宮成 悠介

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 16:11
 
アバター
研究者氏名
宮成 悠介
 
ミヤナリ ユウスケ
URL
http://www.nibb.ac.jp/miyalab/#pagetop
所属
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
部署
生命創成探究センター
職名
特任准教授
学位
生命科学博士(京都大学)

プロフィール

2001年 九州大学 薬学部卒業
2006年 京都大学 生命科学研究科 卒業(生命科学博士)
2006-2009年 国立遺伝学研究所 博士研究員
2009-2014年 フランスIGBMC 博士研究員
2014年-現在 基礎生物学研究所 特任准教授
2014年-2018年 岡崎統合バイオサイエンスセンター 特任准教授
2018年-現在 生命創成探究センター(ExCELLS)

研究分野

 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年2月
フランスIGBMC Maria-Elena Torres- Padilla ラボ 
 
2006年4月
 - 
2009年3月
国立遺伝学研究所 人類遺伝学研究部門 佐々木裕之ラボ
 
2001年4月
 - 
2006年3月
京都大学 生命科学研究科 
 
1996年4月
 - 
2001年3月
九州大学 薬学部 
 

受賞

 
2017年8月
公益財団法人アステラス病態代謝研究会 優秀発表賞
 
2016年3月
文部科学省 文部科学大臣 若手研究者賞
 
2015年9月
公益財団法人アステラス病態代謝研究会 竹中奨励賞
 
2015年8月
公益財団法人アステラス病態代謝研究会 優秀発表賞
 

論文

 
[Transcriptional regulation by nuclear body].
Kurihara M, Miyanari Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   88(4) 521-524   2016年8月   [査読有り]
Miyanari Y
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1338 89-97   2016年   [査読有り]
Miyanari Y
Methods (San Diego, Calif.)   69(2) 198-204   2014年9月   [査読有り]
Miyanari Y, Ziegler-Birling C, Torres-Padilla ME
Nature structural & molecular biology   20(11) 1321-1324   2013年11月   [査読有り]
Li Y, Miyanari Y, Shirane K, Nitta H, Kubota T, Ohashi H, Okamoto A, Sasaki H
Nucleic acids research   41(19) e186   2013年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
実験医学増刊:教科書を書き換えろ!染色体の新常識
宮成 悠介 (担当:共著)
羊土社   2018年10月   
核内ボディによる転写制御機構
宮成 悠介
日本生化学会   2016年8月   

講演・口頭発表等

 
クロマチンイメージング [招待有り]
宮成 悠介
発生生物学会 秋期シンポジウム   2018年11月23日   
クロマチンアクセシビリティを 制御する因子の同定
宮成 悠介
生化学会   2018年9月23日   
APCLAP-seq uncovered transcriptional regulation of clustered genes by PML-bodies
宮成 悠介
EMBO symposium   2018年9月5日   
Genome-wide screening for regulators of chromatin accessibility [招待有り]
宮成 悠介
NIG symposium   2018年7月3日   
Genome-wide Screening for chromatin accessibility
宮成 悠介
Joint meeting of Chromatin Orchestration   2018年5月30日   

競争的資金等の研究課題

 
クロマチンアクセシビリティの制御機構の解析
日本学術振興会: 科研費 新学術公募
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 宮成 悠介
階層的なクロマチン高次構造のライブイメージング
JST: さきがけ
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月    代表者: 宮成 悠介
PMLボディによる転写制御機構の解明
日本学術振興会: 科研費若手A
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 宮成 悠介
どうして「透けて」見えるのか?-透明な動物の作製に向けて-
日本学術振興会: 科研費 挑戦萌芽
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 宮成 悠介
クロマチンイメージングによって解き明かす転写制御機構
日本学術振興会: 科研費スタート支援
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 宮成 悠介