斉藤 光史

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/22 19:47
 
アバター
研究者氏名
斉藤 光史
 
サイトウ ミツフミ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70452092.ja.html
所属
首都大学東京
部署
理工学研究科
職名
助教
学位
博士(工学)(富山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
首都大学東京 理工学研究科 電気電子工学専攻 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
富山大学 地域連携推進機構・産業連携部門 研究員
 

Misc

 
加藤 優斗, 浅川 澄人, 斉藤 光史, 須原 理彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
山倉 裕和, 小豆嶋 悠, 斉藤 光史, 須原 理彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
浅川 澄人, 中村 昌人, 岡崎 俊道, 田代 篤史, 山下 新, 斉藤 光史, 須原 理彦
電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス   96(6) 140-148   2013年6月
半導体デバイスの動作シミュレーションにおいては着目する物理や考慮する解析,解析手法などが多様であり,そのシナリオ策定が重要である.本論文では,我々が目指しているテラヘルツ帯超広帯域無線通信システムに向けて確立した理論解析及びデバイスシミュレーションのシナリオについて述べる.この通信システムには共鳴トンネルダイオードと自己補対アンテナを一体集積したデバイスとそのアレー構成を用いることを採用している.
浅川 澄人, 中村 昌人, 岡崎 俊道, 田代 篤史, 山下 新, 斉藤 光史, 須原 理彦
電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. C   96(6) 140-148   2013年6月
山倉 裕和, 斉藤 光史, 須原 理彦
電子情報通信学会技術研究報告. EST, エレクトロニクスシミュレーション   113(26) 51-56   2013年5月
近年盛んとなっているテラヘルツ帯無線通信の研究は送・受信デバイスそれぞれの特性改善と送受信模擬実験による推進がなされてきている.これらのデバイスに要求される極限性能の同定には送・受信デバイスそれぞれの物理モデル及び対向させた際の無線通信線路のモデルを構築し,アンテナ間の無線信号伝送特性を包括的にシミュレーションする必要がある.しかしこのモデル構築過程において送受信デバイス間の距離の設定範囲は解析マシンのスペックに制限され,近傍領域の解析に限定されるケースが多い.そこで本研究では送信デバイス...