中村三春

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 10:11
 
アバター
研究者氏名
中村三春
 
ナカムラ ミハル
URL
http://projectm.s500.xrea.com/
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 映像・表現文化論講座
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学)
科研費研究者番号
80164341
Twitter ID
miharu_office

プロフィール

日本近代文学、比較文学、表象文化論

*虚構理論を中心とした文芸理論の研究
*日本近代文学と海外文学との比較文学研究
*日本映画と日本文学との相関研究
*日本近代文学作家作品研究(有島武郎、宮澤賢治、久野豊彦、横光利一、太宰治、立原道造、原民喜、中上健次、村上春樹、笙野頼子、小川洋子、その他)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年10月
 - 
現在
北海道大学大学院文学研究科 教授
 
1988年4月
 - 
2008年9月
山形大学人文学部 講師、助教授、教授
 
1987年4月
 - 
1988年3月
弘前学院大学文学部 講師
 
1987年3月
 - 
1983年8月
東北大学文学部附属日本文化研究施設 助手(基礎部門)
 

学歴

 
2011年10月
 - 
現在
『新編 言葉の意志 有島武郎と芸術史的転回』により、東北大学より博士(文学)を授与される (論文博士) 
 
1983年4月
 - 
1983年7月
東北大学大学院 文学研究科 博士課程後期(中退)
 
1981年4月
 - 
1983年3月
東北大学大学院 文学研究科 博士課程前期(修士課程)
 
1977年4月
 - 
1981年3月
東北大学 文学部 文学科
 
1974年4月
 - 
1977年3月
岩手県立盛岡第一高等学校 全日制普通科 
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
昭和文学会  常任幹事
 
2017年6月
 - 
現在
日本比較文学会  理事・北海道支部長
 
2008年
 - 
現在
昭和文学会  幹事
 
2008年
 - 
現在
日本文芸研究会  委員
 
2008年
 - 
現在
日本近代文学会  評議員
 

受賞

 
2007年9月
花巻市 宮澤賢治賞奨励賞
 

書籍等出版物

 
中村 三春
七月社   2018年2月   ISBN:4909544011
西田谷洋(編) (担当:共著, 範囲:宮崎駿監督映画における戦争の表象ー『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』までー)
ひつじ書房   2017年5月   ISBN:4894767708
日本近代文学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:文学理論/作者論)
ひつじ書房   2016年12月   ISBN:4894768127
中村 三春編 (担当:共著)
森話社   2016年3月   ISBN:4864050929
著者:中村 三春, 佐藤 泉, 中川 成美, 萩原 由加里, 川崎 公平, 友田 義行, 横濱 雄二, 高橋 由貴, 宮本 明子, 志村 三代子, 米村 みゆき, 坂井 セシル, 雨宮 幸明, 井川 重乃, 本田 みなみ, 平野 葵
中村 三春
ひつじ書房   2015年3月   ISBN:4894767465
中村 三春
翰林書房   2014年2月   ISBN:4877373608
中村 三春
ひつじ書房   2013年3月   ISBN:4894766434
中村 三春
翰林書房   2012年2月   ISBN:4877373241
金子 勇, 藤井 教公, 千葉 惠, 宮野 裕, 谷古宇 尚, 中村 三春, 武田 雅哉, 宇都宮 輝夫 (担当:共著)
北海道大学出版会   2011年4月   ISBN:4832933760

論文

 
概説・芥川龍之介とメタフィクション
中村三春
芥川龍之介研究 Akutaga REVIEW   (12) 140-147   2018年7月
中村三春
北海道大学文学研究科紀要   (155) 1-34   2018年7月
〈愛されない〉ということ ―村上春樹「品川猿」など―
中村三春
層:映像と表現   (10) 268-280   2018年3月
中村三春
北海道大学文学研究科紀要   (153) 47-87   2017年12月   [査読有り]
中村三春
北海道大学文学研究科紀要   (152) 113144   2017年7月
『虚構の彷徨、ダス・ゲマイネ』の「イミテエシヨン」原理
中村三春
太宰治研究   25 1-15   2017年6月   [招待有り]
宮崎駿監督映画における戦争の表象ー『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』までー
中村三春
西田谷洋編『文学研究から現代日本の批評を考えるー批評・小説・ポップカルチャーをめぐって』ひつじ書房   20-41   2017年5月   [招待有り]
中村三春
昭和文学研究   (74) 29-41   2017年3月   [招待有り]

Misc

 
中村三春
週刊読書人 2019.2.1   (3275)    2019年2月   [依頼有り]
中村三春
富山大学日本文学研究   (4) 41-44   2018年7月   [依頼有り]
西田谷洋著『村上春樹のフィクション』書評
中村三春
週刊読書人 2018年3月30日   (3233)    2018年3月   [依頼有り]
黒田大河著『横光利一とその時代—モダニズム・メディア・戦争』書評
中村三春
横光利一研究   (16) 131-134   2018年3月   [依頼有り]
中村三春
国語教育思想研究   (15) 51-65   2017年10月   [依頼有り]
菅原克也著『小説のしくみー近代文学の「語り」と物語分析』書評
中村三春
週刊読書人 2017.9.1   (3205)    2017年9月   [依頼有り]
中村 三春
日本近代文学 = Modern Japanese Literary Studies   96 181-184   2017年5月
坂口周著『意志薄弱の文学史』書評
中村三春
週刊読書人 2016.11.25   (3166)    2016年11月   [依頼有り]
富塚昌輝著『近代小説という問い 日本近代文学の成立期をめぐって』書評
中村三春
週刊読書人 2016.1.22   (3124)    2016年1月   [依頼有り]
『ファニーフェイスの死』
中村三春
現代女性作家読本20 林真理子   28-31   2015年9月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
中村三春
第3回森敦文学研究会   2018年12月15日   
中村三春
2018年度第1回日本比較文学会北海道研究会   2018年11月24日   
中村三春
フィクションと日本文学の研究会 特集 竹内敏雄と日本の文芸学   2018年11月3日   
西田谷洋における盲目と洞察—『村上春樹のフィクション』をめぐって— [招待有り]
中村三春
公開読書会 西田谷洋『村上春樹のフィクション』を読む   2018年7月1日   
「壁」は越えられるか―村上春樹の文学における〈共鳴〉― [招待有り]
中村三春
2018年第7回村上春樹国際シンポジウム 基調講演   2018年5月26日   淡江大学村上春樹研究センター
中村三春
2017年度第2回日本比較文学会北海道研究会   2018年3月24日   日本比較文学会北海道支部
中村三春
国際シンポジウム 「村上春樹のRealとFuture ― 表象文化研究の視点から」   2018年3月17日   ストラスブール大学、東洋大学、国際交流基金
中村三春
第2回 森敦研究会   2017年12月9日   
語り手・人称・主体と複合的小説構造
中村三春
2017年度秋季日本近代文学会大会   2017年10月15日   
概説・芥川龍之介とメタフィクション
中村三春
国際芥川龍之介学会第12回青島大会   2017年9月17日   

社会貢献活動

 
【講師】  朝日カルチャーセンター 短期講座  2019年2月9日
【講師】  朝日カルチャーセンター  短期講座  2018年3月3日
【講師】  北海道立文学館  文芸講演会  (北海道立文学館)  2018年2月10日
【コメンテーター, 講師】  北海道大学附属図書館学生協働ワーキンググループ  (北海道大学附属図書館)  2017年2月16日

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 中村 三春
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 中村 三春
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 阿部 宏慈
視覚表象の分析における<アクチュアル>概念の理論的・実践的射程を、映画、写真、マンガなどの具体的な事例にもとづいてあきらかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 中川 成美
研究成果として日本文学・文化に関する基礎的検索データ構築のための、北米英語圏約1000名の日本文学研究者リスト、及び3630件の著作論文データ収集、さらに立命館大学における3回の国際シンポジウム(2007年6月「イタリア観の一世紀」、同年12月「国際乱歩コンファレンス」、2009年3月「東南アジアとの通路」)の開催を本研究の成果とする。その詳細は本研究プロジェクトHP上において一般に公開されている。参照 : http://www.ritsumei.ac.jp/~nakagawa/
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 佐藤 清人
文学を中心とする近代ロシアの文化は、広く世界各地域の文字・文化に影響を与え、各国文化の中で独自に展開されてきた。特に、プーシキン、ツルゲーネフ、トルストイ、ドストエフスキイを擁する文学史と、エイゼンシュテインのモンタージュ映画や、シクロフスキイの異化の理論を生んだロシア・フォルマリズムの文芸理論に代表されるロシア・アヴァンギャルドの芸術運動は、日本や欧米諸国の文学に多大な影響を与えてきた。本研究は、受容・影響関係を主眼とする従来型の実証主義的な比較文学の手法を基礎としながらも、むしろ受容者...