水原啓暁

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/26 10:52
 
アバター
研究者氏名
水原啓暁
 
ミズハラ ヒロアキ
eメール
hmizui.kyoto-u.ac.jp
URL
http://www.cog.ist.i.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
情報学研究科
職名
講師
学位
博士(工学)
科研費研究者番号
30392137

プロフィール

脳は状況に応じて柔軟な対応が可能です.この能力は「脳のリズム」,つまり神経活動の波(振動)により実現されています.われわれのグループでは,柔軟な情報処理を実現している「脳のリズム」として,脳の波の‘シンクロ現象(位相同期と階層協調)’に着目して研究を進めています.これらの脳内戦略により神経活動のタイミングを制御することで,適切な神経ネットワークの組み換えを,状況に応じてダイナミックに実現しているのです.この理論的枠組みのもと,機能的MRIと脳波の同時計測という世界的に最先端な脳機能イメージング手法を開発することで,脳の計算原理を実験的に明らかにしています.さらに,「脳のリズム」が脳内のみの現象にとどまらず,人同士の言語・非言語コミュニケーションにおいても重要な戦略であるとして研究を展開しています.

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
   
 
京都大学 大学院情報学研究科 講師
 
2005年9月
 - 
2007年3月
岡山大学 大学院自然科学研究科 講師
 
2005年9月
 - 
2011年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 客員研究員
 
2002年4月
 - 
2005年8月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
 
 
 - 
2002年3月
山口大学 大学院理工学研究科 博士後期課程 早期修了 博士(工学)
 

受賞

 
2013年6月
日本認知心理学会 優秀発表賞新規性評価部門
 
2013年6月
日本神経回路学会 優秀研究賞
受賞者: 岩渕俊樹,水原啓暁,朝倉暢彦,乾敏郎
 
2011年9月
日本学術振興会 科学研究費補助金第一段審査委員表彰
 
2010年5月
日本認知心理学会 優秀発表賞技術性評価部門
 
2007年9月
SICE2007 Annual Conference Young Author's Award
 
2007年6月
NeuroImage Section Editors Choice Award
 
2007年3月
ヒューマンインタフェース学会 論文賞
受賞者: 五福明夫,嶋田雄介,水原啓暁
 
2002年3月
山口大学大学院理工学研究科 研究科長賞
 
2000年5月
システム制御情報学会 奨励賞
 

論文

 
Fujino M, Ueda Y, Mizuhara H, Saiki J, Nomura M
Scientific reports   8(1) 9968   2018年7月   [査読有り]
Onojima T, Goto T, Mizuhara H, Aoyagi T
PLoS computational biology   14(1) e1005928   2018年1月   [査読有り]
Onojima T, Kitajo K, Mizuhara H
PloS one   12(8) e0183146   2017年   [査読有り]
Kuga H, Onitsuka T, Hirano Y, Nakamura I, Oribe N, Mizuhara H, Kanai R, Kanba S, Ueno T
EBioMedicine   12 143-149   2016年10月   [査読有り]
Kumagai T, Mizuhara H
Neuroreport   27(9) 647-651   2016年6月   [査読有り]

Misc

 
鹿内 学, 水原 啓暁
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   113(148) 23-28   2013年7月
私たちは日常的に多くの人と関わり、共同で作業することも多い。時に、わがままな相手との共同作業を強いられるが、嫌々ながらも私たちは行動できる。私たちの脳は協調性の異なる様々な他者を相手にしながら、協調性のダイナミックな変化に適応してきただろうと考えた。本研究では、実験参加者にムカデゲームと呼ばれる実験課題を課した。functional Magnetic Resonance Imaging (fMRI)による脳活動計測をし、課題遂行に関わる脳領野を同定した。さらに、それら領野間の有向結合性(e...
荒井翔真, 岩渕俊樹, 水原啓暁, 朝倉暢彦, 乾敏郎
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(345) 89-94   2012年12月
他者の協調性によっておこる脳の報酬系の変調:fMRI研究
鹿内学;水原啓暁
電子情報通信学会技術研究報告   111(483(NC2011 121-190)) 287-292   2012年3月
身体図式を基礎とした動的イメージ生成の脳内メカニズム(4)―身体運動に基づいた自己と物体の認識―
朝倉暢彦;水原啓暁;笹岡貴史;乾敏郎
電子情報通信学会技術研究報告   111(483(NC2011 121-190)) 275-280   2012年3月
鹿内 学, 水原 啓暁
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   111(483) 287-292   2012年3月
脳の報酬系の領野は様々な刺激によって活動することが知られおり,お金を報酬として得た時と同様に,「ほめられる」といった社会的な刺激によっても活動する.また,同じ刺激であっても条件によって異なる報酬系領野が活動をすることもある.ヒトは社会生活の中で,他者と協調的な関係を保ちながら,時に非協力・競争的な関係の中で報酬獲得を目指すことから,他者の協調性が報酬系を変化させる要因になるだろうと考えた.本研究では,他者の協調性という社会的条件により報酬系が変調する事を調べた.ムカデゲーム(Centipe...

書籍等出版物

 
よくわかる認知科学(乾敏郎・吉川左紀子・川口潤編)
水原啓暁 (担当:分担執筆, 範囲:情報の統合2(生理))
ミネルヴァ書房   2010年   
情報の統合2(生理)
水原啓暁
よくわかる認知科学(乾敏郎・吉川左紀子・川口潤編),ミネルヴァ書房, 56-57   2010年   

講演・口頭発表等

 
Language and music do and do not share the merging operations in syntax
Tomomi Hida, Hiroaki Mizuhara
Cognitive Neuroscience Society 25th Annual Meeting   2018年3月26日   
脳情報のダイナミクス解析 [招待有り]
水原啓暁
大阪大学 数理・データ科学アドバンストセミナー「生体情報の数理モデリングと統計解析」   2018年2月15日   
Language and music use the subassembly-type as universal, but not the pot-type merging operation
Tomomi Hida, Hiroaki Mizuhara
Language, Music, and Cognition: Organizing Events in Time   2018年2月   
Two different phase coding mechanisms for integrating audio-visual information via slow neural oscillation
Hiroaki Mizuhara, Toshihiro Kumagai, Atsushi Oozono
Society for Neuroscience 2017   2017年11月15日   
Learning triggers pot-merge emergence in the syntactic hierarchy
Tomomi Hida, Hiroaki Mizuhara
The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music (APSCOM 6)   2017年8月26日   
Compounds emerge from the merge operation in human language syntax.
Tomomi Hida, Hiroaki Mizuhara
Cognitive Neuroscience Annual Meeting   2017年3月27日   
Phase shift of neural oscillation induces asymmetric integration in audio-visual speech perception
Atsushi Oozono, Hiroaki Mizuhara
Cell Symposia: Big Questions in Neuroscience   2016年11月   
Cognitive functions negatively correlate to the angular gray matter volume in schizophrenia
Ueno T, Kuga H, Oribe N, Takao K, Hayashida R, Nakayama N, Mizuhara H, Yuzuriha T
Society for Neuroscience   2016年11月   
EEG phase shift caused by visual-spatial attention accompanies ventriloquism effect.
Toshihiro Kumagai, Hiroaki Mizuhara
Society for Neuroscience   2015年11月   
リズムの協調による脳間コミュニケーション [招待有り]
水原啓暁
日本認知科学会 第32回大会   2015年9月18日   
Neural dynamics with simultaneous EEG and fMRI measurements [招待有り]
Hiroaki Mizuhara
12th World Congress of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP 2015)   2015年6月18日   
Dynamic integration of distributed information via neural synchrony [招待有り]
Hiroaki Mizuhara
第15回 冬のワークショップ 心の統合 "Integration of mind"   2015年1月8日   
神経振動子協調による脳内/脳間コミュニケーション [招待有り]
水原啓暁
第4回社会神経科学研究会 「社会認知とコミュニケーション」   2014年10月31日   
コミュニケーションを促進する神経オシレーションの位相協調 [招待有り]
水原啓暁
生理研研究会:コミュニケーションを可能にする神経機構の解明   2015年   
Neural Synchrony: Common Framework for Understanding Inter-cortical and Inter-brain Communication [招待有り]
Hiroaki Mizuhara
Symposium on Human Cognitive Neuroscience: Neural Dynamics of Internal Switching   2014年1月23日   
Spatiotemporal analysis of human neural oscillation by simultaneous fMRI-EEG [招待有り]
Hiroaki Mizuhara
Conference on Neural Oscillation 2013   2013年7月   
EEG (de-)synchronization of the intra/inter-brain during cooperative finger tapping [招待有り]
Hiroaki Mizuhara, Takafumi Sasaoka, Yutaka Yamaguti, Hiroshi Watanabe, Ichiro Tsuda
International Conference on Cognitive Neurodynamics 2013   2013年6月   
Neural Synchrony: Common Framework for Understanding Inter-cortical and Inter-brain Communication [招待有り]
Hiroaki Mizuhara
大阪大学浅田稔研究室 特別推進研究研究会   2013年4月26日   
Neural synchronization of the intra-/inter-brain for hetero systems communication [招待有り]
Hiroaki Mizuhara
Measuring Consciousness - Theory and Experiments   2013年3月   
Boosting the intelligibility of vocal communication via inter-individual entrainment of neuronal oscillations [招待有り]
Mizuhara H, Inoue S, Sasaoka T, Shikauchi M
Dynamic Brain Forum 2012   2012年9月   
fMRIとEEGの同時計測による皮質脳波の再構築 [招待有り]
水原啓暁
ダイナミックブレインワークショップ   2011年12月   
神経振動子の階層カップリングによる皮質間/個体間コミュニケーション: fMRIとEEGの同時計測によるアプローチ [招待有り]
水原啓暁
京都大学大学院医学研究科 神経科学セミナー   2011年11月   
脳内コミュニケーションの時空間特性 [招待有り]
水原啓暁
コンポン研究所・人間社会科学セミナー「コミュニケーションの脳内メカニズム」   2011年3月   
皮質活動に関連した頭皮脳波分布の同定
第2回神経ダイナミクス研究会   2011年1月29日   神経ダイナミクス研究会
皮質間の同期的神経活動による動的な情報統合 [招待有り]
水原啓暁
九州大学大学院医学研究院 精神病態医学 精神病態医学セミナー   2010年10月   
グローバルな神経協調による情報統合と機能障害. [招待有り]
水原啓暁
日本神経心理学会第34回総会・学術集会   2010年9月   
The origin of scalp EEG during a motor execution task: A new method for simultaneous fMRI and EEG.
Mizuhara H, Inui T
16th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2010年   
Is mu rhythm an index of the human mirror neuron system? A study of simultaneous fMRI and EEG.
Mizuhara, H., and Inui, T.
The 2nd International Conference on Cognitive Neurodynamics   2009年   
The interaction between the parietal and motor areas in dynamic imagery manipulation: an fMRI study.
Sasaoka, T., Mizuhara, H., and Inui, T.
he 2nd International Conference on Cognitive Neurodynamics   2009年   
Dynamic human cortical networks by neuronal phase synchronization. [招待有り]
Mizuhara, H.
11th Tamagawa Dynamic Brain Forum '09   2009年   
Human frontal EEG theta oscillation encodes the visual input sequence of novel scenes into the medial temporal lobe.
Mizuhara, H., Sato, N., Yamaguchi, Y.
Human Brain Mapping 2009   2009年   
Dynamic cortical networks with theta oscillation for the scene memory maintenance: A simultaneous fMRI and EEG study.
Mizuhara, H., Sato, N., Yamaguchi, Y.
Society for Neuroscience, 2009   2009年   
Dorsal attention network correlated with EEG slow oscillations initiates spontaneous perceptual switching.
Ozaki, TJ., Sato, N., Kitajo, K., Someya, Y., Anami, K., Mizuhara, H., Ogawa, S., Yamaguchi, Y.
Society for Neuroscience, 2009   2009年   
θ波により創発するエピソード記憶ネットワーク:fMRIとEEGの同時計測を用いて [招待有り]
水原啓暁
日本心理学会2009WS「心理学研究におけるfMRI研究の最前線」   2009年   
EEG theta-gamma coupling during explicit memory retention.
Mizuhara, H., and Yamaguchi, Y.
14th Annual Meeting, Melbourne   2008年   
A cortico-hippocampal network emerging with subsequent memory dependent theta oscillation.
Sato, N., Ozaki, T., Someya, Y., Anami, K., Ogawa, S., Mizuhara, H., and Yamaguchi, Y.
Human Brain Mapping, 14th Annual Meeting, Melbourne   2008年   
A fronto-parietal network emerges with EEG slow oscillation during bistable perception: a simultaneous EEG-fMRI study.
Ozaki, T., Sato, N., Kitajo, K., Someya, Y., Anami, K., Mizuhara, H, Ogawa, S., and Yamaguchi, Y.
The 31st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society   2008年   
An episodic memory encoding pathway emerges with subsequent memory dependent EEG theta synchronization.
Sato, N., Ozaki, T., Someya, Y., Anami, K., Ogawa, S., Mizuhara, H., and Yamaguchi, Y.
The 31st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society   2008年   
脳波位相同期による動的な皮質ネットワーク形成. [招待有り]
水原啓暁
日本認知科学会「パターン認識と知覚モデル研究分科会」   2008年   
最新の脳機能計測技術と福祉工学応用
平成20年度 計測自動制御学会関西支部講習会「パワーアシスト技術の現状と展望」   2008年   計測自動制御学会関西支部
A hypothesis of oscillation networks with multiple frequency synchronization for cognitive control.
Yamaguchi Y., Kitajo K., Mizuhara H., Sato N., and Ozaki T.
The 30th annual meeting of Japan Neuroscience Society   2007年   
Theta EEG power enhancement for encoding novel scene at attentional blink period.
Mizuhara H., and Yamaguchi Y
The 30th annual meeting of Japan Neuroscience Society   2007年   
Cortical circuits for human ececutive function revealed by simultaneous fMRI and EEG. [招待有り]
Mizuhara H., and Yamaguchi Y
RIKEN SYMPOSIUM "Brain activity and information integration"   2007年   
Parallel Factor Analysis can decompose human EEG during a finger movement task.
Hiroaki Mizuhara, Etsuji Yonehara, Akio Gofuku
SICE annual conference   2007年   
Neuronal networks with theta and gamma oscillations for encoding novel events in attentional blink task.
Mizuhara H., and Yamaguchi Y
Society for Neuroscience, 37th annual meeting   2007年   
Subsequent memory dependent EEG theta correlates with hippocampal BOLD response in human.
Sato N., Ozaki T., Someya Y., Anami K., Ogawa S., Mizuhara H., and Yamaguchi Y.
Society for Neuroscience, 37th annual meeting   2007年   
Theta synchronization networks observed by simultaneous EEG-fMRI measurement during bistable perception.
Ozaki T., Sato N., Kitajo K., Someya Y., Anami K., Mizuhara H., Ogawa S., and Yamaguchi Y.
Society for Neuroscience, 37th annual meeting   2007年   
Virtual reality based visual feedback therapy modulates the cortical circuits for pain perception in the patient with complex regional pain syndrome.
Sato K., Sato T., Mizobuchi S., Nakatsuka H., Morita K., Mizuhara H., Maruo T., and Gofuku A.
Society for Neuroscience, 37th annual meeting   2007年   
最近の脳機能計測技術の動向と医療診断支援への応用 [招待有り]
水原啓暁
日本機械学会中国四国支部第104回講習会   2007年   
最近の脳機能計測技術の動向と医療診断支援への応用
日本機械学会中国四国支部第104回講習会   2007年   日本機械学会
Cortical coherent ensemble revealed by simultaneous fMRI and spontaneous EEG during a mental task
Hiroaki Mizuhara, Li-Qun Wang, Koichiro Kobayashi, Yoko Yamaguchi
CREST-RIKEN Workshop 2005 on Real-Time Computing and Neural Dynamics in the Brain   2005年   
Multivariate Partial Linear Models for concurrent EEG/fMRI.
Fumikazu Miwakeichi, Pedro A. Valdes-Sosa, Jorge Bosch-Byard, Eduardo Aubert-Vazquez, Hiroaki Mizuhara
International Conference on Complex Medical Engineering   2005年   
Estimation of Hemodynamic Response Function using Partially Linear Models in concurrent EEG/fMRI data.
Fumikazu Miwakeichi, Pedro A. Valdes-Sosa, Jorge Bosch-Byard, Eduardo Aubert-Vazquez, Hiroaki Mizuhara
11th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping (HBM2005)   2005年   
Human long-range theta phase synchronization is networking distant cortices during a mental task: A simultaneous EEG and fMRI study.
Hiroaki Mizuhara, Yoko Yamaguchi
35th Annual Meeting of Society for Neuroscience   2005年   
How nonlinear is the hemodyanmic response?: analysis of EEG/fMRI with semiparametric autoregression.
Fumikazu Miwakeichi, Pedro A. Valdes-Sosa, Hiroaki Mizuhara, Li-Qun Wang, Koichiro Kobayashi, Yoko Yamaguchi
10th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2004年   
Emergence of distributed BOLD related with long- range phase synchronization during a mental task studied by human simultaneous fMRI and EEG.
Hiroaki Mizuhara, Li-Qun Wang, Koichiro Kobayashi, Yoko Yamaguchi
10th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2004年   
Phase synchronization of scalp theta rhythm is associated with networkingof positive and negative regional responses in a human mental task
Hiroaki Mizuhara, Li-Qun Wang, Koichiro Kobayashi, Yoko Yamaguchi
34th Annual Meeting of Society for Neuroscience   2004年   
Parallel Factor Analysis can extract significant activities in multi channel EEG.
Fumikazu Miwakeichi, Eduardo Martinez-Montes, Pedro A. Valdes-Sosa, Hiroaki Mizuhara, Nobuaki Nishiyama, Yoko Yamaguchi
9th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain   2003年   
Relation of fMRI signal suppression to human selective attention.
Hiroaki Mizuhara, Takashi Saito, Jing-Long Wu, Jun-ichi Ogasawara, Shuichi Yamauchi, Kiyoshi Negoro, Masahiro Hashida, Taizo Sanada, Naofumi Matsunaga
International Conference on Information   2002年   
Theta episodes observed in human scalp EEG during virtual navigation: Spatial distribution and task dependence.
Nobuaki Nishiyama, Hiroaki Mizuhara, Fumikazu Miwakeichi, Yoko Yamaguchi
9th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP'02)   2002年   
A chaos oscillator model of temporal-frequency characteristics on human visual search.
Hiroaki Mizuhara, Takashi Saito, Jing-Long Wu
The Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB '01)   2001年   
Effect of task-difficulty on human attentional blink between visual and auditory systems in the calculation processing.
Hiroaki Mizuhara, Jing-Long Wu, Takashi Saito
5th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI 2001)   2001年   
Measurement of human visual and auditory calculate processing by functional magnetic resonance imaging (fMRI).
Hiroaki Mizuhara, Jing-long Wu, Kiyoshi Negoro, Masahiro Hashida, Jun-ichi Ogasawara, Syuichi Yamauchi, Naofumi Matsunaga
The Fifth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB '00)   2000年   
The Degree of Human Visual Attention in the Visual Search.
Hiroaki Mizuhara, Jing-long Wu, Yoshikazu Nishikawa
The Forth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB '99)   1999年   
Measurement of human interactive characteristic between visual and auditory system by psychological experiment and functional magnetic resonance imaging (fMRI).
Jing-Long Wu, Hiroaki Mizuhara, Kiyoshi Negoro, Masahiro Hashida, Jun-ichi Ogasawara, Shuichi Yamauchi, Naofumi Matsunaga
2nd International Conference on Cognitive Science (ICCS/JCSS '99)   1999年   
Human characteristics of parallel information processing on visual and auditory systems.
Jing-Long Wu, Hiroaki Mizuhara, Yoshikazu Nishikawa
IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC '99)   1999年   
Measurement of human visual and auditory characteristics for a virtual driving system. The Third International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB '98)
Jing-long Wu, Hiroaki Mizuhara, Yoshikazu Nishikawa
The Third International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB '98)   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
コミュニケーションを実現する神経オシレーションの階層協調
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 水原啓暁
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 水原 啓暁
高時空間分解能を実現する脳神経ダイナミクス解析技術の開発
栢森情報科学振興財団: 研究助成
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 水原啓暁
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 水原 啓暁
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 水原啓暁

委員歴

 
2011年12月
 - 
2012年11月
文部科学省新学術領域研究専門委員会 人ロボット共生学専門委員会  委員
 
2010年7月
   
 
電子情報通信学会身体性情報学研究会  専門委員
 
2009年12月
 - 
2011年11月
日本学術振興会 科学研究費委員会  専門委員
 
2009年12月
 - 
2010年11月
文部科学省新学術領域研究専門委員会 人ロボット共生学専門委員会  委員
 
2008年5月
   
 
ニューロインフォマティクス・ダイナミックプレインプラットフォーム  委員
 

特許

 
特許特許第4411442号 : 脳波-運動指令変換装置
水原啓暁,五福明夫