大橋 崇行

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/08 01:34
 
アバター
研究者氏名
大橋 崇行
 
オオハシ タカユキ
所属
東海学園大学
部署
人文学部 人文学科
職名
講師
学位
文学(博士)(課程)(総合研究大学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東海学園大学 人文学部人文学科 講師
 
2017年4月
 - 
現在
中京大学 文学部言語表現学科 非常勤講師
 
2016年9月
 - 
現在
愛知淑徳大学 創造表現学部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2015年3月
岐阜工業高等専門学校 一般科目(人文)科 助教
 
2013年4月
 - 
2013年9月
千葉大学 文学部日本文化学科 非常勤講師
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2011年3月
総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻博士後期課程  
 
2002年4月
 - 
2004年3月
上智大学大学院 文学研究科 国文学専攻博士前期課程
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
現在
昭和文学会  編集委員
 
2015年6月
 - 
現在
日本近代文学会東海支部  幹事
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本近代文学会  運営委員
 

論文

 
「小説」としての「蝴蝶」 ―『国民之友』の言説空間と山田美妙
大橋 崇行
東海学園大学研究紀要   (22) 1-16   2017年3月
山田美妙初期草稿の問題(2) ―「智」と「情」の言説と「詩」の位置づけ
大橋 崇行
東海学園 言語・文学・文化   (15) 1-12   2016年3月
美妙の文法
大橋 崇行
立命館大学・国文学研究資料館「明治大正文化研究」プロジェクト編 近代文献調査研究論集   29-40   2016年3月
中学生・高校生による読書の現状とその問題点 ―ライトノベルの位置と国語教育、読書指導
大橋 崇行
東海学園大学研究紀要 人文科学研究編   (21) 9-21   2016年3月
「英雄」の再編成 ―山田美妙「笹りんだう」における言文一致の機能
大橋 崇行
岐阜工業高等専門学校紀要   (50) 38-31   2015年3月

Misc

 
小説創作の授業実践 大学におけるクリエイティブ・ライティングと中等教育への接続
大橋 崇行
東海学園大学教育研究紀要   2(1) 131-138   2017年9月
西田谷洋著『ファンタジーのイデオロギー 現代日本アニメ研究』
大橋 崇行
昭和文学研究   (70) 67-69   2015年3月   [依頼有り]
教科「国語A」におけるAL実施状況
大橋 崇行
岐阜工業高等専門学校「大学教育再生加速プログラム」テーマⅠ・Ⅱ複合型 平成26年初年度報告書      2015年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
言語と思想の言説(ディスクール) 近代文学成立期における山田美妙とその周辺
大橋 崇行
笠間書院   2017年10月   
文学研究から現代日本の批評を考える 批評・小説・ポップカルチャーをめぐって
西田谷洋編 (担当:分担執筆, 範囲:ジャンルの変容と「コージー・ミステリ」の位置 ライト文芸から見た現代の小説と批評)
ひつじ書房   2017年5月   
ライトノベル・フロントライン3
大橋 崇行・山中 智省 (担当:共編者)
青弓社   2017年1月   
〈変態〉二十面相 もうひとつの近代日本精神史
竹内瑞穂・メタモ研究会編 (担当:分担執筆, 範囲:コラム⑤酒井潔 ―澁澤龍彦・種村季弘が愛したエロティシズムの旗手)
六花出版   2016年9月   
マンガ研究13講
小山昌宏・玉川博章・小池隆太編 (担当:分担執筆, 範囲:第3章【文学論】 マンガ、文学、ライトノベル)
水声社   2016年8月   

講演・口頭発表等

 
ライトノベルの読み方 [招待有り]
大橋 崇行
岐阜県図書館   2017年8月29日   
「野球」と軍国 日本の少年文化における野球言説についての考察
大橋 崇行
The 2017 Biennial Conference of Japanese Studies Association of Australia   2017年6月28日   
「小説」の位置 ―山田美妙「蝴蝶」と『国民之友』における「文学」
大橋 崇行
日本近代文学会平成28年度秋季大会   2016年10月16日   
小説がわかれば国語の成績があがる!? 親子で学ぶ「読書」を「勉強」にする方法 [招待有り]
大橋 崇行
小牧市立図書館   2016年3月26日   
少女の文体 ―新井素子の初期作品における一人称
大橋 崇行
日本近代文学会平成27年度春季大会   2015年5月31日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
現代日本におけるメディア横断型コンテンツに関する発信および受容についての研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究15K12848)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 大橋 崇行