水畑 穣

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 05:11
 
アバター
研究者氏名
水畑 穣
 
ミズハタ ミノル
eメール
mizuhatakobe-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10283871
所属
神戸大学
部署
大学院工学研究科 応用化学専攻
職名
教授
学位
工学修士(神戸大学), 博士(理学)(神戸大学)
その他の所属
神戸大学
科研費研究者番号
10283871
ORCID ID
0000-0002-4496-2215

プロフィール

1992年神戸大学大学院自然科学研究科物質科学専攻修了、博士(理学)取得。1992年通商産業省工業技術院大阪工業技術試験所(現・産業技術総合研究所関西センター)入所。固体高分子形燃料電池の研究開発に従事。1996年神戸大学工学部助手、2005年同助教授, 2007年神戸大学大学院工学研究科准教授を経て, 2011年同教授(現職)。固液共存系における電解質・溶融塩の物性、液相析出法による酸化物薄膜の合成と機能化、電池・燃料電池の材料化学等に関する研究を行う。専門は無機材料化学・電気化学。科学技術庁注目発明選定、電気化学会論文賞、電気化学会溶融塩委員会溶融塩賞等受賞。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年1月
 - 
現在
神戸大学大学院工学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2010年12月
神戸大学大学院工学研究科 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
神戸大学工学部 助教授
 
1996年4月
 - 
2005年3月
神戸大学工学部 助手
 
1993年10月
 - 
1996年3月
通商産業省工業技術院大阪工業技術研究所エネルギー・環境材料部 通商産業技官
 
1992年4月
 - 
1993年9月
通商産業省工業技術院大阪工業技術試験所機能応用化学部 通商産業技官
 

受賞

 
2017年6月
日本セラミックス協会 第71回(平成28年度)日本セラミックス協会学術賞 水溶液反応による酸化物析出反応プロセスの解明と電気化学材料への展開
 
2016年8月
The 4th International Symposium on Rare Earth Resource Utilization and The 7th International Symposium on Functional Materials Functional Materials Scientist Award Fabrication and the Reaction Process of Liquid Phase Deposition
 
In recognition of excellent research performance in the field of functional materials
2005年4月
電気化学会 電気化学会論文賞 Fabrication of Metal-oxide Nanoparticles by the Liquid Phase Deposition Method in the Heterogeneous System
受賞者: 出来 成人, 中田 明良, 水畑 穣
 
2003年9月
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 第56回コロイド及び界面化学討論会ポスター賞 発光性分子に対するAgナノ粒子の発光増強剤および消光剤としての機能
受賞者: 並河 英紀, 水畑 穣, 出来 成人
 

論文

 
KUNIKATA Nobuaki, TOMIOKA Kengo, MAKI Hideshi, MIZUHATA Minoru
Electrochemistry   86(2) 92-98   2018年3月   [査読有り]
MIZUHATA Minoru, YAMAMOTO Shintaro, MAKI Hideshi
Materials Transactions   58(9) 1280-1289   2017年7月   [査読有り]
MORIMOTO Katsuya, NAKAYAMA Kousuke, MAKI Hideshi, INOUE Hiroshi, MIZUHATA Minoru
Journal of Power Sources   352 143-148   2017年6月   [査読有り]
Yuki Nishida, Akiko Tanaka, Shota Yamamoto, Yudai Tominaga, Nobuaki Kunikata, Minoru Mizuhata, Maruyama Tatsuo
Angewandte Chemie International Edition   56 9410-9414   2017年6月   [査読有り]
Witta Kartika Restu, Yuki Nishida, Toshikazu Kataoka, Masahiro Morimoto, Kenji Ishida, Minoru Mizuhata, 丸山 達生
Colloid and Polymer Science   295 1109-1116   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
平成26年度溶融塩賞受賞記念論文- 異相共存場における溶融塩の物性と挙動
水畑 穣
溶融塩および高温化学   58(1) 5   2015年2月   [査読有り][依頼有り]
水溶液反応を用いたナノ構造多孔性電極の創製
水畑 穣
工業材料   62(1) 44-45   2014年1月   [査読有り]
水畑 穣, BELEKE Alexis Bienvenu, 牧 秀志
電気化学および工業物理化学   81(9) 702-709   2013年9月   [査読有り][依頼有り]
泳動電着法を用いるリチウム二次電池用SnO2ナノ粒子負極の作製
宇井 幸一, 川村 壮史, 水畑 穣
ケミカルエンジニヤリング   57(8) 598-605   2012年8月   [査読有り]
溶融炭酸塩を含浸させた固体電解質の物性
水畑 穣, 大橋 俊文, 武田 夏織
溶融塩および高温化学   55(2) 53-59   2012年6月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
Molten Salts Chemistry and Technology
MIZUHATA MINORU, OHASHI Toshifumi, DEKI Shigehito
Wiley   2014年5月   ISBN:9781118448731
リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術
宇井 幸一, 水畑 穣 (担当:共著)
サイエンス&テクノロジー   2014年1月   ISBN:978-4-86428-089-1
電気化学/インピーダンス測定のノウハウと正しいデータ解釈
水畑 穣 (担当:共著)
技術情報協会   2013年5月   
第6版 電気化学便覧
水畑 穣
丸善出版   2013年1月   ISBN:9784621084137
フッ素化学入門2010-基礎と応用の最前線
出来 成人, 水畑 穣 (担当:共著)
三共出版   2010年4月   

講演・口頭発表等

 
CeO2:Sm3+/二元系溶融炭酸塩共存系におけるイオン伝導に与える固相の影響
久保 寛, 松井雅樹, 牧 秀志, 水畑 穣
電気化学会第85回大会   2018年3月   電気化学会
カーボン被覆多孔質シリコンの細孔分布と電気化学特性
滝口 大, 松井 雅樹, 牧 秀志, 水畑 穣
電気化学会第85回大会   2018年3月   電気化学会
リチウム非水電解液/酸化物ナノ粒子混合系における溶存種の動的挙動変化
牧 秀志, 竹元 毬恵, 国方 伸亮, 松井 雅樹, 水畑 穣
電気化学会第85回大会   2018年3月   電気化学会
亜鉛系水和物溶融体の分光物性に対する金属酸化物粉体の異相共存効果
国方 伸亮, 松井 雅樹, 牧 秀志, 水畑 穣
電気化学会第85回大会   2018年3月   電気化学会
金ナノ粒子修飾ポリエチレンイミン薄膜上における電荷移動反応のイオン/電子伝導カップリングの粒子間距離依存性
大川 博之, 松井 雅樹, 牧 秀志, 水畑 穣
電気化学会第85回大会   2018年3月   電気化学会

競争的資金等の研究課題

 
【CREST】電極/電解質ヘテロ相界面のモデル化とイオン輸送
国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2016年       代表者: 水畑 穣
ソフト溶液プロセスを基盤とする高容量電極材料の研究開発
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構: 次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発
研究期間: 2011年       代表者: 水畑 穣
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 水畑穣
科学研究費補助金/特定領域研究
研究期間: 2008年       代表者: 出来 成人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 水畑穣
本研究ではPEFCカソードにおけるPt/PPy on Cの耐久性の評価を目的とし, 膜-電極接合体(MEA)にPt/PPy on Cを用い, Pt on C系での結果と比較を行った. 初期においては、Pt, Pt/PPyいずれも電極の活性が認められたが、1000回掃引において活性の低下が認められ、10000回後にはPtのみ担持した場合殆どPtによる活性は認められなくなっていた。一方、Pt/PPyの場合は白金/ポリピロールコンポジットにおける電極活性は保持されていることが明らかとなった。次に...

学歴

 
 
 - 
1992年3月
神戸大学 大学院自然科学研究科物質科学専攻博士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本化学会  近畿支部常任幹事
 
 
   
 
日本化学会  コロイド及び界面部会関西支部幹事
 
 
   
 
電気化学会  関西支部常任幹事
 
 
   
 
電気化学会  関西支部関西電気化学研究会世話人代表
 

特許

 
出来 成人, 水畑 穣, 伊藤 達也, 前川 亨, 鈴木 健吾, 山中 直樹
水畑 穣, 小黒 啓介, 小栗 雅之, 佐々木 幸記
水畑 穣, 小黒 啓介, 小栗 雅之, 佐々木 幸記, 朝木 知美
安田 和明, 水畑 穣, 小黒 啓介, 竹中 啓恭
出来 成人, 水畑 穣, 鈴木 健吾, 神田 奎千, 伊藤 達也, 中里 嘉浩, 嶋嵜 僚太郎
出来 成人, 水畑 穣, 鈴木 健吾, 神田 奎千, 伊藤 達也, 中里 嘉浩, 嶋嵜 僚太郎
水畑 穣, カリル アミン, 安田 和明, 小黒 啓介, 竹中 啓恭