三好 匠

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/09 17:59
 
アバター
研究者氏名
三好 匠
 
ミヨシ タクミ
URL
http://www.minet.se.shibaura-it.ac.jp/
所属
芝浦工業大学
部署
システム理工学部 電子情報システム学科
職名
教授
その他の所属
早稲田大学東京大学

プロフィール

平6 東大・工・電子卒.平11 同大大学院博士課程了.平11~13 早大・国際情報通信研究センター助手を経て,現在,芝浦工大・システム工・電子情報システム教授.博士(工学).平6~8 日本銀行金融研究所客員研究員,平8~9 同事務委嘱,平22~23 フランス・パリ第6大学・情報学研究所客員研究員.主に,マルチキャスト通信,オーバレイネットワーク,アドホックネットワークに関する研究に従事.平16 電子情報通信学会学術奨励賞,平22,26 同ネットワークシステム研究賞,平13,16,18 同情報ネットワーク研究賞,平23 同コミュニケーションクオリティ研究賞,平31 同情報通信マネジメント研究賞,平18,19,21,22,26 同通信ソサイエティ活動功労賞,平28 同情報通信マネジメント功労賞,平30 日本工学教育協会JSEE Award,平14エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード,平29 芝浦工大学長賞(教育)受賞.IEEE会員.

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
芝浦工業大学 システム理工学部 教授
 
2004年4月
 - 
2012年3月
芝浦工業大学 システム理工学部 准教授
 
2001年4月
 - 
2004年3月
芝浦工業大学 システム工学部 講師
 
1999年4月
 - 
2001年3月
早稲田大学 国際情報通信研究センター 助手
 
2013年4月
 - 
現在
東京大学 生産技術研究所 リサーチフェロー
 
2012年4月
 - 
現在
早稲田大学 国際情報通信研究センター 客員教授/客員上級研究員
 
2002年4月
 - 
2013年3月
東京大学 生産技術研究所 協力研究員
 
2004年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学 国際情報通信研究センター 非常勤客員准教授
 
2001年4月
 - 
2004年3月
早稲田大学 国際情報通信研究センター 非常勤客員講師
 
1998年6月
 - 
2003年3月
通信・放送機構 沖縄リサーチセンター 研究フェロー
 
1996年8月
 - 
1997年7月
日本銀行 金融研究所 事務委嘱
 
1994年9月
 - 
1996年7月
日本銀行 金融研究所 客員研究生
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
東京大学 大学院工学系研究科 電子工学専攻博士課程
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 大学院工学系研究科 電子工学専攻修士課程
 
1990年4月
 - 
1994年3月
東京大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
電子情報通信学会  情報通信マネジメント研究専門委員会 副委員長
 
2015年7月
 - 
現在
電子情報通信学会  アクレディテーション委員会 委員
 
2011年4月
 - 
現在
電子情報通信学会  ネットワーク仮想化時限研究専門委員会 委員
 
2009年4月
 - 
現在
電子情報通信学会  東京支部学生会 顧問
 
2003年5月
 - 
現在
電子情報通信学会  ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員
 
2014年6月
 - 
現在
日本工学教育協会  広報委員会 委員
 
2002年7月
 - 
現在
日本工学教育協会  編集・出版委員会 委員
 
2016年5月
 - 
2018年5月
電子情報通信学会  情報通信マネジメント研究専門委員会 委員
 
2010年5月
 - 
2016年5月
電子情報通信学会  ネットワークシステム研究専門委員会 委員
 
2002年5月
 - 
2015年7月
電子情報通信学会  アクレディテーション委員会 幹事
 
2012年5月
 - 
2014年6月
電子情報通信学会  通信ソサイエティ 総務幹事
 
2003年5月
 - 
2011年5月
電子情報通信学会  コミュニケーションクオリティ研究専門委員会 委員
 
2008年5月
 - 
2010年5月
電子情報通信学会  ネットワークシステム研究専門委員会 幹事
 
2002年5月
 - 
2008年5月
電子情報通信学会  ネットワークシステム研究専門委員会 委員
 
2004年8月
 - 
2007年3月
電子情報通信学会  アドホックネットワーク時限研究専門委員会 幹事補佐
 
2003年5月
 - 
2004年5月
電子情報通信学会  通信ソサイエティニュース編集委員会 委員
 
2001年4月
 - 
2003年3月
電子情報通信学会  新世代ネットワークミドルウエアと分散コンピューティング時限研究専門委員会 委員
 
2001年12月
 - 
2002年5月
電子情報通信学会  JABEE対応委員会 幹事補佐
 
2001年4月
   
 
金融情報システムセンター  安全対策基準改訂に関する検討部会 委員
 

受賞

 
2019年3月
SEATUC2019 The Best Paper Award Trajectory Reconstruction with Reduced Beaconing Data in VANET
受賞者: S. Ouabbou, Thomas Silverston, T. Yamazaki, and T. Miyoshi
 
2019年3月
電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究賞 真正粘菌の挙動を利用した適応的アドホックルーチング
受賞者: 片田寛志,三好 匠
 
2018年6月
日本工学教育協会 JSEE Award
 
2016年10月
APNOMS2016 The Best Paper Award P2PTV Multi-channel Peers Analysis
受賞者: M. Ghanem, O. Fourmaux, F. Tarissan, and T. Miyoshi
 
2016年3月
電子情報通信学会 情報通信マネジメント功労賞
 
2014年12月
CANDAR2014 The Best Paper Award of ASON Workshop Performance Analysis of Fixed Node Assisted Opportunistic Routing for Ad Hoc Networks
受賞者: T. Shirai, T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, and Y. Tanaka
 
2014年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
 
2014年3月
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究賞 アドホックネットワークにおける2ホップ信頼性制御を用いたブロック伝送方式
受賞者: 山崎 託,山本 嶺,三好 匠,朝香卓也
 
2014年2月
CTRQ2014 The Best Paper Award Resource Allocation Method Based on QoE for Multiple User Types
受賞者: T. Yamazaki and T. Miyoshi
 
2011年9月
SoftCOM2011 The Best Conference Paper Award Efficient Motion Estimation Algorithm Using Edge Feature and Arithmetic Coding for Video Compression on WVSNs
受賞者: P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, and T. Miyoshi
 
2011年7月
電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究賞 ユーザの状況要因がQoE評価に与える影響のモデル化
受賞者: 江口眞人,三好 匠,矢守恭子,山崎達也
 
2010年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
 
2010年3月
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究賞 Bluetoothにおけるマルチホップストリーミング配信方式の実装と性能評価(奨励講演)
受賞者: 堀江勇悟,平田千浩,二木志郎,渡邊浩文,三好 匠
 
2009年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
 
2008年6月
IEEE Vietnam Section IEEE Section Prize Student Paper Award Energy Balance on Adaptive Routing Protocol Considering the Sensing Coverage Problem for Wireless Sensor Networks
受賞者: V. Tran-Quang and T. Miyoshi
 
2007年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
 
2006年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
 
2006年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞 重回帰分析による多対多マルチキャストツリー特性解析
受賞者: 唐澤 肇,寺田真介,三好 匠,矢守恭子,田中良明
 
2004年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞 スモールワールドに基づくマルチキャスト通信網構成法
受賞者: 鈴木貴士,三好 匠,田中良明
 
2004年3月
電子情報通信学会 学術奨励賞 効果的なマルチキャストツリー評価手法の提案
 
2002年11月
日本エリクソン エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード マルチキャスト情報通信技術におけるネットワーク・アーキテクチャの研究
 
2001年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞 ラベル付与による遅延時間制約付き動的マルチキャストルーチング
受賞者: 朝香卓也,三好 匠,田中良明
 

論文

 
Toward New Wireless Mesh Network Routing Mechanism for Unmanned Aerial Vehicles
A. Mahapannaporn, T. Silverston, T. Yamazaki, T. Miyoshi
13th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   (IS03-19)    2019年3月
Since the Unmanned Aerial Vehicle (UAV) such as a drone and its communication by using wireless ad hoc network or Flying Ad hoc Network (FANET) become a popular technology for various applications such as rescue operation, goods delivery, disaster...
Detecting Network Anomalies in Smart Home Environment with IoT Traffic Generator
H. Nguyen-An, T. Silverston, T. Yamazaki, T. Miyoshi
13th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   (IS03-14)    2019年3月
In this paper, we propose a novel approach to evaluate risks for IoT and especially in smart home environment. As the impact of the IoT traffic on the Internet is still largely unknown, we design a new IoT packet generator tool in order to model a...
Trajectory Reconstruction with Reduced Beaconing Data in VANET
S. Ouabbou, T. Silverston, T. Yamazaki, T. Miyoshi
13th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   (TS03-04)    2019年3月   [査読有り]
Vehicular ad-hoc network (VANET) is a network of vehicles equipped with appliances to realize wireless communication at a short range. An accident event is a major problem in normal road traffic, and also of a big concern for VANET. Trajectory rec...
Predictive Analysis for Gas Leakage and Fire Incidences in Houses Using IoT Cloud-based Services
L. Salhi, T. Yamazaki, T. Miyoshi, Y. Niitsu
13th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   (TS03-02)    2019年3月   [査読有り]
Cloud-based Services for Internet of Things (IoT) are expected to play an important role in future applications. In this paper, we propose an effective system that explores the potential of Amazon Web Service (AWS) to build up our cost-effective s...
T. Yamazaki, K. Asano, S. Arai, Y. Shimomura, T. Miyoshi
Journal of Telecommunications and Information Technology (JTIT)   2019(1) 67-75   2019年3月   [査読有り]
The development of high speed mobile networks such as LTE (long term evolution) and the widespread use of smartphones have enabled users to easily obtain large volumes of content via the internet. However, this causes a heavy consumption of networ...
T. Miyoshi, Y. Shimomura, O. Fourmaux
Journal of Telecommunications and Information Technology (JTIT)   2019(1) 58-66   2019年3月   [査読有り]
This paper proposes a novel peer-to-peer communication framework to realize geographical location oriented networks called G-LocON. Location based services have been getting popular as typified by ridesharing and mobile games. Although these servi...
H. Katada, T. Yamazaki, T. Miyoshi
Journal of Telecommunications and Information Technology (JTIT)   2019(1) 14-22   2019年3月   [査読有り]
Engineering neo-biomimetics, which are imitation models based on body structures and behavior of living organisms to solve complex problems, have been studied in various fields. In distributed network fields such as ad hoc networks and wireless se...
L. Salhi, T. Silverston, T. Yamazaki, T. Miyoshi
IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2019)      2019年1月   [査読有り]
Making houses more inclusive, safer, resilient and sustainable is an important requirement that must be achieved in every society. Gas leakage and fires in smart houses are serious issues that are causing people’s death and properties losses. Curr...
Cooperative Data Offloading System with Neighbours Based on Location Information
T. Yamazaki, K. Asano, S. Arai, Y. Shimomura, T. Miyoshi
2018 IEICE Information and Communication Technology Forum (ICTF 2018)   (ICTF4-4)    2018年7月   [査読有り]
The development of high speed mobile networks such as LTE (long term evolution) and the widespread use of smartphones have enabled users to easily obtain large volumes of content via the Internet. However, this causes a heavy consumption of networ...
G-LocON: A P2P-based Communication Framework for Geo-Location Oriented Networks
T. Miyoshi, Y. Shimomura, O. Fourmaux
2018 IEICE Information and Communication Technology Forum (ICTF 2018)   (ICTF4-3)    2018年7月   [査読有り]
This paper proposes a novel peer-to-peer communication framework to realize geographical location oriented networks called G-LocON. Location based services have been getting popular as typified by ridesharing and mobile games. Although these servi...
Theoretical Analysis of Adaptive Load Balancing Ad Hoc Routing Inspired by True Slime Mold
H. Katada, T. Yamazaki, T. Miyoshi
2018 IEICE Information and Communication Technology Forum (ICTF 2018)   (ICTF4-2)    2018年7月   [査読有り]
Biomimetics, which are imitation models based on body structures and behavior of living organisms to solve complex problems, have been studied in various fields. In distributed network fields such as ad hoc networks and wireless sensor networks, b...
Autonomous Navigation Control of UAV Using Wireless Smart Meter Devices
K. Ueda, T. Miyoshi
2018 IEICE Information and Communication Technology Forum (ICTF 2018)   (ICTF3-1)    2018年7月   [査読有り]
For upcoming home delivery services using Unmanned Aerial Vehicle (UAV), we built a new radio multi-hop network overlaid on a smart meter network that transfer only electric energy information. In this method, UAV follows the topology of the navig...
New Simulation Approaches for Vehicular Ad-Hoc Network Development
S. Ouabbou, T. Miyoshi
16th Intelligent Transport Systems Asia-Pacific Forum (ITS-AP2018)   (132)    2018年5月   [査読有り]
With the fast advancement in the automotive industry, vehicles are equipped with sensors, on-board units, and other processing devices as well as com-munication capabilities allowing them to form what we call vehicular ad-hoc networks (VANETs). VA...
江口眞人, 三好 匠, 新津善弘, 山崎達也, 大野健彦
ヒューマンインタフェース学会論文誌   20(2) 243-254   2018年5月   [査読有り]
スマートフォンの歩きながら行動(以下,歩きスマホ)が社会的な問題となっている.駅などの混雑しているところで歩きスマホを行うことで,他人と衝突する事故が増加している.歩きスマホを防止するアプリケーションはすでに提供されているものの,それらを導入するとスマートフォンの動作が著しく抑制されること,あまり普及してない.本論文では,ユーザアンケートに基づき,ユーザがスマートフォンの画面を注視する内的要因と,周辺環境からの危険要素である外的要因の二つに着目し,適切なタイミングで危険を知らせる歩きスマホ...
Toward a Smart Environment Monitoring System: A Data-Centric Routing Based Approach in Ad-Hoc Wireless Sensor Networks
L. Salhi, T. Miyoshi
12th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   (OS03-12)    2018年3月   [査読有り]
Because of the extremely variable nature of the interaction with the surrounding environment, the topic of a robust Monitoring System is still in its early stages of development and is giving rise to several challenges, from the design of a smart ...
T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, T. Asaka, Y. Tanaka
Image Processing & Communications   21(1) 57-66   2017年4月   [査読有り]
In ad hoc networks, broadcast-based forwarding protocols called opportunistic routing have been proposed. In general backoff-based opportunistic routing protocols, each receiver autonomously makes a forwarding decision using a random backoff time ...
Novel Vehicular Networking and Applications for Autonomous Cars
S. Ouabbou, T. Miyoshi
11th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   (OS02-5)    2017年3月   [査読有り]
Nowadays, modern vehicles have more computing power and more high-tech materials. The majority of today's automotive manufacturers are taking an evolutionary approach to autonomous vehicle research and development [1], [2], increasingly adding adv...
高田良介, 後藤田 中, 藤本憲市, 村井 礼, 林 敏浩, 上之薗和宏, 三好 匠, 八重樫理人
教育メディア研究   23(2) 95-106   2017年3月   [査読有り]
我々は,講義コンテンツメタデータを用いた講義コンテンツ視聴システムを開発した.講義コンテンツ視聴システムは,講義コンテンツメタデータを用いて,選択した単元や学習内容を再生する単元・学習内容再生機能,また複数の単元や学習内容を連続再生するプレイリスト再生機能を有している.また我々は,実証実験と質問紙調査から講義コンテンツメタデータを用いた講義コンテンツ視聴システムの評価を行い,講義コンテンツを視聴する場面において,講義コンテンツ視聴システムに一定の有効性があることを確認した.
T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, T. Asaka, Y. Tanaka
IEICE Transactions on Communications   E100-B(1) 28-41   2017年1月   [査読有り]
In ad hoc networks, broadcast forwarding protocols called OR (opportunistic routing) have been proposed to gain path diversity for higher packet delivery rates and shorter end-to-end delays. In general backoff-based OR protocols, each receiver aut...
N. Takeuchi, T. Miyoshi, O. Fourmaux
International Conference on Information Science and Security (ICISS2016)      2016年12月   [査読有り]
In recent years, video traffic has been increasing due to the huge demands of video streaming services. Peer-topeer (P2P) video streaming services (P2PTV) have attracted attention as a solution to decrease the server load because P2P communication...
Y. Shitara, T. Yamazaki, T. Miyoshi, K. Yamori
18th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2016)   (P1-18)    2016年10月   [査読有り]
Owing to proliferation of smart phones, communication services such as a video streaming service are common in a mobile situation. For these services, quality evaluation and communication control based on Quality of Experience (QoE), which is the ...
T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, T. Asaka, Y. Tanaka
18th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2016)   (TS8-1)    2016年10月   [査読有り]
In ad hoc networks, backoff-based OR (opportunistic routing) protocols, which autonomously selects a forwarder among the potential forwarders based on a random backoff time, have been proposed. However, each potential forwarder must wait for the b...
M. Ghanem, O. Fourmaux, F. Tarissan, T. Miyoshi
18th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2016)   (TS6-3)    2016年10月   [査読有り]
After being the support of the data and voice convergence, the Internet has become one of the main video providers such as TV-stream. As an alternative to limited or expensive technologies, P2PTV has turned out to be a promising support for such a...
Opportunistic Routing Using Prioritized Forwarders with Retransmission Control
T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, T. Asaka, Y. Tanaka
IEICE Information and Communication Technology Forum 2016 (ICTF2016)   (A1-2)    2016年7月   [査読有り]
In ad hoc networks, broadcast based forwarding protocols called OR (opportunistic routing) have been proposed. In general OR protocols, each receiver makes a forwarding decision using a random backoff time based on distance information autonomous...
H. Pham-Thi, T. Miyoshi
IEICE Transactions on Communications   E99-B(6) 1282-1290   2016年6月   [査読有り]
This paper focuses on the bandwidth allocation methods based on real user eperience for web browsing applications. Because the Internet and its services are rapidly increasing, the bandwdith allocation problem has become one of the typical challe...
C. Wechtaisong, K. Ikeda, H. Morino, T. Miyoshi
IEICE Transactions on Communications   E98-B(11) 2259-2268   2015年11月   [査読有り]
Most P2PTV systems select a neighbor peer in an overlay network using RTT or a random method without considering the underlying network. Streaming traffic is shared over a network without localization awareness, which is a serious problem for Inte...
C. Wechtaisong, H. Morino, T. Miyoshi
10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT2015)   40-42   2015年8月   [査読有り]
Most P2PTV systems select a neighbor peer in an overlay network by RTT or a random method without an underlying network consideration. Streaming traffic is shared on network without localization awareness, which is a serious problem for Internet S...
Analysis of Users' Viewing Behavior on P2PTV
N. Takeuchi, K. Mizutani, T. Miyoshi, O. Fourmaux
17th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2015)   (I1-2)    2015年8月   [査読有り]
In recent years, Internet traffic has been increasing rapidly with the huge demand of video streaming services. Video streaming services normally adopt client/server (C/S) model. As the result, access concentrations incur an increase of the server...
H. Pham-Thi, T. Miyoshi
12th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis2015)   93-101   2015年8月   [査読有り]
The explosion of the internet and its service are changing our daily lives and making our lives more convenient by becoming easily accessible from anywhere. However, the popularity of the internet also poses a challenge for network managers and in...
Decentralized Traffic Localization in P2PTV Using AS-hop Information
C. Wechtaisong, H. Morino, T. Miyoshi
9th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium, Intensive Workshop   5 29-33   2015年7月
アドホックネットワークにおける近傍端末を利用した自律的優先再送端末選択方式
山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
電子情報通信学会論文誌(B)   J98-B(6) 484-496   2015年6月   [査読有り]
アドホックネットワークでは,移動可能な無線端末がマルチホップ伝送を用いて通信するため,電波干渉や端末の移動によって一時的なフレーム損失が発生する.フレーム損失が連続的に発生した場合,一般的なデータリンクプロトコルでは,リンクが切断されたと判断し,上位層に通知することで,ルーチングプロトコルによる経路再構築が行われる.しかし,経路再構築時には,経路制御パケットによる通信負荷の増加や通信効率の低下が問題となる.これら一時的なフレーム損失に起因して生じる問題に対し,データフレームを漏れ聞いた通信...
H. Pham-Thi, H. Hoang-Van, T. Miyoshi
International Journal of Computer Networks and Communications (IJCNC)   7(3) 59-73   2015年5月   [査読有り]
The explosion of Internet and its service are changing our daily life and make our life more convenient by easily accessing anywhere. However, it also poses the challenge for network management and Internet service providers (ISPs): how to meet th...
K. Mizutani, T. Miyoshi, O. Fourmaux
6th International Conference on Information Science and Applications (ICISA2015)   85-92   2015年2月   [査読有り]
In recent years, peer-to-peer (P2P) video streaming services (P2PTV) have attracted much attention because of the ability to decrease the load on the content servers by distributing data delivery function to peers. On the other hand, P2P overlay n...
T. Shirai, T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, Y. Tanaka
2nd International Symposium on Computing and Networking ? Across Practical Development and Theoretical Research ? (CANDAR2014)   260-265   2014年12月   [査読有り]
In ad hoc networks, we will get higher performance if we use fixed nodes besides mobile nodes. In this paper, we first present a network model comprised of fixed nodes with enough network resource as well as mobile nodes. Then, we propose a novel ...
H. Pham-Thi, H. Hoang-Van, T. Miyoshi, T. Yamazaki
16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2014)   (TS5-1)    2014年9月   [査読有り]
Network providers are nowadays facing with a big question in allocating network resources due to the constantly increasing of Internet services. While the network resource is not unlimited, users always desire the best quality of experience (QoE) ...
T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, Y. Tanaka
16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2014)   (TS2-3)    2014年9月   [査読有り]
In ad hoc networks, radio interference and terminal' mobility can cause frame losses. When the frame losses occur continuously, general datalink layer protocols regard it as a link failure and then notify it to network layer protocols. In conventi...
A Router-aided P2P Traffic Localization Method with Bandwidth Limitation
H. Hoang-Van, T. Miyoshi, O. Fourmaux
VNU Journal of Science: Computer Science and Communication Engineering (VNU JCSCE)   30(3) 50-63   2014年8月   [査読有り]
Recently, peer-to-peer (P2P) systems generate a large amount of unwanted cross-domain tra c on the Internet due to a lack of knowledge about physical network topology. The unwanted cross-domain tra c is especially costly for the internet service p...
Peer List Sharing by Router Collaboration for P2PTV Traffic Localization
H. Hoang-Van, T. Miyoshi, O. Fourmaux
5th International Conference on Communications and Electronics (ICCE2014)   623-629   2014年7月   [査読有り]
Recently, most peer-to-peer (P2P) applications ignore traffic costs at internet service providers (ISPs), and thus generate a large amount of traffic crossing ISPs or autonomous systems (ASes) on the Internet. To reduce the cross-ISP/AS traffic, t...
H. Hoang-Van, T. Miyoshi, O. Fourmaux
IEEE International Conference on Communications (ICC2014)   3142-3147   2014年6月   [査読有り]
Recently, most peer-to-peer (P2P) applications ignore traffic costs at internet service providers (ISPs), and thus generate a large amount of traffic crossing ISPs or autonomous systems (ASes) on the Internet. To reduce the cross-ISP/AS traffic, t...
T. Yamazaki, M. Eguchi, T. Miyoshi, K. Yamori
2nd IEEE/IFIP International Workshop on Quality of Experience Centric Management (QCMan2014)      2014年5月   [査読有り]
Notion of the user-centered design (UCD) is requisite to improve user satisfaction. Matching the concept of UCD, Quality of Experience (QoE) is expected to become a paradigm shift from the existing operator-initiative network services. There are, ...
Resource Allocation Method Based on QoE for Multiple User Types
T. Yamazaki, T. Miyoshi
7th International Conference on Communication Theory, Reliability, and Quality of Service (CTRQ2014)   13-18   2014年2月   [査読有り]
Both of Quality of Service (QoS) and Quality of Experience (QoE) are defined to specify the degree of service quality. In some sense, QoE includes subjective evaluation from the users as an extension of QoS. Therefore feedback from QoE to QoS cont...
H. Hoang-Van, Y. Shinozaki, T. Miyoshi, O. Fourmaux
IEICE Transactions on Communications   E97-B(1) 29-39   2014年1月   [査読有り]
Most peer-to-peer (P2P) systems build their own overlay networks for implementing peer selection strategies without taking into account the locality on the underlay network. As a result, a large quantity of traffic crossing internet service provid...
QoE状況依存性に係る同一ユーザ群の評価レンジのモデル化
江口眞人, 三好 匠, 矢守恭子, 山崎達也
情報処理学会論文誌   54(12) 2451-2460   2013年12月   [査読有り]
ユーザ体感品質(QoE: Quality of Experience)は,ユーザが主観的に知覚するネットワーク品質の評価概念であるため,遅延時間,パケット損失率,帯域といったサービス品質(QoS: Quality of Service)が等しい状況下でも,ユーザが置かれた状況によりQoE評価は異なる.すなわちQoEは状況依存性をもつ.従って同一ユーザ群の中でもQoEは同じQoSレベルに対して,状況に応じて異なる評価をもち,QoE評価のとりうる幅,すなわちQoE評価レンジを形成すると想定され...
H. Hoang-Van, T. Miyoshi, O. Fourmaux
10th IEEE RIVF International Conference on Computing and Communication Technologies, Research, Innovation, and Vision for the Future (RIVF2013)   127-130   2013年11月   [査読有り]
Recently, most peer-to-peer (P2P) applications ignore traffic costs at internet service providers (ISPs), and thus generate a large amount of traffic crossing ISPs or autonomous systems (ASes) on the Internet. To reduce the cross-ISP/AS traffic, t...
H. Hoang-Van, K. Mizutani, T. Miyoshi, O. Fourmaux
International Journal of Networked and Distributed Computing   1(4) 251-259   2013年11月   [査読有り]
Recently, peer-to-peer (P2P) traffic is increasing rapidly in volume day by day. One of the main causes is that most of P2P applications including file sharing and streaming applications often form overlay networks for exchanging data that are obl...
An Application for QoE measurement of Mobile Communication Speed
H. Kawashima, T. Miyoshi
15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2013)   (I2-4)    2013年9月   [査読有り]
With a recent popularization of smart phones and the improvement of their transmission speed, users can access network services anytime and anywhere. To accommodate the diverse user behavior and service usage, quality of experience (QoE), an evalu...
Effect of Group-of-Picture Size to Quality of Experience on P2PTV
H. Pham-Thi, T. Miyoshi
15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2013)   (I2-3)    2013年9月   [査読有り]
Recently, the world has been experiencing the rapid expansion of peer-to-peer (P2P) communication technology and its applications, especially P2P television applications (P2PTV). In these systems, the multimedia characteristics such as frame rate,...
An Adaptive Packet Discard Method for P2P Traffic Localization
K. Mizutani, Y. Shinozaki, H. Hoang-Van, T. Miyoshi
15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2013)   (I2-2)    2013年9月   [査読有り]
In recent years, peer-to-peer (P2P) video streaming services (P2PTV), which can decrease the load on the content servers by distributing data delivery function to peers, have attracted attention. On the other hand, P2P overlay networks are oblivio...
位置情報に基づく遅延挿入によるP2P トラヒック誘導方式
篠崎友希, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会論文誌(B)   J96-B(8) 819-830   2013年8月   [査読有り]
近年,動画配信にP2P 技術を利用するP2P 形映像配信サービス(P2PTV)が注目されている.P2P は物理的なネットワークトポロジーを考慮しないことから,多くのISP(Internet service provider)やAS(Autonomous System)を経由する冗長なトラヒックが発生することが懸念されるが,データ量が大きい動画配信では特に大きな問題となる.従来手法であるP4P やALTO では,ISP 内にトポロジー情報などを保持する専用サーバを設置し,P2P アプリケーシ...
H. Hoang-Van, T. Miyoshi, O. Fourmaux
14th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking, and Parallel/Distributed Computing (SNPD2013)   375-380   2013年7月   [査読有り]
Recently, peer-to-peer has been becoming a promising architecture for developing video streaming services because it can reduce the bottlenecks and the load at the server side. However, P2P systems implement their own routing protocols on overlay ...
アドホックネットワークにおける送信速度制御を用いた近傍トラヒック適応形負荷分散手法
山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
電子情報通信学会論文誌(B)   J96-B(7) 782-792   2013年7月   [査読有り]
アドホックネットワークでは,移動する端末同士が自律分散的にネットワークを構築して通信を行うため,ネットワーク内の通信状態を一元的に管理することが困難である.そのため,端末密度が高く,通信環境が安定している箇所や端末ほどトラヒックが集中しやすく,ネットワーク内における通信の公平性を低下させる要因となりうる.この問題に対し,経路制御によって負荷分散を実現する手法やTCP 制御の効率化によって通信効率を向上させる手法が提案されている.しかし,経路探索に基づく手法では,端末の移動に伴う最適通信経路...
H. Hoang-Van, K. Mizutani, T. Miyoshi, O. Fourmaux
12th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2013)   323-328   2013年6月   [査読有り]
Recently, peer-to-peer (P2P) traffic is increasing rapidly in volume day by day. One of the main causes is that most of P2P applications including file sharing and streaming applications often form overlay networks for exchanging data that are obl...
Energy Efficient Adaptive Routing Protocol for Wireless Sensor Networks
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
The Research Reports of Shibaura Institute of Technology, Natural Sciences and Engineering   54(1) 39-48   2013年3月
We proposed an on-demand adaptive routing protocol with energy efficiency, event clustering and multi-hop relaying transmissions for WSNs, where the sensed attributes of the events or objects were used to form clusters; Selecting Cluster Head algo...
Distributed Encoding Schemes for Multimedia Transmission on Wireless Sensor Networks
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
The Research Reports of Shibaura Institute of Technology, Natural Sciences and Engineering   57(1) 29-38   2013年3月
In the paper, we proposed the multimedia data compression schemes for wireless sensor networks (WSNs); Image Compression for WSNs provides two schemes to balance energy consumption among sensor nodes by distributing the workload of image compressi...
P2P Traffic Localization by Peer List Modification at Network Layer
H. Hoang-Van, T. Miyoshi, O. Fourmaux
7th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium      2013年3月   [査読有り]
Peer-to-peer (P2P) applications including file sharing and streaming applications often ignore traffic exchange costs at the internet service providers (ISPs). Peers communicate with each other on overlay networks that have no knowledge about the ...
Extended Kalman Filter for Target Tracking in Wireless Sensor Networks
V. Tran-Quang, P. Nguyen Huu, T. Miyoshi
AUN/SEED-Net Regional Conference in Electrical and Electronics Engineering (RC-EEE2013)   129-132   2013年2月   [査読有り]
This paper uses the extended Kalman filter (EKF) to improve the accuracy of the proposed collaborative target tracking algorithm considering the energy constraint in wireless sensor networks. In the proposed method, trajectory of a dynamic target ...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
Journal of Electrical and Computer Engineering   2012    2012年10月   [査読有り]
This paper puts forward a low-complexity video compression algorithm that uses the edges of objects in the frames to estimate and compensate for motion. Based on the proposed algorithm, two schemes that balance energy consumption among nodes in a ...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
4th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS2012)   197-205   2012年9月   [査読有り]
This work reports an image encoding scheme that distributes low-density parity-check (LDPC) encoding over a prime field of order q, GF(q), on a wireless sensor network (WSN). In the scheme, we divide the input data into several small parts, which ...
R. Yamamoto, T. Miyoshi, Y. Tanaka
4th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS2012)   193-197   2012年9月   [査読有り]
Load balancing in ad hoc networks is more challenging issue than that in wired networks because the nature of decentralized network management and terminal mobility makes it difficult to realize appropriate controls for the whole network. Although...
T. Miyoshi, Y. Shinozaki, O. Fourmaux
4th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS2012)   148-154   2012年9月   [査読有り]
Recently, it has been noted that the inefficiencies in peer-to-peer (P2P) overlay networks result in a large quantity of traffic among internet service providers (ISPs) or autonomous systems (ASes). To optimize cross-ISP/AS traffic, the existing a...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
4th International Conference on Communications and Electronics (ICCE2012)   74-79   2012年8月   [査読有り]
The paper proposes a multi-hop Reed-Solomon (RS) encoding scheme for image transmission on wireless sensor networks (WSNs). In the scheme, an encoding task is divided into several small processing components, which are then distributed to multiple...
T. Yamazaki, M. Eguchi, T. Miyoshi, K. Yamori
20th IEEE/ACM International Workshop on Quality of Service (IWQoS2012)      2012年6月   [査読有り]
Both of Quality of Service (QoS) and Quality of Experience (QoE) are defined to specify the degree of service quality. Although they are dealt with in different layers in multilayered models, collaboration of these is necessary to improve the user...
Network Impact of P2P-TV Zapping
M. Wang, O. Fourmaux, Y. Nakamura, T. Miyoshi
World Telecommunications Congress (WTC2012)      2012年3月   [査読有り]
With potentially hundreds of millions of users, P2P-TV applications plays an increasingly important role in the network communication. P2P-TV puts a great traffic pressure on Internet backbone and access networks. It is thus important to acquire a...
Low-Complexity Distributed Encoding Scheme for Low-Density Parity-Check Codes in Wireless Sensor Networks
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
World Telecommunications Congress (WTC2012)      2012年3月   [査読有り]
In this paper, we propose a distributed image encoding scheme that uses low-density parity-check (LDPC) codes over an additive white Gaussian noise (AWGN) channel in wireless sensor networks (WSNs). In the scheme, the encoding task is divided into...
V. Tran-Quang, P. Nguyen Huu, T. Miyoshi
IEICE Transactions on Communications   E94-B(11) 3026-3036   2011年11月   [査読有り]
The many-to-one communication nature of wireless sensor networks (WSNs) leads to an unbalanced traffic distribution, and, accordingly, sensor nodes closer to the base station have to transmit more packets than those at the periphery of the network...
Efficient Motion Estimation Algorithm Using Edge Feature and Arithmetic Coding for Video Compression on WVSNs
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
19th International Conference on Software, Telecommunications and Computer Networks (SoftCOM2011)      2011年9月   [査読有り]
This paper investigates a video compression algorithm for wireless video sensor networks (WVSNs). The main features of the algorithm are to use the edges of objects in the frames and arithmetic coding to find and compress motion regions. Based on ...
A Collaborative Target Tracking Algorithm Considering Energy Constraint in WSNs
V. Tran-Quang, P. Nguyen Huu, T. Miyoshi
19th International Conference on Software, Telecommunications and Computer Networks (SoftCOM2011)      2011年9月   [査読有り]
This paper proposes a collaborative target tracking algorithm considering the energy constraint problem in wireless sensor networks. In the proposed method, we use the extended Kalman filter (EKF) to estimate the trajectory of a dynamic target. Th...
A Load Balancing Method with Adaptive Transmission Rate Control in Ad Hoc Networks
R. Yamamoto, T. Miyoshi, Y. Tanaka
13th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2011)      2011年9月   [査読有り]
Load balancing in ad hoc networks is more challenging issue than that in wired networks because the nature of decentralized network management and terminal mobility makes it difficult to realize appropriate controls for the whole network. Althoug...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
13th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2011)      2011年9月   [査読有り]
This paper proposes a video compression algorithm that uses the edges of frames to estimate and compensate for motions. Based on the algorithm, we propose two schemes that balance energy consumption among nodes in a cluster on a wireless video sen...
T. Miyoshi, K. Sekiya
1st ACIS/JNU International Conference on Computers, Networks, Systems, and Industrial Engineering (CNSI 2011)   141-146   2011年5月   [査読有り]
This paper proposes an efficient multicast-like transfer mechanism for on-demand video streaming. The rapid growth of Internet video services such as YouTube has caused increased traffic and network congestion. Network-driven multicast-like tran...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
IEICE Transactions on Communications   E93-B(12) 3438-3447   2010年12月   [査読有り]
This paper proposes two algoritms to balance energy consumption among sensor nodes by distributing the workload of image compression tasks within a cluster on wireless sensor networks. The main point of the proposed algorithms is to adopt the ene...
日本語学習者の講義理解の問題点と字幕の活用 -PAC分析を利用した聞き取り調査から-
尾沼玄也, 國弘保明, 佐々木良造, 上野亮一, 三好 匠, 八重樫理人
メディア教育研究   7(1) O11-O22   2010年10月   [査読有り]
現在,日本留学前教育が海外において盛んに行われている.日本留学前教育の現場では,大学の専門講義を日本語で行うことがあるが,現地に派遣された教員だけでは必要とされるすべての専門領域を網羅することはできず,一部が日本からの遠隔配信授業で補われる.しかし,専門科目と平行して日本語を学習している学生の日本語力の問題から,遠隔授業は,通常の対面式講義と比べ教育効果が上がらなかった.本研究では,配信される講義コンテンツに日本語字幕を付すことにより,講師の発話を聴覚情報だけでなく,視覚情報としても提供し...
外国人留学生を対象とした日本語字幕付き講義コンテンツの開発と開発したコンテンツによる遠隔講義の有効性
八重樫理人, 尾沼玄也, 佐々木良造, 國弘保明, 三好 匠, 新津善弘
メディア教育研究   7(1) O1-O10   2010年10月   [査読有り]
現在マレーシアで実施されているJADプログラム(Japan Associate Degree Program)をはじめとする日本留学前予備教育プログラムでは,日本から派遣された教員のみで専門領域をすべて網羅することは不可能である.このため,講義の一部を日本からの遠隔講義という形態で実施されることが多いが,現状では十分な教育的効果をあげることができていない.日本語を母語としない外国人留学生にとって,日本人教員が日本人向けに実施した通常の講義を配信しただけのリアルタイム講義やそれを収録しただけ...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
7th International Symposium on Wireless Communication Systems (ISWCS 2010)   834-838   2010年9月   [査読有り]
This paper proposes two algorithms to balance energy consumption among sensor nodes by distributing image compression workload across a cluster in a wireless sensor network. The main objective of the proposed algorithms is to adopt an energy thres...
V. Tran-Quang, P. Nguyen Huu, T. Miyoshi
3rd International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2010)   18-23   2010年8月   [査読有り]
Analyzing each constituent task involved in wireless sensor network image compression and communication processes revealed a considerable difference in energy consumption rates among these tasks, shortening the network lifetime, which is defined a...
H. Kitada, T. Miyoshi, A. Shiozu, M. Tsujino, M. Iwashita, H. Yoshino
9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2010)   73-83   2010年8月   [査読有り]
This paper analyzes network traffic characteristics of peer-to-peer (P2P) video streaming services, which have been a recent source of annoyance for Internet service providers due to the large amount of data that they generate. We analyzed two pop...
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
8th IEEE International Conference on Industrial Informatics (INDIN 2010)   1005-1010   2010年7月   [査読有り]
This paper proposes an image compression algorithm that balances energy consumption among nodes in a wireless sensor network cluster. The proposed algorithm uses a Lapped Transform technique, an extended version of the Discrete Cosine Transform. I...
A Transmission Range Adjustment Algorithm to Avoid Energy Holes in Wireless Sensor Networks
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2010)   (A-5-4)    2010年6月   [査読有り]
In this paper, the energy hole problem in wireless sensor networks is modeled, and a novel transmission range adjustment method is proposed to solve the problem. The goal of our work is to analyze the problem and to propose a dynamic algorithm tha...
アドホックネットワークにおける往復遅延時間を用いた適応形トランスポートプロトコル
山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
電子情報通信学会論文誌(B)   J93-B(5) 735-746   2010年5月   [査読有り]
アドホックネットワークでは無線通信を利用して通信を行うため,電波干渉や障害物による影響からセグメント損失が有線通信と比較して多発する.代表的なトランスポートプロトコルであるTCP Reno では,セグメント損失の発生を利用して輻輳検知を行い,送信レートを低下させることで輻輳回避を行う.しかし,輻輳以外の理由によるセグメント損失が発生した場合には,不必要な輻輳回避が行われ,通信効率が著しく低下する.また,TCP Reno の改良プロトコルであるTCP Vegas では,高速なデータ転送を実現...
Hierarchical Traffic Analysis and Modeling for P2P Streaming
H. Kitada, T. Miyoshi, T. Kurosawa, M. Tsujino, M. Iwashita, H. Yoshino
International Teletraffic Congress Specialist Seminar (ITC-SS21)   42-47   2010年3月   [査読有り]
This paper analyzes traffic characteristics dispersed by peer-to-peer (P2P) video streaming services, which have been a recent source of annoyance for Internet service providers since they generate a large amount of data. We focus on PPStream, a ...
Multi-hop Data Delivery Mechanisms on Bluetooth
T. Miyoshi, Y. Horie, T. Yoshimoto, C. Hirata
4th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   309-312   2010年2月   [査読有り]
This paper describes multi-hop data delivery mechanisms using Bluetooth communication. Although Bluetooth is one of the most accessible wireless communication technologies, the applications are quite limited to one-hop communications. This is be...
Image Compression Algorithm Considering Energy Balance on Wireless Sensor Networks
P. Nguyen Huu, V. Tran-Quang, T. Miyoshi
4th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   233-236   2010年2月   [査読有り]
This paper proposes an image compression algorithm that balances energy consumption among nodes in a cluster on wireless sensor networks. The proposed algorithm uses Lapped Transform technique, an extended version of Discrete Cosine Transform. In ...
遅延条件とコンテンツに対する選好を考慮した共分散構造分析によるQoEモデルの構築
江口眞人, 三好 匠, 矢守恭子, 山崎達也
電子情報通信学会論文誌(B)   J92-B(12) 1810-1822   2009年12月   [査読有り]
本研究では,ユーザ体感品質(QoE: Quality of Experience)の評価関数検討に資するため,代表的な動画サイトであるYouTubeを利用した主観評価実験を行い,サービス品質(QoS: Quality of Service)パラメータである遅延条件と個人の嗜好であるコンテンツに対する選好が,インターネットサービス品質の満足度に与える影響を,共分散構造分析を用いモデル化する.主要な成果は以下にまとめられる.(1)QoS以外の要因であるコンテンツに対する選好が,QoEの評価に有...
T. Miyoshi, K. Sekiya
International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS2009)   265-266   2009年11月   [査読有り]
Multimedia streaming has recently become a dominant form of Internet traffic. Even in a live streaming environment, however, each end user independently connects to the server by unicast communication. It is thus essential to consider how to pro...
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
Computer Networks   53(13) 2275-2287   2009年8月   [査読有り]
Wireless sensor networks (WSNs) have been widely studied and usefully employed in many applications such as monitoring environment, embedded system and so on. In WSNs, substantial nodes are deployed randomly over the entire desired area; therefore...
Efficient File Storage System with Human-Like Forgetting Mechanism
T. Miyoshi
3rd South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   399-402   2009年2月   [査読有り]
This paper discusses a concept of novel file storage system that gradually loses saved data as men forget their memories. Someone might think that the proposed system looks strange and could be useless. However, are the saved data in your comput...
講義コンテンツ自動生成システムの開発
八重樫理人, 谷川 晃, 守屋英樹, 玉田裕司, 神澤雄智, 三好 匠, 相場 亮
電子情報通信学会論文誌(D)   J91-D(12) 2819-2832   2008年12月   [査読有り]
実際の対面講義から作成された講義コンテンツで一定の教育的効果をあげる為には,講義をする教員の映像情報と発話情報だけなく,講義内で教員が使う板書,書画カメラ,電子スライド等の複数の情報リソースを効果的に組みあわてコンテンツ化する必要がある.著者らは通常の対面講義を自動収録し,教員が講義内で用いた板書,書画カメラ,電子スライド等を効果的に組みあわせ,講義コンテンツを自動生成するシステムを開発した.本稿では講義を自動収録し,講義コンテンツを自動生成する為に整備した主要教室設備について述べるととも...
Distributed Retransmission Method Using Neighbor Terminals for Ad Hoc Networks
R. Yamamoto, T. Miyoshi
14th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC2008)      2008年10月   [査読有り]
We propose a novel distributed retransmission control method for ad hoc networks. Since ad hoc networks are based on wireless communication to transmit data among terminals, radio interference or obstacles often cause link failures and packet loss...
遠隔講義に於ける日本語教育分野からのサポート
國弘保明, 上野亮一, 尾沼玄也, 佐々木良造, 八重樫理人, 三好 匠
日本語教育国際シンポジウム「東南アジアにおける日本語教育の展望」   117-121   2008年10月   [査読有り]
現在,筆者が在籍しているマレーシアのJAD プログラム(Japan Associate Degree Program.以下,本プログラム)をはじめ,多くのツイニングプログラムでは,人的あるいは費用的な問題から,日本から派遣された教員のみで専門領域をすべて網羅することは不可能な場合が多い.このため,授業の一部を日本からの遠隔講義という形態で実施することがあるが,現状では十分な教育的効果をあげているとは,残念ながら言い切れない.
この理由としては,日本語を母国語としない学生にとって,日本人教員...
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
IEICE Transactions on Communications   E91-B(9) 2795-2805   2008年9月   [査読有り]
Wireless sensor network (WSN) is a promising approach for a variety of applications. Routing protocol for WSNs is very challenging because it should be simple, scalable, energy-efficient, and robust to deal with a very large number of nodes, and a...
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
2nd International Conference on Communications and Electronics (HUT-ICCE 2008)   86-91   2008年6月   [査読有り]
Wireless sensor networks (WSNs) have been widely studied and usefully employed in many applications such as monitoring environment, embedded system and so on. In WSNs, substantial nodes are deployed randomly over the entire desired area; therefore...
國弘保明, 尾沼玄也, 八重樫理人, 三好 匠
工学教育   56(3) 103-108   2008年5月   [査読有り]
日本への留学を前提とした留学前教育においては,学生の留学後の専攻及び専門分野において必要とされる日本語を教育することが大変重要である.この目的を達成するためには,その分野の教員の発話データを分析し,頻出キーワードを抽出することが有効である.筆者らは,情報通信分野の教員が講義において発話した全文データを分析し,新出の単語やテクニカルタームがそれほど多くないことを見出した.このことから,本論文では,留学前教育において非母国語で講義を聴講する際の問題を解決する手法について述べている.
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
2008 IEEE Sarnoff Symposium   (S3.5)    2008年4月   [査読有り]
Wireless sensor networks (WSNs) have been widely studied and usefully employed in many applications such as monitoring environment, embedded system and so on. In WSNs, substantial nodes are deployed randomly over the entire desired area; therefore...
Peer-to-peer File Sharing System with Secure Virtual Network on the Internet
T. Miyoshi, T. Yarita
2nd South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   41-45   2008年2月   [査読有り]
We propose a secure file sharing system using peer-to-peer (P2P) communication. P2P technology attracts the attention of many researchers due to the potential to realize a large-scale data delivery at a lower cost than a client/server model. How...
ARPEES: Adaptive Routing Protocol with Energy-Efficiency and Event-Clustering for Wireless Sensor Networks
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
4th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2007)   95-100   2007年11月   [査読有り]
Wireless sensor network (WSN) is a promising approach for a variety of applications. Routing protocol for WSNs is very challenging since it has to be simple, scalable, energy-efficient, and robust to deal with a very large number of nodes, to be s...
アドホックネットワークにおける中継ノード削減分散マルチキャストルーチング
寺田真介, 三好 匠, 瀬崎 薫
電子情報通信学会論文誌(B)   J90-B(10) 957-968   2007年10月   [査読有り]
ユビキタス社会を実現するための技術として,アドホックネットワークに大きな期待が集まっている.アドホックネットワークにおいて,無線の同報性を利用するマルチキャストは伝送効率向上に有効である.多人数参加型ネットワークゲームやテレビ会議のような多対多通信形態でマルチキャストを利用する場合,従来のルーチングプロトコルでは送信ノード毎に伝送経路が構築される.そのため,データを中継するノードが増加し,ネットワークトラヒックの増加や電波干渉によるパケット損失が問題となる.本論文では,同じマルチキャストグ...
S. Terada, T. Miyoshi, H. Morino, M. Ogawa, K. Sezaki
18th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC'07)   (31)    2007年9月   [査読有り]
In ad hoc networks, unidirectional links between nodes exist due to differing propagation patterns or wireless interferences. Routing protocols for bidirectional links must cause the decline of connectivity. In recent years, some routing protocols...
H. Morino, T. Miyoshi, M. Ogawa
8th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2006)   519-525   2007年3月   [査読有り]
In ad hoc networks, wireless links can be unidirectional due to the difference of transmission range of each node. Particularly for temporally formed ad hoc networks, routing protocols should support route construction using unidirectional links t...
Adaptive Routing Protocol for Wireless Sensor Networks
V. Tran-Quang, T. Miyoshi
1st South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   19-20   2007年2月   [査読有り]
Wireless sensor networks (WSNs) are a promising approach for a variety of applications. Routing protocol for WSNs is very challenging since it has to be simple, scalable, energy-efficient, and robust to deal with a very large number of nodes with...
Packet Encapsulation and Forwarding Mechanism for Multiple Packet Streams
T. Miyoshi, K. Shioda, H. Nishi
1st South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium   13-18   2007年2月   [査読有り]
As the Internet has become popular in the world, many new services such as live streaming, file sharing, and network games have been widely provided on it. Multicasting mechanism is the preferable technique since these services simultaneously tra...

講演・口頭発表等

 
SHIBAURA MODEL: Nurturing Global Engineers and Scientists through Global PBL Programs [招待有り]
T. Miyoshi
14th Asia-Pacific Association for Internatinoal Education Conference and Exhibition (APAIE2019)   2019年3月26日   Asia-Pacific Association for Internatinoal Education
Position Estimation in a Classroom by Mutual Communication of Wireless Terminals
Y. Komuro, T. Miyoshi, T. Yamazaki
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月22日   電子情報通信学会
Data Offloading System with th Cooperation of Wi-Fi Connected Neighbour Terminals
J. Li, T. Yamazaki, T. Miyoshi
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月21日   電子情報通信学会
Relay Node Controlled Routing Based on Location Information for Mobile-Assisted Ad Hoc Networks
S. Ono, T. Yamazaki, T. Miyoshi
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月21日   電子情報通信学会
受信信号強度の変動を考慮した無線センサネットワーク協調形UAV経路制御手法
内田悠太, 山崎 託, 三好 匠, 上田清志
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月21日   電子情報通信学会
A Node Cooperation Method with Power Transfer Incentives in Mobile Ad Hoc Networks
Y. Taniguchi, T. Yamazaki, T. Miyoshi
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
Adaptive Biometric Authentication with Smart Clothing Using Electrocardiogram and Acceleration
R. Kunisawa, T. Yamazaki, T. Miyoshi, Y. Niitsu
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pによる近接通信基盤のスケーラビリティ評価
下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pネットワークにおけるサーバ負荷分散手法
杉山 健, 下村勇介, 三好 匠, 山崎 託
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
車両の移動性を考慮した車車間P2Pネットワーク
藤間貴史, 下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pによる危険性を考慮した歩車間通信システム
尾嵜真帆, 下村勇介, 三好 匠, 山崎 託
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pと端末間通信による情報配信方式
勝 智実, 山崎 託, 三好 匠
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
機械学習を用いたP2PTVトラヒックの分類時系列分析
大岡里奈, 林 晃司, 三好 匠, 山崎 託
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
機械学習を用いたP2PTVトラヒックの分類
林 晃司, 三好 匠
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月20日   電子情報通信学会
階層形車車間通信における距離情報に基づく冗長経路削減手法
中村光宏, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月19日   電子情報通信学会
真正粘菌の挙動を考慮した省電力アドホックルーチング
片田寛志, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2019年3月5日   電子情報通信学会
端末の位置情報に基づいた中継端末限定形アドホックルーティング
小野翔多, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2019年3月5日   電子情報通信学会
無線センサネットワーク協調形UAV飛行経路制御手法の検討
内田悠太, 山崎 託, 三好 匠, 上田清志
電子情報通信学会技術研究報告   2019年3月5日   電子情報通信学会
位置依存形 P2P 通信基盤の開発とスケーラビリティ評価
下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会技術研究報告   2019年3月5日   電子情報通信学会
機械学習を用いたP2PTVトラヒックの特性分析と分類手法
林 晃司, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2019年3月5日   電子情報通信学会
フローティングコンテンツにおける無駄配信を抑えたアンカーゾーン拡大
加?敬祐, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
第24回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2019年3月2日   電子情報通信学会
無線センサネットワークにおける深層学習の分散実装方式
梅田果凛, 三好 匠, 山崎 託, 堀江輝樹
第24回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2019年3月2日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける伝送速度に応じたOpportunistic Routing
田中裕也, 山崎 託, 三好 匠
第24回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2019年3月2日   電子情報通信学会
車車間アドホックネットワークにおける交差点ノードを用いた情報共有手法
山上龍馬, 三好 匠, 山崎 託
第24回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2019年3月2日   電子情報通信学会
同時送信フラッディングを用いた転送領域制限形経路制御
岡本 健, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
第24回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2019年3月2日   電子情報通信学会
IoT Cloud-based Services for a Safer Home Automated System (Invited Talk) [招待有り]
L. Salhi, T. Yamazaki, T. Miyoshi, Y. Niitsu
映像情報メディア学会技術研究報告   2019年2月20日   映像情報メディア学会
Nurturing Global Engineering and Scientists through Global PBL Programs in Super-Smart Society Era [招待有り]
T. Miyoshi
FPT EduCamp 2018   2018年11月25日   FPT Education
受信信号強度を用いた無線センサネットワーク協調形UAV移動経路制御手法
下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会技術研究報告   2018年10月18日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pネットワークにおける車車間通信方式に関する検討
内田悠太, 山崎 託, 三好 匠, 上田清志
電子情報通信学会技術研究報告   2018年10月18日   電子情報通信学会
The Statistical Verification of User Behavior while Waiting for Favorite Videos
E. Masato, T. Miyoshi, T. Yamazaki
2018年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2018年9月12日   電子情報通信学会
位置情報形P2Pネットワークによる近接通信基盤の実装
下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
2018年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2018年9月11日   電子情報通信学会
スマートメーター無線デバイスを用いた小型無人機の宛先家屋への自律移動経路制御法
上田清志, 柳川恭平, 林 和希, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2018年6月15日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pにおける安定化向上のためのネットワーク構築手法
藤間貴史, 下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会技術研究報告   2018年5月18日   電子情報通信学会
真正粘菌の挙動を利用した適応的アドホックルーチング
片田寛志, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2018年5月18日   電子情報通信学会
位置情報と基地局の混雑度を用いたスループット分析
横井秀行, 林 晃司, 三好 匠
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月22日   電子情報通信学会
近距離協調データオフロードシステムにおける分散ダウンロード手法
新井聡史, 山崎 託, 三好 匠
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
複数モバイル端末による近距離協調データオフロードシステム
浅野一真, 山崎 託, 三好 匠
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
MANET-DTNにおけるノード次数に基づくデータ再配置手法
岩上新之介, 三好 匠, 朝香卓也
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
真正粘菌の経路選択アルゴリズムを用いた負荷分散形アドホックルーチング
片田寛志, 三好 匠
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
位置情報に基づく階層型P2Pにおける車車間通信
大町功輝, 下村勇介, 三好 匠
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
位置情報を用いたP2P形近接ネットワークの検討
下村勇介, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
コネクション削減による位置依存形P2Pネットワークの安定化
藤間貴史, 下村勇介, 三好 匠
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月21日   電子情報通信学会
マルチホップネットワークにおけるMANET-DTN階層形パケット転送方式
岩上新之介, 三好 匠, 朝香卓也
電子情報通信学会技術研究報告   2018年3月9日   電子情報通信学会
階層形車車間通信における速度情報に基づく中継車両選択手法
中村光宏, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 田中良明
第23回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2018年3月3日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pネットワークを用いた近距離協調データオフロード手法
浅野一真, 新井聡史, 山崎 託, 下村勇介, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2018年3月2日   電子情報通信学会
位置依存形P2P通信におけるコネクション削減手法
藤間貴史, 下村勇介, 三好 匠
電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ   2018年1月20日   電子情報通信学会
機械学習を用いたP2PTVトラヒック分類手法
林 晃司, 三好 匠
電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ   2018年1月20日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける真正粘菌の挙動を利用した負荷分散形ルーチング
片田寛志, 三好 匠
電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ   2018年1月20日   電子情報通信学会
Location-based Peer-to-peer Communication: Bringing Efficient Locality-aware Networks [招待有り]
T. Miyoshi
5th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2017)   2017年11月21日   電子情報通信学会/情報処理学会
位置依存形P2Pネットワークにおける通信基盤に関する検討(奨励講演)
下村勇介, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2017年11月17日   電子情報通信学会
無線マルチホップネットワークにおける適応形パケット転送方式の検討
植田凌太, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会第25回ネットワーク仮想化研究会   2017年11月16日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける中継領域を絞り込んだOpportunistic Routing(依頼講演)
山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香卓也, 田中良明
電子情報通信学会技術研究報告   2017年11月16日   電子情報通信学会
スマートメータネットワークにおける所番地表示を用いたデータ配信手法
内田悠太, 三好 匠, 上田清志
電子情報通信学会技術研究報告   2017年7月7日   電子情報通信学会
位置情報に基づいたP2P形コミュニケーションシステム
下村勇介, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2017年7月7日   電子情報通信学会
LTEにおける無線基地局セル内のスループット分析
林 晃司, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2017年7月7日   電子情報通信学会
端末解像度が映像品質評価に与える影響の分析
松本和也, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月23日   電子情報通信学会
モバイルインターネットにおけるユーザ体感品質低下の要因分析
桑原 諒, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月23日   電子情報通信学会
ライブストリーミング形P2PTVトラヒックのモデル化
武内直喜, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
位置情報を利用した無線基地局セル内におけるスループット分析
林 晃司, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
P2Pネットワークを用いた位置依存形コミュニケーションシステム
下村勇介, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
災害時におけるMANET-DTN階層化ルーチング
岩上新之介, 三好 匠, 朝香卓也
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
位置依存形P2Pを用いた車車間通信方式
小瀧 翔, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
自動運転者を中心とした階層的車車間アドホックルーチング
藤岡 智, 山崎 託, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
スマートメータネットワークにおける住所に基づいたデータ配信サービス
内田悠太, 三好 匠, 上田清志
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
スマートメーターネットワークによる地域サービス提供基盤
菅野裕太, 上田清志, 三好 匠
2017年電子情報通信学会総合大会   2017年3月22日   電子情報通信学会
コンテンツの特徴を考慮したP2PTVアプリケーションのトラヒック分析
大西麻耶, 武内直喜, 三好 匠
第22回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2017年3月4日   電子情報通信学会
ライブストリーミング形P2PTVアプリケーションにおけるトラヒックのモデル化と比較
武内直喜, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会技術研究報告   2017年3月3日   電子情報通信学会
自動運転を考慮した車車間アドホックネットワークにおける階層形情報共有システム
藤岡 智, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2017年3月2日   電子情報通信学会
P2Pネットワークを用いた位置依存形通信アプリケーションの開発
下村勇介, 三好 匠
電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ   2017年1月21日   電子情報通信学会
自動運転を考慮した車車間アドホックネットワークルーチングプロトコル
藤岡 智, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ   2017年1月21日   電子情報通信学会
P2PTVトラヒックの特性分析と予測手法(奨励講演)
武内直喜, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会技術研究報告   2016年11月17日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける送信元ノード制御によるマルチパスルーチング
植田凌太, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2016年9月29日   電子情報通信学会
P2PTVトラヒックの特性分析とモデル化
武内直喜, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
2016年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2016年9月20日   電子情報通信学会
没入度と環境危険度を考慮した歩きスマホ注意喚起システムの開発と利用促進要因の考察
江口眞人, 三好 匠, 新津善弘, 山崎達也
電子情報通信学会技術研究報告   2016年9月14日   電子情報通信学会
複数の転送端末を利用するOpportunistic Routing
山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香卓也, 田中良明
電子情報通信学会技術研究報告   2016年6月3日   電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会
アドホックネットワークにおける群知能を用いた適時的パケット転送方式
岩上新之介, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2016年4月22日   電子情報通信学会
Opportunistic Routingにおけるホップ数と近傍関係に基づく冗長パケット削減手法
山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香卓也, 田中良明
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月17日   電子情報通信学会
Traffic Analysis on P2PTV Based on User Behavior
N. Takeuchi, T. Miyoshi, O. Fourmaux
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月16日   電子情報通信学会
環境危険度を考慮した歩きスマホ注意喚起システム
内山雅由, 三好 匠, 江口眞人
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月16日   電子情報通信学会
没入度を考慮した歩きスマホ注意喚起システム
石見優樹, 三好 匠, 江口眞人
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月16日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける領域制限形Opportunistic Routing
荒木涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月16日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける蟻コロニー最適化を用いたオポチュニスティックルーチング
岩上新之介, 山崎 託, 三好 匠
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月16日   電子情報通信学会
OpenFlowを用いた決め打ち探索法におけるメッセージ数削減手法
笠松琢磨, 三好 匠
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月15日   電子情報通信学会
位置依存形P2P通信方式を用いた近接ネットワーク構築手法
鳥谷梨早, 三好 匠
2016年電子情報通信学会総合大会   2016年3月15日   電子情報通信学会
無線LANの高速再接続を実現するモバイルルータ協調動作方式
山岸佑輔, 三好 匠
第21回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2016年3月5日   電子情報通信学会
位置依存形P2P通信方式における負荷低減手法
吉田聖, 三好 匠
第21回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2016年3月5日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける送信元ノード制御による複数経路構築手法
植田凌太, 山崎 託, 三好 匠
第21回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会   2016年3月5日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける伝送領域制限形Opportunistic Routing
荒木涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2016年3月4日   電子情報通信学会
OpenFlowを用いた複合形マルチキャストルーチングにおけるメッセージ数削減手法
笠松琢磨, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2016年3月3日   電子情報通信学会
モバイル環境におけるエリア別QoE分析手法の研究
設楽勇気, 山崎達也, 矢守恭子, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2015年11月27日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける複数帯状経路形パケット転送方式
藤岡 智, 荒木涼太郎, 山崎 託, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2015年11月27日   電子情報通信学会
複数チャネル同時視聴時におけるP2PTVアプリケーションのトラヒックフロー特性分析
武内直喜, 水谷光貴, 三好 匠, オリヴィエ フルモー
電子情報通信学会技術研究報告   2015年11月27日   電子情報通信学会
Bandwidth Resource Allocation Method Based on Quality of Experience Considering Users' Situation (Encouragement Talk)
H. Pham-Thi, T. Miyoshi
電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月16日   電子情報通信学会
SDNを用いた複合形マルチキャストルーチング
笠松琢磨, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月15日   電子情報通信学会
アドホックネットワークにおける近傍ノード協力形マルチキャスト方式
荒木涼太郎, 山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠
電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月15日   電子情報通信学会
Opportunistic Routingにおける転送適性に基づく再送制御手法
山崎 託, 山本 嶺, 三好 匠, 朝香卓也, 田中良明
2015年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2015年9月11日   電子情報通信学会
A New Bandwidth Allocation Method Based on Users' Satisfaction
H. Pham-Thi, T. Miyoshi
2015年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2015年9月10日   電子情報通信学会
小規模ネットワーク形成による運転者間コミュニケーションシステム
伊達宏幸, 三好 匠, 新津善弘
2015年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2015年9月10日   電子情報通信学会
携帯形端末上での通信サービス体感品質の地域性
山崎達也, 設楽勇気, 矢守恭子, 三好 匠
2015年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2015年9月9日   電子情報通信学会
Performance Evaluation of Delay-Insertion-based P2PTV Traffic Localization
C. Wechtaisong, H. Morino, T. Miyoshi
2015年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会   2015年9月8日   電子情報通信学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 三好 匠
(財)電気通信普及財団: 平成28年度研究調査助成金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 山崎 託
スマートメーター無線デバイスを用いた移動機自律の宛先家屋への経路と移動位置測定法の開発
(公財)精密測定技術振興財団: 平成29年度調査・研究助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 上田清志
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 三好 匠
(財)電気通信普及財団: 平成26年度研究調査助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 三好 匠
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 三好 匠
(財)電気通信普及財団: 平成23年度研究調査助成金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 三好 匠
動的顧客満足度向上のためのQoE(ユーザ体感品質)制御に関する研究
(財)大川情報通信基金: 平成20年度研究助成
研究期間: 2008年12月 - 2009年11月    代表者: 三好 匠
通信品質の魅力性を考慮したQoE評価モデルの構築
(財)電気通信普及財団: 平成19年度研究調査助成金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 矢守恭子
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 三好 匠
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 三好 匠
多方面に応用可能な効率的マルチキャストツリーの研究
(財)C&C振興財団: 2000年度若手研究員助成
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 三好 匠