門屋 利彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 14:56
 
アバター
研究者氏名
門屋 利彦
 
カドヤ トシヒコ
eメール
tkadoyamaebashi-it.ac.jp
所属
前橋工科大学
部署
工学部生物工学科
職名
教授

プロフィール

大学時代から現在に至るまで、主としてタンパク質を研究対象として、神経再生などの種々の生体反応メカニズムの解明研究とバイオ医薬品の研究開発に携わってきた。タンパク質の研究は、経験と根気が必要であるが非常に魅力的な仕事と感じている。一方で、専門分野にとらわれすぎることなく、新しいことにもチャレンジしていきたいと考えている。

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
前橋工科大学大学院 工学研究科 生物工学専攻(修士課程) 教授
 
2009年4月
 - 
現在
前橋工科大学 工学部 生物工学科 教授
 
2013年4月
 - 
現在
前橋工科大学大学院 工学研究科 環境・生命工学専攻(博士課程) 教授
 

論文

 
Žanka Bojić-Trbojević, Milica Jovanović Krivokuća, Ivana Stefanoska, Nikola Kolundžić, Toshihiko Kadoya, Ljiljana Vićovac
The Journal of Biochemistry   163(1) 39-50   2018年   [査読有り]
Kazuharu Sugawara, Toshihiko Kadoya, Hideki Kuramitz
Analytica Chimica Acta   1001 158-167   2018年   [査読有り]
Kazuharu Sugawara, Toshihiko Kadoya, Hideki Kuramitz, Yoshihiro Mihara
Analytica Chimica Acta   983 198-205   2017年   [査読有り]
Galectin-1 enhances the generation of neural crest cells
Tsutomu Motohashi, Masahiro Nishioka, Daisuke Kitagawa, Natsuki Watanabe, Takanori Wakaoka, Toshihiko Kadoya, Takahiro Kunisada
The International Journal of Developmental Biology   61 407-413   2017年   [査読有り]
K.Sugawara, H.Shinahara, T.Kadoya and H.Kuramitz
Analytica Chimica Acta      2016年   [査読有り]

Misc

 
Galectin-1 and galectin-3 as key molecules for peripheral nerve degeneration and regeneration
S.Takaku, N. Niimi1, T.Kadoya, H.Yako, M.Tsukamoto, K.Sakumi, Y.Nakabeppu, H.Horie and K.Sango
AIMS Molecular Science      2016年   [査読有り]
Žanka Bojić-Trbojević, Milica Jovanović Krivokuća, Nikola Kolundzić, Toshihiko Kadoya, Ljiljana Radojćić and Ljiljana Vićovac
Cell Adhesion & Migration   10 1-7   2016年   [査読有り]
末梢神経再生とガレクチン-1
三五一憲、柳澤比呂子、高久静香、渡部和彦、堀江秀典、門屋利彦
末梢神経 Peripheral Nerve(日本末梢神経学会誌)   24(1) 63-70   2013年
Hidenori Horie, Toshihiko Kadoya, Kazunori Sango, Mitsuhiro Hasegawa
Current Drug Targets   6(4) 385-394   2005年

書籍等出版物

 
抗体医薬における細胞構築・培養・ダウンストリームのすべて
門屋利彦 (担当:分担執筆, 範囲:抗体医薬品のクロマト分離プロセス)
シーエムシー出版   2015年   
Ganglion Cells: Morphology, Functional Development and Role in Disease
Sango, K., Niimi, N., Tsukamoto, M., Utsunomiya, K., Sakumi, K., Nakabeppu, Y., Kadoya, T., Horie, H. (担当:分担執筆, 範囲:What have we learned from cultured adult dorsal root ganglion neurons?)
Nova Science Publishers, Inc   2014年   
Basic Principles of Peripheral Nerve Disorders
Kazunori Sango, Hiroko Yanagisawa, Kazuhiko Watabe, Hidenori Horie, Toshihiko Kadoya (担当:分担執筆, 範囲:Galectin-1 as a multifunctional molecule in the peripheral nervous system after injury)
InTech d.o.o.   2012年   
液クロ実験 How to マニュアル
(社)日本分析化学会液体クロマトグラフィー研究懇談会編集 (担当:分担執筆, 範囲:「ペプチド・タンパク質を分ける」「ウイルスを分ける」)
医学評論社   2007年   
損傷後の初期末梢神経再生を調節する酸化型ガレクチン‐1
堀江秀典、門屋利彦 (担当:分担執筆)
2003年   

講演・口頭発表等

 
ガレクチン-1と糖尿病腎症との関連性
ConBio2017生命科学系学会合同年次大会(第90回日本生化学会大会)   2017年12月7日   
糖タンパク質-ガラクトース認識タンパク質-電子伝達性ペプチド間相互作用のモニタリング
180. 日本分析化学会第66年会   2017年9月12日   
タンパク質センシングのための擬似糖鎖電子伝達性ペプチド修飾マイクロビーズの作製
菅原一晴、倉光英樹、門屋利彦
第77回分析化学討論会   2017年5月28日   
ストレス負荷条件下におけるリンパ球系細胞へのガレクチン-1の作用
和田裕太、山田健太郎、成松侑梨、大貫真美、山本利春、笹栗健一、武藤みなみ、薩秀夫、門屋利彦
第89回日本生化学会大会   2016年9月26日   
1型糖尿病モデルマウスの腎機能と腎臓中ガレクチン-1の分析
甲田 晃楊、吉田 雄斗、三五 一憲、門屋 利彦
第89回日本生化学会大会   2016年9月25日   

競争的資金等の研究課題

 
光を利用する樹木根系の制御技術に関する研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 本間 知夫
ガレクチン-1を介した新規ストレス応答反応の解明と抗ストレス治療への臨床展開
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
ヒト唾液中ガレクチン-1の口腔内機能解析とその創薬展開
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 笹栗 健一
血液及び唾液中の新規ストレスマーカーとしてのガレクチン-1の役割と作用機序の解明
神奈川歯科大学歯学部: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月