宮島 利宏


宮島 利宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/31 16:46
 
アバター
研究者氏名
宮島 利宏
eメール
miyajimaaori.u-tokyo.ac.jp
URL
http://co.aori.u-tokyo.ac.jp/mbcg/jp/index.html
所属
東京大学
部署
大気海洋研究所
学位
博士(理学)(京都大学)
その他の所属
大学院理学系研究科生物科学専攻

プロフィール

ResearchGate profile: https://www.researchgate.net/profile/Toshihiro_Miyajima
Facebook: https://www.facebook.com/biogeosciences/

研究分野

 
 

論文

 
Takahiro Yamamoto, Mary Ann Cielo L. Malingin, Ma Marivic Pepino, Masaya Yoshikai, Wilfredo Campos, Toshihiro Miyajima, Atsushi Watanabe, Yoshiyuki Tanaka, Naoko Morimoto, Roseanne Ramos, Homer Pagkalinawan, Kazuo Nadaoka
Science of the Total Environment   656 1386-1400   2019年3月   [査読有り]
© 2018 Elsevier B.V. This paper demonstrates the effects of terrigenous sediment load reduction by watershed managements on coastal turbidity in Banate Bay, Iloilo located in central Philippines, using field observations and numerical simulations....
Satoki Onda, Yuji Sano, Naoto Takahata, Takanori Kagoshima, Toshihiro Miyajima, Tomo Shibata, Daniele L. Pinti, Tefang Lan, Nak Kyu Kim, Minoru Kusakabe, Yoshiro Nishio
Scientific Reports   8    2018年12月   [査読有り]
Geochemical monitoring of groundwater in seismically-active regions has been carried out since 1970s. Precursors were well documented, but often criticized for anecdotal or fragmentary signals, and for lacking a clear physico-chemical explanation ...
Masami Hamaguchi, Hiromori Shimabukuro, Masakazu Hori, Goro Yoshida, Tomoko Terada, Toshihiro Miyajima
Limnology and Oceanography: Methods   16(4) 253-264   2018年1月   [査読有り]
The sequestration of atmospheric CO 2 in seagrass meadows as organic carbon (OC) has been attracting more attention as a means for climate change mitigation and adaptation. A direct method to detect seagrass DNA in coastal sediments, which is esse...
Kaoru Kubota, Kotaro Shirai, Tomihiko Higuchi, Toshihiro Miyajima
Coastal Marine Science   41(1) 1-6   2018年10月   [査読有り]
Takashi Nakamura, Kazuo Nadaoka, Atsushi Watanabe, Takahiro Yamamoto, Toshihiro Miyajima, Ariel C. Blanco
Coral Reefs   37(1) 1-17   2017年10月   [査読有り]

Misc

 
西田由布子, 佐々修司, 宮島利宏, 青木優和, 小松輝久
月刊海洋   47(5) 231-235   2015年5月
今村陽一郎, 小関祥子, 宮島利宏, 風呂田利夫, 小島茂明
日本ベントス学会誌   66(1) 40-47   2011年10月
田中泰章, 宮島利宏, 小川浩史, 小池勲夫, 林原毅
月刊地球   34-38   2008年10月
古田世子, 吉田美紀, 岡本高弘, 若林徹哉, 一瀬諭, 青木茂, 河野哲郎, 宮島利宏
陸水学雑誌   68(3) 433-441   2007年12月

書籍等出版物

 
堀 正和, 桑江 朝比呂, 所 立樹, 渡辺 謙太, 吉田 吾郎, 仲岡 雅裕, 宮島 利宏, 浜口 昌巳, 阿保 勝之, 樽谷 賢治, 杉松 宏一, 信時 正人, 小池 勲夫 (担当:共著)
地人書館   2017年6月   ISBN:4805209097
Blue Carbon in Shallow Coastal Ecosystems: Carbon Dynamics, Policy, and Implementation
Tomohiro Kuwae (ed.), Masakazu Hori (ed.) (担当:共著)
Springer   2019年1月   ISBN:9811312946
丸善出版   2017年1月   ISBN:4621301004
丸善出版   2011年9月   ISBN:4621084097

講演・口頭発表等

 
Evaluation of the function of seagrass to stabilize sediments
TANAKA Yoshiyuki, NAKAMURA Takashi, YOSHIKAI Masaya, MIYAJIMA Toshihiro, NADAOKA Kazuo, WATANABE Atsushi, SIRINGAN Fernando, NAKAOKA Masahiro, SUWA Rempei, FORTES Miguel
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   
Response of the eelgrass epifaunal food web to acidified ocean: An experimental approach
MIYAJIMA Toshihiro, SATO Masaaki, HORI Masakazu
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   
Characteristics of water quality in the river of the Philippines
MORIMOTO Naoko, UMEZAWA Yu, WATANABE Atsushi, LOURDES SAN DIEGO‐MCGLONE Maria, FERRERA Charissa M., REGINO‐MONPONBANUA Genevieve, MIYAJIMA Toshihiro
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   
二枚貝を用いた完新世トンガ王国における古環境復元
福與直人, 福與直人, 横山祐典, CLARK Geoffey, 窪田薫, 宮入陽介, 杉原奈央子, 白井厚太朗, 樋口富彦, 宮島利宏
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   
フィリピン・パナイ島の河川型マングローブ林からの炭素輸送
渡邉敦, 宮島利宏, MCGLONE Maria Lourdes S.D., ORIZAR Iris, 吉開仁哉, 灘岡和夫
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   

競争的資金等の研究課題

 
ブルーカーボン生態系からの有機炭素の外洋移出・隔離過程の実証技術開発とモデル化
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 宮島 利宏 東京大学, 大気海洋研究所, 助教 (20311631)
科学技術振興機構: 国際科学技術共同研究推進事業・地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 灘岡 和夫 東京工業大学, 環境・社会理工学院, 教授 (70164481)
サンゴの白化現象メカニズム究明と大規模白化に対する生物化学的防止・救済策の確立
環境再生保全機構: 環境研究総合推進費
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 藤村 弘行 琉球大学, 理学部, 准教授 (20398308)
高CO2・高水温環境下でのサンゴ礁群集の多様度維持機構:パラオ礁湖での事例研究
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 栗原 晴子 琉球大学, 理学部, 助教 (40397568)
酸性化 / 温暖化 / サンゴ礁 / 適応 / 野外
サンゴ礁を対象とした生態系動態モデル体系の革新とレジリエンス強化策への貢献
文部科学省: 基盤研究(A)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 灘岡 和夫 東京工業大学, 環境・社会理工学院, 教授 (70164481)
生態系動態モデル / サンゴ礁 / トップダウン効果 / 群集構造マッピング / レジリエンス強化策