MISC

2013年4月

リスペリドン中止前後の頭部外傷後遺症患者の活動性の変化 ICタグモニタリングシステムによる客観的評価

老年精神医学雑誌
  • 樋上 容子
  • ,
  • 樋口 明里
  • ,
  • 山川 みやえ
  • ,
  • 松浦 和江
  • ,
  • 竹村 有由
  • ,
  • 繁信 和恵
  • ,
  • 周藤 俊治
  • ,
  • 牧本 清子

24
4
開始ページ
393
終了ページ
397
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)ワールドプランニング

本研究では、認知症症状のある頭部外傷後遺症患者一事例を対象とし、入院中のリスペリドン中止後の対象患者の歩行距離と時間を、ICタグモニタリングシステムで測定し、看護記録と比較した。患者の活動性の変化は、認知症治療病棟に設置したICタグモニタリングシステムで2ヵ月間測定した。看護記録からは患者の歩行や活動性など入院生活について分析した。リスペリドン中止後、対象患者の1日の総歩行距離は有意に増加し活動性は増加していた。しかし、その活動性の増加は看護師にはとらえられておらず、客観的データからの患者の活動性の観察結果と看護記録上の看護師の認識には相違があったことがわかった。(著者抄録)