三宅陽一

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/13 09:57
 
アバター
研究者氏名
三宅陽一
 
ミヤケ ヨウイチ
URL
http://yoichi-miyake.com/
所属
東京大学
部署
大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
職名
助教
学位
博士(農学)(東京大学)
その他の所属
大気海洋研究所
科研費研究者番号
30624902

プロフィール

研究内容:野外調査・数値モデルを用いた生物学・海洋物理学的なアプローチに基づく、アワビ・イセエビ・ニホンウナギなどの水産重要種の加入機構の解明及び海洋保護区の有効性評価

研究分野

 
 

受賞

 
2017年3月
水産海洋学会 奨励賞 「沿岸域に生息する重要水産資源の加入機構と保全に関する研究」
 
2014年3月
日本生態学会 日本生態学会 ポスター賞優秀賞 「護岸による生息環境劣化はニホンウナギにどのような影響を与えるか?」
受賞者: 板倉光・甲斐野翼・三宅陽一・北川貴士・木村伸吾
 

論文

 
Miyake Y, Takeshige A, Itakura H, Itoh H, Onda H, Yamaguchi A, Yoneta A, Arai K, Hane YV, Kimura S
Fisheries Science   2018    2018年7月   [査読有り]
Miyake Y, Itakura H, Takeshige A, Onda H, Yamaguchi A, Yoneta A, Arai K, Hane YV, Kimura S
Ichthyological Research   66(1)    2018年8月   [査読有り]
Selection of suitable coastal aquaculture sites using Multi-Criteria Decision Analysis in Menai Strait, UK
Yin Shengle, Aigo Takeshige, Yoichi Miyake, Shingo Kimura
Ocean & Coastal Management   165 268-279   2018年11月   [査読有り]
Hikaru Itakura, Yoichi Miyake, Takashi Kitagawa, Shingo Kimura
Ecology of Freshwater Fish   27(3) 737-751   2018年6月   [査読有り]
Hiroshi Morioka, Akihide Kasai, Yoichi Miyake, Takashi Kitagawa, Shingo Kimura
Journal of Shellfish Research   36(3) 659-668   2017年12月   [査読有り]
Vertical distribution and assemblage structure of leptocephali in the North Equatorial Current region of the western Pacific
Onda H, Miller MJ, Takeshige A, Miyake Y, Kuroki M, Aoyama J, Kimura S
Marine Ecology Progress Series   575 119-136   2017年7月   [査読有り]
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Toyomitsu Horii, Tomohiko Kawamura
Journal of Shellfish Research   36(1) 157-167   2017年4月   [査読有り]
Itoh S, Kasai A, Takeshige A, Zenimoto K, Kimura S, Suzuki K, Miyake Y, Funahashi T, Yamashita Y, Watanabe Y
Journal of Geophysical Research: Oceans      2016年8月   [査読有り]
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Sachihiko Itoh, Seinen Chow, Keisuke Murakami, Satoshi Katayama, Aigo Takeshige, Hideaki Nakata
Marine Ecology Progress Series   539 93-109   2015年11月   [査読有り]
© Inter-Research 2015, www.int-res.com. The vertical behavior of planktonic larvae has been increasingly recognized as an important factor in their transport. However, little is known about the roles of this behavior in openocean migration of tele...
Aigo Takeshige, Yoichi Miyake, Hideaki Nakata, Takashi Kitagawa, Shingo Kimura
Fisheries Oceanography   24 445-462   2015年9月   [査読有り]
© 2015 John Wiley & Sons Ltd. In order to investigate the impact of climate change on egg and larval transport of Japanese anchovy (Engraulis japonicus) off Kyushu Island western Japan, we conducted particle-tracking simulations on transport succe...
Seinen Chow, Makoto Okazaki, Tomowo Watanabe, Kyohei Segawa, Toshihiro Yamamoto, Hiroaki Kurogi, Hideki Tanaka, Ken Ichiro Ai, Miho Kawai, Shinichi Yamamoto, Noritaka Mochioka, Ryotaro Manabe, Yoichi Miyake
PLoS ONE   10    2015年4月   [査読有り]
© 2015 Chow et al. Short-time tracking (one to eight days) of the Japanese eel (Anguilla japonica) using ultrasonic transmitter was performed in the tropical-subtropical area adjacent to the spawning area and temperate area off the Japanese Archip...
Hikaru Itakura, Tsubasa Kaino, Yoichi Miyake, Takashi Kitagawa, Shingo Kimura
Environmental Biology of Fishes   98 1871-1888   2015年2月   [査読有り]
© 2015, Springer Science+Business Media Dordrecht. The rivers and lakes of Japan have had a wide range of shoreline modifications for flood control and stabilization, but the effects of this on the ecology of Japanese eels, Anguilla japonica, is n...
Aigo Takeshige, Yoichi Miyake, Hideaki Nakata, Takashi Kitagawa, Shingo Kimura
Fisheries Science   79 989-998   2013年11月   [査読有り]
Effect of wind stress on the annual catch of Japanese anchovy Engraulis japonicus off northwestern Kyushu for the period between 1963 and 2009 was investigated. Regime shift analysis detected several step changes in catch and environmental variabl...
須﨑 寛和, 三宅 陽一, 中田 英昭
沿岸海洋研究   51(1) 79-89   2013年8月   [査読有り]
三宅 陽一, 黒木 洋明, 清水 学
水産技術   5(2) 175-178   2013年2月   [査読有り]
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に伴い発生した津波は,太平洋沿岸を中心に広い範囲に渡って水産業に被害を及ぼした。本稿では,神奈川県長井地先で観測された津波について,水深・流速データに基づき報告する。本海域では,地震発生から津波の第1波到達まで約1時間かかり,初期の波の振幅は約1mから減少傾向を示し,周期は1-1.5時間程度であった。流向は北東および南南西を繰り返し,流速は50cm s-1以上に達した。この短周期で流向が交互に変化する強い流れによりワカメやコンブの養殖施設が被害を受...
旭 隆, 黒木 洋明, 照井 方舟, 鬼塚 年弘, 三宅 陽一, 早川 淳, 河村 知彦, 滝口 直之, 浜口 昌巳, 堀井 豊充
水産海洋研究   77(1) 10-20   2013年2月   [査読有り]
Seinen Chow, Andrew Jeffs, Yoichi Miyake, Kooichi Konishi, Makoto Okazaki, Nobuaki Suzuki, Muhamad F. Abdullah, Hideyuki Imai, Toshie Wakabayasi, Mitsuo Sakai
PLoS ONE   6    2011年12月   [査読有り]
The pronghorn spiny lobster, Panulirus penicillatus, is a circumtropical species which has the widest global distribution among all the species of spiny lobster, ranging throughout the entire Indo-Pacific region. Partial nucleotide sequences of mi...
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Tomohiko Kawamura, Takashi Kitagawa, Tetsuya Takahashi, Hideki Takami
Marine Ecology Progress Series   440 137-150   2011年10月   [査読有り]
Population connectivity among 7 fishery grounds of Ezo abalone Haliotis discus hannai on the northern Miyagi coast (approximately 80 km) was investigated using hydrodynamic and particle-tracking models. The objectives were to: (1) clarify the larv...
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Tomohiko Kawamura, Takashi Kitagawa, Motoyuki Hara, Hiroshi Hoshikawa
Fisheries science : FS   76(4) 561-570   2010年7月
Yoichi Miyake, Shingo Kimura, Tomohiko Kawamura, Toyomitsu Horii, Hiroaki Kurogi, Takashi Kitagawa
Marine Ecology Progress Series   387 205-222   2009年8月
A coupled particle-tracking and hydrodynamic model, into which observed current data were assimilated, was used to simulate larval dispersal of large abalone (Haliotis discus discus, H. gigan- tea, and H. madaka) in Sagami Bay, Japan. The aims of ...

書籍等出版物

 
海の温暖化ー変わりゆく海と人間活動の影響ー
三宅陽一 (担当:分担執筆, 範囲:岩礁資源)
朝倉書店   2017年7月   ISBN:978-4-254-16130-4

講演・口頭発表等

 
利根川河口域におけるシラスウナギの捕食
三宅陽一・竹茂愛吾・板倉光・伊藤萌・恩田拓尭・山口聖・米田彬史・荒井考磨・羽根由里奈・木村伸吾
東アジア鰻学会 公開シンポジウム うな丼の未来VI   2018年7月8日   
Recruitment mechanism of Anguilla japonica glass eels implied by 50-year catch and oceanographic data and model
Miyake Y, Takeshige A, Itakura H, Yoshida A, Kimura S
The 1st UK International Eel Science Symposium   2017年6月14日   
Site fidelity, diel and seasonal activity of growth phase Japanese eel in the freshwater habitat inferred from acoustic telemetry
Itakura H, Kitagawa T, Miyake Y, Kimura S
The 1st UK International Eel Science Symposium   2017年6月13日   
シラスウナギの接岸回遊における黒潮暖水波及の利用
三宅陽一・竹茂愛吾・板倉光・吉田彰・木村伸吾
2016年度水産海洋学会研究発表大会   2016年11月26日   
Shoreward intrusions of Kuroshio waters may influence the recruitment of a top predator in river ecosystems
Miyake Y, Takeshige A, Itakura H, Yoshida A, Kimura S
PICES25   2016年11月8日   

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東京大学 大学院新領域創成科学研究科/大気海洋研究所 助教
 
2011年10月
 - 
2013年3月
長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科 助教
 
2011年4月
 - 
2011年9月
水産総合研究センター 増養殖研究所 研究支援職員
 
2010年6月
 - 
2011年3月
水産総合研究センター 中央水産研究所 研究支援職員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京大学 大気海洋研究所 農学特定研究員
 
2001年12月
 - 
2005年3月
株式会社アイコン・ジャパン 臨床開発部 CRA
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 (博士課程)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 (修士課程)
 
1996年8月
 - 
2000年12月
Florida Institute of Technology College of Science and Liberal Arts Department of Biological Sciences (Marine Biology)
 

競争的資金等の研究課題

 
シラスウナギの接岸機構の解明:物理環境と行動特性に基づく多面的アプローチ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 三宅陽一
ニホンウナギの保全に向けた汽水域における黄ウナギの行動モニタリング
東京大学海洋アライアンス: 海洋アライアンス・イニシャティブ
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 三宅陽一
ニホンウナギの保全に向けた汽水域における降河回遊行動のモニタリングの継続
東京大学海洋アライアンス: 海洋アライアンス・イニシャティブ
研究期間: 2016年9月 - 2017年2月    代表者: 三宅陽一
ニホンウナギの保全に向けた汽水域における降河回遊行動のモニタリング
東京大学海洋アライアンス: 海洋アライアンス・イニシャティブ
研究期間: 2015年9月 - 2016年2月    代表者: 三宅陽一
Transport Mechanisms in the Larval Migration of Japanese Spiny Lobster
日本科学協会: 平成27年度海外発表促進助成
研究期間: 2015年7月 - 2015年7月    代表者: 三宅陽一