溝端浩平

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/26 14:51
 
アバター
研究者氏名
溝端浩平
 
ミゾバタ コウヘイ
通称等の別名
kmizobata
URL
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~mizobata/
所属
東京海洋大学
部署
学術研究院 海洋環境学部門
職名
助教
学位
博士(水産科学)(北海道大学大学院水産科学研究科)

プロフィール

専門:海洋リモートセンシング・海洋物理学・極域海洋学
研究対象領域:北極海・南極海

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京海洋大学 学術研究院 海洋環境学部門
 
2014年4月
 - 
2016年3月
東京海洋大学 大学院・海洋科学技術研究科 助教
 
2010年
 - 
2014年
東京海洋大学 海洋科学部 助教
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2005年9月
 - 
2008年3月
アラスカ大学国際北極圏研究センター ポストドクトラルフェロー
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
北海道大学大学院 水産科学研究科 博士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
北海道大学大学院 水産科学研究科 修士課程
 
1996年4月
 - 
2000年3月
北海道大学 水産学部 
 

委員歴

 
2013年10月
 - 
2015年3月
独)宇宙航空研究開発機構  地球圏総合診断委員会 海域新規ミッション検討分科会
 
2014年7月
 - 
2015年3月
中部電力株式会社  御前崎沿岸海域の水温分布特性に関する研究検討会
 

受賞

 
2008年10月
北太平洋海洋科学機構 Best Oral Presentation Award: North Pacific Marine Science Organization (PICES) 17th Annual Meeting, “W3: MONITOR/ESSAS Workshop, “Status of marine ecosystems in the sub-arctic and arctic seas, Preliminary results of IPY field monitoring in 2007 and 2008”
 
2002年10月
北太平洋海洋科学機構 Best Paper Award: Biological Oceanography Committee Topic Session, North Pacific Marine Science Organization (PICES) 11th Annual Meeting, Qingdao, China, Oct. 24, 2002.
 

論文

 
Wintertime variability of the Beaufort gyre in the Arctic Ocean derived from CryoSat-2/SIRAL observations
Kohei Mizobata, Eiji Watanabe and Noriaki Kimura
Journal of Geophysical Research - Oceans   10.1002/2015JC011218    2016年2月   [査読有り]
A modeling study of coastal circulation and landfast ice in the nearshore Beaufort and Chukchi Seas using CIOM
Wang, J., K. Mizobata, X. Bai, H. Hu, M. Jin, Y. Yu, M. Ikeda, W. Johnson, W. Perie and A. Fujisaki
Journal of Geophysical Research-Oceans   119(6) 3285-3312   2014年6月   [査読有り]
A modeling study of seasonal variations of sea ice and plankton in the Bering and Chukchi Seas during 2007-2008
Wang, J., H. Hu, J. I. Goes, J.r Miksis-Olds, C. B. Mouw, E. J. D'Sa, H.a do R. Gomes, D. Wang, K. Mizobata, S. Saitoh, L. Luo
Journal of Geophysical Research-Oceans   118(3) 1520-1533   2013年3月   [査読有り]
East-west asymmetry in surface mixed layer and ocean heat content in the Pacific sector of the Arctic Ocean derived from AMSR-E sea surface temperature
Mizobata, K. and K. Shimada
Deep Sea ResearchⅡ, "Satellite Oceanography and Climate Change"   77-80(SI) 62-69   2012年11月   [査読有り]
Interannual variability of coccolithophore Emiliania huxleyi blooms in response to changes in water column stability in the eastern Bering Sea
Iida, T.; Mizobata, K.; Saitoh, S. -I.
CONTINENTAL SHELF RESEARCH   34 7-17   2012年2月   [査読有り]
Estimation of Heat Flux through the Eastern Bering Strait
Mizobata, K., K. Shimada, S.-I. Saitoh and J. Wang
Journal of Oceanography   66(3) 405-424   2010年6月   [査読有り]
Is the Dipole Anomaly a major driver to record lows in Arctic summer sea ice extent?
Wang, J., J. Zhang, E. Watanabe, M. Ikeda, K. Mizobata, J. E. Walsh, X. Bai and B. Wu
Geophysical Research Letters   36    2009年3月   [査読有り]
Seasonal variations of sea ice and ocean circulation in the Bering Sea: A model-data fusion study
Wang, J., H. Hu, K. Mizobata, and S.-I. Saitoh
Journal of Geophysical Research-Oceans   114    2009年2月   [査読有り]
Interannual variability of summer biochemical enhancement in relation to mesoscale eddies at the shelf break in the vicinity of the Pribilof Islands, Bering Sea
Mizobata, Kohei; Saitoh, Sei-ichi; Wang, Jia
DEEP-SEA RESEARCH PART II-TOPICAL STUDIES IN OCEANOGRAPHY   55(16-17) 1717-1728   2008年8月   [査読有り]
Modeling Arctic Ocean heat transport and warming episodes in the 20th century caused by the intruding Atlantic Water
Wang, J., M. Jin, J. Takahashi, T. Suzuki, I. V. Polyakov, K. Mizobata, M. Ikeda, F. J. Saucier and M. Meier
Chinese Journal of Polar Science   19(2) 145-153   2008年   [査読有り]
Modeling seasonal variations of ocean and sea ice circulation in the Beaufort and Chukchi Seas: A model-data fusion study
Wang, J., K. Mizobata, H. Hu, M. Jin, S. Zhang, W. Johnson and K. Shimada and M. Ikeda
Chinese Journal of Polar Science   19(2) 154-170   2008年   [査読有り]
Observations and modeling of the ice-ocean conditions in the coastal Chukchi and Beaufort Seas
Jin Meibing; Wang Jia; Mizobata Kohei; et al.
ACTA OCEANOLOGICA SINICA   27(3) 79-87   2008年   [査読有り]
Eddy-induced cross-slope exchange maintaining summer high productivity of the Bering Sea shelf break
Mizobata, Kohei; Wang, Jia; Saitoh, Sei-ichi
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS   111(C10)    2006年10月   [査読有り]
Variability of Bering Sea eddies and primary productivity along the shelf edge during 1998-2000 using satellite multisensor remote sensing
Mizobata, K; Saitoh, S
JOURNAL OF MARINE SYSTEMS   50(1-2) 101-111   2004年9月   [査読有り]
Bering Sea cyclonic and anticyclonic eddies observed during summer 2000 and 2001
Mizobata, K; Saitoh, SI; Shiomoto, A; et al.
PROGRESS IN OCEANOGRAPHY   55(1-2) 65-75   2002年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Low Primary Productivity in the Chukchi Sea Controlled by Warm Pacific Water: A Data-Model Fusion Study. In: D. Tang (eds) Remote Sensing of the Changing Oceans
Mizobata, K., J. Wang, H. Hu,and D. Wang (担当:共著)
Springer   2011年   
Abrupt Climate Changes and Emerging Ice-Ocean Processes in the Pacific Arctic Region and the Bering Sea, Pacific Arctic Region Synthesis Book, Chapter 6
Wang J., H. Eicken, Y. Yu, X. Bai, J. Zhang, H. Hu, D.-R. Wang, M. Ikeda, K. Mizobata, J. Overland (担当:共著)
Springer   2014年7月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 北出 裕二郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 小野寺 丈尚太郎
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 溝端 浩平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 北出 裕二郎
本研究は、南極海表層水の低塩分化が底層水塊の変質に及ぼす影響を評価するための基礎研究で、研究対象海域の1つであるビンセネス湾沖で継続して観測することにより底層水形成における各プロセスを定量的に評価し、低塩分化インパクトの波及機構の解明を試みる。南緯66°東経110°付近に形成されるビンセネス湾ポリニヤは海氷生産量が南極大陸周りで9番目の中規模ポリニヤであるが、本課題の係留観測により、当海域でも冬季(6月~10月)に南極底層水が生成されている事が明らかとなった。中規模ポリニヤでも底層水が生成...
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 溝端 浩平
西部北極海における海氷減少は、太平洋水流入による海洋温暖化によるものである。継続的な現場観測が困難な北極海では、海洋温暖化を監視する代替手法の開発が喫緊の課題である。本研究では、バロー峡谷の上流域であるPt. Hope~Pt. Layにおける海上風および海面水温を用いた回帰式から北向き順圧流量・流速傾圧第一モードの構造・水温鉛直プロファイルを得ることで、バロー峡谷を介した北極海への現実的な海洋熱フラックスが推定できることを明らかにした。
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員奨励費 (PD)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 溝端浩平