基本情報

所属
東京理科大学大学院 博士後期課程
(兼任) Ph.D. Student
学位
修士(学術)(東京理科大学)

J-GLOBAL ID
201301086918623186

外部リンク

東京都出身。東京理科大学理学部第一部数学科卒業,東京理科大学大学院理学研究科理数教育専攻修了。修士(学術)。専門領域は,教科教育法・統計学・情報学・和算。2004年4月より中等教育職員。

(1) 教科教育法(算数・数学・情報・技術)
教科や分野に応じた教材開発やアクティブ・ラーニングなどの授業形態や,教育システム構築など初等・中等教育で共有できるものについての実践,実証を中心に研究中。ライフワークは,算額を中心に和算を活用した幾何教育と生データを活かした統計教育。「数学科教育法」や「情報科教育法」などの教員養成に関するカリキュラムやシラバスについての調査もしている。

(2) 高大接続教育(縦接続)
学部初年度教育やリメディアル教育などの高等教育を踏まえ,どのような形で中等教育と接続するかを数学,情報学,統計学を中心に教材開発,実証研究中。(例えば,小学校 ~ 中学校技術 ~ 高等学校情報 ~ 大学情報リテラシー教育の接続など)過去に扱ったテーマは「微分積分学」「線型代数学」「情報倫理」「情報リテラシー」「アプリ開発」「社会統計学」。テーマによっては小中接続も取り扱う。

(3) STEM 教育(STEAM 教育)(横接続)
複数の教科で重複する知識やスキルを,中学校「技術」,高等学校共通教科「情報」を軸として教科横断的な接続を重視する教育を広義で研究中。(例えば「統計」を基軸として,高等学校地歴,数学,理科,情報の教科内容を枝葉としたカリキュラム開発など)過去に扱ったテーマは「キャリア教育」「基礎統計学」「(教科特性を重視した)情報リテラシー」「和算」など。

(4) 統計学・情報学
多変量解析した社会調査データの結果からその解釈が伝わりやすい適切な統計図表の作成や,情報理論を用いた統計的予測を研究中。データの適切な分析技法や表現技法の構築が研究の中心。最近は小中学生向けの絵グラフの制作や指導が多い。興味の中心は,統計リテラシーを用いた解釈や判断の醸成する教材作成と実践。また児童,生徒に対する P.B.L.を用いた情報リテラシ―や情報倫理教育などもしている。

(5) 和算
日本全国の神社仏閣に点在する算額を歴訪して,その問題の蒐集と現代語訳を中心に江戸時代の庶民の娯楽をライフワークとして研究中。現代語訳した問題を教材化する授業も行う。歴訪先は東京,神奈川を終え,最近では京都,大阪,奈良が多い。また NPO WASAN の活動の一環として「算額をつくろうコンクール」を運営し,和算の普及活動も行っている。

研究キーワード

  5

論文

  18

MISC

  4

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  51

Works(作品等)

  5

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

社会貢献活動

  6

メディア報道

  12

その他

  2
  • ・乙種全類
  • ・中学校・高等学校教諭 1種・専修免許状 (数学) ・高等学校教諭 1種免許状 (情報) ・中学校教諭 2種免許状 (技術) ・学校図書館司書教諭講習修了証書