伊藤 (横山) 美紀

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/23 15:45
 
アバター
研究者氏名
伊藤 (横山) 美紀
所属
北海道教育大学
部署
教育学部函館校
職名
准教授

経歴

 
1999年8月
 - 
2000年6月
東テネシー州立大学(East Tennessee State University) 外国語学部(Department of Foreign Languages) 講師
 
2000年7月
 - 
2003年9月
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 助手
 
2003年10月
 - 
2008年3月
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 講師
 
2007年4月
 - 
2007年9月
公立はこだて未来大学大学院 システム情報科学研究科 講師(講義担当)
 
2008年4月
 - 
現在
北海道教育大学函館校 教育学部 人間地域科学課程 国際文化・協力専攻 日本語・日本文化分野 准教授
 

委員歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
函館の未来を考える女性懇話会  委員
 
1996年4月
 - 
現在
函館ハリファックス協会  会員(2006-2007年度のみ理事)
 
1997年4月
 - 
1997年8月
函館日本語教育研究会  事務局
 
2000年4月
 - 
2007年3月
函館日本語教育研究会  ウェブページ担当
 
2001年5月
 - 
2001年7月
日本認知科学会  全国大会準備委員
 

論文

 
海外協定校と連携した日本語教育インターンシップについての一考察 : 派遣と受け入れ双方の観点から
伊藤(横山)美紀、児玉陽子
北海道教育大学紀要. 教育科学編.   68(2) 213-221   2018年2月
稿では第一筆者の所属する日本の大学で日本語教育を学ぶ学生が第二筆者の所属するカナ
ダの海外協定校の大学に日本語教育インターンとして派遣された際の実践を整理し,その成果
と課題を実践データおよび派遣側指導教員と受け入れ側指導教員の視点から考察している。派遣さ
れたインターンは,海外の日本語教育現場での様々な取り組みを目の当たりにし,日本語学習
者とのインタラクションを適切に行いながら授業を行う重要性を実感した。また,現地では,
日本語の授業時間外でも学生や地域の日本語教育関係者と交流する機会...
難解な日本語をやさしい日本語へ書き換える際にみられた特徴 ―書き換えデータとインタビューデータより―
伊藤(横山)美紀・高橋圭介・伊藤恵・長内一真・奥野拓
人文論究   (87) 9-19   2018年2月   [査読有り]
本稿では日本語教師教育科目で言語調整について学んだ大学生が、観光用展示物の1種である函館リトファスゾイレに書かれている説明文をやさしい日本語に書き換えた際の書き換えデータとインタビュー結果をもとに、難解な日本語をやさしい日本語へ書き換える際に見られた特徴を分析している。

書籍等出版物

 
多文化共生社会形成を重視した日本語ボランティア入門講座の実践報告
日本語プロフィシェンシー研究会国際シンポジウム予稿集
コラム6 交換留学という方法
宇田川拓雄編著(2014)『高校生・受験生・大学生のための中堅大学活用術』2014年、pp. 81-82
コラム9 女子学生の海外生活
宇田川拓雄編著(2014)『高校生・受験生・大学生のための中堅大学活用術』2014年、pp.123-124
「やさしい日本語をつかってみましょう」
『帰国・外国人児童生徒が生き生きと学校生活を送るために ~受入れと指導のQ&A~」(平成28年度版)』、北海道教育庁義務教育課、ウェブ(pdf)版、7頁。

講演・口頭発表等

 
日英語における省略と丁寧さ- ウチとソトの言語文化学を軸に-
函館英語英文学会   1997年6月   
Techniques for First-Year College Japanese -How to Use Realia-
Wisconsin Association of Foreign Language Teachers (WAFLT)   1998年11月   
ウチを学べる発信型コミュニケーション活動
函館英語英文学会   2002年6月   
会話活動の可視化-会話のデッサンツールのための基礎的研究
横山美紀, 木村健一,松原知代子, 戸田真志, 高山貴裕
日本デザイン学会第49回研究発表大会   2002年11月   
Optimizing Second-Language Learning in a Natural Setting: What Happens in Conversations with Japanese Host Families?
13th World Congress of Applied Linguistics: AILA 2002   2002年12月   

競争的資金等の研究課題

 
第13回国際応用言語学会世界大会参加および研究発表(シンガポール)
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月
日本語学習者支援に向けた日本人のためのやさしい日本語生成支援システムに関する研究
基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
日本語学習者と対話する一般の日本語母語話者を支援するための研究
基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

社会貢献活動

 
出前授業「日本語教育入門」@札幌国際情報高等学校
【講師】  札幌国際情報高等学校  札幌国際情報高等学校  (札幌国際情報高等学校)  2011年11月
「日本語教育入門」というタイトルで出前授業を行った。
出前授業「日本語教育入門」@札幌国際情報高等学校
【講師】  札幌国際情報高等学校  札幌国際情報高等学校  (札幌国際情報高等学校)  2012年11月
「日本語教育入門」というタイトルで出前授業を行った。
平成25年度 高文連道南支部国際交流専門部 第6回函館地区高等学校英語ディベート大会審査員
【】  2013年9月
出前授業「日本語教育入門」@札幌新川等学校
【講師】  札幌新川高等学校  札幌新川高等学校  (札幌新川高等学校)  2013年11月
「日本語教育入門』というタイトルで出前授業を行った。
出前授業「日本語教育から見た世界と地域~これからの多文化共生社会を考えるために~」@函館中部高等学校
【講師】  函館中部高等学校  函館中部高等学校  (函館中部高等学校)  2014年6月
「日本語教育から見た世界と地域~これからの多文化共生社会を考えるために~」というタイトルで出前授業を行った。