稲垣未来男

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 15:44
 
アバター
研究者氏名
稲垣未来男
 
イナガキミキオ
eメール
inagakifbs.osaka-u.ac.jp
所属
大阪大学
部署
大学院生命機能研究科
職名
助教
学位
工学博士(大阪大学)
ORCID ID
0000-0002-5294-501X

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院生命機能研究科 助教
 
2012年4月
 - 
2015年3月
大阪大学 大学院生命機能研究科 特任研究員(大澤研)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
大阪大学 大学院生命機能研究科 特任研究員(藤田研)
 

受賞

 
2012年9月
日本神経回路学会 優秀研究賞 顔反応性細胞の表情に対する選択性の潜時:側頭葉視覚皮質と扁桃体の比較
受賞者: 稲垣未来男、藤田一郎
 

論文

 
Inagaki M, Fujita I
bioRxiv   174037   2017年8月
Inagaki M, Sasaki KS, Hashimoto H, Ohzawa I
Journal of Neurophysiology   116(2) 784-795   2016年8月   [査読有り]
Sasaki KS, Kimura R, Ninomiya T, Tabuchi Y, Tanaka H, Fukui M, Asada YC, Arai T, Inagaki M, Nakazono T, Baba M, Kato D, Nishimoto S, Sanada TM, Tani T, Imamura K, Tanaka S, Ohzawa I
Scientific Reports   5 16712   2015年11月   [査読有り]
稲垣未来男、藤田一郎
The Journal of Neuroscience   31(28) 10371-10379   2011年7月   [査読有り]

Misc

 
側頭連合野の視覚情報処理 ~形、顔、色、質感、奥行きの処理~
稲垣未来男、藤田一郎
BRAIN and NERVE   68(11) 1363-1370   2016年11月
腹側視覚経路における視覚情報処理
藤田一郎、池添貢司、稲垣未来男
臨床神経科学   30(8) 883-886   2012年8月
顔反応性細胞の表情に対する選択性の潜時: 側頭葉視覚皮質と扁桃体の比較
稲垣未来男、藤田一郎
IEICE Technical Report      2011年3月
刺激画像の大きさが顔反応性細胞の空間周波数チューニングに与える効果: 側頭葉視覚皮質と扁桃体との比較
稲垣未来男、藤田一郎
第3回ブレイン・バイオコミュニケーション研究会会報      2009年11月
顔認識の神経基盤
稲垣未来男
脳21   11(2) 264-267   2008年4月

講演・口頭発表等

 
脅威表情知覚の神経基盤
稲垣未来男
日本心理学会第81回大会   2018年9月26日   
大脳皮質と扁桃体における顔の視覚的表現の違い
稲垣未来男、藤田一郎
フォーラム顔学2018   2018年9月1日   
扁桃体細胞の集団活動による感情的な顔の素早い識別
稲垣未来男、藤田一郎
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   
顔に対する視覚反応の試行間変動: サル側頭皮質と扁桃体の比較
稲垣未来男、藤田一郎
第39回日本神経科学大会   2016年7月20日   
3次元周波数空間におけるサブスペース逆相関法のMT野細胞への適用
稲垣未来男、佐々木耕太、橋本肇、大澤五住
第38回日本神経科学大会   2015年7月30日   

競争的資金等の研究課題

 
大脳皮質処理と皮質下処理が顔認知に与える影響: 計算モデルと心理実験による検討
文部科学省: 科研費 新学術領域「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築-多文化をつなぐ顔と身体表現-」公募班
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 稲垣未来男
神経生理と機械学習を組み合わせたアプローチによる皮質下の視覚情報処理メカニズムの解明
稲盛財団: 研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 稲垣未来男

学歴

 
2003年4月
 - 
2010年3月
大阪大学 大学院生命機能研究科 
 
1999年4月
 - 
2003年3月
大阪大学 基礎工学部 システム科学科