櫻井美穂子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 15:50
 
アバター
研究者氏名
櫻井美穂子
所属
国際大学
部署
グローバルコミュニケーションセンター
職名
准教授
学位
博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)

プロフィール

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授
ノルウェーにあるUniversity of AgderのDepartment of Information Systems准教授を経て2018年より現職。ノルウェーにてヨーロッパ7か国が参加するEU Horizon2020「Smart Mature 」に参画。専門分野は経営情報システム学。特に基礎自治体および地域コミュニティにおけるICT利活用について、レジリエンスをキーワードとして、情報システム学の観点から研究を行っている。Hawaii International Conference on System Sciences (2016)およびITU Kaleidoscope academic conference (2013)にて最優秀論文賞受賞。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
国際大学 グローバルコミュニケーションセンター 准教授
 
2017年9月
 - 
2018年5月
University of Agder (Norway) Department of Information Systems 准教授
 
2015年9月
 - 
2017年8月
University of Agder (Norway) Department of Information Systems Postdoctoral research fellow
 
2014年4月
 - 
2015年3月
慶應義塾大学大学院・日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
2015年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科(博士) 
 
 
 - 
2011年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科(修士) 
 
 
 - 
2005年3月
慶應義塾大学 総合政策学部(学士) 
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
Annual International Conference on Digital Government Research (dg.o)  Program Committee
 
2017年
 - 
現在
ITU Kaleidoscope academic conference  Technical Programme Committee
 
2016年1月
 - 
現在
Hawaii International Conference on System Sciences  Mini track co-chair for “Government and Disaster Resilience” MT (Electronic Government Track)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
総務省  地域情報化アドバイザー
 

受賞

 
2016年1月
Hawaii International Conference on System Sciences 最優秀論文賞 How do organizational processes recover following a disaster? - A capital resiliency model for disaster preparedness -
受賞者: Mihoko Sakurai, Richard T. Watson and Jiro Kokuryo
 
2013年4月
ITU Kaleidoscope academic conference 最優秀論文賞 Sustaining Life During the Early Stages of Disaster Relief with a Frugal Information System: Learning from the Great East Japan Earthquake
受賞者: Mihoko Sakurai, Richard Watson, Chon Abraham, and Jiro Kokuryo
 

論文

 
Mihoko Sakurai,Øystein Sæbø
51st Hawaii International Conference on System Sciences, HICSS 2018, Hilton Waikoloa Village, Hawaii, USA, January 3-6, 2018      2018年   [査読有り]
Tim A. Majchrzak,Mihoko Sakurai,Nicolás Serrano
51st Hawaii International Conference on System Sciences, HICSS 2018, Hilton Waikoloa Village, Hawaii, USA, January 3-6, 2018      2018年   [査読有り]
Mihoko Sakurai,Jiro Kokuryo
CAIS   42 508-525   2018年   [査読有り]
Resilience Information Portal
14th Proceedings of the International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management, Albi, France, May 2017      2017年   [査読有り]
Mihoko Sakurai,Tim A. Majchrzak,Vasileios Latinos
Information Systems for Crisis Response and Management in Mediterranean Countries - 4th International Conference, ISCRAM-med 2017, Xanthi, Greece, October 18-20, 2017, Proceedings   177-192   2017年   [査読有り]

Misc

 
Municipal Government ICT in 3.11 Crisis: Lessons from the Great East Japan Earthquake and Tsunami Crisis
櫻井美穂子
Berkman Center Research Publication No. 2012-14      2012年

書籍等出版物

 
公文 俊平, 大橋 正和, 櫻井 美穂子, 國領 二郎, 鈴木 謙介, 堀 眞由美, 西内 啓, 山内 康英, 小松 正, 舟橋 正浩, 松野 良一, 周 洲, 折田 明子, 西田 亮介 (担当:分担執筆, 範囲:第2章「レジリエントな社会システムのデザイン思想」(pp.81-101))
NTT出版   2014年   ISBN:9784757103528
宮地 恵美, 飯盛 義徳 (担当:分担執筆, 範囲:第5章「みやじ豚」(pp.70-87))
慶應義塾大学出版会   2013年6月   ISBN:4766420373
櫻井 美穂子, 國領 二郎 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2012年11月   ISBN:4766419952

担当経験のある科目

 
 

Works

 
ケース教材「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン パナソニックの挑戦~モノづくりから街づくりへ~」
櫻井美穂子   教材   2015年
Teaching case "Fujisawa Sustainable Smart Town"
櫻井美穂子   教材   2015年
ケース教材「クラウド時代の情報システム構築―東日本大震災の教訓を踏まえて―」
櫻井美穂子   教材   2013年
Teaching case "Building Information Systems during the Cloud Era: Based on Lessons from the Great East Japan Earthquake"
櫻井美穂子   教材   2013年
ケース教材「「NPO団体アスコエ―市民のコエ(声)で社会を変える―」
櫻井美穂子   教材   2011年