共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2020年3月

看護学生の自己超越及び成長に関する理論的モデル検証と教育的支援策に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

課題番号
16K11976
体系的課題番号
JP16K11976
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円

平成30年度は、本研究を国際共同研究へ発展させるための準備を進めた。平成30年度の9月には、平成29年度に参加した国際学会において意見交換を行ったことから国際共同研究の申し出を受けた国外の研究者と、実際の研究実施に関する検討を進めるための研究会議を国外で持つことが出来た。その結果、研究枠組みや構成概念の明確化について検討し、お互いの対象者についての共通理解を図りながら、具体的な質問紙の選定にまで至ることができた。また、国内の他大学から、この国際共同研究実施を支援してくれる研究協力者についても内諾を得ることが出来た。
しかしながら、研究代表者の教育・大学運営業務負担が大きく、研究のためのエフォート確保ができない状況が継続し、研究倫理審査申請提出の準備に取り掛かることができず、結果として平成30年度内の研究実施に至ることができなかった。令和元年での調査実施に向けて、研究エフォートを確保できるよう努力するつもりである。
研究成果の発表については、平成28年度に実施したパイロット調査の更なる結果について、平成30年度中にも国内外で研究発表をする予定でいたが、先述した業務負担の大きさから、研究発表の準備をすることができず、平成30年度内の発表を実現することができなかった。しかし、平成30年度に準備を整えることができたため、令和元年(平成31年度)の看護系国際学会では成果を発表する予定である。
最後に、当初予定していた理論開発者の講演会については、オンライン講演会実施の予定で検討を継続している。しかし、研究としては、オンライン講演会の開催よりも、むしろ国際共同研究のための調査実施の方が優先度が高いと考えるため、まずは研究倫理審査申請の準備を進め、実際の調査を終了させることに焦点を当てて進めていく。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-16K11976
ID情報
  • 課題番号 : 16K11976
  • 体系的課題番号 : JP16K11976