荻原稔

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/30 13:38
 
アバター
研究者氏名
荻原稔
 
オギハラ ミノリ
所属
東京都立青峰学園
職名
市民講師
学位
文学士

プロフィール

教派神道(特に禊教)を中心に研究しています。私の発表についてのあるコメントに、「荻原氏の研究方法は、…収集資料を年代順に並べることである。行法などに対しては体験を重視し、内在的理解の方法を採っている。外からの観察ではわからないため入信して修行体験を積む。教会での親しい人間関係を大切にする。いわゆる「職人芸的」調査法を独自に行っている感触であった。…研究者と教団との関わり方としては、きわめて特異な、研究者と信者との綱渡りを行っている。…学会の発表においては明確に研究者として立つという。〈宗教学の研究者/教団の教学研究者/信者〉という分類をするならば、何れにもまたがっているわけである。…言葉より体験や修行を重視する教団研究のあり方として、荻原氏はある種の必然を極端な形まで推し進めたモデルを提示しているといえる」(「宗教と社会」学会プロジェクト新宗教研究会報№16〈1997〉の尾堂修司氏の報告より抜粋)とありました。あれから20年経っていまも‘ある種の極端’をやっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京都立青峰学園 市民講師
 
2009年4月
 - 
2017年3月
東京都立青峰学園 主任教諭・主幹教諭
 
2000年4月
 - 
2009年3月
東京都立羽村養護学校 教諭
 
1996年4月
 - 
2002年3月
國學院大學文学部神道学科 兼任講師
 
1995年4月
 - 
2000年3月
東京都立八王子盲学校 教諭
 

受賞

 
2017年3月
東京新聞 第19回東京新聞教育賞
受賞者: 荻原稔ほか3名
 
2015年11月
羽村市長 羽村市青少年健全育成功労者
 

論文

 
荻原 稔
明治聖徳記念学会紀要   (49) 206-227   2012年11月   [査読有り]
禊教の初期門中と弾誓流高声念仏の復興
荻原稔
神道宗教   (220・221) 1-27   2011年1月   [査読有り]
禊教備前開教者伊藤祐像とその一門ー教派神道成立前後の神道講社
荻原稔
明治聖徳記念学会紀要   (復刊47) 206-222   2010年10月   [査読有り]
荻原 稔
明治聖徳記念学会紀要   (復刊45) 217-232   2008年11月   [査読有り]
http://www.mkc.gr.jp/seitoku/pdf/f45-13.pdf
荻原 稔
明治聖徳記念学会紀要   (復刊43) 218-231   2006年11月   [査読有り]

Misc

 
井上正鐡の上州門中宛書簡
荻原稔
神道宗教   (244) 146-147   2016年10月
井上正鐡の野澤鐡教宛書簡
荻原稔
(236) 117-118   2014年10月
井上正鐡の坂田鐡安宛書簡
荻原稔
(232) 134-136   2013年10月

書籍等出版物

 
明治聖徳記念学会   2011年1月   ISBN:476460647X
「禊教備前開教者伊藤祐像とその一門」を収録。
明治聖徳記念学会
錦正社   2008年11月   ISBN:4764606453
「『禊教本院』の展開」を収録。
明治聖徳記念学会   2006年12月   ISBN:4764606437
「禊教独立前史ー教祖直門坂田鐡安の活動」を収録。
神道大成教禊教会本院百五十年小史
荻原稔
神道大成教禊教会本院   2005年12月   
大法輪閣   2003年11月   ISBN:4804660186
「教派神道の神々」の項目を執筆。

講演・口頭発表等

 
井上正鐡の三浦知善宛書簡
荻原稔
神道宗教学会第70回学術大会   2016年12月4日   
井上正鐡の教化活動
荻原稔
日本宗教学会第75回学術大会   2016年9月10日   
井上正鐡の上州門中宛書簡
荻原稔
神道宗教学会第69回学術大会   2015年12月6日   
井上正鐡の村越一族宛書簡
荻原稔
神道宗教学会第68回学術大会   2014年12月7日   
井上正鐡の野澤鐡教宛書簡
荻原稔
神道宗教学会第67回学術大会   2013年12月8日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
井上正鐡の遺文編年による幕末民衆宗教における教化活動の実証的研究
文部科学省: 平成6年度科学研究費補助金(奨励研究(B))
研究期間: 1994年       代表者: 荻原稔
井上正鐡の未刊遺文解読による幕末民衆宗教における教化活動の実証的研究
文部科学省: 平成2年度科学研究費補助金(奨励研究(B))
研究期間: 1990年       代表者: 荻原稔

委員歴

 
2012年7月
 - 
2015年3月
羽村市教育委員会  特別支援教室モデル事業検証委員会委員
 
2011年5月
 - 
2011年10月
羽村市  羽村市生涯学習基本計画審議会委員
 
2009年10月
 - 
2010年3月
羽村市教育委員会  羽村市学区審議会委員
 
2007年6月
 - 
2007年12月
瑞穂町教育委員会  特別支援教育検討委員会委員
 
2000年11月
 - 
2002年10月
東京都衛生局  西多摩地域保健医療計画推進協議会委員
 

その他

 
(社福)たつの子の会理事http://www.tatunoko.ed.jp/
(NPO)日本ポーテージ協会監事 http://www.ne.jp/asahi/portage/japan/
日本ダウン症協会東京西多摩支部代表http://www.jdss.or.jp/