基本情報

所属
千葉大学 人文公共学府(社会学) 博士後期課程

連絡先
minatosuzuki.openaddressgmail.com
J-GLOBAL ID
202001005427823227
researchmap会員ID
R000004740

外部リンク

エスノメソドロジー・会話分析の方法を用いて,主にパフォーミングアーツの芸術制作の現場における知覚が,どのように相互行為の中で形作られるのかについて,研究しています.

修士論文では,絵を描いて説明を行なう場面において,絵の意味づけが相互行為のなかでどのようになされるのかについて,ウィトゲンシュタインの議論も援用しつつ,明らかにしました.(メールをいただければ,修士論文など送ります.)

(ライフワークとして)舞台芸術・パフォーミングアーツのマネジメントなどもしています.
江原河畔劇場演劇学校”無隣館”や早稲田大学どらま館の企画や制作に関わってきました.
景の会なども.https://sites.google.com/view/kei2021/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0?authuser=0&fbclid=IwAR2DK0-qpVuggHqs9yKDn2hgv6otXUCSJgAJcj_FNhFtFXy6EXCU8nkdkzg

所属:千葉大学人文公共学府後期博士課程(西阪仰研究室)
連絡先:minatosuzuki.openaddress@gmail.com
お仕事・執筆のご依頼や共同研究に関するご連絡など,どのようなことでもお気軽にご連絡ください.
様々な領域の研究者の方と意見を交換したいと考えており,積極的に検討させていただきます.


学歴

  3

講演・口頭発表等

  4

所属学協会

  2

社会貢献活動

  9