共同研究・競争的資金等の研究課題

2005年 - 2007年

日韓共同研究によるITを用いた痴呆性高齢者のケア質評価指標の開発

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B))
  • 牧本 清子
  • ,
  • 許田 志津子
  • ,
  • 鈴木 みずえ
  • ,
  • 泉 キヨ子
  • ,
  • 芦田 信之
  • ,
  • 山川 みやえ

課題番号
17406032
担当区分
連携研究者
配分額
(総額)
9,740,000円
(直接経費)
8,900,000円
(間接経費)
840,000円
資金種別
競争的資金

本研究では、第1段階として、韓国の認知症専門病棟で2週間、13名をモニタリングした。そこで認知症患者の活動性についての客観的指標を開発した。その後、モニタリングシステムのデータ受信処理時の情報量の拡大が可能になった。このため、第2段階として、新システムでのモニタリングの検証を目的に、日本国内の認知症治療専門病棟において4ケ月間36名の患者をモニタリングした。臨床データ、心理行動学的徴候に関する評価など収集したデータをもとに、第1段階で開発した指標により、先行研究では解明できなかった認知症高齢者の病型別の歩行パターンや徘徊の関連因子について検討した。その他、認知症高齢者の歩行距離と体重の変化について検証した。その結果、1日の歩行距離が2km以上のものは体重減少のリスクであることが明らかになった。また、便秘と運動量の関連など、今後の臨床応用へとつながる研究成果を出すことが出来た。さらに、前頭側頭型認知症患者の症状に注目し、疾患の特徴に合わせた介入研究で、日中、ドアを閉めておくことによる環境調整の効果を検証することができた。これらの成果は国際的な学術雑誌に掲載が決定しており、今後の認知症領域の研究の発展に大きく貢献したといえる。第3段階では、第2段階で得られた結果の検証と国際比較を目的として再び韓国で1ケ月11名をモニタリングした。本研究では、分析時間の関係で1ケ月のデータを結果とせざるを得なかった。しかしながら、歩行距離を中心とした認知症患者の活動性の関連因子では、認知症発症年齢が歩行距離と関連があるなど日本と同様の結果も見られた。これは国際的に共通したことであることが考えられる。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/17406032.ja.html