中ノ 三弥子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 03:55
 
アバター
研究者氏名
中ノ 三弥子
 
ナカノ ミヤコ
ハンドル
MiyakoN
eメール
minakanohiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
部署
分子生命機能科学講座
職名
准教授
科研費研究者番号
40397724

経歴

 
2010年4月
 - 
2012年5月
広島大学 大学院先端物質科学研究科 助教
 
2012年6月
   
 
広島大学 大学院先端物質科学研究科 准教授
 

受賞

 
2005年7月
日本糖質学会 ポスター賞 Analysis of fluorescent labeled N-glycans by on-line ESI MS
受賞者: 中の三弥子
 
2013年
広島大学 広島大学女性研究者奨励賞
 
2014年9月
日本分析化学会 展望とトピック賞 糖鎖で癌、抗癌剤の効き目がわかる
受賞者: 中の三弥子
 
注目すべき最新の分析化学研究1選
1711年4月
広島大学 Phoenix Outstanding Researcher Award
受賞者: 中の三弥子
 

論文

 
Establishment of an antibody specific for cancer-associated haptoglobin: a possible implication of clinical investigation.
Oncotarget   9(16) 12732-12744   2018年   [査読有り]
Yoshikawa, Genki; Askora, Ahmed; Blanc-Mathieu, Romain; Kawasaki, Takeru; Li, Yanze; Nakano, Miyako; Ogata, Hiroyuki; Yamada, Takashi
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年3月   [査読有り]
Xanthomonas virus (phage) XacN1 is a novel jumbo myovirus infecting Xanthomonas citri, the causative agent of Asian citrus canker. Its linear 384,670 bp double-stranded DNA genome encodes 592 proteins and presents the longest (66 kbp) direct termi...
Kizuka, Yasuhiko; Nakano, Miyako; Yamaguchi, Yoshiki; Nakajima, Kazuki; Oka, Ritsuko; Sato, Keiko; Ren, Chien-Tai; Hsu, Tsui-Ling; Wong, Chi-Huey; Taniguchi, Naoyuki
CELL CHEMICAL BIOLOGY   24(12) 1467-+   2017年12月   [査読有り]
Fucosylation is a glycan modification critically involved in cancer and inflammation. Although potent fucosylation inhibitors are useful for basic and clinical research, only a few inhibitors have been developed. Here, we focus on a fucose analog ...
Ota, Fumi; Kizuka, Yasuhiko; Nakano, Miyako; Yamaguchi, Yoshiki; Kitazume, Shinobu; Ookawara, Tomomi; Taniguchi, Naoyuki
GLYCOBIOLOGY   27(12) 1081-1088   2017年12月   [査読有り]
Extracellular superoxide dismutase (EC-SOD, SOD3) protects tissues against oxidative damage by detoxifying superoxide anions, particularly in the lungs and cardiovascular system. EC-SOD undergoes several posttranslational modifications including N...
Okada, Masahiro; Chikuma, Shunsuke; Kondo, Taisuke; Hibino, Sana; Machiyama, Hiroaki; Yokosuka, Tadashi; Nakano, Miyako; Yoshimura, Akihiko
CELL REPORTS   20(5) 1017-1028   2017年8月   [査読有り]
Programmed cell death 1 (PD-1) is highly expressed on exhausted T cells and inhibits T cell activation. Antibodies that block the interaction between PD-1 and its ligand prevent this inhibitory signal and reverse T cell dysfunction, providing bene...

書籍等出版物

 
CAPILLARY ELECTROPHORESIS OF CARBOHYDRATES FROM MONOSACCHARIDES TO COMPLEX POLYSACCHARIDES, Chapter 9 ""CE and CE-MS for structural analysis of N-glycans derived from glycoproteins""
Human Press   2010年11月   

講演・口頭発表等

 
Alterations of glycoforms on cell membrane proteins by acquired resistance to microtubule targeted antitumor drugs. [招待有り]
Nakano M
131th The Pharmaceutical Society of Japan   2011年3月28日   日本薬学会

社会貢献活動

 
知るバイオ/糖鎖を使って病気を発見する
【講師】  2016年9月10日 - 2016年9月10日
生物の持つさまざまな働きを上手に利用し、私たち人間の生活や環境保全に役立たせようという技術を広島大学工学部では、1.優れた生物機能を探し出す(探すバイオ)、2.生物機能の詳細を解明するバイオ(知るバイオ)3.生物機能を育て活用するバイオ(活用するバイオ)と名付け、教育・研究をしています。最新の情報も交えてわかりやすく紹介します
ハンズオンセミナーin広島大学 オービトラップによるプロテオーム解析の実践演習~前処理から測定、解析まで~
【実演】  2015年9月8日 - 2015年9月9日
・第1部:座学 (工学部B4-114講義室)
9月8日(火)
10:00~10:50 サンプル前処理法と関連製品のご紹介
10:50~11:40 質量分析計の基礎
11:40~12:30 プロテオーム解析の基礎と応用
・第2部:実習1-前処理 (工学部B4-005実験室) (募集人数40名)
9月8日(火)
  13:30~16:40 還元反応・アルキル化・アセトン沈殿・酵素消化
・第3部:実習2-測定・解析 (機器分析棟J108)(募集人数10名)
  9月9日(水)
    10:00...
知るバイオ/ 糖鎖を使って病気を発見する
【講師】  2015年8月22日 - 2015年8月22日
生物の持つさまざまな働きを上手に利用し、私たち人間の生活や環境保全に役立たせようという技術を広島大学工学部では、1.優れた生物機能を探し出す(探すバイオ)、2.生物機能の詳細を解明するバイオ(知るバイオ)3.生物機能を育て活用するバイオ(活用するバイオ)と名付け、教育・研究をしています。最新の情報も交えてわかりやすく紹介します
糖は甘いだけでなく血液型や癌にも関係している。それをどう活かす?
【講師】  2015年7月6日 - 2015年7月6日
参加者: 1年生200名

内容:  1. 中学生でもわかる糖の話(栄養素としての糖について)
       2. 高校で習う生物と化学を中心とした糖質の話(糖質の構造や役割について)
       3. 大学で習う糖鎖の話(糖鎖と血液型や病気との関係について)
       4. 大学院で行う糖鎖の研究の話(その糖鎖をどのように活かすか)
       5. 質疑応答
           質問1:糖鎖は癌以外で何の分子マーカーとして使われているのか?
           質問2:研究...
タンパク質同定システム「MASCOT Server」講習会
【企画】  2014年11月5日 - 2014年11月5日
平成26年度の復活再生機器としてNanoLCシステムを導入し、公開準備を進めておりますが、これに伴い、「MASCOT Server」を導入しました。 NanoLCシステムと既存のMSを接続したNanoLC-MS分析により、極微量タンパクの分析が可能となりますので、 今後、N-BARDのMS (LC-MS, NanoLC-MS, MALDI-TOFMS) によりタンパク質を同定されたい方にご参加頂きました。