水野 有希

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/07 07:18
 
アバター
研究者氏名
水野 有希
所属
東京交通短期大学
部署
運輸科
科研費研究者番号
20450231

プロフィール

福島県出身

受賞

 
2008年6月
人類働態学会 優秀発表賞 「非鉄金属鋳物業における技能伝承・教育の現状と課題」
 

論文

 
コミュニケーションスキルからみる看護組織コミュニケーション形態に関する一考察
水野有希
東洋学園大学紀要   (25) 123-133   2017年3月
初年次学生にみる情報通信機器利用とソーシャルスキルの関連性-通信端末およびインターネットサイト別による検討-
水野有希,阿南大,泰松範行
東洋学園大学紀要   (24) 181-193   2016年3月
Relationship between assertion types and communication networks of a nursing organization at university hospital
Takahashi H., Mizuno M., Yamada Y., Hochi Y., Shoji N., Mizuno Y., Honda R.
Juntendo Medical Journal   62 133-138   2016年3月   [査読有り]
初年次教育における情報処理科目の授業開発に向けた一考察
水野有希,泰松範行
東洋学園大学紀要   (22) 179-192   2014年3月
インシデント発生時における看護師間の情報共有・伝達の特徴 作業観察中に発生した一事例からの考察
吉川悦子,吉川徹,武澤千尋,水野有希,松田文子,山村昌代,酒井一博,三浦稚郁子,村上保夫
労働科学   87(2) 56-68   2011年6月   [査読有り]
職場改善における現場の見える化を実践するための作業動線分析システムの開発
水野有希,伊藤敏彦,吉川徹,蓬田悟史,森尾康二,酒井一博
労働科学   86(5) 252-267   2010年10月   [査読有り]
清掃労働者における腰痛の訴えと腰痛に関連した欠勤状況
吉川徹,長須美和子,松田文子,水野有希,上野満雄,酒井一博
労働科学   84(2) 33-42   2008年7月   [査読有り]
Bus Drivers’ Mental Conditions and Their Relation to Bus Passengers’ Accidents with a Focus on the Psychological Stress Concept
Yamada Y., Mizuno M., Sugiura M., Mizuno Y., Taginuma T., Hirosawa T.
Journal of Human Ergology   37(1)    2008年6月   [査読有り]
高感度差異抽出法を用いた介護者の作業選好の傾向と作業負担感との関連-経験年数による傾向の比較-
松田文子,竹内由利子,池上 徹,水野有希,吉川 徹,酒井一博
労働科学   83(2) 81-86   2007年8月   [査読有り]
VDT作業における作業環境と疲労に関する調査研究
張錫輝,水野有希,池上徹,三澤哲夫
産業保健人間工学研究   4 98-101   2002年10月

書籍等出版物

 
情報リテラシーを身につける Excel2016 基礎編
水野 有希 (担当:共著)
創成者   2017年9月   
Advances in Human Factors, Business Management, Training and Education Volume 498 of the series Advances in Intelligent Systems and Computing
水野 有希 (担当:共著, 範囲:A Study on Communication Activity and Social Skills of Nursing Organization)
Springer   2016年3月   
ことばのスペクトル 『場』のコスモロジー
水野 有希 (担当:共著, 範囲:「働く場の情報伝達活動 ~産業現場におけるコミュニケーションのカイゼン~」)
双文社出版   2015年3月   
Work
水野 有希 (担当:共著, 範囲:「Study on workloads of human care worker with the introduction of IT system - the characteristics of work loads by observational research and the suggestions for KAIZEN」, 「Development of the workflow line systems for support on KAIZEN」)
IOS Press   2012年2月   
働態研究の方法
水野 有希 (担当:共著, 範囲:4章 改善を支える「非鉄金属鋳物業の作業改善に関する調査研究」)
人類働態学会   2010年6月   

講演・口頭発表等

 
Current Status of Exercise Habits and Job Satisfaction of Nurses in Japan
Takumi Iwaasa, Motoki Mizuno and Yuki Mizuno
20th Triennial Congress of the International Ergonomics Association   2018年8月   
Retention Management of Nurses:A Case of University Hospital in Japan
Motoki Mizuno, Yasuyuki Yamada, Takumi Iwaasa, Emiko Togashi, Michiko Suzuki, Yuki Mizuno
20th Triennial Congress of the International Ergonomics Association   2018年8月   
看護組織のコミュニケーションに関する研究成果の共有に向けた取り組み
水野 基樹 , 山田 泰行 , 芳地 泰幸 , 岩浅 巧 , 富樫 恵美子 , 岡田 綾 , 會田 秀子 , 庄司 直人 , 水野 有希
日本人間工学会第59 回大会   2018年6月   
コミュニケーションが苦手な看護師の行動特性とは?
山田 泰行 , 水野 基樹 , 芳地 泰幸 , 富樫 恵美子 , 岩浅 巧 , 高橋 秀子 , 岡田 綾 , 會田 秀子 , 水野 有希 , 庄司 直人
日本人間工学会第59 回大会   2018年6月   
学会活動における改善指向型人材教育の実践と課題
水野有希,池上徹,山田泰行,水野基樹,松田文子,竹内由利子,加藤麻樹,岡田 明
人類働態学会第45回東日本地方会   2016年12月   
大学生による運動体験型テーマパーク振興に関する参加型改善活動の実践~施設の再訪問意向と満足度調査による評価~
池上徹,水野有希,松田文子,山田泰行
人類働態学会第45回東日本地方会   2016年12月   
情報通信端末の利用状況とコミュニケーション行動の特徴 -初年次学生にみられるコミュニケーションスタイルについて-
水野有希,阿南大,泰松範行
産業保健人間工学会第21回大会   2016年9月   
Study on Communication Activity and Social Skills of Nursing Organization
Mizuno Y., Yamada Y., Hochi Y., Takahashi H., Shoji N., Aida H., Okada A., Mizuno M.
The 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics   2016年8月   
Relationship between Social Skills and Interpersonal Communication Networks of nursing organization at university hospital in Japan
Hochi Y., Yamada Y., Mizuno Y., Takahashi H., Shoji N., Aida H., Okada A., Mizuno M.
The 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics   2016年8月   
看護組織のコミュニケーション活動からみるソーシャルスキルの特徴について
水野有希,水野基樹,山田泰行,芳地泰幸,庄司直人,高橋季子,曾田秀子,岡田綾
日本人間工学会第57 回大会   2016年6月