, 田草川 正弘, 大石 祐道, 外岡 雄二, 高橋 邦仁, 中田 高央, 田中 行夫, 小泉 敬一, 内藤 敦, 星合 美奈子, 中澤 眞平
山梨医学   30 122-125   Oct 2002   [Refereed]
日齢4の男児.在胎38週5日,2568gで正常分娩で出生した.日齢1に哺乳力低下と嘔吐を,日齢2に啼泣低下と両上肢の強直を認めた.代謝性のアシドーシスとNH3が1462μg/dlと高値が持続する為,日齢4に持続的血液濾過透析(CHDF)を開始した.CHDF開始後,NH3は271μg/dlまで低下したが,当初から認められた脳浮腫の進行が著明で,日齢8にCHDFIを中止した.その後NH3は7123μg/dlと上昇して全身状態が悪化して日齢11に死亡した.血中尿中アミノ酸解析で,オルニチンの高値...
腹痛と嘔吐を主訴として来院したビタミンB1欠乏症の1例
高橋 邦仁, 前田 宜包, 大石 祐道, 望月 美恵, 中田 高央, 小林 美穂子, 田草川 正弘, 駒井 孝行, 田中 行夫
山梨医学   30 126-128   Oct 2002   [Refereed]
37歳男.腹痛,悪心嘔吐を主訴とした.1週間前から食事を摂取せずに焼酎500ml/minの飲酒をしていた.来院時に傾眠傾向,ショック状態で高度の代謝性アシドーシス等を認めた.ビタミンB1欠乏症の重症型である衝心脚気を疑い,ビタミンB1製剤100mgを静注したところ,6時間後にpHが正常化したのとほぼ同時に血圧・心拍も正常化した.翌日には症状は全て消失となり退院した.衝心脚気はその激烈な症状により,急性腹症やそれに伴う敗血症等と誤診され,開腹手術等が行われることも珍しくない.エピソードにより...
発症より13日後に診断され非観血的整復が可能であった腸重積の1例
望月 美恵, 白石 恭子, 島貫 公義, 樋口 勝美
小児科診療   65(7) 1157-1160   Jul 2002   [Refereed]
2歳7ヵ月男児.腹痛,微熱,扁桃軽度腫大で抗生物質,解熱鎮痛薬,整腸剤の投与を受けた.上腹部痛が間欠的に出現したため,救急医を受診したが,肉眼的血便は認めなかった.腹痛は続き,右上腹部に軟らかな腫瘤を触知し,腹部X線で腫瘤に一致して,消化管ガス欠損像を認めた.腹部超音波でtarget徴候を認め,腸重積が疑われたため,注腸造影を施行した.カニ爪様サインを認め,腸重積と診断し非観血的に整復した
パルボウイルスB19の胎内感染症で血小板減少と貧血を認めた新生児の1例
白石 恭子, 望月 美恵, 中尾 真理子, 高梨子 篤浩, 武市 和之, 杉田 完爾, 中澤 眞平
小児科診療   65(5) 856-858   May 2002   [Refereed]
症例は在胎38週3日に正常頭位分娩で出生した体重2954gの女児で,重篤な貧血による胎児水腫に加え血小板の減少による全身の出血斑を合併し,2系統の血球減少を認めた.出生時の特異的IgM抗体陽性,出産後の母体の特異的IgG抗体の陽転から,Human Parvovirus B19(HPB)の胎内感染症と診断された.全身管理,輸血,γ-グロブリン投与で軽快した.骨髄所見での確認はなされていないが,出生時に網状赤血球は増加しており,出生時には回復期に向かっていたと考えられた.HPBで2系統の血球減...
Mochizuki M, Amemiya S, Kobayashi K, Kobayashi K, Ishihara T, Aya M, Kato K, Kasuga A, Nakazawa S
Diabetes research and clinical practice   55(1) 11-17   Jan 2002   [Refereed]
Pathogenic factors of glucose intolerance in obese Japanese adolescents with type 2 diabetes.
Kobayashi K, Amemiya S, Higashida K, Ishihara T, Sawanobori E, Kobayashi K, Mochizuki M, Kikuchi N, Tokuyama K, Nakazawa S
Metabolism: clinical and experimental   49(2) 186-191   Feb 2000   [Refereed]
Kobayashi K, Amemiya S, Kobayashi K, Sawanobori E, Mochizuki M, Ishihara T, Higashida K, Miura M, Nakazawa S
Endocrine journal   46 Suppl S67-9   Mar 1999   [Refereed]
Kobayashi K, Amemiya S, Mochizuki M, Kobayashi K, Matsushita K, Sawanobori E, Ishihara T, Higashida K, Shimura Y, Kato K, Nakazawa S
Hormone research   51(4) 201-204   1999   [Refereed]
Role of IGF binding protein-1 in the dawn phenomenon and glycemic control in children and adolescents with IDDM.
Kobayashi K, Amemiya S, Sawanobori E, Higashida K, Ishihara T, Kobayashi K, Kato K, Nakazawa S
Diabetes care   20(9) 1442-1447   Sep 1997   [Refereed]

Misc

 
山梨県における小児1型糖尿病発症率の30年の変化(1986-2015年)
成澤 宏宗, 斎藤 朋洋, 矢ヶ崎 英晃, 望月 美恵, 小林 基章, 小林 浩司, 横道 洋司, 雨宮 伸
糖尿病   61(Suppl.1) S-267   Apr 2018
多施設共同研究におけるグリコヘモグロビンA1cとグルコアルブミン標準化の精度管理状況
望月 美恵, 菊池 透, 武者 育麻, 小林 基章, 小林 浩司, 菊池 信行, 川村 智行, 浦上 達彦, 杉原 茂孝, 雨宮 伸
糖尿病   61(Suppl.1) S-274   Apr 2018
山梨県における小児1型糖尿病発症率の30年の変化(1986-2015年)
成澤 宏宗, 斎藤 朋洋, 矢ヶ崎 英晃, 望月 美恵, 小林 基章, 小林 浩司, 横道 洋司, 雨宮 伸
糖尿病   61(Suppl.1) S-267   Apr 2018
高度のインスリン抵抗性を認め、INSR遺伝子多型を同定した多嚢胞性卵巣症候群(PCOS;Polycystic ovary syndrome)の女児例
渡邊 大輔, 矢ヶ崎 英晃, 齋藤 朋洋, 望月 美恵, 小林 基章, 小林 浩司
糖尿病   61(Suppl.1) S-200   Apr 2018
インフルエンザ罹患時の重症化率 大規模レセプトデータの分析から
横道 洋司, 望月 美恵, 小島 令嗣, 山縣 然太朗
日本小児科学会雑誌   122(2) 331-331   Feb 2018
タンデムマス法による新生児マス・スクリーニングに関する報告 2014年1月〜2016年5月におけるスクリーニング結果から
成澤 宏宗, 齋藤 朋洋, 矢ヶ崎 英晃, 望月 美恵, 小林 基章, 西澤 琢磨, 反頭 智子, 後藤 裕介, 駒井 孝行
日本小児科学会雑誌   121(6) 1120-1120   Jun 2017
CGMによる推定HbA1c値と実測値の乖離 グリコアルブミン/HbA1c比との関連
武者 育麻, 望月 美恵, 菊池 透, 赤塚 淳弥, 小林 浩司, 神野 和彦, 菊池 信行, 川村 智行, 浦上 達彦, 横田 一郎, 杉原 茂孝, 雨宮 伸
糖尿病   60(Suppl.1) S-444   Apr 2017
ヘモグロビンA1c季節間差の経年推移とその規定要因に関する検討
望月 美恵, 菊池 透, 武者 育麻, 小林 浩司, 矢ヶ崎 英晃, 菊池 信行, 川村 智行, 浦上 達彦, 松浦 信夫, 佐々木 望, 杉原 茂孝, 雨宮 伸
糖尿病   60(Suppl.1) S-390   Apr 2017
糖尿病合併症としての大血管症・腎症・神経症・網膜症発症者の死因別生存時間解析 BioBank Japan Cohort
横道 洋司, 望月 美恵, 久保 充明, 山縣 然太朗
糖尿病   60(Suppl.1) S-254   Apr 2017
ヘモグロビン糖化度指標の確立 グリコアルブミン/HbA1c比の合併症予測指標および診断基準への活用
雨宮 伸, 星野 忠夫, 望月 美恵, 武者 育麻, 赤塚 淳哉, 岡橋 美貴子, 菱沼 義寛, 菊池 透, 杉原 茂孝
糖尿病   60(Suppl.1) S-153   Apr 2017

Books etc

 
Pediatric Endocrinology
Mie Mochizuki (Part:Joint Work, Plasma glucose control and complication. Serum indexes for diabetes control)
Diagnosis and Treatment   Oct 2009   

Conference Activities & Talks

 
山梨県における小児抗菌薬適正使用支援加算の算定状況
太田 正法, 中根 貴弥, 星合 美奈子, 小鹿 学, 望月 美恵, 矢ヶ崎 英晃, 犬飼 岳史
日本小児科学会雑誌   Feb 2019   
成長曲線の利用による受診勧奨導入前後での受診状況の変化
望月 美恵, 村松 明日香, 三井 弓子, 佐藤 和正, 杉田 完爾
日本小児科学会雑誌   Jun 2018   
高度のインスリン抵抗性を認め、INSR遺伝子多型を同定した多嚢胞性卵巣症候群(PCOS;Polycystic ovary syndrome)の女児例
渡邊 大輔, 矢ヶ崎 英晃, 齋藤 朋洋, 望月 美恵, 小林 基章, 小林 浩司
糖尿病   Apr 2018   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology: Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2019 - 2021    Investigator(s): Mie Mochizuki
Clinical epidemiologic study on incidence of severe influenza viral infection based on medical insurance claims
Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology: Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): Hiroshi Yokomichi
Science School in China
Asia Pacific Paediatric Endcrine Society: Travel Grant
Project Year: Aug 2001 - Aug 2001    Investigator(s): Mie Mochizuki
Impact of SNP of Japanese type 1 diabetic patients on clinical presentation
The Japan Society for Pediatric and Adolescent Diabetes: The 5th Research Grant
Project Year: Apr 2000 - May 2000    Investigator(s): Mie Mochizuki