光冨徹哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/15 07:23
 
アバター
研究者氏名
光冨徹哉
 
ミツドミ テツヤ
eメール
mitsudommed.kindai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70209807.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部
職名
教授
学位
医学博士(九州大学)
科研費研究者番号
70209807
ORCID ID
0000-0001-9680-8505

研究分野

 
 

経歴

 
2012年5月
 - 
現在
近畿大学 医学部外科学 教授
 
1995年10月
 - 
2012年4月
愛知県がんセンター 病院呼吸器外科部/研究所分子腫瘍学部 部長/研究員
 

論文

 
Yonesaka K, Kobayashi Y, Hayashi H, Chiba Y, Mitsudomi T, Nakagawa K
Oncology reports   41(2) 1059-1066   2019年2月   [査読有り]
Tomizawa K, Sato K, Ohara S, Fujino T, Koga T, Nishino M, Kobayashi Y, Chiba M, Shimoji M, Suda K, Takemoto T, Mitsudomi T
Surgery today      2019年1月   [査読有り]
Koga T, Kobayashi Y, Tomizawa K, Suda K, Kosaka T, Sesumi Y, Fujino T, Nishino M, Ohara S, Chiba M, Shimoji M, Takemoto T, Suzuki M, Jänne PA, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   126 72-79   2018年12月   [査読有り]
Nishino M, Suda K, Kobayashi Y, Ohara S, Fujino T, Koga T, Chiba M, Shimoji M, Tomizawa K, Takemoto T, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   126 149-155   2018年12月   [査読有り]
Ahn MJ, Tsai CM, Shepherd FA, Bazhenova L, Sequist LV, Hida T, Yang JCH, Ramalingam SS, Mitsudomi T, Jänne PA, Mann H, Cantarini M, Goss G
Cancer      2018年12月   [査読有り]
Kobayashi Y, Ambrogio C, Mitsudomi T
Translational lung cancer research   7(4) 487-497   2018年8月   [査読有り]
Nishio M, Nakagawa K, Mitsudomi T, Yamamoto N, Tanaka T, Kuriki H, Zeaiter A, Tamura T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   121 37-40   2018年7月   [査読有り]
Suda K, Murakami I, Yu H, Kim J, Tan AC, Mizuuchi H, Rozeboom LM, Ellison K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
Molecular cancer therapeutics   17(10) 2257-2265   2018年7月   [査読有り]
Lee CK, Lord S, Marschner I, Wu YL, Sequist L, Rosell R, Fukuoka M, Mitsudomi T, Asher R, Davies L, Gebski V, Gralla R, Mok T, Chih-Hsin Yang J
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   13(6) 792-800   2018年6月   [査読有り]
Suda K, Kim J, Murakami I, Rozeboom L, Shimoji M, Shimizu S, Rivard CJ, Mitsudomi T, Tan AC, Hirsch FR
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   13(10) 1496-1507   2018年6月   [査読有り]
Kobayashi Y, Fujino T, Nishino M, Koga T, Chiba M, Sesumi Y, Ohara S, Shimoji M, Tomizawa K, Takemoto T, Mitsudomi T
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   13(5) 727-731   2018年5月   [査読有り]
[A Case of Resected Superior Sulcus Tumor with Pathological Complete Response after Trimodality Therapy].
Nishino M, Tomizawa K, Ohara S, Fujino T, Sesumi Y, Koga T, Sato K, Kobayashi Y, Chiba M, Shimoji M, Takemoto T, Mitsudomi T
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(1) 103-105   2018年1月   [査読有り]
Mann H, Andersohn F, Bodnar C, Mitsudomi T, Mok TSK, Yang JC, Hoyle C
Clinical drug investigation   38(4) 319-331   2017年12月   [査読有り]
Kinoshita T, Kudo-Saito C, Muramatsu R, Fujita T, Saito M, Nagumo H, Sakurai T, Noji S, Takahata E, Yaguchi T, Tsukamoto N, Hayashi Y, Kaseda K, Kamiyama I, Ohtsuka T, Tomizawa K, Shimoji M, Mitsudomi T, Asamura H, Kawakami Y
European journal of cancer (Oxford, England : 1990)   86 15-27   2017年11月   [査読有り]
Tomizawa K, Shimizu S, Ohara S, Fujino T, Nishino M, Sesumi Y, Kobayashi Y, Sato K, Chiba M, Shimoji M, Suda K, Takemoto T, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   112 57-61   2017年10月   [査読有り]
Suda K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
Expert review of anticancer therapy   17(9) 779-786   2017年9月   [査読有り]
[Immune-Checkpoint Inhibitors for Lung Cancer with EGFR Mutation].
Hayashi H, Mitsudomi T
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(9) 722-726   2017年9月   [査読有り]
Jenkins S, Yang JC, Ramalingam SS, Yu K, Patel S, Weston S, Hodge R, Cantarini M, Jänne PA, Mitsudomi T, Goss GD
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   12(7) 1061-1070   2017年7月   [査読有り]
Hida T, Nokihara H, Kondo M, Kim YH, Azuma K, Seto T, Takiguchi Y, Nishio M, Yoshioka H, Imamura F, Hotta K, Watanabe S, Goto K, Satouchi M, Kozuki T, Shukuya T, Nakagawa K, Mitsudomi T, Yamamoto N, Asakawa T, Asabe R, Tanaka T, Tamura T
Lancet (London, England)   390(10089) 29-39   2017年7月   [査読有り]
Suda K, Rozeboom L, Rivard CJ, Yu H, Ellison K, Melnick MAC, Hinz TK, Chan D, Heasley LE, Politi K, Mitsudomi T, Hirsch FR
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   109 1-8   2017年7月   [査読有り]
Lee CK, Davies L, Wu YL, Mitsudomi T, Inoue A, Rosell R, Zhou C, Nakagawa K, Thongprasert S, Fukuoka M, Lord S, Marschner I, Tu YK, Gralla RJ, Gebski V, Mok T, Yang JC
Journal of the National Cancer Institute   109(6)    2017年6月   [査読有り]
Hayashi H, Chiba Y, Sakai K, Fujita T, Yoshioka H, Sakai D, Kitagawa C, Naito T, Takeda K, Okamoto I, Mitsudomi T, Kawakami Y, Nishio K, Nakamura S, Yamamoto N, Nakagawa K
Clinical lung cancer   18(6) 719-723   2017年5月   [査読有り]
Chiba M, Togashi Y, Bannno E, Kobayashi Y, Nakamura Y, Hayashi H, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K
BMC cancer   17(1) 281   2017年4月   [査読有り]
Haratani K, Hayashi H, Tanaka T, Kaneda H, Togashi Y, Sakai K, Hayashi K, Tomida S, Chiba Y, Yonesaka K, Nonagase Y, Takahama T, Tanizaki J, Tanaka K, Yoshida T, Tanimura K, Takeda M, Yoshioka H, Ishida T, Mitsudomi T, Nishio K, Nakagawa K
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology      2017年4月   [査読有り]
Mitsudomi T
The Lancet. Respiratory medicine   5(5) 369-370   2017年4月   [査読有り]
Suda K, Murakami I, Yu H, Kim J, Ellison K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   12(6) 1015-1020   2017年2月   [査読有り]
Sesumi Y, Suda K, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Sato K, Chiba M, Shimoji M, Tomizawa K, Takemoto T, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   104 85-90   2017年2月   [査読有り]
Kobayashi Y, Azuma K, Nagai H, Kim YH, Togashi Y, Sesumi Y, Chiba M, Shimoji M, Sato K, Tomizawa K, Takemoto T, Nishio K, Mitsudomi T
Molecular cancer therapeutics   16(2) 357-364   2017年2月   [査読有り]
Suda K, Bunn PA Jr, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   12(1) 27-35   2017年1月   [査読有り]
Seow WJ, Matsuo K, Hsiung CA, Shiraishi K, Song M, Kim HN, Wong MP, Hong YC, Hosgood HD 3rd, Wang Z, Chang IS, Wang JC, Chatterjee N, Tucker M, Wei H, Mitsudomi T, Zheng W, Kim JH, Zhou B, Caporaso NE, Albanes D, Shin MH, Chung LP, An SJ, Wang P, Zheng H, Yatabe Y, Zhang XC, Kim YT, Shu XO, Kim YC, Bassig BA, Chang J, Ho JC, Ji BT, Kubo M, Daigo Y, Ito H, Momozawa Y, Ashikawa K, Kamatani Y, Honda T, Sakamoto H, Kunitoh H, Tsuta K, Watanabe SI, Nokihara H, Miyagi Y, Nakayama H, Matsumoto S, Tsuboi M, Goto K, Yin Z, Shi J, Takahashi A, Goto A, Minamiya Y, Shimizu K, Tanaka K, Wu T, Wei F, Wong JY, Matsuda F, Su J, Kim YH, Oh IJ, Song F, Lee VH, Su WC, Chen YM, Chang GC, Chen KY, Huang MS, Yang PC, Lin HC, Xiang YB, Seow A, Park JY, Kweon SS, Chen CJ, Li H, Gao YT, Wu C, Qian B, Lu D, Liu J, Jeon HS, Hsiao CF, Sung JS, Tsai YH, Jung YJ, Guo H, Hu Z, Wang WC, Chung CC, Lawrence C, Burdett L, Yeager M, Jacobs KB, Hutchinson A, Berndt SI, He X, Wu W, Wang J, Li Y, Choi JE, Park KH, Sung SW, Liu L, Kang CH, Hu L, Chen CH, Yang TY, Xu J, Guan P, Tan W, Wang CL, Sihoe AD, Chen Y, Choi YY, Hung JY, Kim JS, Yoon HI, Cai Q, Lin CC, Park IK, Xu P, Dong J, Kim C, He Q, Perng RP, Chen CY, Vermeulen R, Wu J, Lim WY, Chen KC, Chan JK, Chu M, Li YJ, Li J, Chen H, Yu CJ, Jin L, Lo YL, Chen YH, Fraumeni JF Jr, Liu J, Yamaji T, Yang Y, Hicks B, Wyatt K, Li SA, Dai J, Ma H, Jin G, Song B, Wang Z, Cheng S, Li X, Ren Y, Cui P, Iwasaki M, Shimazu T, Tsugane S, Zhu J, Jiang G, Fei K, Wu G, Chien LH, Chen HL, Su YC, Tsai FY, Chen YS, Yu J, Stevens VL, Laird-Offringa IA, Marconett CN, Lin D, Chen K, Wu YL, Landi MT, Shen H, Rothman N, Kohno T, Chanock SJ, Lan Q
Human molecular genetics   26(2) 454-465   2017年1月   [査読有り]
Suda K, Mitsudomi T
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   70(1) 4-8   2017年1月   [査読有り]
Suda K, Rozeboom L, Furugaki K, Yu H, Melnick MAC, Ellison K, Rivard CJ, Politi K, Mitsudomi T, Hirsch FR
BioMed research international   2017 7694202   2017年   [査読有り]
Suda K, Rozeboom L, Yu H, Ellison K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
PloS one   12(2) e0172209   2017年   [査読有り]
Shimada Y, Suzuki K, Okada M, Nakayama H, Ito H, Mitsudomi T, Saji H, Takamochi K, Kudo Y, Hattori A, Mimae T, Aokage K, Nishii T, Tsuboi M, Ikeda N
Interactive cardiovascular and thoracic surgery   23(6) 895-901   2016年12月   [査読有り]
Chiba M, Togashi Y, Tomida S, Mizuuchi H, Nakamura Y, Banno E, Hayashi H, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K
International journal of oncology   49(6) 2236-2244   2016年12月   [査読有り]
Goss G, Tsai CM, Shepherd FA, Bazhenova L, Lee JS, Chang GC, Crino L, Satouchi M, Chu Q, Hida T, Han JY, Juan O, Dunphy F, Nishio M, Kang JH, Majem M, Mann H, Cantarini M, Ghiorghiu S, Mitsudomi T
The Lancet. Oncology   17(12) 1643-1652   2016年12月   [査読有り]
Tomizawa K, Nishino M, Sesumi Y, Kobayashi Y, Sato K, Chiba M, Shimoji M, Suda K, Shimizu S, Sato T, Takemoto T, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   102 60-64   2016年12月   [査読有り]
Hibi M, Kaneda H, Tanizaki J, Sakai K, Togashi Y, Terashima M, De Velasco MA, Fujita Y, Banno E, Nakamura Y, Takeda M, Ito A, Mitsudomi T, Nakagawa K, Okamoto I, Nishio K
Cancer science   107(11) 1667-1676   2016年11月   [査読有り]
Sakai K, Takeda M, Hayashi H, Tanaka K, Okuda T, Kato A, Nishimura Y, Mitsudomi T, Koyama A, Nakagawa K
Thoracic cancer   7(6) 670-675   2016年11月   [査読有り]
Suda K, Murakami I, Yu H, Ellison K, Shimoji M, Genova C, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   11(10) 1711-1717   2016年10月   [査読有り]
Kobayashi Y, Mitsudomi T
Cancer science   107(9) 1179-1186   2016年9月   [査読有り]
Banno E, Togashi Y, Nakamura Y, Chiba M, Kobayashi Y, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K
Cancer science   107(8) 1134-1140   2016年8月   [査読有り]
Shimoji M, Shimizu S, Sato K, Suda K, Kobayashi Y, Tomizawa K, Takemoto T, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   98 69-75   2016年8月   [査読有り]
Mitsudomi T, Kobayashi Y
Translational lung cancer research   5(4) 446-449   2016年8月   [査読有り]
Terashima M, Togashi Y, Sato K, Mizuuchi H, Sakai K, Suda K, Nakamura Y, Banno E, Hayashi H, De Velasco MA, Fujita Y, Tomida S, Mitsudomi T, Nishio K
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   22(14) 3663-3671   2016年7月   [査読有り]
Tan DS, Yom SS, Tsao MS, Pass HI, Kelly K, Peled N, Yung RC, Wistuba II, Yatabe Y, Unger M, Mack PC, Wynes MW, Mitsudomi T, Weder W, Yankelevitz D, Herbst RS, Gandara DR, Carbone DP, Bunn PA Jr, Mok TS, Hirsch FR
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   11(7) 946-963   2016年7月   [査読有り]
Nakagawa K, Asamura H, Tsuta K, Nagai K, Yamada E, Ishii G, Mitsudomi T, Ito A, Higashiyama M, Tomita Y, Inoue M, Morii E, Matsuura N, Okumura M
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   97 1-7   2016年7月   [査読有り]
Iwata T, Yoshino I, Yoshida S, Ikeda N, Tsuboi M, Asato Y, Katakami N, Sakamoto K, Yamashita Y, Okami J, Mitsudomi T, Yamashita M, Yokouchi H, Okubo K, Okada M, Takenoyama M, Chida M, Tomii K, Matsuura M, Azuma A, Iwasawa T, Kuwano K, Sakai S, Hiroshima K, Fukuoka J, Yoshimura K, Tada H, Nakagawa K, Nakanishi Y, West Japan Oncology Group.
Respiratory research   17(1) 90   2016年7月   [査読有り]
Vansteenkiste JF, Cho BC, Vanakesa T, De Pas T, Zielinski M, Kim MS, Jassem J, Yoshimura M, Dahabreh J, Nakayama H, Havel L, Kondo H, Mitsudomi T, Zarogoulidis K, Gladkov OA, Udud K, Tada H, Hoffman H, Bugge A, Taylor P, Gonzalez EE, Liao ML, He J, Pujol JL, Louahed J, Debois M, Brichard V, Debruyne C, Therasse P, Altorki N
The Lancet. Oncology   17(6) 822-835   2016年6月   [査読有り]
Suda K, Rivard CJ, Mitsudomi T, Hirsch FR
Cancer research   76(10) 3109-3110   2016年5月   [査読有り]
Yang J, Ramalingam SS, Jänne PA, Cantarini M, Mitsudomi T
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   11(4 Suppl) S152-3   2016年4月   [査読有り]
Jenkins S, Yang J, Ramalingam S, Yu K, Patel S, Weston S, Lawrance R, Cantarini M, Jänne P, Mitsudomi T
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   11(4 Suppl) S153-4   2016年4月   [査読有り]
Mizuuchi H, Suda K, Murakami I, Sakai K, Sato K, Kobayashi Y, Shimoji M, Chiba M, Sesumi Y, Tomizawa K, Takemoto T, Sekido Y, Nishio K, Mitsudomi T
Cancer science   107(4) 461-468   2016年4月   [査読有り]
Furugaki K, Fukumura J, Iwai T, Yorozu K, Kurasawa M, Yanagisawa M, Moriya Y, Yamamoto K, Suda K, Mizuuchi H, Mitsudomi T, Harada N
International journal of cancer   138(4) 1024-1032   2016年2月   [査読有り]
Wang Z, Seow WJ, Shiraishi K, Hsiung CA, Matsuo K, Liu J, Chen K, Yamji T, Yang Y, Chang IS, Wu C, Hong YC, Burdett L, Wyatt K, Chung CC, Li SA, Yeager M, Hutchinson A, Hu W, Caporaso N, Landi MT, Chatterjee N, Song M, Fraumeni JF Jr, Kohno T, Yokota J, Kunitoh H, Ashikawa K, Momozawa Y, Daigo Y, Mitsudomi T, Yatabe Y, Hida T, Hu Z, Dai J, Ma H, Jin G, Song B, Wang Z, Cheng S, Yin Z, Li X, Ren Y, Guan P, Chang J, Tan W, Chen CJ, Chang GC, Tsai YH, Su WC, Chen KY, Huang MS, Chen YM, Zheng H, Li H, Cui P, Guo H, Xu P, Liu L, Iwasaki M, Shimazu T, Tsugane S, Zhu J, Jiang G, Fei K, Park JY, Kim YH, Sung JS, Park KH, Kim YT, Jung YJ, Kang CH, Park IK, Kim HN, Jeon HS, Choi JE, Choi YY, Kim JH, Oh IJ, Kim YC, Sung SW, Kim JS, Yoon HI, Kweon SS, Shin MH, Seow A, Chen Y, Lim WY, Liu J, Wong MP, Lee VH, Bassig BA, Tucker M, Berndt SI, Chow WH, Ji BT, Wang J, Xu J, Sihoe AD, Ho JC, Chan JK, Wang JC, Lu D, Zhao X, Zhao Z, Wu J, Chen H, Jin L, Wei F, Wu G, An SJ, Zhang XC, Su J, Wu YL, Gao YT, Xiang YB, He X, Li J, Zheng W, Shu XO, Cai Q, Klein R, Pao W, Lawrence C, Hosgood HD 3rd, Hsiao CF, Chien LH, Chen YH, Chen CH, Wang WC, Chen CY, Wang CL, Yu CJ, Chen HL, Su YC, Tsai FY, Chen YS, Li YJ, Yang TY, Lin CC, Yang PC, Wu T, Lin D, Zhou B, Yu J, Shen H, Kubo M, Chanock SJ, Rothman N, Lan Q
Human molecular genetics   25(3) 620-629   2016年2月   [査読有り]
Suda K, Murakami I, Sakai K, Tomizawa K, Mizuuchi H, Sato K, Nishio K, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   91 36-40   2016年1月   [査読有り]
Sato K, Suda K, Shimizu S, Sakai K, Mizuuchi H, Tomizawa K, Takemoto T, Nishio K, Mitsudomi T
PloS one   11(4) e0154186   2016年   [査読有り]
Azuma K, Hirashima T, Yamamoto N, Okamoto I, Takahashi T, Nishio M, Hirata T, Kubota K, Kasahara K, Hida T, Yoshioka H, Nakanishi K, Akinaga S, Nishio K, Mitsudomi T, Nakagawa K
ESMO open   1(4) e000063   2016年   [査読有り]
Takeda M, Sakai K, Terashima M, Kaneda H, Hayashi H, Tanaka K, Okamoto K, Takahama T, Yoshida T, Iwasa T, Shimizu T, Nonagase Y, Kudo K, Tomida S, Mitsudomi T, Saigo K, Ito A, Nakagawa K, Nishio K
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   26(12) 2477-2482   2015年12月   [査読有り]
Mimae T, Suzuki K, Tsuboi M, Nagai K, Ikeda N, Mitsudomi T, Saji H, Okumura S, Okumura M, Yoshimura K, Okada M
Annals of surgical oncology   22 Suppl 3 S1371-9   2015年12月   [査読有り]
Kobayashi Y, Togashi Y, Yatabe Y, Mizuuchi H, Jangchul P, Kondo C, Shimoji M, Sato K, Suda K, Tomizawa K, Takemoto T, Hida T, Nishio K, Mitsudomi T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   21(23) 5305-5313   2015年12月   [査読有り]
Iwamoto Y, Mitsudomi T, Sakai K, Yamanaka T, Yoshioka H, Takahama M, Yoshimura M, Yoshino I, Takeda M, Sugawara S, Kawaguchi T, Takahashi T, Ohta M, Ichinose Y, Atagi S, Okada M, Saka H, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nishio K
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   21(23) 5245-5252   2015年12月   [査読有り]
Sampson JN, Wheeler WA, Yeager M, Panagiotou O, Wang Z, Berndt SI, Lan Q, Abnet CC, Amundadottir LT, Figueroa JD, Landi MT, Mirabello L, Savage SA, Taylor PR, De Vivo I, McGlynn KA, Purdue MP, Rajaraman P, Adami HO, Ahlbom A, Albanes D, Amary MF, An SJ, Andersson U, Andriole G Jr, Andrulis IL, Angelucci E, Ansell SM, Arici C, Armstrong BK, Arslan AA, Austin MA, Baris D, Barkauskas DA, Bassig BA, Becker N, Benavente Y, Benhamou S, Berg C, Van Den Berg D, Bernstein L, Bertrand KA, Birmann BM, Black A, Boeing H, Boffetta P, Boutron-Ruault MC, Bracci PM, Brinton L, Brooks-Wilson AR, Bueno-de-Mesquita HB, Burdett L, Buring J, Butler MA, Cai Q, Cancel-Tassin G, Canzian F, Carrato A, Carreon T, Carta A, Chan JK, Chang ET, Chang GC, Chang IS, Chang J, Chang-Claude J, Chen CJ, Chen CY, Chen C, Chen CH, Chen C, Chen H, Chen K, Chen KY, Chen KC, Chen Y, Chen YH, Chen YS, Chen YM, Chien LH, Chirlaque MD, Choi JE, Choi YY, Chow WH, Chung CC, Clavel J, Clavel-Chapelon F, Cocco P, Colt JS, Comperat E, Conde L, Connors JM, Conti D, Cortessis VK, Cotterchio M, Cozen W, Crouch S, Crous-Bou M, Cussenot O, Davis FG, Ding T, Diver WR, Dorronsoro M, Dossus L, Duell EJ, Ennas MG, Erickson RL, Feychting M, Flanagan AM, Foretova L, Fraumeni JF Jr, Freedman ND, Beane Freeman LE, Fuchs C, Gago-Dominguez M, Gallinger S, Gao YT, Gapstur SM, Garcia-Closas M, García-Closas R, Gascoyne RD, Gastier-Foster J, Gaudet MM, Gaziano JM, Giffen C, Giles GG, Giovannucci E, Glimelius B, Goggins M, Gokgoz N, Goldstein AM, Gorlick R, Gross M, Grubb R 3rd, Gu J, Guan P, Gunter M, Guo H, Habermann TM, Haiman CA, Halai D, Hallmans G, Hassan M, Hattinger C, He Q, He X, Helzlsouer K, Henderson B, Henriksson R, Hjalgrim H, Hoffman-Bolton J, Hohensee C, Holford TR, Holly EA, Hong YC, Hoover RN, Horn-Ross PL, Hosain GM, Hosgood HD 3rd, Hsiao CF, Hu N, Hu W, Hu Z, Huang MS, Huerta JM, Hung JY, Hutchinson A, Inskip PD, Jackson RD, Jacobs EJ, Jenab M, Jeon HS, Ji BT, Jin G, Jin L, Johansen C, Johnson A, Jung YJ, Kaaks R, Kamineni A, Kane E, Kang CH, Karagas MR, Kelly RS, Khaw KT, Kim C, Kim HN, Kim JH, Kim JS, Kim YH, Kim YT, Kim YC, Kitahara CM, Klein AP, Klein RJ, Kogevinas M, Kohno T, Kolonel LN, Kooperberg C, Kricker A, Krogh V, Kunitoh H, Kurtz RC, Kweon SS, LaCroix A, Lawrence C, Lecanda F, Lee VH, Li D, Li H, Li J, Li YJ, Li Y, Liao LM, Liebow M, Lightfoot T, Lim WY, Lin CC, Lin D, Lindstrom S, Linet MS, Link BK, Liu C, Liu J, Liu L, Ljungberg B, Lloreta J, Di Lollo S, Lu D, Lund E, Malats N, Mannisto S, Le Marchand L, Marina N, Masala G, Mastrangelo G, Matsuo K, Maynadie M, McKay J, McKean-Cowdin R, Melbye M, Melin BS, Michaud DS, Mitsudomi T, Monnereau A, Montalvan R, Moore LE, Mortensen LM, Nieters A, North KE, Novak AJ, Oberg AL, Offit K, Oh IJ, Olson SH, Palli D, Pao W, Park IK, Park JY, Park KH, Patiño-Garcia A, Pavanello S, Peeters PH, Perng RP, Peters U, Petersen GM, Picci P, Pike MC, Porru S, Prescott J, Prokunina-Olsson L, Qian B, Qiao YL, Rais M, Riboli E, Riby J, Risch HA, Rizzato C, Rodabough R, Roman E, Roupret M, Ruder AM, Sanjose Sd, Scelo G, Schned A, Schumacher F, Schwartz K, Schwenn M, Scotlandi K, Seow A, Serra C, Serra M, Sesso HD, Setiawan VW, Severi G, Severson RK, Shanafelt TD, Shen H, Shen W, Shin MH, Shiraishi K, Shu XO, Siddiq A, Sierrasesúmaga L, Sihoe AD, Skibola CF, Smith A, Smith MT, Southey MC, Spinelli JJ, Staines A, Stampfer M, Stern MC, Stevens VL, Stolzenberg-Solomon RS, Su J, Su WC, Sund M, Sung JS, Sung SW, Tan W, Tang W, Tardón A, Thomas D, Thompson CA, Tinker LF, Tirabosco R, Tjønneland A, Travis RC, Trichopoulos D, Tsai FY, Tsai YH, Tucker M, Turner J, Vajdic CM, Vermeulen RC, Villano DJ, Vineis P, Virtamo J, Visvanathan K, Wactawski-Wende J, Wang C, Wang CL, Wang JC, Wang J, Wei F, Weiderpass E, Weiner GJ, Weinstein S, Wentzensen N, White E, Witzig TE, Wolpin BM, Wong MP, Wu C, Wu G, Wu J, Wu T, Wu W, Wu X, Wu YL, Wunder JS, Xiang YB, Xu J, Xu P, Yang PC, Yang TY, Ye Y, Yin Z, Yokota J, Yoon HI, Yu CJ, Yu H, Yu K, Yuan JM, Zelenetz A, Zeleniuch-Jacquotte A, Zhang XC, Zhang Y, Zhao X, Zhao Z, Zheng H, Zheng T, Zheng W, Zhou B, Zhu M, Zucca M, Boca SM, Cerhan JR, Ferri GM, Hartge P, Hsiung CA, Magnani C, Miligi L, Morton LM, Smedby KE, Teras LR, Vijai J, Wang SS, Brennan P, Caporaso NE, Hunter DJ, Kraft P, Rothman N, Silverman DT, Slager SL, Chanock SJ, Chatterjee N
Journal of the National Cancer Institute   107(12) djv279   2015年12月   [査読有り]
Togashi Y, Mizuuchi H, Tomida S, Terashima M, Hayashi H, Nishio K, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   90(3) 590-597   2015年12月   [査読有り]
Tomizawa K, Suda K, Takemoto T, Mizuno T, Kuroda H, Sakakura N, Iwasaki T, Sakaguchi M, Kuwano H, Mitsudomi T, Sakao Y
Thoracic cancer   6(6) 672-677   2015年11月   [査読有り]
Yoshioka H, Azuma K, Yamamoto N, Takahashi T, Nishio M, Katakami N, Ahn MJ, Hirashima T, Maemondo M, Kim SW, Kurosaki M, Akinaga S, Park K, Tsai CM, Tamura T, Mitsudomi T, Nakagawa K
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   26(10) 2066-2072   2015年10月   [査読有り]
Suda K, Murakami I, Sakai K, Mizuuchi H, Shimizu S, Sato K, Tomizawa K, Tomida S, Yatabe Y, Nishio K, Mitsudomi T
Scientific reports   5 14447   2015年9月   [査読有り]
Tomizawa K, Suda K, Takemoto T, Iwasaki T, Sakaguchi M, Kuwano H, Mitsudomi T
Thoracic cancer   6(5) 655-658   2015年9月   [査読有り]
Togashi Y, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Hayashi H, Terashima M, Sakai K, Banno E, Mizukami T, Nakamura Y, de Velasco MA, Fujita Y, Tomida S, Mitsudomi T, Nishio K
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   26(8) 1800-1801   2015年8月   [査読有り]
Suda K, Mitsudomi T
Archives of toxicology   89(8) 1227-1240   2015年8月   [査読有り]
Machiela MJ, Hsiung CA, Shu XO, Seow WJ, Wang Z, Matsuo K, Hong YC, Seow A, Wu C, Hosgood HD 3rd, Chen K, Wang JC, Wen W, Cawthon R, Chatterjee N, Hu W, Caporaso NE, Park JY, Chen CJ, Kim YH, Kim YT, Landi MT, Shen H, Lawrence C, Burdett L, Yeager M, Chang IS, Mitsudomi T, Kim HN, Chang GC, Bassig BA, Tucker M, Wei F, Yin Z, An SJ, Qian B, Lee VH, Lu D, Liu J, Jeon HS, Hsiao CF, Sung JS, Kim JH, Gao YT, Tsai YH, Jung YJ, Guo H, Hu Z, Hutchinson A, Wang WC, Klein RJ, Chung CC, Oh IJ, Chen KY, Berndt SI, Wu W, Chang J, Zhang XC, Huang MS, Zheng H, Wang J, Zhao X, Li Y, Choi JE, Su WC, Park KH, Sung SW, Chen YM, Liu L, Kang CH, Hu L, Chen CH, Pao W, Kim YC, Yang TY, Xu J, Guan P, Tan W, Su J, Wang CL, Li H, Sihoe AD, Zhao Z, Chen Y, Choi YY, Hung JY, Kim JS, Yoon HI, Cai Q, Lin CC, Park IK, Xu P, Dong J, Kim C, He Q, Perng RP, Kohno T, Kweon SS, Chen CY, Vermeulen RC, Wu J, Lim WY, Chen KC, Chow WH, Ji BT, Chan JK, Chu M, Li YJ, Yokota J, Li J, Chen H, Xiang YB, Yu CJ, Kunitoh H, Wu G, Jin L, Lo YL, Shiraishi K, Chen YH, Lin HC, Wu T, Wong MP, Wu YL, Yang PC, Zhou B, Shin MH, Fraumeni JF Jr, Zheng W, Lin D, Chanock SJ, Rothman N, Lan Q
International journal of cancer   137(2) 311-319   2015年7月   [査読有り]
Lee CK, Wu YL, Ding PN, Lord SJ, Inoue A, Zhou C, Mitsudomi T, Rosell R, Pavlakis N, Links M, Gebski V, Gralla RJ, Yang JC
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   33(17) 1958-1965   2015年6月   [査読有り]
Afatinib is especially effective against non-small cell lung cancer carrying an EGFR exon 19 deletion.
Banno E, Togashi Y, Kobayashi Y, Hayashi H, Mitsudomi T, Nishio K
Anticancer research   35(4) 2005-2008   2015年4月   [査読有り]
Suda K, Mitsudomi T
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   10(2) 230-231   2015年2月   [査読有り]
Kobayashi Y, Mitsudomi T, Sakao Y, Yatabe Y
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   26(1) 156-161   2015年1月   [査読有り]
Ebi H, Oze I, Nakagawa T, Ito H, Hosono S, Matsuda F, Takahashi M, Takeuchi S, Sakao Y, Hida T, Faber AC, Tanaka H, Yatabe Y, Mitsudomi T, Yano S, Matsuo K
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   10(1) 59-66   2015年1月   [査読有り]
Mizuuchi H, Suda K, Sato K, Tomida S, Fujita Y, Kobayashi Y, Maehara Y, Sekido Y, Nishio K, Mitsudomi T
PloS one   10(4) e0123901   2015年   [査読有り]
Mitsudomi T
The Lancet. Oncology   15(13) 1408-1409   2014年12月   [査読有り]
Suda K, Sato K, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Shimoji M, Tomizawa K, Takemoto T, Iwasaki T, Sakaguchi M, Mitsudomi T
Respiratory investigation   52(6) 322-329   2014年11月   [査読有り]
Suda K, Mizuuchi H, Sato K, Takemoto T, Iwasaki T, Mitsudomi T
International journal of cancer   135(4) 1002-1006   2014年8月   [査読有り]
Suda K, Mizuuchi H, Murakami I, Uramoto H, Tanaka F, Sato K, Takemoto T, Iwasaki T, Sekido Y, Yatabe Y, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   85(2) 147-151   2014年8月   [査読有り]
Mitsudomi T
Translational lung cancer research   3(4) 205-211   2014年8月   [査読有り]
Park KS, Raffeld M, Moon YW, Xi L, Bianco C, Pham T, Lee LC, Mitsudomi T, Yatabe Y, Okamoto I, Subramaniam D, Mok T, Rosell R, Luo J, Salomon DS, Wang Y, Giaccone G
The Journal of clinical investigation   124(7) 3003-3015   2014年7月   [査読有り]
Sato T, Teramukai S, Kondo H, Watanabe A, Ebina M, Kishi K, Fujii Y, Mitsudomi T, Yoshimura M, Maniwa T, Suzuki K, Kataoka K, Sugiyama Y, Kondo T, Date H, Japanese Association for Chest Surgery.
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   147(5) 1604-1611.e3   2014年5月   [査読有り]
Tomizawa K, Usami N, Fukumoto K, Sakakura N, Fukui T, Ito S, Hatooka S, Kuwano H, Mitsudomi T, Sakao Y
General thoracic and cardiovascular surgery   62(5) 308-313   2014年5月   [査読有り]
[Development of molecular targeted therapies in lung cancers].
Suda K, Mitsudomi T
Nihon Geka Gakkai zasshi   115(3) 130-136   2014年5月   [査読有り]
Ozeki N, Fukui T, Taniguchi T, Usami N, Kawaguchi K, Ito S, Sakao Y, Mitsudomi T, Hirakawa A, Yokoi K
European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   45(4) 687-692   2014年4月   [査読有り]
Fukatsu A, Ishiguro F, Tanaka I, Kudo T, Nakagawa K, Shinjo K, Kondo Y, Fujii M, Hasegawa Y, Tomizawa K, Mitsudomi T, Osada H, Hata Y, Sekido Y
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   83(1) 23-29   2014年1月   [査読有り]
Kobayashi Y, Sakao Y, Deshpande GA, Fukui T, Mizuno T, Kuroda H, Sakakura N, Usami N, Yatabe Y, Mitsudomi T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   83(1) 61-66   2014年1月   [査読有り]
Suda K, Mitsudomi T
Progress in tumor research   41 62-77   2014年   [査読有り]
Suda K, Sato K, Shimizu S, Tomizawa K, Takemoto T, Iwasaki T, Sakaguchi M, Mitsudomi T
BioMed research international   2014 645681   2014年   [査読有り]
Kobayashi Y, Fukui T, Ito S, Shitara K, Ito S, Hatooka S, Mitsudomi T
Surgery today   43(12) 1382-1389   2013年12月   [査読有り]
Ito H, Gallus S, Hosono S, Oze I, Fukumoto K, Yatabe Y, Hida T, Mitsudomi T, Negri E, Yokoi K, Tajima K, La Vecchia C, Tanaka H, Matsuo K
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   24(11) 2870-2875   2013年11月   [査読有り]
Suda K, Mitsudomi T
Molecular cancer research : MCR   11(10) 1125-1128   2013年10月   [査読有り]
Kobayashi Y, Mitsudomi T
Translational lung cancer research   2(5) 354-363   2013年10月   [査読有り]
Yamada T, Takeuchi S, Fujita N, Nakamura A, Wang W, Li Q, Oda M, Mitsudomi T, Yatabe Y, Sekido Y, Yoshida J, Higashiyama M, Noguchi M, Uehara H, Nishioka Y, Sone S, Yano S
Oncogene   32(37) 4427-4435   2013年9月   [査読有り]
Kobayashi R, Mori S, Wakai K, Fukumoto K, Saito T, Katayama T, Nakata J, Fukui T, Ito S, Abe T, Hatooka S, Hosoda R, Mitsudomi T
Surgery today   43(9) 963-969   2013年9月   [査読有り]
Kobayashi Y, Sakao Y, Ito S, Park J, Kuroda H, Sakakura N, Usami N, Mitsudomi T, Yatabe Y
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   8(8) e75-8   2013年8月   [査読有り]
Asamura H, Hishida T, Suzuki K, Koike T, Nakamura K, Kusumoto M, Nagai K, Tada H, Mitsudomi T, Tsuboi M, Shibata T, Fukuda H, Japan Clinical Oncology Group Lung Cancer Surgical Study Group.
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   146(1) 24-30   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
肺癌診療の最近の話題
光冨 徹哉
日本禁煙学会学術総会プログラム・抄録集   12回 32-32   2018年11月
肺切除術症例に対し訪問看護介入が不安・抑うつに与える影響
地案 菜月, 前田 和成, 武本 智樹, 富沢 健二, 岡島 聡, 岡島 章子, 井関 歩, 石田 匡弘, 岸本 英樹, 光冨 徹哉
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   28(Suppl.) 264s-264s   2018年10月
肉芽腫様所見を伴った縦隔腫瘍の2例
大谷 知之, 清水 重喜, 榎木 英介, 佐藤 隆夫, 伊藤 彰彦, 林 秀敏, 中川 和彦, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   58(5) 380-381   2018年10月
早期非小細胞肺がんにおけるPD-L1発現 腫瘍発生部位に着目した検討
須田 健一, 下治 正樹, 西野 将矢, 藤野 智大, 古賀 教将, 小原 秀太, 千葉 眞人, 武本 智樹, 清水 重喜, 光冨 徹哉
肺癌   58(6) 511-511   2018年10月
肺切除後における訪問看護ステーションとの連携の有用性の検討
武本 智樹, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 光冨 徹哉
肺癌   58(6) 556-556   2018年10月
原発性肺癌切除例における術前D-dimer値の臨床的意義の検討
小原 秀太, 富沢 健二, 小林 祥久, 古賀 教将, 西原 将矢, 佐藤 克明, 藤野 智大, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   58(6) 557-557   2018年10月
In vitroモデルにおけるMET Exon14 mutationに対する最適なMET-TKIの探索
藤野 智大, 須田 健一, 小林 祥久, 古賀 教将, 西野 将矢, 小原 秀太, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   58(6) 602-602   2018年10月
臨床病期I期の肺神経内分泌癌切除症例の検討
古賀 教将, 須田 健一, 吉本 健太郎, 小原 秀太, 藤野 智大, 西野 将矢, 千葉 眞人, 下治 正樹, 白石 健治, 池田 公英, 脇本 譲二, 森 毅, 武本 智樹, 久保田 伊知郎, 鈴木 実, 光冨 徹哉
肺癌   58(6) 722-722   2018年10月
【がんのPrecision Medicine(精密医療)-SCRUM-Japanの取り組みを中心に-】 がんのPrecision Medicineとは何か
藤野 智大, 須田 健一, 光冨 徹哉
Progress in Medicine   38(9) 953-957   2018年9月
肺がんにおけるEGFR遺伝子変異の生物学的臨床的意義(Biological and clinical implications of EGFR mutation in lung cancer)
光冨 徹哉
日本癌学会総会記事   77回 1776-1776   2018年9月
一次治療オシメルチニブに対する耐性二次変異の検討(In vitro evaluation of EGFR secondary mutations at front-line osimertinib progression in lung cancers)
西野 将矢, 須田 健一, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本癌学会総会記事   77回 1883-1883   2018年9月
【術前・術後補助化学療法の現在とこれから】 非小細胞肺がんにおける分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬を用いた周術期補助療法
光冨 徹哉
臨床腫瘍プラクティス   14(3) 209-215   2018年8月
<View Points!>▼現在の標準のプラチナ2剤の術後補助療法の効果は乏しく、新しい治療薬を用いた周術期治療の臨床試験が多く行われている。▼アジュバント治療としてのベバシズマブ、MAGEワクチンの効果は全く認められなかった。▼EGFR変異肺がんに対してゲフィチニブ術後治療は化学療法と比較して無病生存期間を延長したが、全生存期間に対する効果は不明である。▼免疫チェックポイント阻害薬による術前、あるいは術後補助療法の臨床試験は現在進行中であるが、IV期肺がんに対する臨床効果から治癒率を向...
高濱隆幸, 光冨徹哉
月刊腫瘍内科   19(5) 512‐518-518   2017年5月
転移性肺腫瘍が疑われた肺原発の類上皮血管内皮腫の1切除例
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉, 清水 重喜
肺癌   58(2) 155-156   2018年4月
間質性肺炎合併肺癌患者の術後急性増悪に関する前向き研究(REVEAL-IP)進捗状況の報告
佐藤 寿彦, 伊達 洋至, 岡田 守人, 鈴木 健司, 近藤 晴彦, 吉野 一郎, 中島 淳, 奥村 明之進, 光冨 徹哉, 関根 郁夫, 坂本 晋, 岸 一馬, 本間 栄, 日本呼吸器外科学会REVEAL-IPワーキンググループ
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) np5-np5   2018年4月
肺野型早期肺癌に対する縮小切除の有用性に関する検証的試験(JCOG0804/WJOG4507L)
中川 加寿夫, 鈴木 健司, 若林 将史, 津谷 康大, 高持 一矢, 伊藤 宏之, 岡見 次郎, 青木 正, 青景 圭樹, 佐治 久, 岡田 守人, 坪井 正博, 守屋 康充, 吉野 一郎, 光冨 徹哉, 淺村 尚生, 渡辺 俊一, JCOG肺がん外科グループ
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) PS-1   2018年4月
高橋 新, 宮田 裕章, 光冨 徹哉
日本病院薬剤師会雑誌   53(4) 395-398   2017年4月
原発性肺癌術後のせん妄予測における入院時スクリーニング評価の有用性
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P1-1   2018年4月
【肺がん】 肺がん治療の今
光冨 徹哉, 瀬戸 貴司
アニムス   22(3) 3-12   2017年7月
【診断と治療のABC[123]呼吸器腫瘍】 (第4章)治療 肺がん治療の歴史と展望 非小細胞肺がんを中心に
光冨 徹哉
最新医学   別冊(呼吸器腫瘍) 90-101   2017年6月
20世紀当初は肺がんの診断は即,死を意味していたが,まず外科治療,次いで放射線や薬物治療が開発され,肺がんの予後は徐々に改善していった.21世紀に入ってからは肺がんの分子生物学的理解による分子標的治療の発展は目覚ましく,治癒は困難としても,より慢性的な疾患へ変貌させることが可能となった.さらに2010年以降,免疫チェックポイント阻害薬による治療が,一部の肺がんで目覚ましい治療効果を挙げることが明らかにされた.(著者抄録)
清水重喜, 清水重喜, 筑後考章, 筑後考章, 武本智樹, 田中伴典, 田中伴典, 榎木英介, 榎木英介, 榎木英介, 前西修, 前西修, 木村雅友, 木村雅友, 伊藤彰彦, 光冨徹哉, 佐藤隆夫
日本病理学会会誌   106(1) 428-428   2017年3月
右上葉切除術後の中葉無気肺症例の臨床的特徴
富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P1-6   2018年4月
Uniportal VATS導入のための工夫 Shanghai Pulmonary Hospitalでの研修とウェットラボでの実験を踏まえて
千葉 眞人, 武本 智樹, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 下治 正樹, 須田 健一, 富沢 健二, Young Timothy, Gonzalez Rivas Diego, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P75-6   2018年4月
須田健一, 光冨徹哉
胸部外科   70(1) 4‐8-8   2017年1月
外科的切除を行った胸膜播種、悪性胸水を伴う肺癌手術症例の検討
藤野 智大, 富沢 健二, 小原 秀太, 古賀 教将, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P79-8   2018年4月
pT3NO-1非小細胞肺癌根治切除例におけるT因子の検討
西野 将矢, 富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P80-6   2018年4月
臨床病期I期小細胞肺癌切除症例の検討
古賀 教将, 富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 白石 健治, 吉本 健太郎, 池田 公英, 脇本 譲二, 森 毅, 武本 智樹, 久保田 伊知郎, 鈴木 実, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P81-4   2018年4月
【肺癌治療の進歩-最新の基礎と臨床研究状況-】 最新の臨床研究 肺癌の治療 手術と術前・術後補助療法の進歩
富沢 健二, 光冨 徹哉
日本臨床   75(7) 1085-1090   2017年7月
肺腺癌の前癌病変におけるCT画像所見 浸潤癌への進行の遺伝子的考察
小林 祥久, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 CSS-7   2017年4月
須田健一, 須田健一, 光冨徹哉
肺癌(Web)   57(2) 69‐74(J‐STAGE)-74   2017年4月
上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を有する肺癌は、本邦を含む東アジア人で頻度が高い。ここ数年、肺癌領域でも癌免疫治療の発展とその臨床応用が大きな注目を集めているが、EGFR変異肺癌には現在の癌免疫治療薬はあまり有効ではないとされている。したがって、EGFR変異肺癌に対してはこれまで同様、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKIs)を主軸とした治療戦略の構築が重要である。2005年のT790M二次変異の報告以降、T790M変異を克服し得るEGFR-TKIsも数多く開発されており...
Ki-67発現陽性肺癌の臨床病理学的特徴
下治 正樹, 清水 重喜, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 佐藤 克明, 小林 祥久, 千葉 眞人, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-147   2017年4月
原発性肺癌患者における予後栄養指数の検討
瀬角 裕一, 武本 智樹, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-150   2017年4月
空洞形成を伴う原発性肺腺癌切除例の臨床病理学的特徴
富沢 健二, 小原 秀太, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-150   2017年4月
【IV期非小細胞肺癌への新しいアプローチ】 非扁平上皮癌 ALK遺伝子転座陽性例への薬物治療 治療開始からラストラインまで
小林 祥久, 光冨 徹哉
臨床腫瘍プラクティス   13(1) 16-20   2017年2月
<View Points!>ALK融合遺伝子陽性肺がんは非小細胞肺癌の約3〜5%を占め、腺癌、非喫煙者、比較的若年に多い。EGFR遺伝子に次いで分子標的治療が確立したサブタイプである。クリゾチニブは、従来の標準化学療法よりも無増悪生存期間を延長した。第二世代ALK阻害薬のアレクチニブとセリチニブは、クリゾチニブ耐性症例にも約6割で奏効する。ALK阻害薬未治療症例に対してアレクチニブはクリゾチニブよりも無増悪生存期間を延長した。現在のエビデンスからは、一次治療でアレクチニブ(推奨度A)を投与...
非小細胞肺がんにおける受容体型チロシンキナーゼ遺伝子変異の機能解析
寺嶋 雅人, 冨樫 庸介, 佐藤 克明, 水内 寛, 坂井 和子, 須田 健一, 中村 雄, 坂野 恵里, 林 秀敏, デベラス・マルコ, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 光冨 徹哉, 西尾 和人
近畿大学医学雑誌   41(3-4) 20A-20A   2016年12月
Basic Scienceと外科 分子標的治療時代の肺がんの外科
光冨 徹哉
日本外科学会雑誌   117(6) 630-631   2016年11月
ALK陽性肺癌を対象としたアレクチニブ(ALC)とクリゾチニブ(CRZ)の比較第III相試験(J-ALEX試験)
東 公一, 樋田 豊明, 軒原 浩, 近藤 征史, 金 永学, 瀬戸 貴司, 滝口 裕一, 西尾 誠人, 吉岡 弘鎮, 今村 文生, 堀田 勝幸, 渡部 聡, 後藤 功一, 中川 和彦, 光冨 徹哉, 山本 信之, 田中 智宏, 田村 友秀
肺癌   56(6) 432-432   2016年11月
間質性肺炎合併肺癌・急性増悪の制御 術後急性増悪は予測できるのか 前向きリスクスコア検証研究
佐藤 寿彦, 伊達 洋至, 岡田 守人, 中島 淳, 光冨 徹哉, 吉野 一郎, 山本 信之, 関根 郁夫, 近藤 晴彦, 鈴木 健司, 杉野 圭史, 岸 一馬, 本間 栄, 奥村 明之進
肺癌   56(6) 461-461   2016年11月
稀なEGFR遺伝子の耐性二次変異(L747S、D761Y、T854A)における各種EGFR-TKIの感受性
千葉 眞人, 冨樫 庸介, 光冨 徹哉, 西尾 和人
肺癌   56(6) 514-514   2016年11月
アファチニブ獲得耐性機序としてのEGFR二次変異T790M、L792F、C797Sの特徴
小林 祥久, 東 公一, 永井 宏樹, 金 永学, 冨樫 庸介, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 西平 守道, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 西尾 和人, 光冨 徹哉
肺癌   56(6) 532-532   2016年11月
肺がん医療向上委員会の活動と今後の課題 web-poll結果から
澤 祥幸, 中西 洋一, 清水 英治, 鈴木 実, 瀬戸 貴司, 滝口 裕一, 中川 和彦, 伊藤 眞由美, 柳澤 昭浩, 光冨 徹哉, 日本肺癌学会肺がん医療向上委員会
肺癌   56(6) 554-554   2016年11月
空洞を有する原発性肺癌切除例の検討
富沢 健二, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 西平 守道, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   56(6) 629-629   2016年11月
肺癌術後に在宅酸素療法(HOT)導入を要した症例の臨床的特徴
武本 智樹, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 西平 守道, 佐藤 克明, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉
肺癌   56(6) 763-763   2016年11月
EGFR変異を有する非小細胞肺癌細胞株における、ダサチニブによる上皮間葉転換を介したEGFR-TKI獲得耐性の抑制
瀬角 裕一, 富沢 健二, 小林 祥久, 光冨 徹哉
日本癌学会総会記事   75回 P-2355   2016年10月
小林祥久, 西野将矢, 瀬角裕一, 佐藤克明, 千葉眞人, 下治正樹, 富沢健二, 武本智樹, 光冨徹哉
日本呼吸器外科学会総会(Web)   34th(3) ROMBUNNO.SP2‐6 (WEB ONLY)-6   2017年4月
西野将矢, 富沢健二, 瀬角裕一, 小林祥久, 佐藤克明, 千葉眞人, 下治正樹, 武本智樹, 光冨徹哉
日本外科学会定期学術集会(Web)   117th ROMBUNNO.PS‐150‐6 (WEB ONLY)-150   2017年4月
武本智樹, 西野将矢, 瀬角裕一, 小林祥久, 佐藤克明, 千葉眞人, 下治正樹, 富沢健二, 光冨徹哉
日本外科学会定期学術集会(Web)   117th ROMBUNNO.PS‐064‐2 (WEB ONLY)-064   2017年4月
次世代のための呼吸器外科トレーニングシステム 日本呼吸器外科学会が行っている呼吸器外科教育システムと今後の展望
横井 香平, 光冨 徹哉, 中村 廣繁, 岩崎 昭憲, 岡田 守人, 千田 雅之
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 426-426   2018年4月
肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定
武田 真幸, 坂井 和子, 林 秀敏, 田中 薫, 高濱 隆幸, 吉田 健史, 岩朝 勤, 光冨 徹哉, 伊藤 彰彦, 西尾 和人, 中川 和彦
日本癌学会総会記事   75回 J-1063   2016年10月
原発性肺癌術後の脳転移に対する頭部MRIスクリーニング
富沢 健二, 藤野 智大, 小原 秀太, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2159-2159   2018年4月
EGFR-TKI獲得耐性に伴う上皮間葉転換(EMT)におけるCD44の役割
須田 健一, 村上 功, Kim Jihye, Rivard Christopher J., 光冨 徹哉, Hirsch Fred R.
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2163-2163   2018年4月
原発性肺癌切除例における術前フィブリノゲン値の臨床的意義の検討
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2522-2522   2018年4月
臨床病期I期小細胞肺癌切除症例の検討
古賀 教将, 富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 白石 健治, 吉本 健太郎, 池田 公英, 脇本 譲二, 森 毅, 武本 智樹, 久保田 伊知郎, 鈴木 実, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P81-4   2018年4月
pT3NO-1非小細胞肺癌根治切除例におけるT因子の検討
西野 将矢, 富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P80-6   2018年4月
外科的切除を行った胸膜播種、悪性胸水を伴う肺癌手術症例の検討
藤野 智大, 富沢 健二, 小原 秀太, 古賀 教将, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P79-8   2018年4月
Uniportal VATS導入のための工夫 Shanghai Pulmonary Hospitalでの研修とウェットラボでの実験を踏まえて
千葉 眞人, 武本 智樹, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 下治 正樹, 須田 健一, 富沢 健二, Young Timothy, Gonzalez Rivas Diego, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P75-6   2018年4月
右上葉切除術後の中葉無気肺症例の臨床的特徴
富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 古賀 教将, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P1-6   2018年4月
原発性肺癌術後のせん妄予測における入院時スクリーニング評価の有用性
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) P1-1   2018年4月
肺野型早期肺癌に対する縮小切除の有用性に関する検証的試験(JCOG0804/WJOG4507L)
中川 加寿夫, 鈴木 健司, 若林 将史, 津谷 康大, 高持 一矢, 伊藤 宏之, 岡見 次郎, 青木 正, 青景 圭樹, 佐治 久, 岡田 守人, 坪井 正博, 守屋 康充, 吉野 一郎, 光冨 徹哉, 淺村 尚生, 渡辺 俊一, JCOG肺がん外科グループ
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) PS-1   2018年4月
間質性肺炎合併肺癌患者の術後急性増悪に関する前向き研究(REVEAL-IP)進捗状況の報告
佐藤 寿彦, 伊達 洋至, 岡田 守人, 鈴木 健司, 近藤 晴彦, 吉野 一郎, 中島 淳, 奥村 明之進, 光冨 徹哉, 関根 郁夫, 坂本 晋, 岸 一馬, 本間 栄, 日本呼吸器外科学会REVEAL-IPワーキンググループ
日本呼吸器外科学会雑誌   32(3) np5-np5   2018年4月
転移性肺腫瘍が疑われた肺原発の類上皮血管内皮腫の1切除例
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉, 清水 重喜
肺癌   58(2) 155-156   2018年4月
原発性肺癌切除例における術前フィブリノゲン値の臨床的意義の検討
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 古賀 教将, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 須田 健一, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2522-2522   2018年4月
Remitting Seronegative Symmetrical Synovitis with Pitting Edema Syndrome(RS3PE症候群)を契機に発見された肺癌の1切除例
小原 秀太, 武本 智樹, 小林 祥久, 佐藤 克明, 富沢 健二, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   32(2) 136-140   2018年3月
67歳・男性。左右対称性の手・肘関節痛と両手の浮腫を自覚し近医を受診した。リウマチ疑いで紹介された病院でRemitting Seronegative Symmetrical Synovitis with Pitting Edema Syndrome(RS3PE症候群)と診断された。この症候群は悪性腫瘍の合併が多いことが知られており、全身検索の結果、肺癌が診断され、手術目的で当院に紹介された。CTで右肺上葉に1.3cmの充実性結節を認め、経気管支肺生検で腺癌と診断した。リンパ節や他臓器に転移...
術前放射線化学療法にて病理学的完全奏効した肺尖部胸壁浸潤癌の1切除例
西野 将矢, 富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 瀬角 裕一, 古賀 教将, 佐藤 克明, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
癌と化学療法   45(1) 103-105   2018年1月
症例は73歳、女性。近医での胸部単純X線にて右上肺野に胸部異常陰影を指摘され、当院へ紹介された。胸部CTで右肺尖部に胸壁浸潤を伴う長径3.5cmの腫瘍を認め、CTガイド下生検で扁平上皮癌と診断された。肺尖部胸壁浸潤癌、cT3N0M0、cStage IIBの診断で、術前放射線化学療法(CBDCA+PTX療法を4コース、放射線治療45Gy/25Fr)を同時併用で施行した。効果判定の胸部CTでは腫瘍は長径2.3cmと縮小を認め、部分奏効(縮小率34%)と判定した。右肺上葉切除、胸壁(第1〜3肋骨...
アミロイド沈着を認めた肺原発MALTリンパ腫の1切除例
小原 秀太, 富沢 健二, 藤野 智大, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉, 清水 重喜
肺癌   57(7) 890-890   2017年12月
【分子標的療法は外科治療をどう変えるか】 肺癌
須田 健一, 光冨 徹哉
日本外科学会雑誌   118(6) 616-621   2017年11月
2002年9月のゲフィチニブの承認を皮切りに、本邦でも数多くの非小細胞肺癌に対する分子標的治療薬が臨床応用されてきた。現在では、進行・再発期の非小細胞肺癌の治療において、分子標的治療薬はもはや必要不可欠な薬剤となっている。これらの分子標的治療薬を、術前または術後補助療法に応用する試みは自然な流れであり、現在も多くの臨床試験が進行・計画中である。一方、進行期の非小細胞肺癌の治療では、分子標的治療薬を用いた薬物療法の前後でしばしば生検が行われ、生検結果に基づいた治療薬の選択が行われることも多い...
【がん転移学(上)-がん転移のメカニズムと治療戦略:その基礎と臨床-】 がん転移学の基礎研究 がんの発生進展の分子機構 非小細胞肺癌の分子機構
須田 健一, 光冨 徹哉
日本臨床   75(増刊8 がん転移学(上)) 164-168   2017年11月
繰り返す血痰を契機に発見された左肺底動脈大動脈起始症の1例
中野 省吾, 下治 正樹, 小原 秀太, 藤野 智大, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 千葉 眞人, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 943-943   2017年10月
分子標的治療で変わった癌治療 肺癌の分子標的治療の進歩と将来展望
光冨 徹哉
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 SY3-2   2017年10月
肺切除術施行患者に対し、在宅呼吸リハビリテーションが有効であった一症例
岡島 章子, 前田 和成, 富沢 健二, 東本 有司, 岡島 聡, 井関 歩, 地案 菜月, 白石 匡, 岸本 英樹, 光冨 徹哉
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27(Suppl.) 281s-281s   2017年10月
【複合がん免疫療法】 肺がんにおけるEGFR遺伝子変異と免疫チェックポイント阻害薬
林 秀敏, 光冨 徹哉
癌と化学療法   44(9) 722-726   2017年9月
進行非小細胞肺がん(NSCLC)において、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1/PD-L1抗体は従来の化学療法を上回る治療成績を示し、治療体系のパラダイムシフトを引き起こした。しかしEGFR遺伝子変異陽性NSCLCでは、その有効性は一般に乏しいことが報告されている。その理由として、non-synonymous mutation数やEGFR pathwayの活性化によるTILsの抑制などが考えられる。ただしEGFR-TKI耐性を生じた症例の一部では、抗PD-1/PD-L1抗体が有効な可...
まれなEGFR遺伝子変異L861QおよびS768I陽性非小細胞性肺癌に対する最適なEGFR阻害剤の選択
坂野 恵里, 冨樫 庸介, 中村 雄, 千葉 眞人, 小林 祥久, 林 秀敏, 谷崎 潤子, 寺嶋 雅人, デ・ベラスコ・マルコ A., 坂井 和子, 藤田 至彦, 光冨 徹哉, 西尾 和人
日本癌学会総会記事   76回 YSA-4   2017年9月
肺癌においてペメトレキセドが次のEGFRチロシンキナーゼ阻害剤治療に及ぼす影響
小林 祥久, 冨田 秀太, 瀬角 裕一, 富沢 健二, 光冨 徹哉
日本癌学会総会記事   76回 J-3057   2017年9月
肺野末梢小型非小細胞肺癌に対する区域切除と肺葉切除の安全性に関する検討 JCOG0802/WJOG4607Lより
青木 正, 鈴木 健司, 佐治 久, 渡辺 俊一, 岡田 守人, 水澤 純基, 中嶋 隆, 坪井 正博, 中村 慎一郎, 光冨 徹哉, 淺村 尚生, JCOG肺がん外科グループ
肺癌   57(5) 350-350   2017年9月
前治療歴のあるT790M変異陽性進行非小細胞肺癌患者におけるOsimertinib 第II相2試験の結果
樋田 豊明, 平島 智徳, 里内 美弥子, 西尾 誠人, 加藤 晃史, 酒井 洋, 今村 文生, 木浦 勝行, 岡本 勇, 笠原 寿郎, 内田 寛彦, 光冨 徹哉
肺癌   57(5) 353-353   2017年9月
Treatment strategy for stage IIIA-N2 non-small cell lung cancer 臨床病期III期非細胞肺癌根治的放射線照射後サルベージ手術の検討
嶋田 善久, 鈴木 健司, 岡田 守人, 伊藤 宏之, 中山 治彦, 光冨 徹哉, 佐治 久, 坪井 正博, 池田 徳彦
肺癌   57(5) 360-360   2017年9月
扁平上皮肺癌に対する薬物療法 新たな展開 扁平上皮肺癌のアクショナブルな遺伝子異常
西尾 和人, 金田 裕靖, 谷崎 潤子, 坂井 和子, 高濱 隆幸, 武田 真幸, 光冨 徹哉, 中川 和彦, 岡本 勇
肺癌   57(5) 371-371   2017年9月
遺伝子診断を加味した画像診断 肺癌術後再発形式とEGFR遺伝子変異の関連
小林 祥久, 佐藤 克明, 富沢 健二, 小原 秀太, 藤野 智大, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   57(5) 373-373   2017年9月
分子標的治療の最大効果を目指して ALKとalectinibによるNSCLC前処置患者におけるceritinibの日本での第2相試験(Japan phase 2 study of ceritinib in patients with ALK + NSCLC pre-treated with alectinib: ASCEND-9)
堀之内 秀仁, 前門戸 任, 樋田 豊明, 武田 真幸, 堀田 勝幸, 平井 文彦, 金 永学, 松本 慎吾, 光冨 徹哉, 瀬戸 貴司, 茂泉 早苗, 徳茂 広太, 波多野 弁, 西尾 誠人
肺癌   57(5) 385-385   2017年9月
慢性血液透析中の原発性肺癌切除例における致死的合併症
富沢 健二, 小原 秀太, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   57(5) 448-448   2017年9月
当院における肺癌サルベージ手術の検討
武本 智樹, 小原 秀太, 藤野 智大, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉
肺癌   57(5) 520-520   2017年9月
富沢健二, 光冨徹哉
日本臨床   75(7) 1085‐1090   2017年7月
【肺癌治療の進歩-最新の基礎と臨床研究状況-】 最新の臨床研究 肺癌の治療 手術と術前・術後補助療法の進歩
富沢 健二, 光冨 徹哉
日本臨床   75(7) 1085-1090   2017年7月
肺癌周術期におけるリハビリ介入下での身体活動量の変化の検討
武本 智樹, 佐藤 克明, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉, 東本 有司, 福田 寛二, 水澤 裕貴, 釜田 千聡, 前田 和成
肺癌   57(3) 240-240   2017年6月
術後乳び胸に対しリピオドールによるリンパ節造影を施行した2例
佐藤 克明, 富沢 健二, 瀬角 裕一, 西野 将也, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   57(3) 244-244   2017年6月
原発性肺癌切除例におけるsingle station pN1-2と予後
富沢 健二, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   57(3) 245-245   2017年6月
一期的に大網充填により閉鎖し得た術後気管支断端瘻の1例
下治 正樹, 西野 将矢, 佐藤 克明, 小林 祥久, 千葉 眞人, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉
肺癌   57(3) 245-245   2017年6月
甲状腺と不連続ないわゆるcomplete intrathoracic goiterの1例
幕谷 悠介, 武本 智樹, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 佐藤 克明, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉
肺癌   57(3) 251-251   2017年6月
FGFR遺伝子異常を有する肺扁平上皮癌の術後再発生存期間に対する影響とマルチキナーゼ阻害薬に対する感受性
西尾 和人, 金田 裕靖, 谷崎 潤子, 坂井 和子, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, デベラスコ・マルコ, 藤田 至彦, 坂野 恵里, 中村 雄, 武田 真幸, 伊藤 彰彦, 光冨 徹哉, 中川 和彦, 岡本 勇
肺癌   57(3) 253-253   2017年6月
限局型上皮型中皮腫との鑑別に難渋した胸膜原発adenomatoid tumorの1切除例
大塚 康生, 武本 智樹, 幕谷 悠介, 家根 由典, 西野 将矢, 佐藤 克明, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉, 清水 重喜, 筑後 孝章
肺癌   57(3) 255-255   2017年6月
紡錘細胞癌、扁平上皮癌、軟骨肉腫、骨肉腫、および横紋筋肉腫の成分からなるCarcinosarcomaの1例
清水 重喜, 榎木 英介, 佐藤 隆夫, 富沢 健二, 光冨 徹哉
肺癌   57(3) 256-256   2017年6月
【肺がん、頭頸部がん】 非小細胞肺がんに対するバイオマーカー診断の進め方(EGFR、ALK、ROS1、PD-L1)
高濱 隆幸, 光冨 徹哉
腫瘍内科   19(5) 512-518   2017年5月
術後急性増悪は予測できるのか 前向きリスクスコア検証研究
佐藤 寿彦, 伊達 洋至, 光冨 徹哉, 関根 郁夫, 杉野 圭史, 岸 一馬, 本間 栄, 岡田 守人, 中島 淳, 鈴木 健司, 近藤 晴彦, 吉野 一郎, 奥村 明之進
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) np7-np7   2017年4月
原発性肺癌切除例におけるnodal station分類の有用性
富沢 健二, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 千葉 眞人, 佐藤 克明, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) O24-2   2017年4月
病理病期1期の原発性肺癌患者における予後栄養指数の検討
瀬角 裕一, 武本 智樹, 西野 将矢, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) P7-7   2017年4月
術後30日以内に再入院が必要となった肺癌手術症例の検討
千葉 眞人, 西野 将矢, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 佐藤 克明, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) P85-2   2017年4月
原発性肺腺癌切除例における血清KL-6値の臨床病理学的意義
西野 将矢, 富沢 健二, 瀬角 裕一, 小林 祥久, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 武本 智樹, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) P16-4   2017年4月
COPD合併cStage IA非小細胞肺癌の臨床的特徴と予後因子解析
武本 智樹, 小原 秀太, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 佐藤 克明, 小林 祥久, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 光冨 徹哉
日本呼吸器外科学会雑誌   31(3) P56-7   2017年4月
分子標的治療 T790M陽性進行性NSCLC患者におけるCNSのosimertinibに対する応答 2つの第II相試験の統合データ(CNS response to osimertinib in patients with T790M-positive advanced NSCLC: pooled data from two Phase II trials)
光冨 徹哉, 内田 寛彦, Cantarini Mireille
日本呼吸器学会誌   6(増刊) 129-129   2017年3月
脂肪組織への進展を認め、悪性中皮腫との鑑別が問題となった胸膜Adenomatoid tumorの1例
清水 重喜, 筑後 孝章, 武本 智樹, 田中 伴典, 榎木 英介, 前西 修, 木村 雅友, 伊藤 彰彦, 光冨 徹哉, 佐藤 隆夫
日本病理学会会誌   106(1) 428-428   2017年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 光冨 徹哉
日本人肺癌の30-40%をしめる上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFRチロシンキナーゼ阻害剤の治療効果はすでに確立している。しかしほとんどすべての症例で耐性を獲得する。本研究の第1の目的はこの耐性機序を明らかとし、その克服をめざすことであり、本年度は下記の成果を得た。DEGFRキナーゼ阻害剤獲得耐性における上皮間葉転換の関与の同定EGFR変異を有するHCC4006肺癌細胞株をErlotinibに長期曝露させることによりErlotinib耐性株を樹立、親株と耐性株を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 谷田部 恭
i)前癌病変、上皮内腺癌の検討,ii)重複病変の解析,iii)組織内遺伝子異常の多様性,iv)分子病理学的鑑別診断への応用の4つの分野について、肺腺癌における分子生物学的分類を本にした解析を行った。i)については、世界肺癌学会の病理パネル委員として、上皮内癌・微小浸潤癌の定義を提唱し、新腺癌分類に盛り込むことができた。ii)については、遺伝子変異で特徴づけられた腺癌50例についてSNP arrayを用いた解析を現在も進行中であり、その結果を用いて重複病変の分子生物学的な特性について解明した...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 光冨 徹哉
EGFR遺伝子変異を有する肺がんにはEGFRチロシンキナーゼ阻害剤が著効する。しかし、いずれは耐性を獲得する。また、多くの肺がんはこのような初期の治療標的すら明らかでない。本研究では、頻度は少ないが、HER2やMET遺伝子異常が肺がんの新規治療標的の可能性があること、耐性獲得においてEGFR遺伝子の二次変異T790MとMET遺伝子増幅が、相補的な関連にあること、等を明らかした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 三宅 正幸
siRNAで、CD151を中心としたインテグリン・テトラスパニン複合構成体を抑制、崩壊させることに成功した。さらに、CD151のノックアウトを行った後にMRP-1/CD9、KAI1/CD82の遺伝子治療によるカクテル療法を細胞株で行い、in vitroレベルでは、成功した。しかし、これらの細胞株を、ヌードマウスに生着させ、in vivoで数度のカクテル療法を行ったが、失敗に終わった。スキッドマウスでは、成功したので、この原因は、遺伝子導入におけるウイルスベクターの使用によるウイルス抗原に対...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 高橋 隆
本研究はマイクロNAと蛋白の発現プロファイルに着目し、4個のマイクロRNAの発現情報に基づく予後診断モデルの構築に成功するとともに、マイクロRNAと蛋白の両者の発現情報を加味したさらに高精度な予測モデルの構築にも成功した。一方、血液試料を用いた癌の早期発見を目指した膵臓癌のMALDI-MS解析による存在診断については、膵臓癌を7個の蛋白の発現量をもとに感度73%、特異度94%の高精度で検出可能とする診断システムの構築に成功した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 光冨 徹哉
上皮成長因子受容体(EGFR)のチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)は,肺腺癌のEGFR遺伝子変異がある症例を中心に劇的な奏効が得られている.しかしながら,効果予測因子としての意義はいまだ確立したとはいえず,EGFR遺伝子以外の様々な分子の解析が患者選択への応用という面からも重要である.本研究では肺癌の個別化医療を実現するためEGFRとその周辺分子の解析と臨床像の関連についての解析を行うこととした.KRAS,PIK3CA,PTENとゲフィチニブ感受性についての検討:78例中9例にKRASの変異...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 徳原 孝洋
細胞運動を抑制するマウスモノクローナル抗体を作製し、その遺伝子クローニングすることで、Aminopeptidase N(APN)を同定した。APNはメタロプロテアーゼに属し、ペプチドの加水分解の最終段階で重要な役割を果たしている。現在までに我々は、APNが細胞外マトリックスへの浸潤と基底膜の破壊をきたし、癌細胞運動および血管新生の過程で、癌の転移形成、進展に関わっていることを明らかにした。更に、APN強発現の肺癌・膵癌・大腸癌患者は予後不良となることを明らかにした。以上のことからAPNを抑...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 光冨 徹哉
本研究開始直後の2004年4月に肺癌における上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の突然変異が発見された。従って、分子生物学的な解析はEGFR、K-ras、p53、PIK3CA遺伝子の突然変異と臨床像との関連を明らかにすることを中心に行った。277例の肺癌におけるEGFR遺伝子突然変異は111/277例(40%)に認められた。頻度が高いものはエクソン19の欠失変異(52例、47%)と、エクソン21のコドン858の点突然変異(49例、44%)であった。臨床病理学的因子別には、女性59%、男性2...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 高橋 隆
本研究において我々は、一年間に5万人を超える人命を奪っている代表的な難治癌である肺癌を対象に、高精度のゲノミクス・プロテオミクス解析能力を活用し、外科切除症例の各々の腫瘍が示す網羅的遺伝子及び蛋白発現プロファイル情報の取得とバイオインフォマティクス処理を進めた。その結果、肺非小細胞癌とくに肺腺癌について、従前の形態学的分類法では不明であった多様性を、遺伝子発現プロファイルに基づいた分子診断によって浮き彫りにすることに成功した。さらに、外科切除後における再発・死亡の予測へと応用すべく解析を発...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 光冨 徹哉
肺癌tissue microarray (TMA)の充実と妥当性の検討:976例の肺癌からなるTMAを作成し、通常切片との比較、蛋白とmRNA発現の関連の検討などを行いその妥当性を確認した。TMAは多数例における高速な発現検討や染色条件の最適化に有用である。肺癌の予後因子の多面的検索:非小細胞肺癌241例を用いTMAにおいてp53、RB、p27癌遺伝子Bcl2,EGFR、神経内分泌マーカーsynaptophysin (SP)、CD56およびTTF-1について解析を行った。それぞれの遺伝子の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 足立 匡司, 石田 久雄
癌転移を抑制するという目的で,我々は細胞運動抑制モノクローナル抗体を作製してきた.これらの中で,MH7-5およびMH8-11は同じエピトープを認識しており,およそ150kDaの糖蛋白であるということが判明した.この遺伝子をクローニングしたところ,2904個のopen reading flameを持つ遺伝子で,これは既にGenBankに登録されており,Aminopeptidase-N(APN)であった.これの性格を検討するために,マウスのメラノーマの低転移株であるF1にトランスフェクションし...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 瀧 俊彦
肺癌は他の癌に比べ、未だに十分な治療成績が得られていない悪性度の高い癌の一つである。この原因の一つには、現在のTNM分類が、癌自体の生物学的悪性度を決定すると考えられる遺伝子異常を考慮にいれず、切除可能な肺癌を選別できていない事があげられる。これまでの我々の施設での単独研究では、遺伝子病期分類の組み合わせとしては、癌関連遺伝子のK-rasの変異と我々がクローニングした癌転移抑制遺伝子MRP-1/CD9の減弱の組み合わせが最も予後を推定するにふさわしいと考えられた。しかし、欧米の様にK-ra...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 三宅 正幸
転移の制御は癌治療の大きな課題のひとつである。MRP-1は、Transmembrane 4 superfamily(TM4SF)に属しており 前立腺癌の転移抑制遺伝子としてクローニングされたKAI1/CD82もこのファミリーに属し、その機能はMRP-1/CD9と類似する。乳癌、肺癌、大腸癌では、この両者の遺伝子レベル・蛋白レベルでの減弱、喪失がその腫瘍の悪性度や予後を反映していることが明らかになった。そこで我々はまず、このMRP-1/CD9及びKAI1/CD82の遺伝子導入をアデノウイルス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 光富 徹哉
肺癌患者におけるp53特異的ワクチン療法の開発に関連して、種々の面からp53を中心とする腫瘍抗原と肺癌の関わりに関する実験を行った。1.肺がん患者におけるp53に対する自己抗体の検出とその臨床的意義 : 非小細胞肺癌患者において、血清中のp53に対する自己抗体を検出し、p53由来の4つのペプチドを抗原としてELISA法によって自己抗体を検出した。肺癌188例中34例(20%)に認められた。組織型では扁平上皮癌に、病期ではIII-IV期に高頻度であった。p53異常例での抗体陽性率28%はp5...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1992年 - 1994年    代表者: 光冨 徹哉
本研究の目的は、肺癌における種々の遺伝子異常を検索し、この臨床的意義を考察することであった。まず、福岡大学と産業医科大学での切除された肺癌120例において、p53遺伝子突然変異を検討し、これは、特に進行病期症例で有意な予後不良因子であることを明らかにした。しかしながら、この研究対象となった集団は、二施設に及び、かつ必ずしも時間的に連続していないために、バイアスがかかっていると考えられた。このため、産業医科大学でのほぼ連続した129例を用いてその後の検討を行った。p53遺伝子の解析はDNAレ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1991年 - 1992年    代表者: 中西 洋一
肺癌発生と喫煙との関係は明瞭であるが、従来から、女性肺腺癌患者の喫煙率は低いといわれている。そこで、女性肺癌に焦点を当て、その背景因子を他国間との比較の下に検討すること、ならびに、喫煙以外の肺癌発生要因を検討することを本研究の目的とした。中国雲南省富源県は肺癌の多発地帯として知られているが、同地区は90%以上が農耕漢民族で、女性に喫煙習慣が無い。そこで、同地区を中心として喫煙以外の肺発癌の環境要因の検討を行った。さらに、肺組織内に沈着した発癌物質について、日中の切除標本について比較検討を行...