論文

2020年12月

実親と暮らせない虐待被害児の養育上の課題および看護支援に関する研究 児童養護施設・ファミリーホーム・里親への全国調査を通して

京都府立医科大学看護学科紀要
  • 北島 謙吾
  • ,
  • 河村 奈美子
  • ,
  • 星 美和子
  • ,
  • 岩瀬 信夫
  • ,
  • 花田 裕子
  • ,
  • 永江 誠治
  • ,
  • 本田 純久
  • ,
  • 小澤 寛樹

30
開始ページ
29
終了ページ
34
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
京都府立医科大学医学部看護学科

本研究は、実親と暮らせない児童の養育を担う児童養護施設およびファミリーホーム、里親を対象に、虐待被害児の自立と生活支援の観点から、養育上の課題、看護師への相談・支援ニーズの検討を目的とした。全国の児童養護施設593ヶ所、ファミリーホーム136ヶ所、里親1050ヶ所、計1779ヶ所を対象に485ヶ所から回答を得た。全体の回収率は27.3%で、調査の結果、児童養護施設における虐待被害児の養育困難な事柄として、(1)コミュニケーションの学習、(2)ストレス対処の学習、(3)年齢相応の学力の習得、(4)家族としてのルールの習得、(5)基本的生活習慣の獲得などが高い割合を占めた。さらに、障害や慢性疾患をもつ児童の養育経験は児童養護施設、ファミリーホーム、里親の全てにおいて高い割合を示し、養育上の課題が浮き彫りになった。看護師による相談支援では「児童の身体や健康状態・病気」、「児童の精神的な問題」といったニーズが高い割合を占めた。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J03921&link_issn=&doc_id=20210204510004&doc_link_id=http%3A%2F%2Fid.nii.ac.jp%2F1327%2F00002456%2F&url=http%3A%2F%2Fid.nii.ac.jp%2F1327%2F00002456%2F&type=%8B%9E%93s%95%7B%97%A7%88%E3%89%C8%91%E5%8Aw%81F%8B%9E%93s%95%7B%97%A7%88%E3%89%C8%91%E5%8Aw%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A_%8Bk%88%E4&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80238_3.gif
ID情報
  • ISSN : 1348-5962
  • 医中誌Web ID : V204510004

エクスポート
BibTeX RIS