宮田 一輝

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/21 18:49
 
アバター
研究者氏名
宮田 一輝
 
ミヤタ カズキ
所属
金沢大学
部署
新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所
職名
助教
学位
博士(工学)(金沢大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
金沢大学 新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所 助教
 
2017年2月
 - 
2017年9月
金沢大学 理工研究域バイオAFM先端研究センター 助教
 
2016年6月
 - 
2017年1月
金沢大学 理工研究域電子情報学系 博士研究員
 
2016年4月
 - 
2016年5月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
金沢大学 自然科学研究科 電子情報科学専攻 博士後期課程
 
2011年4月
 - 
2013年3月
金沢大学 自然科学研究科 電子情報工学専攻 博士前期課程
 

受賞

 
2018年5月
日本表面科学会 第37回表面科学学術講演会奨励賞(新進研究者部門)
 
2018年3月
応用物理学会薄膜・表面物理分科会 第2回薄膜・表面物理分科会奨励賞
 
2014年3月
応用物理学会 第35回応用物理学会講演奨励賞
 
2016年3月
金沢大学 自然科学研究科長賞
 

論文

 
Direct comparison between subnanometer hydration structures on hydrophilic and hydrophobic surfaces via three-dimensional scanning force microscopy
C. W. Yang, K. Miyazawa, T. Fukuma, K. Miyata, I. S. Hwang
Physical Chemistry Chemical Physics   20 23522-23527   2018年8月   [査読有り]
Quantitative comparison of wideband low-latency phase-locked loop circuit designs for high-speed frequency modulation atomic force microscopy
K. Miyata, T. Fukuma
Beilstein Journal of Nanotechnology   9 1844   2018年6月   [査読有り]
Resolving Point Defects in the Hydration Structure of Calcite (10.4) with Three-Dimensional Atomic Force Microscopy
H. Söngen, B. Reischl, K. Miyata, R. Bechstein, P. Raiteri, A. L. Rohl, J. D. Gale, T. Fukuma, A. Kühnle
Physical Review Letters   120 116101   2018年3月   [査読有り]
K. Miyata, J. Tracey, K. Miyazawa, V. Haapasilta, P. Spijker, Y. Kawagoe, A. S. Foster, K. Tsukamoto, T. Fukuma
Nano Letters   17 4083-4089   2017年6月   [査読有り]
J. Tracey, K. Miyazawa, P. Spijker, K. Miyata, B. Reischl, F. F. Canova, A. L. Rohl, T. Fukuma, A. S. Foster
Nanotechnology   27 415709   2016年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
高速液中FM-AFMによるイオン結晶溶解過程の原子分解能その場観察 [招待有り]
宮田一輝、福間剛士
2018年日本表面真空学会学術講演会   2018年11月19日   
High-speed 3D-SFM Imaging of the Calcite in Water
K. Miyata, J. Tracey, K. Miyazawa, A. S. Foster, T. Fukuma
ACSIN-14 & ICSPM26   2018年10月22日   
高速FM-AFMを用いた純水中におけるカルサイト溶解過程の原子分解能その場観察 [招待有り]
宮田一輝、John Tracey、宮澤佳甫、Ville Haapasilta、Peter Spejker、川越裕太、Adam Foster、塚本勝男、福間剛士
2018年 第65回応用物理学会 春季学術講演会   2018年3月18日   
Visualizing intermediate state in calcite dissolution processes by high-speed frequency modulation AFM
K. Miyata, J. Tracey, K. Miyazawa, V. Haapasilta, P. Spijker, Y. Kawagoe, A. S. Foster, K. Tsukamoto, T. Fukuma
The 1st NanoLSI International Symposium   2018年2月21日   
High-speed 3D-SFM Imaging of Hydration Structures Formed at Calcite-Water Interfaces
K. Miyata, J. Tracey, A. Foster, T. Fukuma
2017 MRS Fall Meeting & Exhibit   2017年11月29日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大容量3次元走査型力顕微鏡の開発と細胞表面揺動構造の分子スケール計測への応用
公益財団法人 住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2018年11月 - 2019年11月    代表者: 宮田 一輝
高速FM-AFMを用いた鉱物結晶溶解過程の原子スケールその場観察
公益財団法人 新世代研究所: ATI研究助成
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 宮田 一輝
高速3次元走査型力顕微鏡の開発と鉱物結晶成長・溶解過程に寄与する水分子吸着構造の可視化
公益財団法人 三谷研究開発支援財団: 研究助成
研究期間: 2017年7月 - 2018年6月    代表者: 宮田 一輝
高速3次元走査型力顕微鏡の開発と固液界面現象の時間発展計測への応用
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 宮田 一輝

特許

 
特許第6025082号 : 信号検出回路及び走査型プローブ顕微鏡
福間剛士、宮田一輝