齊藤 実

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/02 14:50
 
アバター
研究者氏名
齊藤 実
URL
http://www.igakuken.or.jp/memory/
所属
公益財団法人 東京都医学総合研究所
職名
プロジェクトリーダー
学位
医学(東京大学)

プロフィール

研究対象
学習記憶回路の同定と動作原理の遺伝学的アプローチによる解明
内的・外的環境に応じた学習記憶回路の変化

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
公益財団法人東京都医学総合研究所 基盤技術研究センター センター長
 
2011年4月
 - 
現在
公益財団法人東京都医学総合研究所 学習記憶プロジェクト プロジェクトリーダー・参事研究員
 
2004年
 - 
2007年
(財)東京都医学研究機構・(財)東京都神経科学総合研究所 副参事研究員
 
2002年
 - 
2005年
(財)東京都医学研究機構・(財)東京都神経科学総合研究所 主任研究員
 
2001年
   
 
(財)東京都医学研究機構・(財)東京都神経科学総合研究所・財団法人 主任研究員
 

受賞

 
2017年7月
日本神経科学学会 時実利彦記念賞 ショウジョウバエ微小脳による記憶回路動作機構の分子生理学的解析
 
2007年10月
財団法人東京都医学研究機構 東京都医学研究機構職員表彰 加齢による記憶力低下の分子メカニズムの研究
 

論文

 
Sato S, Ueno K, Saitoe M, Sakai T
The Journal of physiology   596(12) 2447-2461   2018年6月   [査読有り]
Suzuki-Sawano E, Ueno K, Naganos S, Sawano Y, Horiuchi J, Saitoe M
Scientific reports   7(1) 17725   2017年12月   [査読有り]
Ueno K, Suzuki E, Naganos S, Ofusa K, Horiuchi J, Saitoe M
eLife   6    2017年1月   [査読有り]
Hirano Y, Ihara K, Masuda T, Yamamoto T, Iwata I, Takahashi A, Awata H, Nakamura N, Takakura M, Suzuki Y, Horiuchi J, Okuno H, Saitoe M
Nature communications   7 13471   2016年11月   [査読有り]
Naganos S, Ueno K, Horiuchi J, Saitoe M
Molecular brain   9 37   2016年4月   [査読有り]
Nonaka T, Suzuki G, Tanaka Y, Kametani F, Hirai S, Okado H, Miyashita T, Saitoe M, Akiyama H, Masai H, Hasegawa M
The Journal of biological chemistry   291(11) 5473-5483   2016年3月   [査読有り]
Matsuno M, Horiuchi J, Yuasa Y, Ofusa K, Miyashita T, Masuda T, Saitoe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(14) 5557-5565   2015年4月   [査読有り]
Yamazaki D, Horiuchi J, Ueno K, Ueno T, Saeki S, Matsuno M, Naganos S, Miyashita T, Hirano Y, Nishikawa H, Taoka M, Yamauchi Y, Isobe T, Honda Y, Kodama T, Masuda T, Saitoe M
Neuron   84(4) 753-763   2014年11月   [査読有り]
[Hunger-driven modulation in brain functions].
Hirano Y, Saitoe M
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   66(1) 41-48   2014年1月   [査読有り]
Hirano Y, Saitoe M
Communicative & integrative biology   6(5) e25152   2013年9月   [査読有り]
Hirano Y, Masuda T, Naganos S, Matsuno M, Ueno K, Miyashita T, Horiuchi J, Saitoe M
Science (New York, N.Y.)   339(6118) 443-446   2013年1月   [査読有り]
Kamimura K, Ueno K, Nakagawa J, Hamada R, Saitoe M, Maeda N
The Journal of cell biology   200(2) 219-233   2013年1月   [査読有り]
Ueno K, Naganos S, Hirano Y, Horiuchi J, Saitoe M
The Journal of physiology   591(1) 287-302   2013年1月   [査読有り]
Miyashita T, Oda Y, Horiuchi J, Yin JC, Morimoto T, Saitoe M
Neuron   74(5) 887-898   2012年6月   [査読有り]
Naganos S, Horiuchi J, Saitoe M
Neuroscience research   73(1) 49-55   2012年5月   [査読有り]
Yamazaki D, Horiuchi J, Miyashita T, Saitoe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30(46) 15573-15577   2010年11月   [査読有り]
Tamura T, Horiuchi D, Chen YC, Sone M, Miyashita T, Saitoe M, Yoshimura N, Chiang AS, Okazawa H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30(42) 14091-14101   2010年10月   [査読有り]
Matsuno M, Horiuchi J, Tully T, Saitoe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(1) 310-315   2009年1月   [査読有り]
Horiuchi J, Yamazaki D, Naganos S, Aigaki T, Saitoe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(52) 20976-20981   2008年12月   [査読有り]
[cAMP/PKA signaling underlies age-related memory impairment].
Yamazaki D, Saitoe M
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   60(7) 717-724   2008年7月   [査読有り]

Misc

 
齊藤実, 田村拓也, 堀内純二郎, 伊東直美
日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   24(4) 231-237   2004年8月

競争的資金等の研究課題

 
多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 齊藤 実
グリア細胞を支点とした加齢性長期記憶障害の分子・神経機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 齊藤 実
加齢性長期記憶障害(LTM-AMI)とグリア細胞でのklg/Repo/deaat1との因果関係を調べるため、Geneswitch systemにより加齢体のグリア細胞でRepoまたはdeaat1を過剰発現させたところ、いずれもLTM-AMIが顕著に改善された。さらに加齢体でRepoを強制発現させると低下していたdeaat1の発現が回復した。そこでdeaat1がグルタミン酸トランスポーターであることをふまえ、加齢体では長期記憶学習により上昇した神経活動が、学習終了後も低下しないことがLTM-...
多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年6月 - 2018年3月    代表者: 齊藤 実
今年度は領域班会議を6月27日から29日に掛川ヤマハリゾートつま恋にて開催し、研究代表者による口頭発表と、若手研究員を中心としたポスター発表を行った。ポスター発表者も3分のショートトークを行ってもらった。新しい公募班員を含めて互いの研究の認知と情報交換や共同研究の可能性などについて広範な意見交換を行った。領域班会議に併せて総括班・班会議を開催し、平成29年度に東京都医学総合研究所と共催予定の国際シンポジウムについて意見交換を行い「Functions and mechanisms of ne...
記憶情報の変換ダイナミズムを担うショウジョウバエ神経・分子マシナリーの解明
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年6月 - 2018年3月    代表者: 齊藤 実
昨年度までの研究から、匂い情報を記憶中枢キノコ体に送る触覚葉(AL)と体性感覚情報を伝達する上行性腹側神経束(AFV)を同時刺激すると、同時入力を受けたキノコ体から、何らかのシグナルがドーパミン (DA) 作動性終末に伝えられ開口放出が誘導されることなどを明らかにした。本年度はこの放出機構によりDA神経が多数の標的細胞を持ちながら、特に同時入力を受けたキノコ体神経細胞に対して特異的にDAが放出され得ることを見出した。これまでの研究からDAは匂いと電気ショックを用いたショウジョウバエ嫌悪性匂...
ショウジョウバエで見出された酸化ストレス非依存性の新規脳老化機構
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 齊藤 実
加齢性記憶障害は脳老化の重要な表現型である。これまでの研究からピルビン酸カルボキシラーゼのショウジョウバエ相同タンパクdPCの加齢による活性上昇が、酸化ストレスとは無関係に、加齢性記憶障害を引き起こすことが示唆された。本研究ではdPCがグリア細胞で生化学、遺伝学的にDC0-PKAの下流として働き加齢性記憶障害を起こすことを示した。dPCの活性が上昇によりD-セリン合成酵素が阻害される。野生型では脳内D-セリンレベル加齢により低下していること、dPC変異体では加齢によるD-セリンレベルの低下...