Mizobuchi Ritsuko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 16, 2019 at 14:49
 
Avatar
Name
Mizobuchi Ritsuko
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/nics-neo/introduction/chart/0601/index.html
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Institute of Crop Science, Division of Rice Research, Rice Applied Genomics Research Unit
Job title
Principal Researcher
Other affiliation
Doctor (Agriculture)
Research funding number
40425591

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Matsumoto K, Ota Y, Seta S, Nakayama Y, Ohno T, Mizobuchi R, Sato H
Breeding Science   67 540-543   Nov 2017   [Refereed]
佐藤 宏之, 片岡 知守, 田村 泰章, 田村 克徳, 坂井 真, 梶 亮太, 岡本 正弘, 西村 実, 八木 忠之, 溝淵 律子, 平林 秀介, 山下 浩, 深浦 壮一, 西山 壽, 本村 弘美, 滝田 正, 斉藤 薫
農研機構研究報告 九州沖縄農業研究センター = Bulletin of the NARO, Agricultural Research for Kyushu Okinawa Region   (66) 47-63   Mar 2017
 「ミズホチカラ」は、穂重型で登熟性に優れた多収米品種を育成することを目標に、「奥羽326 号」を母、「86SH283 長」を父とする交配組み合わせから育成された品種である。1991 年から「西海203 号」の地方系統名で、関係各県に配付して地域適応性を検討してきた。2009 年に種苗登録及び農林登録出願、同年「水稲農林438 号」として農林認定後、2011 年に「ミズホチカラ」として品種登録された。出穂期は「ニシホマレ」より2 日程度早く、成熟期は「ニシホマレ」より13 日程度晩生であり...
Mizobuchi R, Fukuoka S, Tsushima S, Yano M, Sato H
Rice (New York, N.Y.)   9(1) 23   Dec 2016   [Refereed]
Matsubara K, Yamamoto E, Kobayashi N, Ishii T, Tanaka J, Tsunematsu H, Yoshinaga S, Matsumura O, Yonemaru J, Mizobuchi R, Yamamoto T, Kato H, Yano M
PloS one   11(3) e0151830   Mar 2016   [Refereed]
Nagata K, Ando T, Nonoue Y, Mizubayashi T, Kitazawa N, Shomura A, Matsubara K, Ono N, Mizobuchi R, Shibaya T, Ogiso-Tanaka E, Hori K, Yano M, Fukuoka S
Breeding science   65(4) 308-318   Sep 2015   [Refereed]
Hori K, Nonoue Y, Ono N, Shibaya T, Ebana K, Matsubara K, Ogiso-Tanaka E, Tanabata T, Sugimoto K, Taguchi-Shiobara F, Yonemaru J, Mizobuchi R, Uga Y, Fukuda A, Ueda T, Yamamoto S, Yamanouchi U, Takai T, Ikka T, Kondo K, Hoshino T, Yamamoto E, Adachi S, Nagasaki H, Shomura A, Shimizu T, Kono I, Ito S, Mizubayashi T, Kitazawa N, Nagata K, Ando T, Fukuoka S, Yamamoto T, Yano M
BMC plant biology   15 115   May 2015   [Refereed]
Sato H, Matsumoto K, Ota C, Yamakawa T, Kihara J, Mizobuchi R
Breeding science   65(2) 170-175   Mar 2015   [Refereed]
Fukuoka S, Saka N, Mizukami Y, Koga H, Yamanouchi U, Yoshioka Y, Hayashi N, Ebana K, Mizobuchi R, Yano M
Scientific reports   5 7773   Jan 2015   [Refereed]
Matsubara K, Yamamoto E, Mizobuchi R, Yonemaru J, Yamamoto T, Kato H, Yano M
The Journal of heredity   106(1) 113-122   Jan 2015   [Refereed]
Nagata Kazufumi, Ando Tsuyu, Nonoue Yasunori, Mizubayashi Tatsumi, Kitazawa Noriyuki, Shomura Ayahiko, Matsubara Kazuki, Ono Nozomi, Mizobuchi Ritsuko, Shibaya Taeko, Ogiso-Tanaka Eri, Hori Kiyosumi, Yano Masahiro, Fukuoka Shuichi
Breeding Science   65(4) 308-318   2015
Grain shape is an important trait for improving rice yield. A number of quantitative trait loci (QTLs) for this trait have been identified by using primary F2 mapping populations and recombinant inbred lines, in which QTLs with a small ...
Mizobuchi R, Sato H, Fukuoka S, Tsushima S, Yano M
Molecular breeding : new strategies in plant improvement   35 15   2015   [Refereed]
Yonemaru J, Mizobuchi R, Kato H, Yamamoto T, Yamamoto E, Matsubara K, Hirabayashi H, Takeuchi Y, Tsunematsu H, Ishii T, Ohta H, Maeda H, Ebana K, Yano M
BMC genomics   15 346   May 2014   [Refereed]
Fukuoka Shuichi, Yamamoto Shin-Ichi, Mizobuchi Ritsuko, Yamanouchi Utako, Ono Kazuko, Kitazawa Noriyuki, Yasuda Nobuko, Fujita Yoshikatsu, Thuy Thi Thanh Nguyen, Koizumi Shinzo, Sugimoto Kazuhiko, Matsumoto Takashi, Yano Masahiro
SCIENTIFIC REPORTS   4    Apr 2014   [Refereed]
Yamamoto E, Iwata H, Tanabata T, Mizobuchi R, Yonemaru J, Yamamoto T, Yano M
BMC genetics   15 50   Apr 2014   [Refereed]
MIZOBUCHI Ritsuko, SATO Hiroyuki, FUKUOKA Shuichi, YAMAMOTO Shinichi, KAWASAKI-TANAKA Akiko, FUKUTA Yoshimichi
Japan Agricultural Research Quarterly: JARQ   48(4) 425-431   2014
Rice blast, caused by Pyricularia oryzae Cavara (Magnaporthe grisea (Hebert) Barr), is one of the most severe global rice diseases. The Philippine rice landrace 'Ingngoppor-tinawon' (IT) displays not only high field resistance to ric...
梶 亮太, 坂井 真, 田村 克徳, 田村 泰章, 岡本 正弘, 溝淵 律子, 平林 秀介, 西村 実, 深浦 壯一
九州沖縄農業研究センター報告   (60) 13-28   Sep 2013
「吟のさと」は,「山田錦」を母とし,「西海222号」を父とした交配組合せから育成され,2007年に品種登録出願され,2009年に水稲農林433号として農林認定品種に認定された。「吟のさと」は,育成地における出穂期,成熟期が「山田錦」並か1日程度遅く,暖地では"晩生の早"に属する。「山田錦」と比較して,稈長は25cm程度短く,穂長は1cm程度長く,穂数は少ない。草型は"偏穂重型"である。耐倒伏性は「山田錦」より明らかに強く,「レイホウ」より強い"強"である。脱粒性は「レイホウ」並の"中"であ...
坂井 真, 中野 洋, 岡本 正弘, 田村 克徳, 梶 亮太, 田村 泰章, 片岡 知守, 溝淵 律子
九州沖縄農業研究センター報告   (60) 1-12   Sep 2013
「ルリアオバ」は,暖地向きの再生イネを利用する2回刈り栽培に適するホールクロップサイレージ(WCS)用の水稲品種であり,2012年4月に品種登録された。本品種は,台湾のインディカ型のもち在来種「Taporuri」のγ線照射後代から難脱粒性を示す突然変異体として選抜,育成された。脱粒性以外の特性は「Taporuri」とほぼ同一である。出穂期は育成地では「タチアオバ」より遅い"極晩生"に属するもち種である。極長稈で,黄熟期に到達する頃には倒伏の可能性が大きくなるが,「Taporuri」同様に生...
Mizobuchi R, Sato H, Fukuoka S, Tsushima S, Imbe T, Yano M
Theoretical and Applied Genetics   126(9) 2417-2425   Jun 2013   [Refereed]
Mizobuchi R, Sato H, Fukuoka S, Tanabata T, Tsushima S, Imbe T, Yano M
Rice (New York, N.Y.)   6(1) 13   May 2013   [Refereed]
坂井 真, 岡本 正弘, 田村 克徳, 梶 亮太, 溝淵 律子, 平林 秀介, 八木 忠之, 西村 実, 深浦 壮一
Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region   (54) 43-61   Nov 2010
「にこまる」は,「は系626 (きぬむすめ)」を母とし,「北陸174号」を父として人工交配を行った雑種の後代から育成された。2002年より「西海250号」の系統名を付し,関係各府県に配布して地域適応性を検討してきた。2005年に長崎県において奨励品種に採用され,「水稲農林411号」として命名登録された。稈長は「ヒノヒカリ」と同程度で,穂数はやや少ない。中稈中間型のうるち種である。出穂期は「ヒノヒカリ」より2~3日,成熟期は3~5日晩生である。いもち病の真性抵抗性遺伝子型は "Pia, Pi...
KAJI Ryota, OKAMOTO Masahiro, SAKAI Makoto, MIZOBUCHI Ritsuko, TAMURA Katsunori, HIRABAYASHI Hideyuki, TAMURA Yasuaki, FUKAURA Souichi, TOMIMATSU Takaharu, NAKANO Hiroshi
Breeding research   12(2) 54-58   Jun 2010
日本国内における主食用米の需要が減少を続ける一方で、加工米飯用途あるいは米粉パン等の米粉加工食品の原料としての米については、新たな需要が期待されている。ガンマ線照射あるいはEMS、MNU等の化学変異剤処理による胚乳突然変異を持つイネ品種が育成され、これら加工用米の素材として利用されている。著者らは、新たな胚乳突然変異の作出を目標として、「キヌヒカリ」種子にガンマ線照射を行った後代から、胚乳内部まで黄色く着色する変異体を見出し、その形質が遺伝的に固定した系統を作出することに成功した。また、そ...
梶 亮太, 坂井 真, 田村 克徳, 平林 秀介, 岡本 正弘, 八木 忠之, 溝淵 律子, 深浦 壮一, 西村 実, 山下 浩, 富松 高治
Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region   (52) 79-94   Aug 2009
「きぬむすめ」は、「キヌヒカリ」を母とし、「愛知92号」(「祭り晴」)を父とした交配組合せから育成され、2005年に島根県において奨励品種に採用され、水稲農林409号として命名登録された。「きぬむすめ」は育成地における出穂期、成熟期が「日本晴」に比べて1~2日程度遅く、暖地では"早生の晩"に属する。「日本晴」と比較して、稈長は4~5cm長く、穂長はやや短く、穂数はやや少ない。草型は"中間型"である。倒伏は「日本晴」並かやや少なく、耐倒伏性は「日本晴」並の"中"である。いもち病に対しては真性...
坂井 真, 岡本 正弘, 田村 克徳, 梶 亮太, 溝淵 律子, 平林 秀介, 八木 忠之, 西村 実, 深浦 壮一
Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region   (50) 1-20   Feb 2009
「タチアオバ」は、暖地に適するホールクロップサイレージ(WCS)用の水稲品種であり、2006年9月に水稲農林419号として命名登録された。本品種は、「は系906」を母とし、Lemont(アメリカの直播用品種)の太根性を導入した「(47-1-1/95SH50)F1」を父とする交配組み合わせから育成された。熟期は育成地では「ミナミヒカリ」より遅い"極晩生"に属する粳種である。極長稈穂重型で、太い根と稈を有し耐倒伏性は"極強"であり、直播栽培条件でも倒伏に強い。いもち病真性抵抗性遺伝子"Pia"...
FURUHATA Masami, YOSHINAGA Satoshi, KAJI Ryota, TAMURA Katunori, NABESHIMA Hiroaki, MORITA Hirohiko, YAMASHITA Hiroshi, MIZOBUCHI Ritsuko, OKAMOTO Masahiro, SAKAI Makoto
Japanese Journal of Crop Science   77(3) 281-287   Jul 2008
We compared the yield of the late-season seeded rice with that of the regular-season seeded rice for 3 years (2001-2003) in southern Japan. The yields of late-season seeded and regular-season seeded rice were the same on the average of 3 years, bu...
FURUHATA Masami, YOSHINAGA Satoshi, KAJI Ryota, TAMURA Katunori, NABESHIMA Hiroaki, MORITA Hirohiko, YAMASHITA Hiroshi, MIZOBUCHI Ritsuko, OKAMOTO Masahiro, SAKAI Makoto
Japanese Journal of Crop Science   77(3) 273-280   Jul 2008
In 2001 and 2002, characteristics of growth, yield and quality of rice in submerged direct seeding in the late season were compared with those of rice direct seeded in the regular season to establish the method of late-seeding culture in southern ...
Sakai Makoto, Okamoto Masahiro, Tamura Katsunori, Kaji Ryota, Mizobuchi Ritsuko, Hirabayashi Hideyuki, Yagi Tadashi, Nishimura Minoru, Fukaura Souichi
Breeding Science   58(1) 83-88   2008
Sakai Makoto, Okamoto Masahiro, Tamura Katsunori, Kaji Ryota, Mizobuchi Ritsuko, Hirabayashi Hideyuki, Fukaura Souichi, Nishimura Minoru, Yagi Tadashi
Breeding research   9(2) 67-73   Jun 2007
田村 克徳, 岡本 正弘, 梶 亮太, 平林 秀介, 溝淵 律子, 八木 忠之, 山下 浩, 西山 壽, 本村 弘美, 滝田 正, 齋藤 薫
Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region   (48) 31-48   Mar 2007
「ニシアオバ」は暖地に適するホールクロップサイレージ(WCS)用の水稲品種であり,2004年9月30日に「水稲農林399号」として命名登録された。本品種は,「北陸130号」(後の「オオチカラ」)を母,「SLG9」(後の「ひとはな」)を父とした極大粒系統どうしの交配組合せから系統育種法によって育成された。「ニシアオバ」は熟期が育成地では「ニシホマレ」とほぼ同じ"中生の晩"に属する粳種である。長稈穂重型で,耐倒伏性は"中",止葉の直立程度は"やや立"で草姿,熟色は良好である。いもち病真性抵抗性...
Mizobuchi Ritsuko, Hirabayashi Hideyuki, Kaji Ryota, Nishizawa Yoko, Satoh Hikaru, Ogawa Tsugufumi, Okamoto Masahiro
Breeding Science   53(2) 93-100   2003
We characterized five lesion-mimic mutants of rice (Oryza sativa L.), spotted leaf 5-2 (spl5-2), Spl12, spl13, spl14 and Spl15, all of which have broad-spectrum resistance to the rice blast f...

Misc

 
溝淵律子, 福岡修一, 對木千加子, 對馬誠也, 佐藤宏之
育種学研究   20 206   Mar 2018
西村卓真, 椎木咲帆, 吉田貴宏, 森茂之, 山田善彦, 日野耕作, 正村純彦, 福岡修一, 山内歌子, 田口文緒, 溝淵律子
育種学研究   20 148   Mar 2018
石森裕貴, 佐伯研一, 遠藤貴司, 佐藤浩子, 中込佑介, 溝淵律子, 田口文緒, 福岡修一, 安藤露, 山内歌子
育種学研究   19 117   Oct 2017
西村卓真, 吉田貴宏, 森茂之, 椎木咲帆, 日野耕作, 山田善彦, 正村純彦, 福岡修一, 山内歌子, 田口文緒, 溝淵律子
育種学研究   19 157   Oct 2017
佐藤宏之, 片岡知守, 溝淵律子
育種学研究   19 235   Mar 2017