石渡正樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 16:43
 
アバター
研究者氏名
石渡正樹
 
イシワタリ マサキ
eメール
momokogfd-dennou.org
URL
https://www.gfd-dennou.org
所属
北海道大学
部署
理学(系)研究科(研究院)
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
北海道大学 理学(系)研究科(研究院) 准教授
 

委員歴

 
2007年1月
 - 
2007年12月
日本惑星科学会  総務専門委
 

論文

 
Noda, S., Ishiwatari, M., Nakajima, K., Takahashi, Y.O., Takehiro, S., Onishi, M., Hashimoto, G.L., Kuramoto, K., Hayashi, Y.-Y.
Icarus   282 1-18   2017年   [査読有り]
Nishizawa, S. Odaka, M., Takahashi, Y.O. Sugiyama, K., Nakajima, K., Ishiwatari, M., Takehiro, S., Yashiro, H., Sato, Y., Tomita, H., Hayashi, Y.-Y.
Geophys. Res. Lett.   43 4180-4188   2016年   [査読有り]
Yamashita, T., Odaka, M., Sugiyama, K., Nakajima, K., Ishiwatari, M., Nishizawa, S., Takahashi, Y.O., Hayashi, Y.-Y.
J. Atmos. Sci.   73 4151-4169   2016年   [査読有り]
石渡正樹
Earth and Planetary Science Letters   375 312-318   2013年   [査読有り]
Nakajima, K., Y. Yamada, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari,W. Ohfuchi, Y.-Y. Hayashi
J, Meteor. Soc. Japan   91A 91-141   2013年   [査読有り]
Sugimoto, N., M. Takagi, Y. Matsuda, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, and Y.-Y. Hayashi
Theor. Appl. Mech. Japan   61 11-21   2013年   [査読有り]
杉山 耕一朗, 中島 健介, 小高 正嗣, 石渡 正樹, 倉本 圭, 高橋 芳幸, 林 祥介
遊・星・人   21 39-44   2012年   [査読有り]
Toward high resolution simulation for the atmosphere r
N. Sugimoto, M. Takagi, Y. Matsuda, Y.O. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
Proceedings of International Conference on Simulation Technology   -momoko   2012年   [査読有り]
Nakajima, K., Yamada, Y., Takahashi Y. O., Ishiwatari, M.,Ohfuchi, W., Hayashi, Y.-Y
J, Meteor. Soc. Japan   91A 143-193   2012年   [査読有り]
The Aqua Planet Experiment (APE): Response to changed meridional SST profil
Blackburn, M., D. L. Williamson, K. Nakajima, W. Ohfuchi, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Nakamura, M. Ishiwatari, J. McGregor, H. Borth, V. Wirth, H. Frank, P. Bechtold, N. P. Wedi, H. Tomita, M. Satoh, M. Zhao, I. M. Held, M. J. Suarez, M.-I. Lee, M. Watanabe, M. Kimoto, Y. Liu, Z. Wang, A. Molod, K. Rajendran, A. Kitoh, R. Stratton
J, Meteor. Soc. Japan   91A 71-56   2012年   [査読有り]
Blackburn, M., D. L. Williamson, K. Nakajima, W. Ohfuchi, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Nakamura, M. Ishiwatari, J. McGregor, H. Borth, V. Wirth, H. Frank, P. Bechtold, N. P. Wedi, H. Tomita, M. Satoh, M. Zhao, I. M. Held, M. J. Suarez, M.-I. Lee, M. Watanabe, M. Kimoto, Y. Liu, Z. Wang, A. Molod, K. Rajendran, A. Kitoh, R. Stratton
J, Meteor. Soc. Japan   91A 71-56   2012年   [査読有り]
Ishiwatari, M., E. Toyoda, Y. Morikawa, S. Takehiro, Y. Sasaki, S. Nishizawa, M. Odaka, N. Otobe, Y. O. Takahashi, K. Nakajima, T. Horinouchi, M. Shiotani, Y.-Y. Hayashi, Gtool development group
Geosci. Model Dev   5 449-455   2012年   [査読有り]
Nakajima, K., Y. Yamada, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
Nagare Multimedia      2012年   [査読有り]
N. Sugimoto, M. Takagi, Y. Matsuda, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
System Simulation and Scientific Computing   70-78   2012年   [査読有り]
D. L. Williamson, M. Blackburn, B. J. Hoskins, K. Nakajima, W. Ohfuchi, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Nakamura, M. Ishiwatari, J. L. McGregor, H. Borth, V. Wirth, H. Frank, P. Bechtold, N. P. Wedi, H. Tomita, M. Satoh, M. Zhao, I. M. Held, M. J. Suarez, M.-I. Lee, M. Watanabe, M. Kimoto, Y. Liu, Z. Wang, A. Molod, K. Rajendran, A. Kitoh, R. Stratton
NCAR Technical Note      2012年   [査読有り]
Sugiyama, K., K. Nakajima, M. Odaka, M. Ishiwatari, K. Kuramoto, Y., Morikawa, S. Nishizawa, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi
Geophys. Res. Lett   38    2011年   [査読有り]
谷口 博, 石渡 正樹
ながれ : 日本流体力学会誌   27(4) 337-338   2008年8月
赤道β平面浅水系の線形シアー流中の固有モードを広いパラメータ範囲で求めた.Taniguchi and Ishiwatari(2006)による最低次の最大不安定モードの考察結果をもとにして,高次の不安定モード,中立モード,連続モードに対して考察を加えた.赤道β平面浅水系の線形シアー流中では赤道ロスビー波的な構造を持つ連続モードが存在すること,高次の東西対称不安定モードは東進混合ロスビー重力波と連続モードとの共鳴,もしくは東進慣性重力波と連続モードとの共鳴によってもたらされることを明らかにした...
地球流体データベース・解析・可視化のための新しいサーバ兼デスクトップツール Gfdnavi の開発
堀之内武, 西澤誠也, 渡辺知恵美, 森川靖大, 神代剛, 石渡正樹, 林祥介, 塩谷雅人
Proceedings of Data Engineering Workshop   D2-D8   2007年   [査読有り]
Ishiwatari, M., K. Nakajima, S. Takehiro, Y.-Y. Hayashi
J.Geophys. Res.   112    2007年   [査読有り]
竹広 真一, 小高 正嗣, 石岡 圭一, 石渡 正樹, 林 祥介, SPMODEL開発グループ
ながれ : 日本流体力学会誌   25(5) 485-486   2006年10月
地球流体力学の諸問題における標準的な数値実験を簡便に行なうための一連のスペクトルモデル群を開発した.設計においては,可読性と可変性が高いプログラムソースコードであることに重点においている.Fortran90で強化された配列機能を活用し,関数名に統一的な命名ルールを導入することにより,支配方程式から容易に想像できる表現をもったプログラムソースコードを構築することが可能となっている.
Taniguchi,H., M. Ishiwatari
J.Fluid Mech.   567 1-26   2006年   [査読有り]
Yamada, Y., T. Sampe, Y.O. Takahashi, M.K. Yoshioka, W. Ohfuchi, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
Theor. Appl. Mech. Japan   54 289-297   2005年   [査読有り]
Nakajima Kensuke, Toyoda Eizi, Ishiwatari Masaki, TAKEHIRO Shin-ichi, HAYASHI Yoshi-Yuki
Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II   82(6) 1483-1504   2004年12月
For the purpose of examining the initial development of the atmospheric response to a warm SST anomaly placed at the equator, an ensemble switch-on experiment is conducted with an aqua-planet GCM. An ensemble average of the size of 128 significant...
Ishiwatari, M., S. Takehiro, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
J. Atmos. Sci.   59 3223-3238   2002年   [査読有り]
Takehiro, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
Geophysical and Astrophysical Fluid Dynamics   96 439-459   2002年   [査読有り]
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 洋介
ながれ : 日本流体力学会誌   20(6) 427-428   2001年12月
Nakajima, K., S. Takehiro, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
Geophys. Res. Lett.   27 3129-3132   2000年   [査読有り]
The effects of thermal boundary condition on convection in rapidly rotating spherical shells
Takehiro, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
Theoretical and Applied Mech.   48 415-421   1999年   [査読有り]
中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹
ながれ   17(3) CD-ROM   1998年6月
ODAKA Masatsugu, NAKAJIMA Kensuke, TAKEHIRO Shin-ichi, ISHIWATARI Masaki, HAYASHI Yoshi-yuki
Earth, planets and space   50(5) 431-437   1998年5月
保坂 征宏, 石渡 正樹, 竹広 真一, 中島 健介, 林 祥介
Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II   76(2) 289-305   1998年4月
熱帯に局在する暖水域が熱帯域の大規模な降水分布に与える影響を調べるために水惑星実験を行った。用いた数値モデルは、T42L16の分解能を持つ全球プリミティブモデルであり、簡略な水過程を含む。暖水域は、東西一様南北対称なSST分布をもつ海洋の赤道上に置いた。得られた熱帯域の降水分布は、暖水域の西側での降水減少と東側の広範な領域での増加、という東西非対称性の発生に特徴付けられる。その傾向は用いた積雲のパラメタリゼーション(対流調節とKuoスキーム)によらない。西側では、中層の昇温による安定度の増...
竹広 真一, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
Nagare Multimedia      1998年   [査読有り]
Xie, S.-P., M. Ishiwatari, H. Hashizume, K. Takeuchi
Geophys. Res. Lett.   25 3863-3866   1998年   [査読有り]
暴走温室状態の発生条件
石渡正樹
遊・星・人   7 125-133   1998年   [査読有り]
石渡正樹
J.Fluid Mech.   281 33-50   1994年   [査読有り]

Misc

 
石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1993    1993年10月
石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1994    1994年10月
石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   67    1995年5月
石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   68    1995年10月
石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1995    1995年11月
石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   69    1996年5月
石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
年会一般講演   15 469-470   1996年7月
石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
数理解析研究所講究録   970 105-114   1996年10月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1996    1996年10月
保坂 征宏, 石渡 正樹, 竹広 真一, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   70    1996年11月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   70    1996年11月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   71    1997年5月
中島 健介, 石渡 正樹, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   71    1997年5月
中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
年会一般講演   16 531-532   1997年7月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
年会一般講演   16 533-534   1997年7月
保坂 征宏, 石渡 正樹, 竹広 真一, 中島 健介, 林 祥介
年会一般講演   16 537-538   1997年7月
竹広 真一, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1997    1997年9月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1997    1997年9月
小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1997    1997年9月
中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1997    1997年9月
小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   72    1997年10月
中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   72    1997年10月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   72    1997年10月
小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   73    1998年5月
謝 尚平, 石渡 正樹
大会講演予講集   73    1998年5月
竹広 真一, 石渡 正樹, 中島 健介
月刊地球   20(5) 298-304   1998年5月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一
ながれ   17(3) CD-ROM   1998年6月
竹広 真一, 石渡 正樹, 中島 健介
ながれ   17(3) CD-ROM   1998年6月
石渡 正樹
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   7(2) 125-133   1998年6月
小高 正嗣, 中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
年会一般講演   17 365-366   1998年7月
谷口 博, 石渡 正樹
大会講演予講集   74    1998年10月
竹広 真一, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
数理解析研究所講究録   1075 85-100   1999年1月
谷口 博, 石渡 正樹
年会一般講演   18 485-486   1999年7月
豊田 英司, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
年会一般講演   18 503-504   1999年7月
中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1999    1999年11月
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   1999    1999年11月
豊田 英司, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   76    1999年11月
谷口 博, 石渡 正樹
大会講演予講集   76    1999年11月
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   76    1999年11月
豊田 英司, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
ながれ : 日本流体力学会誌   18(6) 414-415   1999年12月
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   77    2000年5月
豊田 英司, 石渡 正樹, 林 祥介, 赤堀 浩司, 堀之内 武, 沼口 敦
大会講演予講集   77    2000年5月
豊田 英司, 石渡 正樹, 林 祥介, 赤堀 浩司, 堀之内 武, 沼口 敦, 地球流体電脳倶楽部davisプロジェクト
日本流体力学会年会講演論文集   2000 361-362   2000年7月
Storage format for multi-dimensional numerical data is developed for the purpose of researches mainly on geophysical fluid phenomena. In order to achieve platform-independency, netCDF is used for low-level file format. NetCDF conventions for varia...
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2000 399-400   2000年7月
Numerical simulation of Martian atmospheric convection under dust-free condition is performed by use of a 2-dimensional (2D) anelastic atmospheric model. The result of 2D simulation is compered with that of a 1-dimensional (1D) model where the con...
谷口 博, 石渡 正樹
日本流体力学会年会講演論文集   2000 407-408   2000年7月
We investigate the linear stability of linear shear flows in order to consider the selection mechanism of the zonal wavenumber of disturbances. The linearized non-dimensional primitive equations on the equatorial beta-plane are solved. Values of L...
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2000 409-410   2000年7月
The condition of global frozen state (ice ball state) for the planet covered with gray atmosphere is considered by performing the numerical parameter studies with atmospheric general circulation model. When ice albed is 0.2,global frozen states em...
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   78    2000年10月
豊田 英司, 石渡 正樹, 林 祥介, 竹広 真一, 堀之内 武, 地球流体電脳倶楽部 davis プロジェクト
大会講演予講集   78    2000年10月
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   79    2001年5月
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2001 513-514   2001年7月
A numerical simulation of possible Martian atmospheric convection driven by diurnally-varying radiative heating is performed with a two-dimensional anelastic model employing radiative process appropriate for clear sky conditions. The simulated con...
江川 晋子, 石渡 正樹
大会講演予講集   80    2001年10月
谷口 博, 石渡 正樹
大会講演予講集   80    2001年10月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   80    2001年10月
中島 健介, 豊田 英司, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   80    2001年10月
小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
ながれ : 日本流体力学会誌   20(6) 507-508   2001年12月
中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋季講演会予稿集   2002(0) 58-58   2002年
上延 史, 石渡 正樹, 沼口 敦
大会講演予講集   81    2002年5月
豊田 英司, 石渡 正樹, 竹広 真一, 林 祥介, 地球流体電脳倶楽部Davisプロジェクト
大会講演予講集   81    2002年5月
竹広 真一, 石岡 圭一, 豊田 英司, 石渡 正樹, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2002 68-69   2002年7月
A set of spectral models suitable for performing standard numerical experiments of geophysical and planetary fluid dynamics problems is developed. Our policy for the development of the program codes is, 1) anyone can read, use and modify the sourc...
中島 健介, 石渡 正樹, 竹広 真一, 豊田 英司, 林 祥介
大会講演予講集   82    2002年10月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   83    2003年5月
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
大会講演予講集   83    2003年5月
中島 健介, 山田 由貴子, 石渡 正樹, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2003 154-155   2003年7月
The initial development of the atmospheric response to a warm SST anomaly placed at the equator is examined by way of an ensemble switch-on experiment with an aqua planet GCM. An ensemble average of the size of 128 satisfactory reduces the transie...
石渡 正樹, 中島 健介, 竹広 真一, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2003 156-157   2003年7月
Multiple equilibrium solutions of gray atmosphere are investigated for various values of solar constant. Models used are a three-dimensional primitive model (GCM) and a one-dimensional energy balance model (EBM). Solutions obtained by models are o...
小高 正嗣, 石渡 正樹, 竹広 真一, 石岡 圭一, 豊田 英司, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2003 158-159   2003年7月
GFD Dennou CLub AGCM6 is now being designed as an atmospheric general circulation model that helps us to understand dynamics and to perform a comparative study of the planetary atmospheres. The major target is to develop a software structure which...
小高 正嗣, 石渡 正樹, 竹広 真一, 石岡 圭一, 林 祥介
大会講演予講集   85    2004年5月
上延 史, 石渡 正樹, 山中 大学, 森 修一, 濱田 純一, Tauhid Yudi Iman, 村田 文絵, 荒木 龍蔵, Sribimawati Tien
大会講演予講集   85    2004年5月
山田 由貴子, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   85    2004年5月
山田 由貴子, 三瓶 岳昭, 高橋 芳幸, 吉岡 真由美, 大淵 済, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2004 490-491   2004年8月
Aqua planet experiments are performed in order to investigate horizontal and vertical resolution dependencies of equatorial precipitation activities. The numerical model utilized is AGCM for Earth Simulator (AFES). With the increased vertical reso...
谷口 博, 石渡 正樹
日本流体力学会年会講演論文集   2004 516-517   2004年8月
Unstable modes of a linear shear flow in shallow water on an equatorial β-plane are obtained over a wide range of a non-dimensional parameter corresponding to Lamb parameter, and are interpreted physically by the use of the concept of resonance be...
山田 由貴子, 三瓶 岳昭, 高橋 芳幸, 吉岡 真由美, 大淵 済, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   86    2004年10月
山田 由貴子, 三瓶 岳昭, 高橋 芳幸, 吉岡 真由美, 大淵 済, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
理論応用力学講演会 講演論文集   54(0) 123-123   2005年
地球シミュレータ用に最適化された大気大循環モデルの一つである AFES を用いて, モデルで表現される赤道域降水活動の空間解像度依存性を調べた. 水平切断波数 39 鉛直 48 層の実験 (標準実験とする) では, 格子点スケールの降水擾乱が現われ, 背景風によって移流されて西進する結果が得られた. 標準実験に対して鉛直分解能を 96 層へ上げた実験では, 弱い降水が広く分布する傾向にあり, 西進する降水構造の出現頻度は低くなった. 一方, 標準実験に対して水平切断波数を 319 へ上げ...
小高 正嗣, 北守 太一, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 高橋 芳幸, 石渡 正樹, 林 祥介
日本惑星科学会秋季講演会予稿集   2005(0) 93-93   2005年
大気主成分が凝結する火星大気湿潤対流のための定式化の検討を行った. CO2 の過飽和度が小さい場合, または凝結の時間スケールが音速で決まる時間スケールに比べ長い場合には, 連続の式を修正した準圧縮方程式系を用いることが可能である. この定式化に基づく非静力学モデルを新たに開発し, 定常な熱強制を与えた場合の火星大気湿潤対流の様子を調べた.
中島 健介, 石渡 正樹, 竹広 真一, 林 祥介
日本惑星科学会秋季講演会予稿集   2005(0) 96-96   2005年
タイタンの大気の対流雲の様相と大気地面間のメタン循環における位置づけを、簡単な雲物理過程を含む流体力学数値モデルを用いて調べる。モデルには放射冷却と地面からの熱とメタンの供給を与えて長時間の数値実験を行う。その結果、下層の湿度の観測値を説明するには、タイタンの地面は相当に乾燥していること、その場合でも雲活動は活発であるが、下層で大部分の雨が蒸発し、地面への降水量は少ないこと、等がわかった。
山田 由貴子, 三瓶 岳昭, 高橋 芳幸, 吉岡 真由美, 大淵 済, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   87    2005年4月
山田 由貴子, 高橋 芳幸, 林 祥介, 石渡 正樹, 大淵 済, 中島 健介
日本流体力学会年会講演論文集   2005    2005年9月
Aqua planet experiments are performed in order to investigate horizontal and vertical resolution dependencies of equatorial precipitation activities. The numerical model utilized is AGCM for Earth Simulator (AFES). The cumulus convective scheme is...
森川 靖大, 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2005    2005年9月
Aiming for an atmospheric general circulation model (GCM) with readability and flexibility, a dynamical core is newly designed and implemented. Readability and flexibility are expected to be increased by the use of advantageous features of Fortran...
谷口 博, 石渡 正樹
大会講演予講集   88    2005年10月
小高 正嗣, 北守 太一, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 高橋 芳幸, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   88    2005年10月
森川 靖大, 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 林 祥介
大会講演予講集   88    2005年10月
竹広 真一, 小高 正嗣, 石岡 圭一, 石渡 正樹, 林 祥介, SPMODEL開発グループ
日本流体力学会誌「ながれ」   25(5) 485-486   2006年
地球流体力学の諸問題における標準的な数値実験を簡便に行なうための一連のスペクトルモデル群を開発した.設計においては, 可読性と可変性が高いプログラムソースコードであることに重点においている. Fortran 90 で強化された配列機能を活用し, 関数名に統一的な命名ルールを導入することにより, 支配方程式から容易に想像できる表現をもったプログラムソースコードを構築することが可能となっている.
森川 靖大, 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 林 祥介
日本惑星科学会秋季講演会予稿集   2006(0) 68-68   2006年
様々な惑星大気の条件に応じた数値実験の設計と実行を容易にする大気大循環モデルの姿を模索するべく, ソースコードの可変性と可読性を重視して新たにその力学過程の設計, プログラム実装, 試験計算を行った. 可読性と可変性向上のための工夫として, モジュールや構造体を用いたモデルの階層化, 配列演算における関数の利用, 変数と関数の命名規則の導入, ドキュメントを自動生成するための RDoc の拡充を行った. このモデルは DCPAM と名付け, インターネット上 (http://www.gfd...
山田 由貴子, 高橋 芳幸, 林 祥介, 石渡 正樹, 大淵 済, 中島 健介
大会講演予講集   89    2006年4月
森川 靖大, 石渡 正樹, 堀之内 武, 小高 正嗣, 林 祥介
大会講演予講集   89    2006年4月
山田 由貴子, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   90    2006年9月
森川 靖大, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
日本惑星科学会秋季講演会予稿集   2007(0) 93-93   2007年
地球大気や木星大気など湿潤大気に対する数値実験を包括的に行うことを念頭に, プログラムの可変性を重視した大気大循環モデルの設計と実装を行った. 積雲過程など不確定性の高い物理過程の計算スキームを交換することはしばしば必要になる. そのような交換を容易に実現するために, (1) 設定パラメータの初期設定ルーチンを備えた形式での物理過程の計算モジュールの設計, (2) 物理過程毎に行うべき動作テストの実行手順の定型化とテストプログラム作成において利用できるライブラリの開発を行った.
石渡 正樹, 中島 健介, 森川 靖大, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 倉本 圭, 林 祥介
日本惑星科学会秋季講演会予稿集   2007(0) 95-95   2007年
中心星の近傍に存在する惑星は, 強い潮汐力により同期回転をしていると考えられる. 同期回転惑星では, 常に入射放射を受ける昼半球と入射放射が無い夜半球が存在する. Joshi et al.(1997)は, 大気大循環モデルを用いた同期回転惑星の数値計算を行ったが, 二酸化炭素大気しか扱っていない. 本研究では水蒸気を含む場合について数値計算を行い, 同期回転惑星大気における熱輸送に関する調査を行った. その結果, 昼半球と夜半球の間の東西熱輸送は, 赤道域では赤道波を, 中高緯度域では傾圧...
森川 靖大, 石渡 正樹, 堀之内 武, 小高 正嗣, 林 祥介
天気   54(2) 185-190   2007年2月
山田 由貴子, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   91    2007年4月
堀之内 武, 西澤 誠也, 渡辺 知恵美, 神代 剛, 塩谷 雅人, 森川 靖大, 林 祥介, 石渡 正樹, 電脳davisプロジェクト
大会講演予講集   91    2007年4月
森川 靖大, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2007    2007年8月
Aiming for constructing an atmospheric general circulation model (GCM) with high readability and flexibility, desired program structures have been considered and their implementation tests have been performed. A flexible GCM whose programs can be ...
森川 靖大, 石渡 正樹, 杉山 耕一朗, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   92    2007年9月
石渡 正樹, 中島 健介, 森川 靖大, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 倉本 圭, 林 祥介
大会講演予講集   92    2007年9月
谷口 博, 石渡 正樹
日本流体力学会誌「ながれ」   27(4) 337-338   2008年
赤道β平面浅水系の線形シアー流中の固有モードを広いパラメータ範囲で求めた. Taniguchi and Ishiwatari (2006) による最低次の最大不安定モードの考察結果をもとにして, 高次の不安定モード, 中立モード, 連続モードに対して考察を加えた.赤道β平面浅水系の線形シアー流中では赤道ロスビー波的な構造を持つ連続モードが存在すること, 高次の東西対称不安定モードは東進混合ロスビー重力波と連続モードとの共鳴, もしくは東進慣性重力波と連続モードとの共鳴によってもたらされるこ...
小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
日本流体力学会年会講演論文集   2008    2008年9月
We develop a three dimensional non-hydrostatic model and perform a numerical simulation of thermal convection in the Martian atmosphere without background wind and dust radiative heating. The numerical model based on the two dimensional quasi-comp...
森川 靖大, 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 杉山 耕一朗, 小高 正嗣, 中島 健介, 林 祥介
大会講演予講集   94    2008年10月
小高 正嗣, 山下 達也, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介
大会講演予講集   94    2008年10月