三宅陽一

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/10 16:03
 
アバター
研究者氏名
三宅陽一
 
ミヤケ ヨウイチ
URL
http://yoichi-miyake.com/
所属
東京大学
部署
大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
職名
助教
学位
博士(農学)(東京大学)
その他の所属
大気海洋研究所
科研費研究者番号
30624902

プロフィール

研究内容:野外調査・数値モデルを用いた生物学・海洋物理学的なアプローチに基づく、アワビ・イセエビ・ニホンウナギなどの水産重要種の加入機構の解明及び海洋保護区の有効性評価

研究分野

 
 

受賞

 
2017年3月
水産海洋学会 奨励賞 「沿岸域に生息する重要水産資源の加入機構と保全に関する研究」
 
2014年3月
日本生態学会 日本生態学会 ポスター賞優秀賞 「護岸による生息環境劣化はニホンウナギにどのような影響を与えるか?」
受賞者: 板倉光・甲斐野翼・三宅陽一・北川貴士・木村伸吾
 

論文

 
Hiroshi Morioka, Akihide Kasai, Yoichi Miyake, Takashi Kitagawa, Shingo Kimura
Journal of Shellfish Research   36(3) 659-668   2017年12月   [査読有り]
Vertical distribution and assemblage structure of leptocephali in the North Equatorial Current region of the western Pacific
Onda H, Miller MJ, Takeshige A, Miyake Y, Kuroki M, Aoyama J, Kimura S
Marine Ecology Progress Series   575 119-136   2017年7月   [査読有り]
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Toyomitsu Horii, Tomohiko Kawamura
Journal of Shellfish Research   36(1) 157-167   2017年4月   [査読有り]
Circulation and haline structure of a microtidal bay in the Sea of Japan influenced by the winter monsoon and the Tsushima Warm Current
Itoh S, Kasai A, Takeshige A, Zenimoto K, Kimura S, Suzuki K, Miyake Y, Funahashi T, Yamashita Y, Watanabe Y
Journal of Geophysical Research: Oceans      2016年8月   [査読有り]
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Sachihiko Itoh, Seinen Chow, Keisuke Murakami, Satoshi Katayama, Aigo Takeshige, Hideaki Nakata
Marine Ecology Progress Series   539 93-109   2015年11月   [査読有り]
© Inter-Research 2015, www.int-res.com. The vertical behavior of planktonic larvae has been increasingly recognized as an important factor in their transport. However, little is known about the roles of this behavior in openocean migration of tele...

書籍等出版物

 
海の温暖化ー変わりゆく海と人間活動の影響ー
三宅陽一 (担当:分担執筆, 範囲:岩礁資源)
朝倉書店   2017年7月   ISBN:978-4-254-16130-4

講演・口頭発表等

 
Recruitment mechanism of Anguilla japonica glass eels implied by 50-year catch and oceanographic data and model
Miyake Y, Takeshige A, Itakura H, Yoshida A, Kimura S
The 1st UK International Eel Science Symposium   2017年6月14日   
Site fidelity, diel and seasonal activity of growth phase Japanese eel in the freshwater habitat inferred from acoustic telemetry
Itakura H, Kitagawa T, Miyake Y, Kimura S
The 1st UK International Eel Science Symposium   2017年6月13日   
シラスウナギの接岸回遊における黒潮暖水波及の利用
三宅陽一・竹茂愛吾・板倉光・吉田彰・木村伸吾
2016年度水産海洋学会研究発表大会   2016年11月26日   
Shoreward intrusions of Kuroshio waters may influence the recruitment of a top predator in river ecosystems
Miyake Y, Takeshige A, Itakura H, Yoshida A, Kimura S
PICES25   2016年11月8日   
北赤道海流域におけるレプトセファルス幼生の分布動態に関する研究
恩田拓尭・竹茂愛吾・三宅陽一・MJ Miller・黒木真理・青山潤・木村伸吾
水産海洋学会研究発表大会   2016年11月   

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東京大学 大学院新領域創成科学研究科/大気海洋研究所 助教
 
2011年10月
 - 
2013年3月
長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科 助教
 
2011年4月
 - 
2011年9月
水産総合研究センター 増養殖研究所 研究支援職員
 
2010年6月
 - 
2011年3月
水産総合研究センター 中央水産研究所 研究支援職員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京大学 大気海洋研究所 農学特定研究員
 
2001年12月
 - 
2005年3月
株式会社アイコン・ジャパン 臨床開発部 CRA
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 (博士課程)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 (修士課程)
 
1996年8月
 - 
2000年12月
Florida Institute of Technology College of Science and Liberal Arts Department of Biological Sciences (Marine Biology)
 

競争的資金等の研究課題

 
シラスウナギの接岸機構の解明:物理環境と行動特性に基づく多面的アプローチ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 三宅陽一
ニホンウナギの保全に向けた汽水域における黄ウナギの行動モニタリング
東京大学海洋アライアンス: 海洋アライアンス・イニシャティブ
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 三宅陽一
ニホンウナギの保全に向けた汽水域における降河回遊行動のモニタリングの継続
東京大学海洋アライアンス: 海洋アライアンス・イニシャティブ
研究期間: 2016年9月 - 2017年2月    代表者: 三宅陽一
ニホンウナギの保全に向けた汽水域における降河回遊行動のモニタリング
東京大学海洋アライアンス: 海洋アライアンス・イニシャティブ
研究期間: 2015年9月 - 2016年2月    代表者: 三宅陽一
Transport Mechanisms in the Larval Migration of Japanese Spiny Lobster
日本科学協会: 平成27年度海外発表促進助成
研究期間: 2015年7月 - 2015年7月    代表者: 三宅陽一