共同研究・競争的資金等の研究課題

2020年4月 - 2023年3月

我が国と米国における看護系大学教員の脆弱性と自己超越性に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

課題番号
20K10597
体系的課題番号
JP20K10597
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円

令和3年度は、1か月に1~2回の頻度で国外の研究協力者も含めて、オンラインでの研究会議を開催し、各自で構成概念の規定へ向けた文献検討を行い、本研究の概念モデルを完成させることができた。また、各概念の指標となる質問紙についても選択を行った。また、そのうち日本語版の無いものについては、作成者の許可を得て、翻訳を行い日本語版を作成した。すべての調査票の準備が整い、研究代表者の所属施設における研究倫理審査の承認を得ることができ、日本での調査実施のための準備は整いつつある状況と言える。
COVID19のパンデミックの影響により、臨地実習の学内実習への変更、オンライン学習へ対応するための新しい学習管理システムの全学的導入のための支援をする必要が発生したことなど、教育及び大学運営に関する負担が増大したことにより、調査実施まで全てを研究者が請け負うことが難しい状況が発生した。また、予定していた国外の学会参加ができず、バーチャル参加となったことで予算に少し余裕ができたため、本研究の実施については、業者委託することを決定した。
研究倫理審査は3月初めに承認されたが、すぐに実施準備をしても、調査開始が新年度開始早々になることが判明し、大学教員を対象とした調査実施時期としてはあまり適切でないことが懸念された。そのため、対象者の大学教員への調査実施が大学の夏休み期間になるよう調査実施時期の調整を行っている。
また、米国での調査実施に向け、研究代表者の英語版の研究倫理教育の受講を含め、米国人の研究協力者の所属大学での研究倫理審査申請へ向けての準備を現在行っているところである。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-20K10597
ID情報
  • 課題番号 : 20K10597
  • 体系的課題番号 : JP20K10597