大渕 憲一

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/06 10:34
 
アバター
研究者氏名
大渕 憲一
 
オオブチ ケンイチ
eメール
kenichi.obuchi.e8tohoku.ac.jp
所属
放送大学
部署
宮城学習センター
職名
所長
学位
博士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
放送大学 宮城学習センター 所長・特任教授
 
2000年4月
 - 
2016年3月
東北大学 大学院文学研究科 教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
東北大学 総長補佐
 
2012年4月
 - 
2014年3月
東北大学 経営協議会 委員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東北大学 文学研究科(文学部) 科長(部長)
 
2012年10月
 - 
2013年3月
東北大学 大学院文学研究科 グローバルCOE「社会階層と不平等教育研究拠 点」サブリーダー、公正部門長
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東北大学 教育研究評議会 評議員
 
2006年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院文学研究科(文学部) 副科長(副部長)
 
2003年10月
 - 
2008年3月
東北大学 文学研究科 21世紀COE「社会階層と不平等」教育研究拠点公正部門長
 
1997年6月
 - 
2000年3月
東北大学 文学部 教授
 
1988年4月
 - 
1997年5月
東北大学 文学部 助教授
 
1981年4月
 - 
1988年3月
大阪教育大学 教育部 助教授
 
1979年4月
 - 
1981年3月
大阪教育大学 教育学部 講師
 
1977年4月
 - 
1979年3月
大阪教育大学 教育学部 助手
 

学歴

 
1996年12月
 - 
1996年12月
学位取得(博士(文学)、東北大学)  
 
1976年4月
 - 
1977年3月
東北大学 大学院文学研究科 博士課程(心理学専攻)
 
1974年4月
 - 
1976年3月
東北大学 大学院文学研究科 修士課程(心理学専攻)
 
1973年4月
 - 
1974年3月
東北大学 文学部 研究生
 
1969年4月
 - 
1973年3月
東北大学 文学部 哲学科
 
1966年4月
 - 
1969年3月
秋田県立能代高等学校  
 

委員歴

 
2012年
 - 
2018年9月
宮城県  安全・安心まちづくり委員会会長
 
2016年1月
 - 
2017年3月
大学評価・学位授与機構  国立大学教育研究評価委員会専門委員
 
2014年12月
 - 
2015年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2009年8月
 - 
2015年7月
仙台地方裁判所  地方裁判所委員会委員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
科学警察研究所  外部評価委員会委員
 
2006年3月
 - 
2013年9月
日本学術会議  連携委員
 
2007年1月
 - 
2011年1月
文部科学省  科学技術・学術審議会専門委員
 
2009年4月
 - 
2009年11月
文部科学省  科学研究費補助金における評価に関する委員会評価者
 
2008年1月
 - 
2009年11月
独立行政法人社会技術研究開発センター  評価委員会専門委員
 
2008年2月
 - 
2009年6月
大学評価・学位授与機構  国立大学教育研究評価委員会専門委員
 
2005年1月
 - 
2006年12月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2000年1月
 - 
2003年12月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

受賞

 
2016年11月
日本国 紫綬褒章
 
2016年9月
日本社会心理学会 第18回日本社会心理学会出版賞
 
2005年11月
日本経営行動科学学会 平成17年度経営行動科学学会奨励研究賞
 
2003年9月
日本社会心理学会 第6回日本社会心理学会優秀論文賞
 
1999年9月
日本心理学会 平成11年度日本心理学会優秀論文賞
 

論文

 
なぜ非行集団に同一化するのか ―集団間関係に基づく検討―
中川知宏・仲本尚史・國吉真弥・森丈弓・山入端津由・大渕憲一
心理学研究   90(3) 252-262   2019年8月   [査読有り]
How does Culture Shape Conceptions of Forgiveness? Evidence from Japan and the United States
Minjoo Joo1, Kari A. Terzino, Susan. E. Cross1, Naomi Yamaguchi, and Ken-ichi Ohbuchi.
Journal of Cross-Cultural Psychology   50(5) 676-702   2019年4月   [査読有り]
The role of emotions and social information processing in the decision processes of aggressive behavior
Kawabata, T. & Ohbuchi, K.
Psychology and Behavioral Sciences   8 91-99   2019年   [査読有り]
謝罪受容に対するパーソナリティ要因の検討:実体信念と寛容性の効果
大渕憲一・山本雄大・謝暁静
放送大学研究年報   34 87-92   2016年
Effects of Inexpressive Aggression on Depression in College Students: Cross Cultural Study between Japan and Russia
Kawabata, T., Ohbuchi, K. I., Gurieva, S., Dmitrieva, V., Mikhalyuk, O., & Odintsova, V.
Psychology (Scientific Research)   7(13) 1575-1586   2016年   [査読有り]
大渕 憲一, 渥美 恵美, 山本 雄大
文化 = Culture   80(1) 114-101   2016年
再犯防止に効果的な矯正処遇の条件:リスク原則に焦点を当てて
森丈弓・高橋哲・大渕憲一
心理学研究   87(4) 325-333   2016年   [査読有り]
常習犯罪者の現状と処遇対策
大渕憲一・森伸子
犯罪学雑誌   82(6) 142-150   2016年   [査読有り][招待有り]
暴力ゲーム論争:ゲームは青少年にとって有害か
大渕 憲一
犯罪心理学研究   53(特別号) 209-210   2015年   [招待有り]
抑うつ的認知の歪みが攻撃性を促進するメカニズムについて:共感性の影響を踏まえて
川端壮康・大渕憲一
尚絅学院大学紀要   69 99-111   2015年
伝統的価値観の国際比較:日本、韓国、中国、米国における仏教的価値観
大渕 憲一
東北文化研究室紀要   56 1-20   2015年
大渕 憲一, 山本 雄大, 謝 暁静, 渥美 惠美
東北大学文学研究科研究年報   (65) 52-37   2015年
作業療法学生の適性評価尺度作成の試み
渥美惠美・勅使河原麻衣・大渕憲一
リハビリテーション教育研究   20 98-99   2015年   [査読有り]
伝統的価値観(仏教、儒教、神道)の国際比較:価値観支持率を指標とする分析
大渕 憲一
東北大学文学研究科年報   64 65-86   2014年
学生における非表出性攻撃と抑うつの関係について:社会的情報処理モデルの立場から
川端壮康・大渕憲一
尚絅学院大学紀要   68 91-101   2014年
伝統的価値観の国際比較:日本、韓国、中国、米国における神道的価値観
大渕 憲一
文化   78 42-109   2014年
喫煙者に対する否定的評価と差別
山本雄大,佐藤潤美,大渕憲一
心理学研究   85 121-129   2014年   [査読有り]
Psychological analysis of serious juvenile violence in Japan
大渕憲一,近藤日出夫
Asian Journal of Criminology   10 149-162   2014年   [査読有り]
山脇 望美, 山本 雄大, 熊谷 智博, 大渕 憲一
社会心理学研究   29(1) 25-31   2013年8月
The present study attempted to examine whether explicit and implicit measures of aggressiveness would predict aggressive behavior and whether the effects would be moderated by provocation. Seventy-one students voluntarily participated in the exper...
八田 武俊, 大渕 憲一, 八田 純子
応用心理学研究 = Japanese journal of applied psychology   38(3) 231-238   2013年3月
暴力とは何か
大渕 憲一
子どもの虹情報研修センター紀要   11 39-56   2013年   [招待有り]
Who suffers pluralistic ignorance of conflict avoidance among Japanese? Individual differences in the value of social harmony
Saito, T. & Ohbuchi, K.
International Journal of Conflict Management   24 112-125   2013年   [査読有り]
True and hollow forgiveness, forgiveness motives, and conflict resolution
Takada, N. & Ohbuchi, K.
International Journal of Conflict Management   24 184-200   2013年   [査読有り]
The effects of spatial distance spreading on social presence, negotiation continuation norm and exit behavior in the electronic negotiation
Hatta, T. & Ohbuchi, K.
Journal of Media and Communication Studies   5 25-31   2013年   [査読有り]
上原 俊介, 中川 知宏, 森 丈弓, 清水 かな子, 大渕 憲一
社会心理学研究   27(3) 161-173   2012年3月
A core relational norm regulating social interaction is the idea of responsibility for needs (RN). Assuming that anger is a signal indicating a violation of RN, we attempted to test the mediation model that the perception that one's needs are frus...
川嶋 伸佳, 大渕 憲一, 熊谷 智博, 浅井 暢子
社会心理学研究   27(2) 63-74   2012年1月
Although public concern about social inequality has increased, Japanese people generally do not appear to be actively engaged in activities for social reform. We hypothesized multiple levels in the perception of unfairness-micro-unfairness based o...
When does anger evoke self-interest and fairness motives? The moderating effects of perceived responsibility for needs
Uehara, S., Nakagawa, T., Mori, T., & Ohbuchi, K.
Japanese Psychological Research   54 137-149   2012年   [査読有り]
川嶋 伸佳, 大渕 憲一, 熊谷 智博, 浅井 暢子
法と心理   11(1) 47-57   2011年10月
近年日本において、社会的不平等が拡大している。我々は、低い社会経済的地位に置かれた人ほど、自分は社会において不公正に扱われているというミクロ不公正感を高めることを見出してきたが、そのメカニズムは十分に解明されていない。公正判断において、自己の投入と結果の割合を他者のそれと比較する過程が重要であるが、日常生活において自己と他者の正確な比較情報を得るのは、多くの場合困難である。本研究は、公正判断に関わる情報が曖昧なこのような社会的状況において、不公正に対する否定的感情反応(不公正感受性)が強い...
上原 俊介, 船木 真悟, 大渕 憲一
実験社会心理学研究   51(1) 32-42   2011年9月
渥美 惠美, 大渕 憲一, 勅使河原 麻衣
感性福祉研究所年報   12(12) 163-174   2011年3月
渥美 恵美, 大渕 憲一
応用心理学研究   36(2) 114-123   2011年3月
怒りの動機を規定する人格要因: 共有的志向性の影響
上原俊介・中川知宏・森丈弓・国佐勇輔・大渕憲一
文化   75 40-55   2011年
Dispositional determinant of anger at norm violations: Does it reflect an individual's selective responsibility for needs?
Uehara, S., Nakagawa, T., Mori, T., Shimizu, K., & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   70 10-20   2011年
Negative Effects of the Exposure to Benevolent Sexism on Women’s Task Performance
Yamamoto, T. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   70 36-43   2011年
Cross-national examination of the perpetrator-victim account estimation bias as a function of different types of accounts
Takaku, S., Green, J. D. & Ohbuchi, K.
Asian Journal of Social Psychology   13 114-123   2011年   [査読有り]
Consequences of interpersonal rejection: A cross-cultural experimental study
Garris, C. P., Ohbuchi, K., Oikawa, H., & Harris, M.
Journal of Cross-Cultural Psychology   42 1066-1083   2011年   [査読有り]
Gender differences in Japanese conflict avoidance: An interpretation from closeness
Saito, T. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   69 1-7   2010年
The role of social anxiety in anger against norm violations
Uehara, S., Nakagawa, T., Komatsu, S., & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   69 40-52   2010年
Avoidance brings Japanese employees what they care about in conflict management: Its functionality and “Good Member” image
Ohbuchi, K. & Atsumi, E.
Negotiation and Conflict Management Research   3 117-129   2010年   [査読有り]
川嶋 伸佳, 大渕 憲一
文化   73(3) 412-396   2010年
大渕 憲一, 川嶋 伸佳
文化   73(3) 474-449   2010年
大渕 憲一
東北大学文学研究科研究年報   60(60) 50-29   2010年
大渕 憲一
児童心理   63(10) 896-902   2009年7月
高田 奈緒美, 大渕 憲一
社会心理学研究   24(3) 208-218   2009年2月
In distinguishing internal forgiveness and forgiving behavior, we attempted to identify different motives for these two modes of forgiveness and to examine the effects of interpersonal relationships with offenders and the motives behind forgivenes...
熊谷 智博, 大渕 憲一
社会心理学研究   24(3) 200-207   2009年2月
In intergroup conflict a third party sometimes intervenes aggressively into the interactions between the concerned parties, escalating the conflicts. We hypothesized that the third party will become aggressive if they perceive that a fellow member...
A personality approach to Japanese preference of avoidance in conflict: Neuroticism and its interaction with the situation
Komatsu, S. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Foli   68 7-16   2009年
Motives of anger in relationships: Relationship closeness moderates anger evoked motives
Uehara, S., Nakagawa, T., Mori, T., Kunisa, Y., & Ohbuchi, K
Tohoku Psychologica Folia   68 38-48   2009年
Aggression in soccer: An exploratory study of accounts preference
Tracet, A., Rascle, O., Souchon, N., Coulomb-Cabagno, G., Petrucci, C., & Ohbuchi, K.
Research Quarterly for Exercise and Support   80 398-402   2009年   [査読有り]
大渕 憲一, 川嶋 伸佳
文化   73(1) 127-97   2009年
大渕 憲一
東北大学文学研究科研究年報   (59) 232-206[含 英語文要旨]   2009年
大渕 憲一, 酒井 厚, 相澤 仁, 安藤 寿康
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集   (17) 6-7   2008年11月
白井 利明, 松本 由起子, 大渕 憲一
現代のエスプリ   (494) 5-35   2008年9月
小松 さくら, 大渕 憲一
社会心理学研究   24(1) 45-49   2008年8月
The aims of this study were to examine with a Japanese sample the idea that the expectation of slack in the future is larger for time than for money and to examine the relationship between this expectation and optimism as a personality trait. The ...
Cognitive causes of conflict avoidance among Japanese: An approach from pluralistic ignorance
Ohbuchi, K. & Saito, T.
Progress in Asian Social Psychology   6 83-97   2008年5月   [査読有り]
渥美 恵美, 大渕 憲一, 稲垣 成昭, 勅使河原 麻衣
リハビリテーション科学 : 東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要   4(1) 11-19   2008年3月
対象者に肯定的な効果をもたらすために必要な「対象者効果技能」と,指導者から見て望ましい学生の行動を表す「指導者期待技能」の2領域とOTの実施に必要な技術や知識の領域を加えた3領域を理論的に仮定し,それを基に93項目からなる社会的交流技能自己評価尺度(SA尺度)Ver2を作成した.同意を得たOT学生225名(男性79名,女性146名)にこの尺度を実施し,因子分析(主成分分析,固有値1基準,プロマックス斜交回転)を行い7因子が得られた.因子1「専門的スキルと知識」,因子2「対象者への尊重と配慮...
稲垣 成昭, 渥美 恵美, 勅使河原 麻衣, 大渕 憲一
リハビリテーション科学 : 東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要   4(1) 21-28   2008年3月
本報では,4課題:(1)臨床実習に必要な社会的交流技能の明確化,(2)これを養成する教育プログラムの開発,(3)その効果検討,(4)関連する学生側の適性把握,のうちの第4課題に取り組んだもので,社会的交流技能にOT学生が持ち合わせている性格特性がどのように関与しているのかを検討した.同意の得られたOT学生86名に対し質問紙調査を実施し,主要5因子性格,社会的交流技能に関する尺度への回答を求めた.分析の結果から性格特性の外向性,勤勉性,知性の3因子が社会的交流技能に関与する性格特性要因である...
八田 武俊, 小林 正和, 大渕 憲一
対人社会心理学研究   (8) 17-21   2008年3月
A cross-cultural study on victim’s responses to apology in interpersonal and intergroup conflicts
大渕 憲一
Tohoku Psychologica Folia   67 55-62   2008年
An empirical study of cultural values in Myanmar
Moe, T. A. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychological Folia   67 10-20   2008年
Japanese’ conflict on justice: Fairness principles and social ideals
Ken-ichi Ohbuchi
CSSI Annual Report 2007   124-131   2008年
Do people reject apology for group harm? A cross-cultural consideration
Ken-ichi Ohbuchi
CSSI Annual Report 200   124-131   2008年
Effects of visual cue and spatial distance on exitability in electronic negotiation
Hatta, T. & Ohbuchi, K.
Computers in Human Behavior   24 1542-1551   2008年   [査読有り]
渥美 惠美, 大渕 憲一
文化   71(3) 270-253   2008年
大渕 憲一, 佐藤 弘夫, 三浦 秀一
東北大学文学研究科研究年報   (58) 180-154   2008年
渥美 恵美, 大渕 憲一, 稲垣 成昭, 勅使河原 麻衣
リハビリテーション科学 : 東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要   3(1) 3-11   2007年3月
本報では,4課題:(1)臨床実習に必要な社会的交流技能の明確化,(2)これを養成する教育プログラムの開発,(3)その効果検討,(4)関連する学生側の適性把握,のうちの第1課題に取り組んだもので,Ernestたちの理論に基づき,社会的交流技能を一般的と専門的の2領域に分け,知識や技術を問う項目を加えて社会的交流技能自己評価尺度(SA尺度)試案を作成した.同意の得られたOT学生174名に対し複数回調査を実施し,データを重積して因子分析したところ6因子が抽出された.それら順には「専門的知識・技能...
The moderation effect of justifiability for aggression between dehumanizing labels and aggression
Tamura, T. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   66 97-104   2007年
Gender differences in the cognitive cause of Japanese conflict avoidance: An approach in pluralistic ignorance
Saito, T. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   66 62-67   2007年
Do people reject apology for group harms? A cross-cultural consideration
Ohbuchi, K., Atsumi, E., & Takaku, S.
Tohoku Psychologica Folia   66 46-53   2007年
An experimental study on the effects of exitability and correctability on electronic negotiation
Hatta, T., Ohbuchi, K., & Fukuno, M.
Negotiation Journal   23 283-305   2007年   [査読有り]
大渕 憲一
東北大学文学研究科研究年報   (57) 120-109   2007年
福島 治, 大渕 憲一, 小嶋 かおり
社会心理学研究   22(2) 103-115   2006年11月
We examined the effects of multiple goals on verbal responses in an interpersonal conflict situation. Participants who had high or low levels of concern for the personal resource talked with an experimental actor and were made to believe that trai...
田村 達, 大渕 憲一
社会心理学研究   22(2) 165-171   2006年11月
Assuming that labels describing a victim as a dehumanized entity reduce a harm-doer's control over aggressive behavior, we attempted to examine the effects of such labels on levels of aggression. A one-on-one fighting video game was used in order ...
Third party aggression: Effects of cooperation and group membership
Kumagai, T. & Ohbuchi, K.
Psychologia   49 152-161   2006年11月   [査読有り]
渥美 恵美, 大渕 憲一, 阿部 哲敬, 岩谷 あつ子
リハビリテーション科学 : 東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要   2(1) 39-49   2006年3月
本研究の目的は、対象者の適応機能評価において評定者バイアスを生じさせる原因を探索的に検討することである。精神障害者の社会的適応機能をASPOT・S尺度を用いて2名のOTRに2回評定させたところ、経験の長いOTRは1回目よりも2回目に対象者の機能を高く評定したが、経験の短いOTRでは変化はなかった。前者は、対象者の遂行水準の変化を的確に捉えていること、また、情報量が乏しく正確な評定が難しい状況(1回目)では、彼らは意図的に評価を厳しくすることによって、その対象者に本来必要なOT支援が抜けてし...
Public evaluation and acceptance of public enterprise policies in Japan: Evaluative clusters, political parties, and residential areas
Ohbuchi, K. & Atsumi, E.
CSSI Annual Report 2005   84-100   2006年
Account selection in inter-group conflict: A cross-cultural consideration
Ohbuchi, K., Takaku, S., & Shirakane, S.
Tohoku Psychologica Folia   65 86-94   2006年
戴 伸峰, 大渕 憲一, 石毛 博
犯罪心理学研究   44(1) 19-32   2006年
加賀美 常美代, 大渕 憲一
文化   69(3) 305-290   2006年
大渕 憲一
東北大学文学研究科研究年報   (56) 204-183   2006年
Procedural justice and the assessment of civil justice in Japan
Ohbuchi, K., Sugawara, I., Teshigahara, K., & Imazai, K.
Law and Society Review   39 875-891   2005年12月   [査読有り]
大渕 憲一
更生保護   56(6) 6-12   2005年6月
渥美 恵美, 大淵 憲一
リハビリテーション科学 : 東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要   1(1) 3-12   2005年3月
2段階OT評価理論に基づいてOT場面観察評価尺度(O尺度)と社会適応機能評価尺度(S尺度)から成る精神科OT評価システム(ASPOT)試案を作成した.13施設のOTRに患者の評定を依頼し184名分の資料を得,新尺度の基準関連妥当性と併存的妥当性を検討した.年齢,治療形態,入院期間,症状の重篤度を基準に対象者を分類しASPOT得点を比較したところ,ほぼ仮説と合致する結果が得られた.また,O尺度とCOTE,S尺度と精神障害者ケアアセスメントには全般的に有意な相関が見られ,測定内容が類似している...
八田 武俊, 大渕 憲一
経営行動科学   18(1) 45-51   2005年1月
We examined the effects of exit options and preliminary interaction on negotiators' perceptions and behaviors in the electronic negotiation. The exit option is that either negotiator could exit from the current negotiation. When the negotiators we...
Effects and motives of forgiveness in interpersonal conflicts: True and hollow forgiveness
Ohbuchi, K. & Takada, N.
CSSI Annual Report 2004   266-281   2005年
Effects of group rewards on group identification among delinquent and non-delinquent adolescents
Nakagawa, T., Nakamoto, N., Yamanoha, T., & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   64 31-38   2005年
The effect of visual cues on negotiation
Hatta, T., Oikawa, Y., & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   64 7-13   2005年
Social exclusion and the self-defeating behavior among Japanese
Oikawa, H., Kumagai, T. & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Folia   64 14-20   2005年
A cross-cultural examination of perceptions of apology, responsibility, and justice: The U.S.S. Greenville Accident and the E-P3 Accident
Takaku, S., Lee, Y-T., Weiner, B., & Ohbuchi, K.
Tohoku Psychologica Foli   64 39-57   2005年
Taiwan citizen’s causal perception toward juvenile delinquency
Tai, S-F., Ohbuchi, K., & Huang, F. F-Y.
Journal of Criminology   8 45-51   2005年   [査読有り]
渥美 恵美, 大渕 憲一
文化   68(3) 394-385   2005年
熊谷 智博, 大渕 憲一
文化   68(3) 384-370   2005年

Misc

 
無差別テロの心理分析
大渕 憲一
刑政   129 80-93   2018年
紛争解決の心理的障壁とその克服
大渕 憲一
TASK Monthly   495 12-18   2017年
紛争解決の心理的障壁と対処方法
大渕 憲一
月報司法書士   540 13-17   2017年
紛争解決の心理的障壁と対処方法
大渕 憲一
刑政   125(9) 78-79   2014年
自己統制の発達とその支援
大渕 憲一
刑政   125(9) 78-79   2014年
自己統制の社会心理学2:排斥と暴力
大渕 憲一
刑政   125(5) 64-65   2014年
自己統制の社会心理学1:自己統制の心的資源論
大渕 憲一
刑政   125(1) 66-67   2014年
自己統制研究の進展:自己統制は能力か努力か?
大渕 憲一
刑政   124(9) 66-67   2013年
犯罪研究における自己統制
大渕 憲一
刑政   124(5) 66-67   2013年
自己統制が人生を決定する?
大渕 憲一
刑政   124(1) 64-65   2013年
反社会性の行動遺伝学
大渕 憲一
青少年問題   57 2-7   2010年
民族間の融和は可能か:接触仮説の可能性
大渕 憲一
Tasc Monthly   8-13   2010年
刑事裁判における謝罪
大渕 憲一
季刊社会安全   76 1-1   2010年
健全な自己愛を育てる
大渕 憲一
児童心理2009年6月号   32-38   2009年
怒りを活用する心理教育
大渕 憲一
現代のエスプリ   503 185-195   2009年
感情教育のニュアンス:その光と影
大渕 憲一
現代のエスプリ   494 5-35   2008年
持つものと持たざるもの:「人間的感情」と差別意識」
大渕 憲一
現代のエスプリ   494 167-175   2008年
環境犯罪学のすすめ:「地域共同体」崩壊後の防犯を考える
大渕 憲一
地域づくり   5 2-5   2008年
メディア社会の中の暴力
大渕 憲一
児童心理2007年10月号臨時増刊   57-62   2007年
いじめにおける「からかい」:その功罪
大渕 憲一
児童心理2006年6月号臨時増刊   23-28   2006年
反芻の心理:暴力犯罪者の思考パターン
大渕 憲一
更生保護   56 6-12   2005年
対人葛藤の解決スキル
大渕 憲一
教育と医学   51 19-27   2002年
非人間性の心理:道徳的弛緩と道徳的排除
大渕 憲一
心理学ワールド   14 21-24   2001年
子どもの攻撃性が暴力に変わるとき④:青少年の暴力と集団
大渕 憲一
児童心理2001年4月号   107-112   2001年
子どもの攻撃性が暴力に変わるとき③:マス・メディアの影響
大渕 憲一
児童心理2001年3月号   109-115   2001年
子どもの攻撃性が暴力に変わるとき②:青年期の暴力と自己関心
大渕 憲一
児童心理2001年2月号   106-112   2001年
子どもの攻撃性が暴力に変わるとき①:非行の現実と青年心理
大渕 憲一
児童心理2001年1月号   105-111   2001年
暴力を理解する枠組み:攻撃の衝動性と戦略性
大渕 憲一
プシコ   3 44-49   2000年
攻撃性の社会心理学7:集団と暴力
大渕 憲一
刑政   111(11) 90-98   2000年
攻撃性の社会心理学6:マスメディアと暴力
大渕 憲一
刑政   111(10) 80-88   2000年
攻撃性の社会心理学5:攻撃的人格の形成
大渕 憲一
刑政   111(9) 84-92   2000年
攻撃性の社会心理学4:攻撃と性格
大渕 憲一
刑政   111(8) 84-93   2000年
攻撃性の社会心理学2:戦略的攻撃の心理過程
大渕 憲一
刑政   111(7) 92-100   2000年
攻撃性の社会心理学1:攻撃と攻撃性:理解のための理論的枠組み
大渕 憲一
刑政   111(5) 98-106   2000年
攻撃の衝動性と戦略性:暴力を理解する枠組み
大渕 憲一
プシコ   3 44-49   2000年
アンケート調査の方法:回答者の心理を考えて
大渕 憲一
主任&中堅   5 30-35   1996年
攻撃動機の2過程モデル
大渕 憲一
現代のエスプリ:暴力の行動科学   320 195-206   1994年
暴力の多様性とその論点
大渕 憲一
現代のエスプリ:暴力の行動科学   320 5-9   1994年
人間関係スキル:自己チェックのための手引き
大渕 憲一
看護部門   6 12-19   1993年
米国駐在員の対人葛藤
大渕 憲一
現代のエスプリ:異文化間コンフリクト・マネジメント   308 59-69   1993年
繁栄社会のネガの映像
大渕 憲一
現代のエスプリ:少年非行の変貌   285 160-70   1991年
パタ-ソンの家族変容の技法について
大渕 憲一
現代のエスプリ272:家族療法と行動療法   272 68-79   1990年
心理テストをどう理解し、使用すればよいか
大渕 憲一
健康教室   34 18-25   1983年
悪意の推測
大渕 憲一
健康教室   33 12-13   1982年
TV暴力はどれだけ有害か
大渕 憲一
知識   31 67-73
攻撃性の社会心理学3:衝動的攻撃の心理過程
大渕 憲一
刑政   111 76-86

書籍等出版物

 
紛争と和解を考える:集団の心理と行動
大渕 憲一 (担当:編者, 範囲:編者はじめに)
誠信書房   2019年8月   
こころを科学する:心理学と統計学のコラボレーション
大渕 憲一 (担当:編者)
共立出版   2019年3月   
大渕憲一「こころの言説:その真実性を科学する」v-xiii頁
犯罪の一般理論:低自己統制シンドローム
大渕 憲一 (担当:単訳)
丸善出版   2018年9月   
原著:Gottfredson, M. R. & Hirschi, T. 『A general theory of crime』Stanford, CA: Stanford University Press, 2000
テキスト司法・犯罪心理学
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:若者の暴力)
北大路書房   2017年   
編者:越智啓太・桐生正幸
犯罪心理学辞典
大渕 憲一 (担当:共編者)
丸善出版   2016年9月   
紛争・暴力・公正の心理学
大渕 憲一 (担当:監修)
北大路書房   2016年3月   
失敗しない謝り方
大渕 憲一
CCCメディアハウス   2015年5月   
紛争と葛藤の心理学:人はなぜ対立し、どう和解するのか
大渕 憲一
サイエンス社   2015年1月   
心理学総合事典 新装版
大渕 憲一 (担当:共編者)
朝倉書店   2014年9月   
青年期発達百科事典
大渕 憲一 (担当:共訳)
丸善出版   2014年4月   
社会心理学研究の新展開:社会に生きる人々の心理と行動』北大路書房, 126-140頁, 2014年.
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:集団間葛藤研究の新展開:葛藤と紛争の社会心理学)
北大路書房   2014年   
編者:大坊郁夫・竹村和久
現代社会と紛争解決学:学際的理論と応用
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:人間関係の親密さと葛藤解決:アタッチメントの効果)
ナカニシヤ出版   2014年   
編者:安川文朗・石原明子
APA心理学大事典
大渕 憲一 (担当:共訳)
培風館   2013年9月   
犯罪心理學
大渕 憲一 (担当:共著)
雙葉書廊有限公司   2013年1月   
現代社会と応用心理学7:クローズアップ犯罪
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:現代の犯罪の特徴;殺人:誰でもいいから殺したかった!)
福村出版   2013年   
編者:谷口泰富・藤田主一・桐生正幸
不平等生成メカニズムの解明:格差・階層・公正
大渕 憲一;川嶋伸佳・大渕憲一 (担当:分担執筆, 範囲:よりよい社会を求めて;不平等と不公正感)
ミネルヴァ書房   2013年   
編者:佐藤嘉倫・木村敏明
紛争と平和構築の社会心理学:集団間の葛藤とその解決
大渕 憲一 (担当:共訳)
北大路書房   2012年10月   
心理学の視点24
大渕 憲一 (担当:共著)
国際文献社   2012年3月   
人間科学研究法ハンドブック 第2版
大渕 憲一 (担当:共編者)
ナカニシヤ出版   2011年11月   
新版 人を傷つける心:攻撃性の社会心理学
大渕 憲一
サイエンス社   2011年10月   
Inequality, discrimination and conflict in Japan: Ways to social justice and cooperation
Ken-ichi Ohbuhi (担当:編者)
alwyn North, Australia: Trans Pacific Press   2011年   
謝罪の研究:釈明の心理とはたらき
大渕 憲一
東北大学出版会   2010年3月   
親を殺すふつうの子どもたち:ありふれた家庭のありふれた期待がもたらす危険
大渕 憲一
PHP研究所   2009年9月   
社会心理学事典
大渕 憲一 (担当:共編者, 範囲:公正と文化)
丸善出版   2009年6月   
編者:日本社会心理学会
心理学検定基本キーワード
大渕憲一・越智啓太・藤野淳子 (担当:分担執筆, 範囲:犯罪・非行)
実務教育出版   2009年   
編者:日本心理学会諸学会連合心理学検定局
心理学検定公式問題集
大渕憲一・越智啓太・藤野淳子 (担当:分担執筆, 範囲:犯罪・非行)
実務教育出版   2009年   
編者:日本心理学会諸学会連合心理学検定局
Peace psychology in Asia
Ken-ichi Ohbuchi & Naomi Takada (担当:分担執筆, 範囲:Forgiveness for conflict resolution in Asia: Its compatibility with justice and social control)
New York: Springer   2009年   
C. J. Montiel & N. M. Noor (編)
感情教育:臨床・発達・教育・文芸の世界にみる感情と醇化
大渕 憲一 (担当:編者)
至文堂   2008年9月   
葛藤と紛争の社会心理学:対立する人の心と行動
大渕 憲一 (担当:編者)
北大路書房   2008年9月   
大渕憲一 「葛藤と紛争の社会心理学」1-6頁
大渕憲一 「組織内葛藤」84-94頁
社会階層と不平等
原純輔・佐藤嘉倫・大渕憲一 (担当:共編者)
放送大学教育振興会   2008年3月   
大渕憲一 「不平等と公正」209-221頁
大渕憲一 「公正な社会を目指して」222-233頁
応用心理学事典
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃行動)
丸善出版   2008年   
編者:日本応用心理学会
コンフリクト
大渕 憲一 (担当:共訳)
培風館   2007年11月   
心理学の視点20
大渕 憲一 (担当:共著)
国際文献社   2007年4月   
大渕憲一 「無意識の世界」1-12頁
大渕憲一 「個性の展開」13-24頁
大渕憲一 「異常心理学」25-36頁
心理査定実践ハンドブック
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:レイプ神話尺度)
創元社   2007年   
編者:氏原寛・岡堂哲雄・亀口憲司・西村洲衛男・馬場禮子・松島恭子
社会心理学概説
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃性と社会的勢力)
北大路書房   2007年   
編者:潮村公弘・福島治
Social justice in Japan: Concepts, theories and paradigms
Ken-ichi Ohbuchi (担当:編者)
Trans Pacific Press   2007年   
Ohbuchi, K. The social bonds of justice: Theory and research, pp. 3-33;
Ohbuchi, K. The structure justice: Theoretical considerations, pp. 72-92;
Takada, N. & Ohbuchi, K. Forgiveness and justice: Victim psychology in conflict resolution, pp. 107...
思春期のこころ
大渕 憲一
筑摩書房   2006年7月   
犯罪心理学:犯罪の原因をどこに求めるのか
大渕 憲一
培風館   2006年7月   
心理学総合事典
大渕 憲一 (担当:共編者, 範囲:対人行動)
朝倉書店   2006年6月   
海保博之・楠見孝(監修)佐藤達哉・岡市廣成・遠藤利彦・大渕憲一・小川俊樹(編集)
現代用語の基礎知識2006
海保博之・大渕憲一 (担当:分担執筆, 範囲:心理学)
自由国民社   2006年   
感情心理学パースペクティブズ:感情の豊かな世界
大渕 憲一 (担当:共編者, 範囲:感情と人間関係の制御)
北大路書房   2005年3月   
編者:畑山俊輝・仁平義明・大渕憲一・行場次朗・畑山みさ子
新・心理学の基礎知識
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃行動)
有斐閣   2005年   
編者:中島義明・繁桝算男・箱田裕司
心理学辞典
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃性;ほか2項目)
有斐閣   1999年   
編者:中嶋義明ほか
心理学論の新しいかたち
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:社会的問題解決と心理学:紛争解決に貢献するために)
誠信書房   2005年   
編者:下山晴彦
日本人の公正観:公正は個人と社会を結ぶ絆か?
大渕 憲一 (担当:編者)
現代図書   2004年2月   
大渕憲一「公正の社会心理学:絆としての公正」3-30頁;大渕憲一・今在慶一朗「国に対する態度と社会的公正感」79-98頁;大渕憲一「多水準の公正評価と国に対する態度」127-163頁;大渕憲一「国に対する不変信念と社会的公正」165-197頁;菅原郁夫・大渕憲一「紛争解決の法理論と公正研究」201-229頁;大渕憲一 「民事訴訟利用者の反応と公正感」231-264頁;大渕憲一 「日本人の組織内葛藤解決と公正」289-300頁
コミュニケーション学が分かる
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:もめごとにひそむ「尊重」と「自尊心」)
朝日新聞社   2004年   
満たされない自己愛:現代人の心理と対人葛藤
大渕 憲一
筑摩   2003年4月   
社会心理学:アジアからのアプローチ
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:紛争解決)
東京大学出版会   2003年   
編者:山口勧
人文社会科学の新世紀:東北大学文学部から世界へ
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:社会的行動を捉える心理学:対人行動と社会的認知、人の心を推測する)
東北大学出版会   2003年   
編者:原研二・鈴木岩弓・金子義明・沼崎一郎
攻撃性の行動科学:健康編
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:人間関係と攻撃性)
ナカニシヤ出版   2002年   
編者:島井哲志・山崎勝之
人間科学が分かる
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃性と暴力)
朝日新聞社   2001年   
対人行動の社会心理学:人と人との間のこころと行動
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃行動)
北大路書房   2001年   
編者:土田昭司
社会心理学キーワード
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:社会の中の社会心理学)
有斐閣   2001年   
編者:山岸俊夫
多元社会における正義と公正
大渕 憲一 (担当:共訳)
ブレーン出版   2000年11月   
攻撃と暴力:なぜ人は傷つけるのか
大渕 憲一
丸善出版   2000年7月   
教科書社会心理学
大渕憲一・小嶋かおり・福野光輝; 大渕憲一・佐藤達哉 (担当:分担執筆, 範囲:ひとと争う;社会心理学を学ぶ)
北大路書房   2000年   
編者:小林裕・飛田操
Japanese apology across disciplines
Ken-ichi Ohbuchi (担当:分担執筆)
1999年   
編者:N. Sugimoto
心理学者が語る心の教育
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:子どもの葛藤解決の指導)
ナカニシヤ出版   1999年   
人間科学研究法ハンドブック
高橋順一・渡辺文夫・大渕憲一 (担当:共編者)
ナカニシヤ出版   1998年11月   
分担執筆:大渕憲一「心理学実験研究:論文の書き方」227-237頁;今在慶一郎・大渕憲一「質問紙調査法」149-170頁;福野光輝・大渕憲一「実験法」171-193頁
公平と公正の心理学
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:手続き的公正を越えて:社会集団の理論へ)
ナカニシヤ出版   1998年   
編者:田中堅一郎
Conflict Management in the Asian Pacific
Ken-ichi Ohbuchi (担当:分担執筆)
1998年   
編者:K. Leung & D. Tjosvold
社会心理学:アジア的視点から
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:日本人の社会的行動4:紛争解決)
放送大学教育振興会   1998年   
編者:山口勧
現代応用社会心理学講座3:紛争解決の社会心理学
大渕 憲一 (担当:編者)
ナカニシヤ出版   1997年12月   
分担執筆 大渕憲一「紛争解決の社会心理学」1-5頁
福島治・大渕憲一「紛争解決の方略」32-58頁
福野光輝・大渕憲一「交渉における認知バイアス」119-141頁
大渕憲一「紛争解決の文化的スタイル」343-367頁
パーソナリティと対人行動
大渕憲一・堀毛一也 (担当:共編者, 範囲:対人行動とパーソナリティ;攻撃性と対人行動)
誠信書房   1996年11月   
編者:大渕憲一・堀毛一也
基礎心理学通論
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:社会的行動)
福村出版   1996年   
編集:丸山欣也
フェアネスと手続きの社会心理学:裁判、政治、組織への応用
大渕 憲一 (担当:共訳)
ブレーン出版   1995年7月   
発達心理学辞典
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:社会的感情;責任帰属;暴力)
ミネルヴァ書房   1995年   
編者:岡本夏木・清水御代明・村井潤一
学生・教師のための教育心理学
織田信男・大渕憲一 (担当:分担執筆, 範囲:人格の心理)
田研出版   1995年   
編集:田中敏隆
暴力の行動科学
大渕 憲一 (担当:編者)
至文堂   1994年3月   
社会心理学小辞典
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:カタルシス;ほか10項目)
有斐閣   1994年   
編者:古畑和孝
犯罪・非行の社会心理学
大渕憲一・山入端津由 (担当:分担執筆, 範囲:暴力犯罪者の理解)
ブレーン出版   1994年   
編者:水田恵三
歴史人物おもしろ裁判所
大渕 憲一 (担当:監修)
コスモ出版   1993年8月   
人を傷つける心:攻撃性の社会心理学
大渕 憲一
サイエンス社   1993年4月   
社会心理学
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃;自己呈示;対人葛藤)
北大路書房   1993年   
編者:今城周造
家族心理学入門
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:きょうだい関係の心理)
培風館   1992年   
編者:岡堂哲雄
地球社会時代をどう捉えるか
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:日本人とアメリカ人の対人葛藤)
ナカニシヤ出版   1992年   
編者:渡辺文夫・高橋順一
対人行動とパーソナリティ
大渕 憲一 (担当:共訳)
北大路書房   1991年6月   
教育心理学小辞典
大渕 憲一
有斐閣   1991年   
編者:三宅和夫・北尾倫彦・小島秀夫
異文化へのストラテジー
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:対人葛藤と日本人)
川島書店   1991年   
編者:高橋順一・渡辺文夫
対人行動学ガイド・マップ
大渕 憲一
ブレーン出版   1990年   
編者:対人行動研究会
行動科学II
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:対人行動II)
日本放送出版協会   1990年   
編者:末永俊郎
学習指導の心理学
大渕 憲一 (担当:共編者, 範囲:社会的学習)
ぎょうせい   1989年3月   
編者:大渕憲一・石田雅人
社会心理学・パ-スペクティブ1:個人から他者へ
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃の対人機能:社会的葛藤における行動戦略)
誠信書房   1989年   
編者:大坊郁夫・安藤清志・池田謙一
保健分野における心理テストの活用
大渕 憲一 (担当:編者)
ぎょうせい   1988年7月   
心身障害教育と福祉の情報事典
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:家族診断;ほか6項目)
同文書院   1988年   
編者:大石三四郎
人間関係入門
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃)
ナカニシヤ出版   1988年   
編者:安藤延男
児童心理学要論
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:自我と人格の発達)
北大路書房   1988年   
編者:秦一士・平井誠也
現代教育臨床心理学要説
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:診断と治療的理解)
北大路書房   1988年   
編者:佐藤修策・藤土圭三
家族変容の技法を学ぶ
大渕 憲一 (担当:単訳)
川島書店   1987年8月   
精神科MOOK 第18号
大渕憲一・松岡弘 (担当:分担執筆, 範囲:心身症と教育)
金原出版   1987年   
編者:山田通夫
心の内と外:心理学の諸相
大渕 憲一 (担当:共編者, 範囲:個性の展開、ひずみの反映)
勁草書房   1986年4月   
編者:石田雅人・大渕憲一
学校における精神衛生12章
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:攻撃的な子どもの理解と指導)
東山書房   1985年   
編者:松岡弘
犯罪心理学
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:犯罪・非行の人格要因)
東海大学出版会   1984年   
編者:石田幸平・武井槙次
子どもの暴力と登校拒否
大渕 憲一 (担当:共著)
ぎょうせい   1983年7月   
心理テストの使い方
大渕 憲一
ぎょうせい   1983年1月   
教育心理学入門
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:人格の理解と形成)
協同出版   1980年   
編者:田中敏隆
教科の教授=学習の理論と方法 教育大学教科教育講座2
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:学習評価の方法)
第一法規   1980年   
編者:北尾倫彦・木下繁弥
現代教育心理学要説
大渕 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:適応の問題)
北大路書房   1980年   
編者:松山安雄・倉智佐一
現代心理学への招待
大渕 憲一
ミネルヴァ書房   
編者:白樫三四郎

講演・口頭発表等

 
紛争と葛藤の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
仙台弁護士会ADR仲裁人研修会   2019年3月27日   仙台弁護士会ADR委員会
自己統制と逸脱:犯罪学論争
大渕 憲一
奥羽ネガティブ心理学研究会   2019年2月23日   
常習犯罪者と暴力の予防 [招待有り]
大渕 憲一
平成30年度任用研修課程法務教官応用科研修   2019年2月8日   矯正研修所仙台支所
正義と公正の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
高い教養を涵養する特論   2018年11月16日   千葉大学博士課程教育リーディングプログラム「免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム
人間の暴力性 [招待有り]
大渕 憲一
メンタルケア・スペシャリスト養成講座   2018年10月20日   メンタルケア協会
正義と公正の心理学
大渕 憲一
日本心理学会第82回大会公開講演   2018年9月26日   日本心理学会第82回大会組織委員会
ADRの心理学 [招待有り]
大渕 憲一
平成30年度調停人候補者養成研修   2018年9月25日   宮城県行政書士会
人間関係の光と影 [招待有り]
大渕 憲一
高校生のための心理学講座シリーズ   2018年9月22日   日本心理学会
人間の暴力性 [招待有り]
大渕 憲一
日本法律家協会東北支部講演会   2018年5月29日   日本法律家協会東北支部
正義と公正の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
沖縄国際大学特別講義   2018年5月29日   沖縄国際大学
人間の暴力性 [招待有り]
大渕 憲一
メンタルケア・スペシャリスト養成講座   2018年4月21日   メンタルケア協会
常習犯罪者と暴力の予防 [招待有り]
大渕 憲一
平成29年度任用研修課程法務教官応用科研修   2018年3月1日   矯正研修所仙台支所
子どもの虐待
大渕 憲一
東北管区鑑別技官研究会   2018年2月8日   東北管区鑑別技官研究会
ADRの心理学 [招待有り]
大渕 憲一
平成29年度調停人候補者養成研修   2017年11月27日   宮城県行政書士会
暴力の心理:無差別殺人の心理分析 [招待有り]
大渕 憲一
第7回 大阪大学社会心理学セミナー   2017年11月18日   大阪大学人間科学部
正義・公正の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
能代第二中学校創立70周年記念講演   2017年11月4日   秋田県能代第二中学校
正義と公正の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
明治大学商学部ゲストスピーカーによる特別授業   2017年10月26日   明治大学商学部
葛藤解決とその心理的障壁 [招待有り]
大渕 憲一
識者との交流・談話会   2017年10月21日   日本たばこ産業株式会社
テロリストの心理分析 [招待有り]
大渕 憲一
国連アジア極東犯罪防止研修所167回国際研修   2017年9月19日   国連アジア極東犯罪防止研修所
攻撃性の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
早稲田大学文学研究科心理学特論   2017年9月5日   早稲田大学文学研究科
常習犯罪者と暴力の予防 [招待有り]
大渕 憲一
平成28年度任用研修課程法務教官応用科研修   2017年2月28日   矯正研修所仙台支所
常習犯罪者と暴力の予防 [招待有り]
大渕 憲一
平成28年度函館家庭裁判所調査官研修   2016年12月15日   函館家庭裁判所
正義と公正の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
大渕憲一名誉教授紫綬褒章受章記念講演会   2016年12月6日   東北大学大学院文学研究科
犯罪心理学:暴力のメカニズムとその予防 [招待有り]
大渕 憲一
昭和女子大学特殊研究講座   2016年10月29日   昭和女子大学
ADRの心理学
大渕 憲一
平成28年度調停人候補者養成研修   2016年9月13日   宮城県行政書士会
暴力のメカニズムとその予防 [招待有り]
大渕 憲一
大渕憲一教授最終講義   2016年3月19日   大渕憲一先生退職記念事業会
暴力のメカニズムとその予防 [招待有り]
大渕 憲一
心理技官のためのワークショップ   2016年2月21日   矯正研修所東京支所
攻撃の自己制御:感情調節と寛容性 [招待有り]
大渕 憲一
大妻女子大学心理学シンポジウム   2015年12月9日   大妻女子大学
Psychology of youth violence [招待有り]
Ken-ichi Ohbuchi
35th Annual Conference of Taiwanese Association of Psychology   2014年11月8日   台湾心理学会
Psychology of youth violence [招待有り]
Ken-ichi Ohbuchi
the pre-conference workshop on “Psychology and Violence”   2014年11月7日   国立台湾大学
コンフリクト:ADRの心理学 [招待有り]
大渕 憲一
宮城県行政書士会調停人養成研修   2014年9月9日   宮城県行政書士会
Psychological analysis of adolescents committing serious violence in Japan [招待有り]
Keni-ichi Ohbuchi
the 6th Annual Conference Asian Criminological Society   2014年6月27日   Asian Criminological Society
犯罪心理学:緊張理論と青少年の暴力 [招待有り]
大渕 憲一
台湾国立中正大学犯罪抑制学科特別講演   2014年5月23日   台湾国立中正大学
犯罪心理学:緊張理論と統制理論 [招待有り]
大渕 憲一
台湾中央警察大学特別講演   2014年5月22日   中央警察大学
日本における重大事犯青少年の心理学的分析 [招待有り]
大渕 憲一
2014年暴力與毒品犯罪心理與矯治両岸/国際学術研討会   2014年5月22日   台湾玄奘大学
攻撃性の社会心理学:潜在意識と衝動的攻撃 [招待有り]
大渕 憲一
日本矯正医学会第60回総会   2013年11月2日   日本矯正医学会
取調の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
宮城県警特別講話   2012年11月6日   宮城県警察本部
防犯の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
福島市北信地区防犯協会講演会   2012年6月6日   福島市北信地区防犯協会
暴力とは何か
大渕 憲一
子どもの虹情報研修センター   2012年5月29日   子どもの虹情報研修センター
法と正義の相克 [招待有り]
大渕 憲一
2012年度日本法社会学会学術大会   2012年5月13日   日本法社会学会
取調の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
宮城県警特別講話   2011年12月7日   宮城県警察本部
取調の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
東北管区警察局取調技能専科   2011年10月19日   東北管区警察学校
自己統制研究の最前線 [招待有り]
大渕 憲一
法務省矯正研修所講義   2011年9月16日   法務省矯正研修所
コンフリクト・リゾリューション教育:学校での紛争解決教育(CRE)の可能性 [招待有り]
大渕 憲一
日本応用心理学会第78回大会シンポジウム   2011年8月7日   日本応用心理学会第78回大会
Developmental courses in juvenile and adult delinquency [招待有り]
Ken-ichi Ohbuchi
the 16th Congress of International Society for Criminology   2011年8月7日   the 16th Congress of International Society for Criminology
ストレスと犯罪:緊張理論の展開 [招待有り]
大渕 憲一
法務省矯正研修所講義   2011年3月9日   法務省矯正研修所
取調の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
宮城県警特別講話   2010年12月1日   宮城県警本部
日本人と謝罪 [招待有り]
大渕 憲一
平成22年瓢木会総会特別講演   2010年11月16日   瓢木会
ストレスと犯罪:緊張理論の展開 [招待有り]
大渕 憲一
法務省矯正研修所講義   2010年9月17日   法務省矯正研修所
取調の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
東北管区警察局取調技能専科   2010年8月3日   東北管区警察局
家庭と暴力:社会心理学の観点から [招待有り]
大渕 憲一
日本家族研究・家族療法学会第27回福島大会基調講演   2010年6月4日   日本家族研究・家族療法学会第27回福島大会組織委員会
犯罪理論の新展開:統制理論と緊張理論 [招待有り]
大渕 憲一
法務省矯正研修所講義   2010年3月1日   法務省矯正研修所
防犯心理学の研究動向 [招待有り]
大渕 憲一
日本犯罪心理学会第47回大会ミニシンポジウム   2009年10月11日   日本犯罪心理学会第47回大会組織委員会
ストレスと非行:ストレイン理論の展開 [招待有り]
大渕 憲一
仙台家庭裁判所研修   2009年10月1日   仙台家庭裁判所
裁判と心理学 [招待有り]
大渕 憲一
放送大学宮城学習センター入学者の集い講話   2009年9月27日   放送大学宮城学習センター
心理学専攻生の進路調査から [招待有り]
大渕 憲一
日本心理学会第73回大会日本心理学会企画ラウンドテーブル「日本心理学会は将来どのような学会を目指すのか:将来構想に関するアンケート調査の結果から   2009年9月25日   日本心理学会
実証研究に基づく犯罪原因論:統制理論と緊張理論の展開 [招待有り]
大渕 憲一
法務省矯正研修所講義   2009年9月25日   法務省矯正研修所
社会階層と青少年の逸脱 [招待有り]
大渕 憲一(企画、司会)
東北犯罪科学研究会・東北大学文学研究科グローバルCOE「社会階層と不平等教育研究拠点」共催ワークショップ   2009年6月20日   東北犯罪科学研究会・東北大学文学研究科グローバルCOE「社会階層と不平等教育研究拠点」
Forgiveness as a response to interpersonal conflict: Limits and possibilities [招待有り]
Ken-ichi Ohbuchi (commentator)
Symposium at the International Association of Conflict Management 2009 Conference   2009年6月16日   
家族と暴力 [招待有り]
大渕 憲一
平成21年度ひょうご講座「現代社会における光と影」   2009年6月5日   兵庫県
Social justice, social stratification, and intergroup conflict [招待有り]
大渕 憲一(企画)
東北大学文学研究科グローバルCOE「社会階層と不平等教育研究拠点」国際シンポジウム   2009年2月24日   東北大学文学研究科グローバルCOE「社会階層と不平等教育研究拠点」
公正の社会的絆:正義・公正の心理学 [招待有り]
大渕 憲一
東北大学大学院文学研究科グローバルCOEプログラム「社会階層と不平等教育研究拠点」開始記念式典・公開講演会   2009年2月7日   東北大学大学院文学研究科グローバルCOEプログラム「社会階層と不平等教育研究拠点」
社会心理学からみた現代の子ども達の心:家族内の暴力事件の分析から [招待有り]
大渕 憲一
石巻保健教育研究会講演会   2008年12月2日   石巻市
The moderating effect of rationality of aggression between dehumanizing labels and aggression
the Society for Personality and Social Psychology 8th Annual Meeting   2007年   
Why is it that people do not suppress their anger? The effects of a perceived approach-avoidance motive for interpersonal apology on angry feelings
the Annual Conference of the British Psychological Society   2007年   
非行少年用リスクツールの作成
日本心理学会第71回大会   2007年   
日本語版低自己統制尺度の信頼性と妥当性の検証
東北心理学会第61回大会   2007年   
3Gリスクツールによる非行少年のリスクアセスメント
日本犯罪心理学会第45回大会   2007年   
地域に対する愛着と協力:コミットメントと連帯感の効果
東北心理学会第61回大会   2007年   
識別性脅威および充足が感情に及ぼす影響
東北心理学会第61回大会   2007年   
社会システムと社会権力に対する認知が性差別行動正当化に及ぼす影響
東北心理学会第61回大会   2007年   
識別性欲求が社会的行動に与える効果
日本社会心理学会第48回大会   2007年   
攻撃の正当性と非人間的ラベリング: ラベリングによる攻撃の合理化
日本社会心理学会第48回大会   2007年   
潜在的ステレオタイプが評価極性効果に与える影響
日本社会心理学会第48回大会   2007年   
地域に対する協力行動の要因:地域に対する評価と愛着の効果
日本社会心理学会第48回大会   2007年   
社会的排斥と暴力:実験社会心理学的検討
2007年暴力犯罪心理と矯正国際シンポジウム   2007年   
Forgiveness and the role of audience in conflict resolution
the International Symposium Management of Social Problems and Justice in Group Contexts, the Center for the Study of Social Stratification and Inequality   2006年   
The effects of procedural fairness on group identification and third party aggression
the Annual Conference of the British Psychological Society   2006年   
Cognitive Mechanisms of Dehumanizing Labels
the Annual Conference of the British Psychological Society   2006年   
Effects of judged violation of interpersonal norms on angry feelings: Weights of intentionality or severity of harms?
the 3rd Biennial Conference of the International Association for Relationship Research   2006年   
Forgiveness in Conflict Resolution: Familiarity, Attribution, and Motives for Forgiveness
the 3rd Biennial Conference of the International Association for Relationship Research   2006年   
Do people reject apology of group harms: A cross-cultural consideration?
the 18th International Conference of the International Association for Cross-Cultural Psychology   2006年   
The effects of procedural fairness, group identification, and group member’s opinion on third party aggression
the European Association of Experimental Social Psychology Medium Size Meeting on Current Research on Group Perception and Intergroup Behavior : The Role of Motivational Processes (9th Jena Workshop on Intergroup Processes)   2006年   
非当事者攻撃に対する手続き的公正の効果
日本社会心理学会第47回大会   2006年   
紛争解決における寛容性の研究:第三者の責任帰属が寛容性に与える影響
日本社会心理学会第47回大会   2006年   
政策の公正評価と合意形成
日本社会心理学会第47回大会   2006年   
攻撃の合理性と非人間的ラベリング
日本社会心理学会第47回大会   2006年   
欲求伝達可能性の判断が怒り表出に及ぼす影響:人間関係の調整効果を中心に
北海道・東北心理学会第10回合同大会   2006年   
対人規範の違反と怒り感情:怒りに対する規範の構造分析
日本心理学会第70回大会   2006年   
日本における性犯罪対策の新しい試み
2006年犯罪問題国際討論会   2006年   
非人間的ラベルの対象判断とラベリングへの抵抗
東北心理学会第61回大会   2006年   
犯罪理論と近年の実証研究の動向
日本犯罪心理学会平成18年度九州地区研究会   2006年   
An experimental study of the effects of dehumanization labels on aggressive behavior in a fighting-type video game situation
the 6th Annual Meeting of the Society of Personality and Social Psychology   2005年   
The Effects of Perceived Fairness and Trait Self-esteem on Third Party Aggression
Conference on Group Processes in Computer-Supported Interaction: Technological and Social Determinism   2005年   
The effects of distributive fairness and group identification on third party aggression
British Psychological Society The 52nd Social Psychology Section Annual Conference   2005年   
Cognitive causes of conflict avoidance among Japanese: An approach from pluralistic ignorance
the 6th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology   2005年   
Asian social psychology: Achievements, threats, and opportunities
the 6th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology   2005年   
Public evaluation and acceptance of public enterprise policies in Japan: Evaluative clusters, political parties, and residential areas
the 18th Annual Conference of International Association of Conflict Management   2005年   
The effects of group identification and fairness of harm on third party aggression
the 14th General Meeting of the European Association of Experimental Social Psychology   2005年   
葛藤回避と集合的勘違い:自他の私的信念と行動反応における性差
日本社会心理学会第46回大会   2005年