宮城博文

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/13 16:25
 
アバター
研究者氏名
宮城博文
 
ミヤギ ヒロフミ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30634521.ja.html
所属
大阪商業大学
部署
総合経営学部
職名
准教授
学位
博士(立命館大学)
科研費研究者番号
30634521

プロフィール

http://ouc.daishodai.ac.jp/profile/outline/teacher/name_ma/teacher182.html

http://favouritedestinations.com/en/projectteam/

http://eatsa.byd.pl/id,8/founding-committee

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪商業大学 総合経営学部商学科 准教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
Universidad de La Laguna (España) 客員研究員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
大阪商業大学 総合経営学部商学科 講師
 
2011年4月
 - 
2012年9月
立命館大学 経済学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2012年3月
成美大学 経営情報学部 非常勤講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
立命館大学大学院 経営学研究科博士課程後期課程 企業経営専攻
 
2006年4月
 - 
2008年3月
琉球大学大学院 人文社会科学研究科博士課程前期課程 総合社会システム専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
沖縄国際大学 商経学部 商学科
 

受賞

 
2014年7月
観光学術学会学会 観光学術学会学会賞(著作奨励賞)
 

書籍等出版物

 
サービス業のマーケティング戦略
南方建明,宮城博文,酒井理 (担当:共著)
中央経済社   2015年3月   
沖縄観光とホスピタリティ産業
宮城博文
晃洋書房   2013年3月   

論文

 
地域住民による観光開発へのインパクトと参加・協力意図に関する一考察 −大阪府在の若年層を中心に−
宮城博文
第1回 日本観光経営学会 年次大会学術論文集   第1号 6-14   2020年1月
地域住民における観光開発への参加・協力意図について ―スペインテネリフェ島の若年層を中心に―
宮城博文
日本観光研究学会全国大会学術論文集   第34号 81-84   2019年12月
Virtual reality application case illustrations: usability in tourism
Rubén Jesús García-Hernández, Hirofumi Miyagi, and Dieter Kranzlmüller
Asian Journal of Information and Communications   11(1) 46-58   2019年5月   [査読有り]
観光開発における住民行動の課題に関する一考察
宮城博文
大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要   20 35-56   2018年7月   [査読有り]
島嶼地域における観光開発に対する住民行動の探索的研究 : 沖縄県を中心に
宮城博文
日本観光研究学会全国大会学術論文集   第32号 77-80   2017年12月
農産物直売所による地域活性化についての考察 : 内子フレッシュパークからりを事例として
禿慧二, 小沢道紀, 宮城博文
立命館経営学   56(1) 135-164   2017年5月
Dream destinations and favourite destinations:Measuring key factors of tourism destination choice
Dias, Francisco, Lucilia Cardoso, Anne-Marie Lebrun, Che-Jen Su, Sawant Sawant, Yanki Hartijasti, Kostas Zafiropoulos, Hirofumi Miyagi, and Joanna Kosmaczewska
A Pathway for the New Generation of Tourism Research - Proceedings of the EATSA Conference 2016   13-37   2017年1月
The Development of Tourism Destination for Experience Based Perspective -The Case of Okinawa Prefecture-
宮城博文
大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要   18 65-85   2016年6月   [査読有り]
Torre de Babel - Uma nova metodologia para aferir o valor das marcas de destino a nível mundial [in Portuguese]
Dias, Francisco, João Vasconcelos, Che-Jen Su, Hirofumi Miyagi, and Hugo Marcos
PROCEEDINGS of CINEMA, DESTINATION IMAGE AND PLACE BRANDING   1 15-48   2016年3月
デスティネーションにおける価値共創の課題に関する一考察
宮城博文
森下財団紀要   (1) 54-69   2016年3月
観光地におけるホスピタリティ産業の発展に関する一考察―沖縄県那覇市の事例を中心に―(特集論文 ホスピタリティへの問い)
宮城博文
観光学評論   3(1) 49-61   2015年3月   [査読有り][招待有り]
An Inquiry into Exploring the Service Quality Indicator System for the Tourist Destination: An Examination of Service Quality Model by Gronroos
Miyagi, Hirofumi and Sang Jun Kim
Proceedings of the 31st Annual Pan-Pacific Conference -Designing the Shared Future through Co-Creation-   31 154-157   2014年6月
A Study on the Mechanism of Occurrence of Low Profits in the Inbound Industry- A Focus on Travel Agencies in charge of Japanese Travelers to Korea-
Kim, Sang Jun and Hirofumi Miyagi
Proceedings of the 31st Annual Pan-Pacific Conference -Designing the Shared Future through Co-Creation-   31 213-215   2014年6月
デスティネーションにおける品質管理の課題に関する一考察―サービス提供過程の役割を通じて―
宮城博文
大阪商業大学論集   9(3) 1-20   2014年1月
地域の担い手の育成とその可能性: ―「高知県」および「いなかパイプ」を事例として―
小沢道紀,宮城博文,藤田聡,大友智
日本観光研究学会全国大会学術論文集   28 245-258   2013年12月
沖縄県における旅行業の発展に関する一考察 -沖縄ツーリストを中心に-
宮城博文
Northeast Asia Tourism Research   9(1) 235-255   2013年2月   [査読有り]
デスティネーションにおける観光商品開発と地域の役割に関する一考察:ヘルス・ツーリズムを中心に
宮城博文,小沢道紀,藤田聡,大友智
日本観光研究学会全国大会学術論文集   27 301-304   2012年12月
まちあるき観光における観光案内標識の重要性―京都市を事例として―
川口裕之, 宮城博文
日本観光研究学会全国大会学術論文集   26 165-168   2011年12月
和歌山県におけるヘルス・ツーリズムの現状と課題―(特非)熊野で健康ラボによる観光商品開発の事例を中心に―
宮城博文,小沢道紀,藤田聡,大友智
日本観光研究学会全国大会学術論文集   26 65-68   2011年12月
沖縄県におけるリゾート・ホテルの発展に関する一考察 -國場組,及びホテルムーンビーチを中心に-
宮城博文
Northeast Asia Tourism Research   7(2) 317-337   2011年5月   [査読有り]
サービス提供過程における課題に関する一考察 -ホスピタリティ産業との関わりを通して-
宮城博文
立命館経営学   49(5) 231-256   2011年1月
An Inquiry into Development on Hospitality Industry in Tourism Destination -the Case of Okinawa Prefecture-
Miyagi, Hirofumi
Northeast Asia Tourism Research   6(2) 143-155   2010年12月   [査読有り]
デスティネーションにおける競争要因の課題に関する一考察 ―観光学,経営学の視点を通して―
宮城博文
立命館経営学   49(2・3) 93-118   2010年9月
沖縄県ホテル業の発展と現状 : 訪問客の視点を通して[査読研究ノート]
宮城博文
社会システム研究   21 229-253   2010年9月
ホスピタリティ産業におけるサービス提供に関する一考察―ザ・テラスホテルズ株式会社の事例研究―
宮城博文
日本国際観光学会論文集   17 35-41   2010年3月   [査読有り]
沖縄県におけるホテル・旅館業の発展―沖縄国際海洋博覧会を転機として―
宮城博文
日本観光研究学会全国大会学術論文集   24 269-272   2009年11月
ホスピタリティ産業の規模と現状 -沖縄県を中心として-
宮城博文
流通   24 113-120   2009年7月   [査読有り]
沖縄観光におけるリピート客獲得の取り組み-経験価値創造を中心として-
宮城博文
立命館経営学   47(6) 135-154   2009年3月
サービス品質の管理・評価の課題[査読研究ノート]
宮城博文
立命館ビジネスジャーナル   3 45-67   2009年1月
2000年以降における日本人海外旅行者数の伸長鈍化の考察
廣岡裕一,宮城博文
日本観光研究学会全国大会学術論文集   23 321-324   2008年11月

講演・口頭発表等

 
地域住民による観光開発へのインパクトと参加・協力意図に関する一考察 −大阪府在の若年層を中心に−
宮城博文
日本観光経営学会 第1回年次大会 [阪南大学]   2020年1月12日   
地域住民における観光開発への参加・協力意図について ―スペインテネリフェ島の若年層を中心に―
宮城博文
日本観光研究学会第34回全国大会 [公立大学法人名桜大学]   2019年12月14日   
Resident Perspective in island destination: The Comparative Analysis of Tourism Development between Okinawa and Tenerife
Miyagi, Hirofumi and Parra López, Eduardo
III Spring Symposium on Challenges in Tourism Development [EXPOMELONERAS, GRAN CANARIA ISLAND / SPAIN]   2018年6月8日   
沖縄県における島嶼観光と持続可能な発展:地域住民の視点を通じて [招待有り]
宮城博文
Islands Tourism summit 2018 [琉球大学観光産業科学部]   2018年3月1日   
島嶼地域における観光開発に対する住民行動の探索的研究:沖縄県を中心に
宮城博文
日本観光研究学会第32回全国大会 [金沢星稜大学]   2017年12月3日   
「沖縄観光の現状と課題ーマーケティングの視点を通じてー」 [招待有り]
宮城博文
「Island Tourism」特別セミナー[琉球大学観光産業科学部]   2017年2月18日   
Value Creation in Tourism Destination for Experience Based Perspective: The Case of Okinawa Prefecture
宮城博文
The Euro-Asia Tourism Studies Association (EATSA) 2016 Conference, [University of Lisbon, Lisbon, Portugal]   2016年6月27日   
Francisco Dias, João Vasconcelos, Che-Jen Su, Masayuki Maruyama, Hirofumi Miyagi, and Hugo Marcos
International Conference, Cinema, Destination Image and Place Branding, Gaia 2015[Gaia, Portugal]   2015年10月22日   
An Empirical Assessment through Process Quality and Image in Tourist Destination : An application to Kyoto
MIYAGI, Hirofumi, Masaki TOYAMA
The Euro-Asia Tourism Studies Association (EATSA) Inaugural Conference [Fu Jen Catholic University, Taipei, Taiwan]   2015年6月8日   
An Inquiry into Exploring the Service Quality Indicator System for the Tourist Destination: An Examination of Service Quality Model by Gronroos
Miyagi, Hirofumi and Sang Jun Kim
The 31st Annual Pan-Pacific Conference -Designing the Shared Future through Co-Creation-[Sakai City, Osaka, Japan]   2014年6月4日   
デスティネーションにおける観光商品開発と地域の役割に関する一考察:―ヘルス・ツーリズムを中心に―
宮城博文,小沢道紀,藤田聡,大友智
日本観光研究学会第27回全国大会[宮城大学]   2012年12月2日   
和歌山県におけるヘルス・ツーリズムの現状と課題―(特非)熊野で健康ラボによる観光商品開発の事例を中心に―
宮城博文,小沢道紀,藤田聡,大友智
日本観光研究学会第26回全国大会[阪南大学]   2011年12月4日   
まちあるき観光における観光案内標識の重要性―京都市を事例として―
川口裕之, 宮城博文
日本観光研究学会第26回全国大会[阪南大学]   2011年12月4日   
An Inquiry into Development on Hospitality Industry in Tourism Destination - The Case of Okinawa Prefecture -
Miyagi, Hirofumi
The 4th International Conference TINA, Tourism Institute of Northeast Asia, POSCO International Center [Pohang, KOREA]   2010年8月21日   
沖縄県におけるホテル・旅館業の発展―沖縄国際海洋博覧会を転機として―
宮城博文
日本観光研究学会第24回全国大会[立教大学]   2009年11月22日   
日本における旅行市場の発展と現状―沖縄県の事例を通して―
宮城博文
日本流通学会第23回全国大会[名桜大学]   2009年11月1日   
ホテル業におけるサービス・コンセプト実現の仕組み ―ザ・テラスホテルズ㈱を中心に―
宮城博文
日本国際観光学会第10回全国大会[金城大学短期大学部]   2009年6月7日   
2000年以降における日本人海外旅行者数の伸長鈍化の考察
廣岡裕一,宮城博文
日本観光研究学会第23回全国大会[長野大学]   2008年11月23日   
ホスピタリティ産業の規模とその課題-沖縄を中心として-
宮城博文
日本流通学会第22回全国大会[立命館大学びわこ草津キャンパス]   2008年10月26日   

担当経験のある科目