藤本 茂

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/09 03:09
 
アバター
研究者氏名
藤本 茂
ハンドル
Fujimon
eメール
shigeruf830jichi.ac.jp
所属
自治医科大学
部署
神経内科
職名
教授
学位
医学博士(九州大学)
その他の所属
脳卒中センター
科研費研究者番号
60752607

プロフィール

出身 九州大学医学部 平成5年卒業 九州大学内二内科入局
職歴 
平成8年5月  国立循環器病センター内科脳血管部門レジデント
平成11年5月  国立循環器病センター内科脳血管部門専門修練医
平成13年5月  国立病院九州医療センター(現独立行政法人国立病院機構九州医療セン
ター) 脳血管内科医師
平成13年8月  同 脳血管センター 超音波部門チーフ
平成17年4月  新日鐵八幡記念病院 (現製鉄記念八幡病院) 脳血管内科
平成17年6月  同医長
平成20年4月  同主任医長
平成22年4月  同部長
平成26年4月  同脳卒中・神経センター長
平成28年1月 自治医科大学付属病院脳卒中センター教授
平成28年3月  自治医科大学内科学講座神経内科学部門教授
平成28年4月  自治医科大学内科学講座神経内科学部門主任教授
所属学会
 American Stroke Association Premium Professional Member
 International Stroke Society
 日本脳卒中学会(代議員・評議員)
 日本神経学会
 日本脳神経超音波学会(評議員・機関誌編集委員・ガイドライン作成委員)
 日本心血管脳卒中学会(評議員)
 日本脳循環代謝学会(評議員)
 日本栓子検出と治療学会(評議員)
 日本内科学会
 日本神経治療学会
 日本てんかん学会
 日本頭痛学会
 日本老年医学会
 日本プライマリーケア連合学会
 Mt. Fuji Workshop on CVD
受賞
 第29回日本心臓財団草野賞(第30回日本脳卒中学会にて)
第1回日本脳神経超音波学会優秀論文賞
資格
 日本内科学会認定医・指導医
 日本脳卒中学会専門医
 日本神経学会専門医
 日本脳神経超音波学会認定検査士
 医学博士 

研究分野

 
 

受賞

 
2006年4月
日本脳神経超音波学会 優秀論文賞
 
2005年4月
日本心臓財団 第29回草野賞
 

論文

 
Ohya Y, Fujimoto S, Kanazawa M, Tagawa N, Osaki M, Kitazono T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology      2016年12月   [査読有り]
Yanagida T, Fujimoto S, Inoue T, Suzuki S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(2) 171-177   2015年   [査読有り]
Saji N, Kimura K, Tateishi Y, Fujimoto S, Kaneko N, Urabe T, Tsujino A, Iguchi Y, daVinci Study Group
Journal of thrombosis and thrombolysis      2016年5月   [査読有り]
Mezuki S, Fujimoto S, Matsuki T, Suzuki S, Ishitsuka T, Kitazono T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   55(3) 145-150   2015年   [査読有り]
Komori M, Yasaka M, Kokuba K, Matsuoka H, Fujimoto S, Yoshida M, Kameda K, Shono T, Nagata S, Ago T, Kitazono T, Okada Y
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(6) 1335-1341   2014年   [査読有り]
Fujimoto S, Toyoda K, Inoue T, Jinnouchi J, Kitazono T, Okada Y
Journal of the neurological sciences   325(1-2) 10-14   2013年2月   [査読有り]
Fujimoto S, Toyoda K, Jinnouchi J, Yasaka M, Kitazono T, Okada Y
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   32(2) 148-154   2011年   [査読有り]
Toyoda K, Fujimoto S, Kamouchi M, Iida M, Okada Y
Stroke; a journal of cerebral circulation   40(7) 2585-2588   2009年7月   [査読有り]
Characteristic sonographic findings of early restenosis after carotid endarterectomy.
Makihara N, Toyoda K, Uda K, Inoue T, Gotoh S, Fujimoto S, Yasumori K, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Journal of ultrasound in medicine : official journal of the American Institute of Ultrasound in Medicine   27(9) 1345-1352   2008年9月   [査読有り]
[Cerebellar infarction in a young adult due to traumatic vertebral artery dissection after lateral mass fracture at the sixth cervical vertebrae].
Yoshida T, Jinnouchi J, Toyoda K, Hasegawa E, Fujimoto S, Okada Y
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   60(5) 567-570   2008年5月   [査読有り]
Kaneko K, Fujimoto S, Okada Y, Yoshiura T, Yasumori K, Muranaka T, Sasaki M, Koga H, Abe K, Sawamoto H, Honda H
Annals of nuclear medicine   21(8) 463-470   2007年10月   [査読有り]
Uwatoko T, Toyoda K, Inoue T, Yasumori K, Hirai Y, Makihara N, Fujimoto S, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   24(1) 20-26   2007年   [査読有り]
[Medical treatment and prognosis in cerebellar hemorrhage].
Fujimoto S, Sadoshima S
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 8 481-484   2006年11月   [査読有り]
Toyoda K, Okada Y, Fujimoto S, Hagiwara N, Nakachi K, Kitazono T, Ibayashi S, Iida M
Stroke; a journal of cerebral circulation   37(10) 2637-2639   2006年10月   [査読有り]
[Transcranial Doppler].
Fujimoto S, Okada Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 7 411-417   2006年10月   [査読有り]
Fujimoto S, Toyoda K, Hirai Y, Uwatoko T, Yasumori K, Inoue T, Ibayashi S, Okada Y
Ultrasound in medicine & biology   32(5) 659-664   2006年5月   [査読有り]
Fujimoto S, Toyoda K, Kishikawa K, Inoue T, Yasumori K, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   22(2-3) 170-176   2006年   [査読有り]
Jinnouchi J, Toyoda K, Inoue T, Fujimoto S, Gotoh S, Yasumori K, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   22(2-3) 177-182   2006年   [査読有り]
Toyoda K, Okada Y, Jinnouchi J, Gotoh S, Yokoyama Y, Fujimoto S, Ibayashi S
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   22(5-6) 355-361   2006年   [査読有り]
Hidaka D, Toyoda K, Fujimoto S, Yasumori K, Okada Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   44(5) 505-506   2005年5月   [査読有り]
Hirai Y, Fujimoto S, Toyoda K, Inoue T, Uwatoko T, Makihara N, Yasumori K, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   20(6) 463-469   2005年   [査読有り]
Toyoda K, Uwatoko T, Shimada T, Hagiwara N, Fujimoto S, Ibayashi S, Okada Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   43(9) 869-872   2004年9月   [査読有り]
Fujimoto S, Toyoda K, Inoue T, Hirai Y, Uwatoko T, Kishikawa K, Yasumori K, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Stroke; a journal of cerebral circulation   35(8) 1852-1856   2004年8月   [査読有り]
[Behavioral situation at onset of paradoxical brain embolism due to patent foramen ovale].
Uwatoko T, Toyoda K, Fujimoto S, Yasaka M, Ibayashi S, Iida M, Okada Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   44(8) 503-507   2004年8月   [査読有り]
Fujimoto S, Yasaka M, Otsubo R, Oe H, Nagatsuka K, Minematsu K
Stroke; a journal of cerebral circulation   35(6) 1426-1429   2004年6月   [査読有り]
[Brain hemorrhage with medical treatment: prediction of early outcome and production of critical paths].
Toyoda K, Okada Y, Fujimoto S, Hasegawa Y, Ibayashi S, Inoue T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   44(6) 342-349   2004年6月   [査読有り]
Irie F, Fujimoto S, Uda K, Toyoda K, Hagiwara N, Inoue T, Okada Y
Journal of the neurological sciences   215(1-2) 115-118   2003年11月   [査読有り]
Irie F, Toyoda K, Hagiwara N, Fujimoto S, Okada Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   42(9) 871-874   2003年9月   [査読有り]
Hagiwara N, Toyoda K, Fujimoto S, Okada Y
Journal of the neurological sciences   212(1-2) 99-101   2003年8月   [査読有り]
[Embolic stroke with mobile thrombus in carotid artery induced by antiphospholipid antibody syndrome].
Hagiwara N, Nishimura Y, Toyoda K, Fujimoto S, Okada Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   43(6) 366-369   2003年6月   [査読有り]
[Acute cervical spinal epidural hematoma during antithrombotic therapy: dual warnings against antithrombotic therapy].
Toyonaga M, Hagiwara N, Irie F, Toyoda K, Fujimoto S, Hitotsumatsu T, Okada Y
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   43(5) 287-290   2003年5月   [査読有り]
Hasegawa Y, Tagaya M, Fujimoto S, Hayashida K, Yamaguchi T, Minematsu K
Journal of clinical apheresis   18(4) 167-174   2003年   [査読有り]
Fujimoto S, Hasegawa Y, Yokota C, Tagaya M, Hayashida K, Yamaguchi T, Minematsu K
Journal of the neurological sciences   205(1) 21-27   2002年12月   [査読有り]
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
澤山 渚;小澤 忠嗣;小出 玲爾;小林 真実;嶋崎 晴雄;松浦 徹;藤本 茂
日本内科学会関東地方会   624回 34   2016年6月
【絶対使える!ミラクル解説 脳神経領域の診療報酬】 投薬・注射 点滴注射の種類や量は診療報酬加点に関係あるの?
藤本 茂
Brain Nursing   33(3) 283   2017年3月

Misc

 
藤本茂
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   42(11) 521‐524   2016年10月
矢坂 正弘, 藤本 茂, 加藤 元嗣, 朝倉 英策
Cardio-coagulation = カーディオコアギュレーション : 循環器における抗凝固療法   3(3) 154-162   2016年9月
藤本 茂
Cardio-coagulation = カーディオコアギュレーション : 循環器における抗凝固療法   3(2) 114-118   2016年6月
藤井 悠里, 藤本 茂, 田川 直樹, 大﨑 正登, 金沢 信, 大屋 祐一郎
脳卒中   0(0)    2016年
症例は高血圧症・脂質異常症の既往があり,ADL が自立した80 歳女性.意識障害を主訴に救急搬送された.入院時には右顔面麻痺,構音障害,軽度の右上肢脱力があり,正球性正色素性貧血と両側境界域や皮質に多発する急性期脳梗塞巣を認めた.神経症候は輸血により改善傾向を呈した.来院1 週間前より食欲不振と黒色便があり,上部消化管内視鏡検査にてA1 stage 潰瘍を認めた.すでに止血が完成していたため,抗血栓療法を開始した.頭蓋内および頭蓋外脳血管に有意狭窄はなかったが,虚血病巣や輸血により症状が改...
今津 愛介, 藤本 茂, 熊本 将也, 大﨑 正登, 金沢 信, 田川 直樹, 大屋 祐一郎
脳卒中   0(0)    2016年
症例1 は77 歳の女性.糖尿病の既往があり,某日起床時に右上下肢の脱力を自覚し,翌日も症状が持続したため当科に入院となった.症例2 は66 歳男性.某日起床時から急激な浮腫の進行と歩行障害,呂律不良を主訴に来院され入院となり,入院3 日目に右片麻痺と右上下肢の感覚障害を指摘された.両症例ともにネフローゼ症候群の診断基準を満たし,MRI 拡散強調画像で両側散在性の急性期梗塞巣を認めた.症例1 では両側椎骨動脈狭窄を認めた.共に心房細動は伴わず,経食道心エコーで左房内もやもやエコーと大動脈弓...
金沢 信, 藤本 茂, 中溝 玲, 大崎 正登, 熊本 将也, 田川 直樹, 大屋 祐一郎, 山口 慎也, 土持 諒輔, 小柳 侑也, 北園 孝成
Neurosonology:神経超音波医学   29(1) 47-52   2016年
A 77-year-old man with a history of radiation therapy for pharyngeal cancer and consequent asymptomatic left common carotid artery (CCA) occlusion showed asymptomatic ischemic stroke and left transient monocular blindness, and he was admitted to o...
熊谷 謙一, 山内 康太, 小林 裕貴, 萩原 理紗, 岩松 希美, 小柳 靖裕, 藤本 茂, 鈴木 聡
理学療法学   0(0)    2015年
【目的】脳卒中治療における効果判定ツールとしてのStroke Impairment Assessment Set(以下,SIAS)の有用性を検討した。【方法】対象は脳卒中の診断で入院,リハビリテーションを実施した244例とし,評価は入院7,21日目に実施した。SIASの反応性はStandardized Response Mean(以下,SRM)を用いて検討した。Minimal Clinically Important Difference(以下,MCID)の検討は,歩行能力の改善を臨床上重...
熊谷 謙一, 山内 康太, 小林 裕貴, 萩原 理紗, 岩松 希美, 小柳 靖裕, 藤本 茂, 鈴木 聡
理学療法学   42(7) 554-561   2015年
【目的】脳卒中治療における効果判定ツールとしてのStroke Impairment Assessment Set(以下,SIAS)の有用性を検討した。【方法】対象は脳卒中の診断で入院,リハビリテーションを実施した244例とし,評価は入院7,21日目に実施した。SIASの反応性はStandardized Response Mean(以下,SRM)を用いて検討した。Minimal Clinically Important Difference(以下,MCID)の検討は,歩行能力の改善を臨床上重...
山内 康太, 小柳 靖裕, 岩松 希美, 熊谷 謙一, 藤本 茂, 鈴木 聡
脳卒中   35(6) 418-424   2013年
要旨:【背景・目的】Scale for the Assessment and Rating of Ataxia(SARA)は脊髄小脳変性症における運動失調の評価を目的として作成された.脳卒中による運動失調をSARA にて評価した研究は少ない.本研究では急性期脳卒中におけるSARA の有用性について検討した.【方法】2011 年6 月から2012 月7 月までに椎骨脳底動脈領域の脳卒中による運動失調に対しリハビリテーションを施行した18 例を対象とした.発症1 週目におけるSARA,Nati...
熊谷 謙一, 山内 康太, 岩松 希美, 小柳 靖裕, 藤本 茂, 鈴木 聡
日本理学療法学術大会   2012(0) 48101227-48101227   2013年
【はじめに、目的】脳卒中後の排尿コントロールは,ADL項目の中で2番目に難易度の低い項目であると言われている.しかし,急性期患者の4-8割に認め,介護負担が増加する最大の要因の1つである.また,尿失禁と機能予後との関連も報告されている.そのため,脳卒中急性期において排尿コントロールは重要であり,尿失禁が改善する意義も大きいと考えられる.本研究の目的は,脳卒中患者の尿失禁の早期改善と機能予後との関連,さらに尿失禁の早期改善に関連する因子を検討することとした.【方法】2010年4月から2012...
井口 保之, 木村 和美, 立石 洋平, 寺澤 由佳, 林 浩嗣, 下山 隆, 泉 哲石, 平野 照之, 藤本 茂, 山村 修
脳卒中   33(1) 1-8   2011年
【目的】脳卒中専門病院・地域病院間にテレビ電話機能付き携帯端末(SMT)を配備し,SMT実施の有無で急性期脳梗塞例の転帰が改善するかを検証した.【方法】全国9地域(23施設)において前半は既存の診療体制(非SMT実施群)を,後半はSMTを実施した(SMT実施群).【結果】非SMT実施群は66例,SMT実施群は68例が登録された.1カ月後の転帰を追跡しえた脳梗塞例では,非SMT実施群40例中t-PA療法は1例(3%)に実施,SMT実施群34例中4例(12%)に実施(p=0.173),転帰良好...
山本 智彦, 藤本 茂, 陣内 重郎, 鈴木 聡, 井上 琢哉, 佐渡島 省三
脳卒中   33(1) 114-118   2011年
症例は47歳女性.後頭部痛とめまいを主訴に来院した.頭部CTでは異常所見を認めず,点滴と安静により症状が軽減したため帰宅された.翌日構音障害,嚥下障害,左顔面麻痺,左片麻痺,左感覚異常などが出現し,当科受診となった.MRI拡散強調画像で,脳幹と小脳に多発性梗塞を認め,MRAでは両側椎骨動脈遠位部と脳底動脈先端部で描出が不良であった.同部位は3D-CT angiographyでも局所的な途絶像を呈したが,MRIのbasi-parallel anatomical scanning (BPAS)...